海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応車の事故後、保険会社の対応に不服で、裁判を起こしたら、、、。

車の事故後、保険会社の対応に不服で、裁判を起こしたら、、、。

2014/11/23
このエントリーをはてなブックマークに追加


車の事故が無いのに越したことはありませんが、事故が起きてしまったら、保険会社にお世話になります。

皆さんは、保険会社の対応に満足していますか?

アメリカ人女性が、保険会社を裁判で訴えたら・・・

アメリカで車の事故を起こした女性が、保険会社の対応に満足できずに、保険会社を訴えました。

車の事故そのものは人が負傷することがなく、大きくなかったのですが、事故を起こした女性が乗っていたジープがかなり損傷を受けました。

彼女は、彼女が入っていたネーションワイドという保険を使って車の修理をすることに。修理会社は、車の損傷が大きいので車を買い替える必要があると言っているのに、保険会社は約125万円で車を修理をすると結論を出しました。

修理をしてもらった後、車に乗った彼女は修理後なのに車の調子が悪いと感じ、保険会社を訴えました。

事故を起こした女性の勝利

事故が起きてから20年近くも経った今、裁判所が判決を下しました。

保険会社に、約18億円の賠償金を払うように命じたのです。この金額は、裁判が行われたペンシルバニア州では、懲罰的損害賠償としては最も高い金額です。

裁判所は、本来であれば約250万円かかる修理費を、保険会社が125万円に変えてしまったと判断したのです。

この裁判所の判決を、世界はどう捉えているのでしょうか?さっそく見てましょう。

【参考URL】http://articles.philly.com/2014-07-14/news/51435798_1_crash-photos-jeep-nationwide-insuranc

