海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応3人に1人が履歴書に嘘を書く?偽装学位をネット入手?学歴詐称にまつわる衝撃事実

3人に1人が履歴書に嘘を書く?偽装学位をネット入手?学歴詐称にまつわる衝撃事実

2016/07/15
このエントリーをはてなブックマークに追加

9

2014年に、イギリスのマンチェスターで起きた詐欺事件。ウェイド・ジョーダン(30)という男が、世界的規模の調査会社に職を得るため、自分の資格を偽わりました。

彼はマンチェスター・メトロポリタン大学でhuman resource management(人的資源管理)のMA(修士号)を取得したと履歴書に記載。その結果、バイオテクロジー企業のマンチェスター支社にて、HR(人事課)の職を手に入れました。

ところがそれは真っ赤な嘘。学位詐欺でした。さらにジョーダンは出張の際に不正経費請求を行い、約5万ポンド(約770万円)の詐欺を働きました。

これらのことが発覚した時、男は嘘の医師診断書を裁判所に提出しました。判決を遅らせるためです。その後、ジョーダンは詐欺行為と司法妨害をしたことを認め、3年間投獄されることになりました。

なぜジョーダンは履歴書に、実際に取ってもいない学位を書いたのでしょうか?そしてこのような学位(学歴)詐称により、まんまと希望の仕事を手に入れる、というインチキを働くのはこの彼だけでしょうか。

今回は学位(学歴)詐称について考えてみたいと思います。

就職希望者の3人に1人が学位(学歴)詐欺をしている!?

image003

The Higher Education Degree Datacheck (Hedd)(候補者の調査や大学の認証を行うためのイギリスの高等教育の公式サービス)は毎年夏になると、在学生や卒業生の学位詐欺について調査を行っています。

するとほぼ毎年、彼らのうち約3分の1が、必ずといっていいほど就活の際に自分の学歴に嘘を混ぜたり大げさに誇張したりしているという結果が出ています。これは決してイギリス国内に限ったことではなく、外国でも同じような結果が出ています。

“学歴に偽りが混ざっている”ということは、決して目新しい驚きのニュースではないでしょう。

しかしもう一度考えてみてください。求人募集に応募する際に、3人に1人が自身の学位(学歴)を偽っているのです。言い方を変えれば、あなたの職場にも嘘つきたちが何人もいる可能性があるということです。

嘘というだけでは済まされません。これは詐欺であり、もっとはっきりといえば違法行為なのです。

バレたら一貫の終わり!学歴詐称は見破られやすい

image005

物の見方を変えてみれば、履歴書に“ほんのちょっと”創造力を入れてみれば、あなたが希望する仕事のポジションを手に入れることもできることがあるというわけです。

大学で得た資格や学位で、人生を捧げる仕事が簡単に決まってしまうのなら、履歴書に多少“創作”も入れたくなるものでしょう。

前述した、詐欺罪で3年の投獄になったジョーダンは最悪のシナリオでしたが、では他の人の例を見てみましょう。

もっと良い肩書きが欲しくて余計な嘘をついてしまった!

弁護士のデニス・オリオーダンは2013年10月に法律事務所から解雇されました。ハーバード大学とオックスフォード大学で学位を得た、と偽ったことが発覚したのです。

実際は、彼はイースト・アングリア大学の学位を持つ有資格弁護士でした。しかしこの大学の学位では、職場で上の肩書きを得られないであろう、と考えました。

通常ならすぐに発覚されることだったのですが、偶然にもこの時の人事課は採用者の学歴チェックを怠ってしまいました。そのためオリオーダンはすんなりと入社できました。

その上、彼の才能と実力は素晴らしいものであったがために、同僚も上司も顧客らも、オリオーダンが本当にハーバードとオックスフォードを卒業している、という事実を疑うことはありませんでした。

当然ながら弁護士の世界には、実際にこの2つの大学を卒業している人々は大勢います。

オリオーダンが嘘をついていることは長くしないうちに見破られ、彼の虚栄はあっという間に砕けて崩壊してしまいました。

履歴書にちょっとファンタジーを混ぜ込ませて望む仕事を手に入れ、実際にバリバリ活躍してみせても、学位詐欺がばれたらすべて水の泡になってしまうものなのです。

インターネット上で学位(学歴)詐欺手配!

