海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応【最安値&お気に入りの航空会社】アメリカ人が勧める航空会社とは?

【最安値&お気に入りの航空会社】アメリカ人が勧める航空会社とは?

2014/11/17
このエントリーをはてなブックマークに追加


これから訪れるバケーションシーズン。このバケーションシーズンで気になることといえば、旅行にかけるお金です。限られた予算の中で、できるだけ航空券にはお金を掛けずに、旅先での滞在にお金をかけたいですよね。

そこで、アメリカのあるウェブサイトで、最安値の航空会社はどこかという検証がされました。

まず予備知識として、航空券を購入する前に知っておきたいこと。それは、航空券の購入には「航空券料金+諸税」がかかるということです。そして、航空券を購入してからもチェックイン、搭乗までのプロセスで様々な「追加料金」が掛かってきます。

今回はそれらすべてを踏まえたうえで、どこの航空会社が最も安いのかということが計算されています。

デルタ航空

【座席アップグレード】
9,900円
【カウンターで預ける】
2,500円

ユナイテッド航空

【座席アップグレード】
9,900円
【カウンターで預ける】
2,500円

アメリカン航空

【座席アップグレード】
6,600円~8,600円
【カウンターで預ける】
2,500円

ジェットブルー航空

【座席アップグレード】
8,000円
【カウンターで預ける】
無料

サウスウエスト航空

【座席アップグレード】
1,250円(アーリーバードチェックイン**)
【カウンターで預ける】
無料

[上記計算の詳細]*往復分
*通貨…1ドル=100円
**アーリーバードチェックイン…優先搭乗のこと。サウスウエスト航空は、全席自由席のため、優先搭乗をすることにより自分の好きな座席を確保できるようになっています。
***座席アップグレードはエコノミークラス内

発生する追加料金等の内容から、サウスウエスト航空が最安値という結果になりました。

(注意:今回の調査は、アメリカ国内で利用する場合ですので、国際線に関しての追加料金の詳細は異なってきます)

しかし、その結果が利用者たちからの人気とイコールになるかといえば、そうではありません。

次に紹介する掲示板の投稿では、お気に入りの航空会社についての意見が寄せられており、航空会社選びの参考になるのではないでしょうか。

では、早速掲示板に投稿されたコメントをご紹介します。(尚、こちらのトピは上記の最安値の航空会社の記事がでる前に議論されていたものです)

[質問トピ] 国際線と国内線で、あなたの好きな航空会社はどこですか?

【参考URL】http://www.businessinsider.com/airline-cheapest-added-fees-2014-5#ixzz33Emlvj5T
http://www.letsrun.com/forum/flat_read.php?thread=5616917

この記事に対する海外の反応

真剣な質問!?

あなたが海外旅行をよくしているんだったら知っているだろうけど、アメリカの航空会社はどこも最悪だよ。

どこに行く予定なの?

もし東洋だったら、エミレーツ航空かキャセイパシフィック航空が高い評価を受けているよ。あと、アメリカ―ヨーロッパ間だったら、KLM(オランダ航空)が信頼できるかな。

ブリティッシュ・エアウェイズやアメリカの航空会社よりいいのは確かだよ。

ルフトハンザドイツ航空は嫌いなんだけど、それはたまたま2回最悪な経験があったからだけかもしれないんだよね。

ヴァージンアトランティック航空。

サービスの質でいえば、ヴァージン。

だけど、ユナイテッド航空のFFマイル(マイレージサービスのこと)を持っているから、ユナイテッドかな。

ビジネスクラスだと、エミレーツ航空、ヴァージンアトランティック航空、シンガポール・エアウェイズがいいね。

そして、エコノミーは、スイス航空が長距離飛行の場合は一番いいね。最悪なのは、“格安”の航空会社。1時間以上の飛行の場合は、お金をケチる価値がないね。

僕は、ルフトハンザが国際線の中では、一番だったよ。

国内線で言うと、全てのアメリカ系の航空会社は最悪。デルタ、アメリカン、ユナイテッドは最低の経験ばっかだよ。彼らは、機内の清掃もしない上に、すべて追加料金を要求するんだよね。