この記事に対する海外の反応

裁判所の判決は保険会社が18億円払うというものだけど、弁護士が間に入って金額をもっと少なくするように交渉すると思うよ。

裁判ってそんなものだよ。

本来なら250万円かかる車の修理を、どうやって修理会社は半額の125万円で修理したんだろう。

普通なら、車を直す費用が足りなければ修理を断るはずだよ。

車の保険会社は、保険加入者の味方ではないんだ。

(アメリカ)保険加入者のネーションワイドは、まだいい方だよ。

もっと対応の悪い保険会社が、アメリカには存在するよ。

僕も同じ目にあったことがあるよ。

修理会社の見積もりに、保険会社が応じてくれないんだよ。僕は、ちゃんと保険料を払っているというのに、ひどい話だよ。

保険会社って、それまで無事故だった人にはとても親切だよ。

保険会社は、儲かっているんだ。何か事故が起きたら、ちゃんと対応して必要な分だけ払うべきだ。

ちゃんと払ってくれなかったら、詐欺と同じだよ。

保険会社は、最初から250万円払うべきだったよ。

この事故では負傷者がいなかったんだから、保険会社が払うお金は車の修理代だけだ。そんなの訳ないはずだ。

保険の加入者の中には、なんとか話をでっちあげて、お金を保険会社から多めにもらおうとする人がいる。

こんな人たちがいるから、保険会社もお金を出すのを渋るんだと思う。

車の事故を起こすと対応は保険会社の独断だ。

検査機関なんて存在しないから、保険会社のやりたい放題なんだと思う。

250万円かかるところを、125万円しか払わないなんてひどすぎる。

半額の値段で修理した車は、さぞ危険だと思う。半額の値段で修理した車に、保険会社の人に乗ってもらいたいね。

ネーションワイドの広告に、「ネーションワイドは、あなたのために。」というキャッチフレーズがあるけれど、これは嘘だね。

事故を起こしたら、保険会社より前に自分で修理会社に見積りをお願いするといい。そして、その見積もりを保険会社に届けるんだよ。

そしたら、保険会社に騙されることはないから。

ネーションワイドってひどい保険会社だよ。事故の賠償をする時に、少しでも安くしようとするからね。

↑ネーションワイドにもう30年以上も加入しているけれど、悪いと思ったことはないね。

それどころか、サービスはいいと思うよ。今まで事故を起こしたこともあるけれど、丁寧に、そして良心的に対応してもらったよ。

41年以上車を運転しているけれど、一度も事故を起こしたことがない。

あえて言うなら、鹿に車をぶつけたくらいだ。事故を起こさないの一番だと思うよ。

どの保険会社もひどいと思う。

私は保険会社で10年以上働いがことがあるけれど、クレームの対応の仕方とかマニュアルがあるんだ。

そして、事故があった時でも、出来るだけお金を支払わないように誘導するように訓練されるんだ。お金を払うにしても、最小限の額に抑えることが保険会社の仕事なんだよ。

保険会社は顧客の保険料で、何億って儲けているんだけどね。

↑そうは言っても、保険会社が顧客の要求をすべて受け入れたら、保険会社は破産してしまうんじゃないかな。

↑顧客も、みんな正直者だとは限らないからね。中には、事故を偽造することもあるって聞いたことがある。

ネーションワイドは、詐欺にすぎないよ。CEOは、刑務所に入れられるべきだ。

保険会社は顧客に保険料の請求をするのは熱心にするけれど、いざお金を払う時には渋るのは本当だと思う。

裁判を起こした女性はよくやったと思うよ。

保険料が高いわけが分かったよ。保険会社に僕たちは、操られているんだ。

僕は、ネーションワイドを長年使っているけれど、事故で車を修理する時には、自分が選んだ修理会社を使うようにしているよ。

ネーションワイドの見積もりは、自分が選んだ修理会社よりも少なく見積もっているからね。

保険会社直属の修理会社があるけれど、保険会社と修理会社の間で何が起きているか分からないね。直属の修理会社なんて、怖くて使えないね。

保険会社を選んだ時には、顧客の満足度を調べたよ。

顧客の満足度からいったら、ネーションワイドは選ばないね。

どの保険会社も同じだと思う。良心的な保険会社って存在しないんだよ。

他の保険会社を使っているけれど、正当な支払いをしてもらえなくて、裁判で訴えたら正当なお金を受け取るのに5年かかったよ。

ちなみに、裁判で勝って保険会社に払ってもらった金額は、130万円だ。

まとめ

事故を起こした時の、保険会社の判断を鵜呑みにしないで!

残念なことに保険会社の顧客の中には、事故を装ったりして、保険会社から、不法にお金を巻き上げようとしている人がいる様です。

こんな感じだから、保険会社は顧客にお金を支払う時に出し渋るのです。気を付けないと、私たちも裁判で保険会社を訴えた女性の用に、修理が必要な車を十分に修理してもらえないかもしれません。

これは、海外での出来事で、日本の保険会社の状況がまだましかもしれません。でも、保険会社にお世話になることがあったら保険会社に任せっきりににしないで、対応が適切か客観的に見るに越したことはないでしょう。

もしものときのための保険なんだから、しっかり補償してほしいよ~。そもそも、不正に保険会社からお金を取ろうとするような悪い人がいるからダメなんだ!悪い人たちにせいで正直者が損をするようなかなしい現実…。被害者にならないために、まずは安全運転に徹しようと思うよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    18億は貰いすぎ・・・

  2. 日本の名無しさん より:

    ああ最近この手の訴訟が日本でも増えてるって新聞で読んだなぁ
    弁護士がごねてごねて弁護士費用を稼いでるとしかいえない案件にイライラってさ。

  3. 日本の名無しさん より:

    日本も弁護士余ってるからな
    稼げるときに稼がないとならんのだろう

  4. 日本の名無しさん より:

    日本でもアメリカほどじゃないにしても
    懲罰的賠償制度できてほしいわ
    特に労基関係で

  5. 日本の名無しさん より:

    5月に交通事故に遭って怪我をした
    相手の保険会社がいきなり弁護士を立てて、弁護士とのやり取りに切り替わった
    損害額8万5千円で弁護士を雇う
    知り合いの保険会社と弁護士に聞いたら、これだけで弁護士を雇うのはおかしいってさ

  6. 日本の名無しさん より:

    嫁さんの事故なんだけど、金額はたいしたこと無い。
    でも、車両保険会社に俺が牙をむいた。
    金額の問題では無い、お前が悪いと言われて反論したいと。
    警察に行って事故報告書を出せと言っても警察は民事不介入で出せない。
    保険会社に、では訴訟ですねと言うと、相手の保険会社は100%あんたが正しい。
    何なのこれ???別に保険ですむなんだけど、お前が悪かったと言われるのには腹が立つ。

  7. 日本の名無しさん より:

    ↑ 小さな事故でも、割合がある。
    100%なんてあり得ない。
    でも、避けられない事故もある。
    ちゃんと意思表示してても追突される。
    だれが悪いのか?

  8. 日本の名無しさん より:

    車を所持したくない理由がまた増えたよ(´・ω・`)

  9. 774 より:

    懲罰的損害賠償金は、基本的に全額が原告に支払われる訳ではなく、
    判決を下した裁判所がある州に一部を納める。
    その割合は各州で異なり、州によっては懲罰的損害賠償金の半額にもなる。

  10. 日本の名無しさん より:

    日本も支払い渋る保険会社が増えたせいで、
    どうせ払われないんだから安い保険でいいや、と言う風潮になっちゃたよな

    保険会社は自分で自分の首をしめている

  11. 日本の名無しさん より:

    弁護士がどうのよりこの金額を適正と判断してしまう裁判官とか法律の方がやばいんじゃあるまいか

コメントを残す

キャラクター紹介