金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶZARAを作ったインデックス社の社長アマンシオ・オルテガ―長者番付世界第3位のセレブの素顔―

ZARAを作ったインデックス社の社長アマンシオ・オルテガ―長者番付世界第3位のセレブの素顔―

2014/07/06
このエントリーをはてなブックマークに追加


アマンシオ・オルテガという人物をご存じでしょうか?アメリカの経済誌Forbesが発表した2014年の長者番付で、世界第3位にランクインした人物です。

スペイン生まれの実業家であるアマンシオ・オルテガは、アパレルメーカー「インディテックス社」の創業者として名を馳せています。インディテックスと聞いてもピンとこない人も、ZARAというブランド名には馴染みがあるのではないでしょうか。

年代を問わず女性から高い人気を誇るZARAを含むブランドを扱うインディテックス社を世界的企業に育てた人物こそ、このアマンシオ・オルテガなのです。

オルテガは日本ではまだそれほど知名度が高くはないかと思います。ここではオルテガの生い立ちやいかにして世界的なセレブリティの仲間入りをしたかに至るまで、詳しく見ていきたいと思います。

アマンシオ・オルテガの生い立ち

アマンシオ・オルテガは1936年、スペインのレオン州に4人きょうだいの末っ子として生まれました。幼少期はこのレオンで育ちました。14歳のときに、鉄道関係の仕事をしていた父親の転勤により、コルーニャへと引っ越します。

10代の頃から、オルテガはGalaという地元のシャツメーカーで働き始めます。「シャツメーカーで勤務」と言えば聞こえはいいのですが、要は雑用係のような役目を果たしていたと考えられます。ちなみに、このGalaは今でもコルーニャで営業しています。

1972年、つまり彼が36歳になった年に、Confecciones Goaというブランドを設立します。ちなみにこのGoaというのは、彼の名前のイニシャルを逆読みしたもの(アマンシオ・オルテガ・ガオーナのAOGを逆にしたもの)です。

ここでは何を販売していたかというと、バスローブやランジェリーといった衣類。

このブランドでは、数千名の地元の女性を雇い、縫製組合を立ち上げて生産したのですが、元はオルテガが当時の妻であった故ロザリア・メラとリビングで制作したものを販売していたのです。

それから3年後の1975年には、オルテガはZARAの第1号店舗をオープンします。オルテガは本当は「Zorba」というブランド名にしたかったそうですが、既に使われていたということで、みなさん御存じのZARAという名前になったようです。

1980年代には、彼はスペインのガリシア州にZARAの店舗を多数オープンします。

冒頭で触れたとおり、今日ではZARAはインディテックス・グループの傘下に入っています。

このインディテックス・グループの52.92%はオルテガの所有となっており、6,000以上にも上る店舗があります。

他にも、ZARAを始めMassimo Dutti(マッシモ・デュッティ)、ZARA HOME(ザラホーム)、Kiddy’s Class、Tempe、 Stradivarius、Pull and Bear、Bershkaといったブランドを有しています。

これらのブランドで働く従業員は世界中で92,000人以上にも上るそうですから、大企業と言えます。

素顔のアマンシオ・オルテガ

アマンシオ・オルテガは、2014年のForbesの長者番付で、世界第3位にランクインしたものの、当然ながら目立たない時期もありました。

1999年以前はインディテックス社のウェブサイトで使用された彼の写真以外、全く公開されていなかったようです。

2000年に、彼の会社の上場前のPR活動の一環として公の場に出たのですが、そのときにはスペインの経済紙の一面に掲載されたものの、公式にインタビューに応じて、更にPRを重ねるといったことはありませんでした。

(ただし、3人のジャーナリストだけにはインタヴューを許可し、その結果『Amancio Ortega: de cero a Zara(アマンシオ・オルテガ―ゼロからザラへ)』が出版され、ここでオルテガの素顔が明かされることになりました)

オルテガは、元々お金持ちの家庭に生まれたというわけではありません。下積みの時代を経て、世界的な大富豪になったのです。

みなさん、普段のオルテガはどんな人なのか、気になりませんか?

今やセレブになったオルテガ、普段もさぞリッチな生活をしているのだろうと思いきや、意外とそうではないようです。

オルテガは、毎日同じコーヒーショップを訪れ、ランチは従業員と一緒に会社のカフェテリアで食べるそうです。従業員と同じ目線で食べ、話す。そのようなところからビジネスのヒントを得ているのかもしれません。

また、オルテガは、ネクタイを着用することを好みません。いつもブルーのブレザーに白のシャツ、グレーのパンツというシンプルなスタイルで仕事をしています。いずれもZARAの洋服ではないものを好んでいます。

また、オルテガがセレブリティの仲間入りを果たした後も、会社の生産やデザインのプロセスに積極的に関わっています。あくまで実際に働く従業員の目線を忘れない姿勢を貫いているようです。

2011年にはオルテガはZARAなどのブランドの親会社であるインディテックスからの退職を発表しました。インディテックス副代表でありCEOのパブロ・イスラに彼の全権を委ねました。

ビジネスで成功したアマンシオ・オルテガの資産

アマンシオ・オルテガは、2014年のForbesの長者番付で世界第3位にランクインしたセレブ中のセレブですが、資産を前年から70億ドルも伸ばし、総資産額は640億ドルにも上っています。

640億ドルという資産額は、Forbesの長者番付世界第4位のウォーレン・バフェット(582億ドル)を大きく引き離す金額になっています。

オルテガの総資産額は、その前の2年は合計265億ドルにとどまっていたのですが、これほどの躍進を見せたのです。

2011年に社長の座をパブロ・イスラに譲りましたが、それでもなおインディテックス社の約60%の株式を有しています。

また彼は、経済が低迷している時期に格安で獲得した資産価値の高い不動産のポートフォリオも所有しており、およそ50億ドルの価値が見込まれています。

オルテガの所有している不動産の中でも有名なのが、スペインのマドリードにある「トーレ・ピカソ」です。この43階建ての高層ビルにはGoogleのオフィスが入っていることでも知られています。

昨年オルテガは、マドリード、ニューヨーク、そしてロンドンに、約8億3000万ドルで4つのビルを購入しましたが、これで彼が所有するビルは合計で26となります。

まとめ

元々は鉄道関係の仕事をしていた父を持ち、ごく普通の家庭に育ったアマンシオ・オルテガ。

10代の頃からシャツメーカーに勤め、当時の妻と、自宅のリビングで作ったバスローブを元に会社を始め、ようやく世界的な大富豪にまで成長したのです。

サンドラという娘、また息子のマルコスに恵まれ、今ではフローラ・ペレス・マルコーテという妻を迎え、マルタという娘をもうけています。

様々な経験を経て、大きな成功を手に入れたアマンシオ・オルテガ。彼の生き方から学ぶところは大いにあるでしょう。

【参考URL】http://www.forbes.com/
http://www.businessinsider.com/spanish-billionaire-amancio-ortega-zara-2014-1?op=1#!JmdNe
http://management.fortune.cnn.com/2014/01/08/zara-amancio-ortega/
http://books.google.co.jp/books?id=BJQ145yt7G0C&pg=PT51&lpg=PT51&dq=%22Ortega+keeps+a+very+low+profile%22&source=bl&ots=gogkmZ3MLw&sig=SWSbBgLtqczHgzLdbQI0pYMWUGA&hl=ja&sa=X&ei=4ZRoU6faF8zEkQWHyYGYAw&ved=0CEYQ6AEwAw#v=onepage&q=%22Ortega%20keeps%20a%20very%20low%20profile%22&f=false
http://theworldsrichest.com/people/amancio-ortega

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介