あ、(トピ主は)ネガティブ意見はききたくなかったんだよね。

とりあえず、僕のイチオシはルフトハンザだね。

僕は個人旅行のときは、とにかく安い航空券をとっているよ。

そして、ビジネスで飛行機を利用する時は、たいていデルタ航空。

これまでの経験上、シンガポール航空のビジネス/ファーストクラスがトップだね。

あと、友人の話によると、ヴァージンの上級クラスもいいらしいよ。

国内線:デルタ。

これまでで最高の経験をしたのは、日本航空。

アシアナ航空と大韓航空の韓国系エアラインは最高だよ。

わたしはサウスウエストが好きだな・・・。

わたしもコレ(↑の意見)に一票。だって、前回のフライトはここだったからね。

ジェットブルーが私のお気に入り。何か問題があっても、解決してくれるし。キャビンアテンダントも品が悪いわけでもないし、それに疲れている素振りもみせてないよ。

あと、スナック類も余分にくれたり、追加料金を払えばちょっといいものをくれたりするし。ほかにも無料でテレビや、最新の映画を観ることができたりして、座席もゆったりしているよ。

そういう意味で、私はジェットブルーのサービスに満足しているわ。

国際線みたいな長距離飛行の場合は、このうちのひとつを使うようにしているよ。

  • カンタス航空
  • シンガポール航空
  • ニュージーランド航空

国内線でのトップは、ジェットブルー以外に考えられないね。

ヴァージンやアメリカン、アラスカ航空と比べても確実に勝つと思う。

国内線:ヴァージン、ジェットブルー、サウスウエスト、ユナイテッド

国際線:エミレーツ、ヴァージン、トルコ航空

ラン航空。南米でしか飛んでないけどね。

ヴァージンが好きなんだけど、路線が限られているんだよね。

デルタ航空。いまのところ、アメリカ系では一番のサービスだったよ。

デルタは最悪だよ。

彼らはメンフィスからの路線を50%も減らした上に、デトロイト行きの便を100ドル(約1万円)も値上げしたんだぜ。

私も他の人たちの意見に同感で、アメリカ国内の航空会社はどこも同じで、最悪だと思う。

個人的には、大西洋横断の時は、エアフランスが好きだな。デルタやKLM、ブリティッシュ・エアよりも断然いいんだよね。

そして、ニューヨーク―パリなどの主要のハブ空港間を飛ぶ便を確保して、それから最終目的地の航空券をとるのがオススメかな。

利用者が多い路線っていうのは、最新の設備の機材で経験豊富な良い人材が乗っているからね。

さらにいうと、パリでEU諸国に入国すると、アメリカパスポート者はフランスの入管ではあまり重要視されないんだよ。

だから、かなり入念にチェックされるオランダやドイツとかと比べるといいから、エアフランスが好きってのもあるんだよね。

まとめ

旅行経験が多いアメリカ人たちにとっては、アメリカ系航空会社はあまり人気がないようですね。もちろん、値段を重視した旅行者たちの中で、サウスウエストやジェットスターを支持する人たちもいましたが、どうやら少数派のようです。

最近は、日本でもLCCのメリットとデメリットが問いただされ、コストだけではなく、サービスなども考慮して利用している人たちが多いようです。

つまりは、コストも重要だけど、それなりのサービスもないと定着した利用者を得ることができないということかもしれませんね。

そして、航空券を購入する際は、2時間以内の移動で、荷物が少なければLCCでもよいが、大荷物だったり、長距離での移動だったりする場合は、コストかつサービスを踏まえた上で航空会社を選ぶ必要があるということのようですね。

安かろう悪かろう、では人気を得ることはできない時代だね。とくに日本では、サービスに対してのハードルが高いから、安い値段なんだから…って諦めて嫌な気分になるのを避けたい人は多いよね。航空会社なんて利用してみないとわからないから、慎重に選んで利用したいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    アメリカン航空,
    悪いことは言わない、この航空会社だけはやめろ。

    1.   より:

      けどさ、9.11の時は最高のサービスを提供されたとか言われていたけどな。
      数年に一回なら、危機管理訓練のしっかりしている所を使いたいね。

コメントを残す

キャラクター紹介