インターネット上には、学位詐称が簡単に出来るサービスが存在します。なんとわずか30ポンド(約4600円)で学位証明書が購入できるのです。

作り方は簡単です。ネット上に並ぶ大学の中から、好きな大学、専攻を選択。すると48時間以内に、「その大学のその専攻を学んでいた」という証明書を発行してもらえます。

雇用者が裏を取りたい場合、通常はメールか電話で確認をとろうとしてきます。その時には「間違いなく○○さんは○○大学を卒業し、○○の学位を取得しています」と答えてくれます。

しかし有名大学を卒業したと偽る場合は、いささか嘘のハードルが上がる事でしょう。希望の就職先の人事課が、あなたが用意した額面上の履歴書と証明書について、発行元の大学に確認を取る連絡を入れないであろう、という“運”に頼るしかありません。

昔の卒業生の方が学歴を偽る!?中途採用システムの隙を突く

image007

ここまで読むと「無名大学なら、いくらでも学位(学歴)詐称できそう!」と思ってしまいそうです。しかし前述したHeddの存在を忘れてはなりません。

Heddは採用応募者たちが用意した、偽造された証明書と、公式にみえる推薦書をみつけてみせます。企業側が「応募者の○○さんの学歴バックグランドの裏付けを取ってほしい」とHeddに依頼してしまうと、応募者の嘘は簡単に崩壊してしまうことでしょう。

ちなみにHeddの調査によると、新卒やここ数年の卒業者よりも10年以上前に学生時代を送っていた就職(転職)希望者の方が、より学位詐欺を行うことが多い傾向にあることが分かりました。

理由の1つとして、中途採用者を雇う場合、採用担当者の中には彼らの学位よりも前職の経験とスキルに重点を置くことも多くあるからです。こういった時には大学のことまで調べないというケースもあります。

そのような事実を、10年以上前から社会人生活を送っている中途採用希望者たちはよく知っているため、企業側の隙をつくように学位詐称を働くのです。

そもそもなぜ嘘をつく?学歴詐称をしてしまう心理とは

そもそもなんで人々は学位(学歴)詐欺を働くのでしょうか。以下の様な事が考えられます。

1.見栄、虚栄心
2.純粋に勘違いして書き(言い)間違えた
3.希望する就職先に入りやすくするため
4.より高い賃金を求めるため

「4」に関しては日本でも同様だと思いますが、多くの外国でも準学士号(2年制の大学で得られる学位)取得よりも、4年制の大学を卒業して得られる学士号を持っていた方が、基本給料の金額が違います。

このように、どの資格を持っているかによって基本給が変わってくるのなら、準学士号を学士号、とつい言ってしまう気持ちもわからないでもありません。

しかし記事にも出てきたように、こういった嘘は犯罪にあたります。また発覚した時に、非常に気まずく恥ずかしい思いをします。どの角度から考えても、やはり履歴書に嘘を書くべきではないといえます。

確かに本当に悪気のない嘘を書いてしまうこともあると思います。例えば職歴の個所。何度も転職を繰り返していると、本当に詳細が分からなくなるものです。「あの会社はいつ辞めたんだっけ?いいや、適当に書いておこう」と知らずして嘘が混ざってくるもの。

TOEFLの英語スコアもしかり。「何点とったんだっけ?証明書もどこかいってしまったし、いいや適当に点数を書いておこう・・・」とうろ覚えのまま不明瞭な点数を記入してしまう・・・。

しかしこういった「まあいいや」の気の緩みが、人生の分かれ道になることもあります。今後はいい加減に履歴書を作成し面接を受けるのではなく、自身の学歴職歴をしっかり見直しておく必要があるといえるでしょう。

学位(学歴)詐称の記事について、イギリスのひとたちも数百ものコメントを寄せました。やはり、いずこも同じなのでしょうか!?他人事ではない、大変気になる記事であるようです。一部をご紹介してみましょう。

この記事の海外に対する反応

マイクロソフト社(MS)で採用されることになったんだ。合格の返事を貰った後に、様々な証明書提出を求められた。

職歴、出生証明書、地方税支払証明書などなど・・・MS社は驚くべきことに、17年も前に私が卒業したカレッジに実際に電話を入れて、本当に私がその大学を卒業しているか、私の書いた履歴書とおりなのか、確認をしたんだ!

問題になったのは、実際に取っていなかった単位を履歴書には明記してしまっていたこと。たったこの一カ所は過ちだったがために、私の採用は白紙になったんだ。

別に書く必要もない嘘だったのに、こんなことを書かなくても間違いなく採用されていたのに、ほんのちょっと気が緩んで見栄を張ったがために、夢の仕事をパーにしてしまった。

本当に自分に自信があれば、ささやかな嘘も一切ついてはいけないんだよ!

某企業で新人採用担当をしている。はっきりいえるのは、応募者の言うことは100%信用できないということだ。

私も人事部に在籍しているんだが、応募者がどのくらいスキルを持っているかということよりも、何か問題が発生した時にどのくらい正直でいるか、という誠実さの方が大事だと思っている。

履歴書に嘘を書き、面接でも嘘をつく野郎は根からの嘘つき。こういう人種は会社に入れるべきではないと思う。

嘘を言ってしまう方にも言い訳はあると思うわ。こっちだって会社を信用していないもの、自分を守るためにも多少の方便は必要。

それにほんのちょっとのことで不採用になるのなら、気に入られるために少々のエッセンスを付け加えるのもアリだと思うの。

ヘッドハンティングの仕事をしているんだが、実際嘘つき応募者だらけだ。いやあ、大変だ。

偽りの履歴で職につくのなら、その職は間違いなくあなたに合っていないよ。自身が不幸にならないためにも、嘘をついて就職してはならないよ。

嘘をつくのはもはや当たり前だ。僕はかつてリクルートコンサルタントをしていたんだけど、みんな嘘をついて応募していたし、それは当たり前の空気だったし、多少のことは見て見ぬふりをしていた。

