金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶ『12歳の成功者:アドラ・スヴィタクへのインタビュー』12歳の小さな文学の巨人

『12歳の成功者:アドラ・スヴィタクへのインタビュー』12歳の小さな文学の巨人

2014/07/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

注:イメージ画像です。

アドラ

アドラは4歳のころから書くことをはじめ今でも書き続けています。

彼女が6歳の事母親からノートパソコンを買ってもらいそのことをきっかけに彼女は数百もの短編を書き溜め、そしてそれは数十万の単語が使われ、彼女は1分間に70文字の速さでタイピングをする事が出来るのです。

彼女が7歳の時、「空飛ぶ指」という本を出版し、自身の本を出版するという夢をかなえました。「空飛ぶ指」は書くことの楽しさを通して文を書くということを教えてくれるツールなのです。

この本はアドラのいくつかの短編が収録され、彼女の文を書くときのコツやタイプをする時のコツ、彼女の母のアドバイスも収録されています。

そして、アドラが11歳の時、2冊目となる「おどる指」を姉であるアドリアナと出版しました。

今日でアドラは12歳であり、そして書くことによっての成功や講演を通して彼女は一遍していったのです。

彼女は400以上もの学校で講演をしに年に一回のTED conference(年一回、大規模な世界的講演会を主催しているグループのこと)でプレゼンテーションをします。

さらに、彼女はまた彼女自身で子供の為の会議を主催しそれはTED redmond(世界をリードする若い世代の為の講演会)と呼ばれています。

また、彼女はCNN(アメリカのニュース放送局)のグッドモーニングアメリカに出演し続け、自身のブログを持ち、オンラインスクールにも通っているのです。彼女は現在8年生となります。

インタビュー

Q.その歳のせいで直面した問題などはありますか?また、その歳のおかげで成功に役立った面はありますか?

A.
大人はときどき年齢から見てそれをできないと判断しますが、その事のなんて浅はかな事だろうと思います。そこも大人たちに変えてほしい一つの面なのです。

大人たちが私を見るとき、彼らはこう考えます。

「ああ、かわいい子供さんだわ。きっとママとおしゃべりしてママと一緒について回っているんだわ。」

それらは彼らの浅い経験からくる理解なのです。私の両親は私と私の姉を偉大な事を成し遂げられる一人の個人として扱います。しかし、他の大人たちは私を子供として扱うのです。

私が12歳で本を出版したと聞くと同時に周りの人々は「なんてすばらしいの!」と話しますが、私は12歳であるという利点を生かしたいわけではありません。

私は特別なことがしたいのです。年齢のせいで私のしたいことを制限されたり反対されたくないのです。なぜなら私はもう12歳なのです。

私の年齢のおかげで役に立つこともあります。それは子供たちとつながることができる事です。このことは大人たちが出来ない事かもしれません。

私が教師として皆さんに教えられる事があります。「私たちの世代は何を考えているのか」という事です。私の同じ世代の仲間の声を聞いたり一緒に話したりする事によって。

それが12歳であることの利点なのです。

Q.企業家精神がどのように世界を変えると思いますか?

A.
みなさんビルゲイツやマイクロソフトについて当然知っていると思いますが、若い子供たちはもっと多くの事を知っているのです。その一つの例にアレックスレモネードスタンドがあります。

アレックス・スコットはガンを持つ4歳の女の子でした。アレックスは彼女と同じようにガンに苦しむ人たちを助けようと、レモネードを販売してその収益を寄付しガンの研究に役立てようとスタートしたプロジェクトで最終的には数十万ドルを売り上げたのです。

私がベトナムで「空飛ぶ指」を販売していた時、私はこの本の利益の3万ドルを学校の為に寄付しようとしていたのですが、スポンサーがこのことに協力してくれたのです。私の1冊の本を通して起こしたアクションでもありました。