そもそも学歴や資格がすべてではない、そういったものを持っているからって仕事ができるわけではないっていうのもみんな知っている。

「こいつは履歴書にちょっと嘘を書いているな、でも本当に実力ありそうだな」と思えば、そいつを採用していた。それでハズレはなかった。

哲学と地中海文学の学位を持っている。しかしそれを正直に履歴書に書くと、逆に敬遠される。変わった奴だ、と距離を置かれてしまうんだ。

だから極力大学で何を学んだのか、言わないようにしている。正直に専攻のことを言うと先入観を持たれ、まず採用されないんだ。こういうジレンマも分かってほしい。

刑務所に入っていたことがあるんだけど、これも履歴書に書かなきゃいけないのか?

第一志望は御社ではありません、というのも面接で正直に言うべきっていうわけ?

かつて友人だった男は、履歴書に嘘を書き、今やロンドンの大手マスコミ会社で働いているよ。一方の自分は、正直にやってきた結果、不採用ばかり続いている・・・。

さもオックスフォード大学で学んでいたかのように記入したけど、実際は違う大学を出たんだ。

たとえ発覚しても、オックスフォード大学の個所は非常にあいまいに書いたので、言い逃れはできるんだ。嘘までいかなくてもある程度脚色することは必要なんじゃないかな。

オックスフォードという名前が付くカレッジで学位を取った。外資に就職する際に、狙いとおり、オックスフォード大卒と勘違いしてくれた。

そう混同するように書いたんだけど、まさにそうなった。おかげで希望する仕事を手に入れることができた。これでよかったと思う。

履歴書をもっともらしく作成してみるのも、創造力、才能を必要とする。会社がそれに騙されたとしてもいいんじゃないかな。応募者の才覚の勝ち、ということだよ。

学位詐欺は許されると思っている人たちに言いたいね、あなたたちは「モラルをどう思っているのか」って。

学位(学歴)の嘘を履歴書に書いた、といっている人達のコメントをみると、気のせいかな、文法がなんだかおかしい気がするんだけど。

履歴書に嘘を書くのはやはり間違っていると思う。しかし同時に履歴書が全てではない、というのも事実だ。

採用する側は、その人の卒業大名や専攻、資格だけを見るのではなく、その人の可能性や将来性も見るべきだと思う。

わたしは履歴書に嘘を書いたことはまったくないけれども、数年前に応募した企業の人事担当から連絡が入り、「あなたは証明写真を偽造した」といってきた。

非常に写りのいい奇跡の1枚を履歴書に添付したんだが、企業は「別人だ」ととりあってくれず、詐欺人呼ばわりされた・・・。

嘘をついていないのに嘘つき、と決めつけられることもあるんだよ・・・。

スポーツの試合には八百長があり、モデルコンテストも出来合いレースになっている。学校だって裏口入学がある。

世の中そういうものなのに、一般の人が就活する際にちょっとオーバーに自身を語るだけで、「詐欺、違法」とわめかれる。なんだかフェアじゃない気がする。

【参考URL】http://www.manchestereveningnews.co.uk/news/greater-manchester-news/wade-jordan-jailed-manchester-man-7252179
http://www.theguardian.com/careers/careers-blog/lie-degree-cv-jobseekers-graduate
http://www.payscale.com/career-news/2009/10/4-year-vs-2-year-college-degrees-how-does-the-pay-compare

「学位」というお飾りでドレスアップして、いかにも自分が賢い人間かのように見せなきゃ雇用されない。こんな採用システムがそもそもおかしいんじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    棒国の話しかと見に来たよ。

    1. Jane より:

      I think my kids no better then to touch there own poop I have never had that problem my kids no it#7281&;s yuk!!!! An if it did happen I would not be happy but good idea for those who do play in there poop lol..

  2. 日本の名無しさん より:

    面接は狐と狸の化かし合い
    しかい往々にして企業の方が一枚上手の大嘘つきw
    健康保険厚生年金加入、サビ残業なし、正社員登用あり、アットホームな職場です!
    こっちの方をつかまえてやった方が社会のためだよw

  3. 日本の名無しさん より:

    容姿で採るから関係ないな

  4. 日本の名無しさん より:

    虚栄とか余裕ぶったものではないと思う。
    常習的だとしたら別だろうけど、追い込まれているからこそやるんだと。。。

  5. 日本の名無しさん より:

    中退だけど卒業って書く。突っ込まれまくるから面倒なんだよね。あと会社も前々回とかの会社ははしょって一社長く居たことにする。バレたらバレたで別に他に会社いくらでもあるからへーきへーき

    1. Roxanna より:

      I feel so much happier now I unesndtard all this. Thanks!

  6. 日本の名無しさん より:

    俺も中退は卒業ってかくし
    他の仕事の勤続年数はだいぶ適当だな

コメントを残す

キャラクター紹介