あなたやあなたの会社が周りの人や世界の人々を応援するとき絶対にすばらしい事を成し遂げられるのです。

自分から世界を変えてみせると考えたとき、誰だって世界を変える事が出来るのです。

しかし、多くの大人はその国の大統領や世界の指導者、または地域のリーダーがやるものだと考え、自らなろうとは考えません。年齢がどうあれ、あなたはその能力を持っているのです。

あなたの世界の見方を変える事や何か新しい事や物を発明することによって世界は変える事が出来るのです。

「リーダーとなる人々は元から世界を変える事の出来る才能があり、そのほかの人たちは出来ないだろう」なんて言っているような団体は見たことがありません。私は思うのです。

誰だって世界を変える事が出来るんだという事に気づくことが世界を変える為の第一歩です。そしてその次に私は何がしたいのかを理解することです。

Q.ほかに何か伝えたいことはありますか?

A.
世界の子供たちに、自分には世界を変える事が出来るしその為の能力は十分に備えているんだという事を知ってほしいのです。あなたは企業家のように考え世界を変えるだけでいいのです。

これで私の言いたいことはほとんどです。

・TEDでのアドラによるプレゼンテーション
「大人たちは子供から何を学ぶ事が出来るか」

多くの大人はこの私のスピーチの言葉やフレーズを見て、本当に自分で書いたのかと懐疑的な目で見られました。このスピーチはすべて私自身で書いたのであり、そしてこの私が使う語彙やフレーズはすべてたくさんの読書によって得られたものです。(ビデオに寄せられたコメントへの返答)

アドラのプレゼンテーション内容の一部(TEDconferenceより)

http://www.ted.com/talks/adora_svitak

『もしあなたの事をものすごく強く悩ませるような何かがあるのなら、あなたは成功すると言いたい。』

たぶん、昔は大きな夢を持っていたのに 自分でそれをあきらめている人が多いと思います。

不可能だとか お金がかかり過ぎるとか 自分の得にならないと考えて いいにせよ悪いにせよ 私たち子供は やらない理由を考えたりなんてしません。子供はワクワクするような夢や 希望で満ちた考えでいっぱいなのです。

誰も飢えることのない世界や すべてが無料というユートピアを夢見ます 皆さんの中で まだそんな夢を持ち 可能性を信じている人は どれくらいいるでしょうか?

私たち子供はユートピアの世界を夢見ているのです。そのことはいいことです。 何か実現するために、あなたはまず一番最初にそれを夢見なければいけないからなのです。

大人とTED仲間のみなさん 子供たちの声に耳を傾けて学び 子供を信じ、 もっと期待をかけてください。あなたは子供たちに耳をかすべきなのです。なぜなら私たちは明日のリーダーとなるからです。

これらは 年取ったあなた達の世話をするという意味でもあるのです。ほんのジョークです。すいません。

私たちは次の世代であり世界を前進させる世代なのです。このことがあなたとって関係ないと考えるなら、 クローン技術の可能性のことを考えてください。そして子供時代をもう一度過ごすことになるかもしれません。

そのときは私たちの世代のように ちゃんと耳を傾けて欲しいと思うでしょう。世界は新しいリーダーと新しいアイデアを 必要としています 子供はリードし成功する機会を必要としています。

皆さんは準備ができていますか? なぜなら世界の問題は 人類という家族の相続問題にするべきではないからです。

まとめ

彼女は大人というのは子供を(能力の低い)子供として扱うことがある事や、子供にしかない強みについて話します。

そして、大人は夢を見る事を忘れていくという事や多くの大人は世界を変えるなんてそんなのムリだよと思っているから、世界を変えるんだと決断するところからスタートしていかなければいけないと話します。

アドラは子供の視点から大人はどう見えるのか?をストレートに鋭く教えてくれます。
 
確かに私たち大人は年齢を重ねるごとに夢を諦めるクセがついてくるように思います。そして、一人の人間ではなく子供として見てしまう点も大人の弱い部分なのかもしれませんね。

これらをもう一度考えてみる事がアドラの示す成功への第一歩なのかもしれませんね。

【参考URL】http://juniorbiz.com/adora-svitak-interview
http://www.ted.com/talks/adora_svitak

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介