海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応アメリカでも食べてみたい!奇想天外な海外限定のファストフードメニュー10選

アメリカでも食べてみたい!奇想天外な海外限定のファストフードメニュー10選

2016/10/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_288575585

image001
中国のマクドナルドの黒バーガーと白バーガー

海外に出て現地の日本食レストランに足を運ぶと、様々な奇抜なラーメン、寿司などに出逢うことがあります。ピーナッツソースのラーメン、ソースのかかった寿司、コロッケを乗せた寿司、レモン汁のかかった味噌汁などなど・・・。

最初は「うひゃっ」と面食らいますが、勇気を出して口にしてみると意外と美味しくて「ああ、これが日本でも食べられたらなあ!」とさえ思うこともあります。

アメリカ人も同じことを考えるようです。国外に出かけ、お馴染みのロゴのアメリカのファストフードチェーン店に入ります。店構えはまったく同じなので、何も違和感を抱かず自分の故郷の店に入った感覚です。

ところが実際にメニューを目にして、「マクドナルドでビールが飲めるの!?」「クリームドーナッツじゃなくてキムチドーナッツ!?」と思わずぎょっとしてしまうものばかり。勇気を振り絞って、アメリカでは存在しない奇想天外メニューを注文してみます。

するとどうでしょう!日本人が外国のありえない寿司を食べて「案外イケる!」と驚くのと同様に、アメリカ人も「なんて素晴らしい不思議バーガーなんだ!」と目を輝かすことがあるのです!

今回は、「アメリカにもあったらいいなあ。アメリカ人も喜ぶし、外国人観光客たちにもウケるだろうなあ」という、実際に外国のファストフード店では売られている、数々のオモシロメニューを、アメリカ人の視点でご紹介していきたいと思います!

アメリカでも食べたいその1:韓国のキムチコロッケ

image002

「ドーナッツは甘いもの」そう思い込んでいるあなた、時代遅れです!ドーナッツには辛いものもあるのです!

韓国のダンキンドーナッツでは、キムチを中に詰めて揚げたコロッケが販売されています。言うまでもなくキムチは韓国の定番メニューですので、キムチをダンキンドーナッツでも食べられる、というのはおかしくない話なのです。

世界各国にチェーン店を構えるダンキンドーナッツは、各国向けの商品開発に積極的で、それぞれのお国柄が表れる“エスニック”ドーナッツを売り出しています。

残念ながら日本からはすでに撤退してしまっていますが、かつては日本限定和風ドーナツも販売していました。

ちなみにダンキン(Dunkin)という名は、アメリカ人のやる、ドーナツをコーヒーに浸す(Dunk in)、という食べ方から付けられたようです。余談ですが、イギリス人はビスケットを紅茶に浸して食べたりしますよね。

韓国のキムチコロッケの値段は1300ウォン(約118円)です。

アメリカでも食べたいその2:日本のキットカットサンド

image003

キットカットは小腹が空いた時にかじるお菓子、というものですが、実はがっつり食べるスイートサンドにも変身するのです!

2015年3月に、日本にある人気ファストフード店チェーン「ファーストキッチン」がキットカットサンドを発売しました。ホワイトパンに、キットカットのチョコレートを乗せたホイップクリームとオレンジピールを挟んだものです。

価格は単品220円(税込)。実際に日本でキットカットサンドを食べたアメリカ人達の多くは、「思っていた以上に味と食感の調和が素晴らしい、アメリカにもあればいいのに!」との感想を持ったようです。

アメリカでも食べたいその3:南アのチキンナゲットバーガー

image004

ファストフード店に入り、バーガーを注文しようか、ナゲットを食べようか迷う、なんてよくありませんか?その悩みを解決したのが、まさにこのナゲットバーガーなのです。とても画期的で、目からウロコとはこのことかもしれません。

南アのバーガーキングでは、チキンナゲットを中にはさんだバーガーを売り出しています。2枚のバンズに、マヨネーズのかかった4つのチキンナゲットとレタスを挟んだ一品です。

「チキンバーガーと変わらないじゃん」と鼻で笑うのは大間違いです。確かに同じようなものなのですが、チキンナゲットバーガーの方が、実のところ「おいしい」と好評なのです。

値段は20.5ランド(約150円)です。

アメリカでも食べたいその4:フィリピンのチキンホットドッグ

image005

フィリピンのKFCでは、ソーセージをパンの代わりに揚げたチキンで挟んでいる、という非常にユニークなホットドッグが食べられます。

その名も「Double Down Dog」。口の中でソーセージとチキンを同時に味わう、という肉ラーたちにはたまらない謝肉祭ホットドッグです!

残念ながら短期間限定メニューでしたが、復活を切望する声も多いようです。

アメリカでも食べたいその5:韓国の肉による肉のバーガー

image006

韓国のKFCは“No Bun, All Meat”(バンズはなくて全て肉)というコンセプトのバーガー「Zinger Double Down」を発売しました。

フライドチキンをバンズの形状に見立て、このチキンで、バーベキューソース・ペッパードレッシングをかけた牛肉パティ、ベーコンをサンド。これまた肉好きにはたまりません!

価格は単品で6900ウォン(約630円)です。

アメリカでも食べたいその6:フランスのカレーピザ

image007

日本にもカレーうどんがあるので、カレーピザと耳にしてもあまり驚かないかもしれませんが、フランスのドミノピザには「Sublim’ Curry」と呼ぶカレーピザがメニューにあるのです。

ローストチキン、クリーム、モッツァレッラチーズ、玉ねぎ、グリーンペッパーの上にカレーソースがかけられています。お値段は6.99ユーロ(約793円)です。

アメリカでも食べたいその7:フィリピンのマクドナルドのスパゲティ

image008

フィリピンのマクドナルドでは、スパゲティを食べることができます。その名も「Chicken McDo with Spaghetti.」。もちろん、希望すればチーズのトッピングもできます。

チキンとセットでなんとたったの2.8ドル!(約282円)この安さにも驚きです。

アメリカでも食べたいその8:日本のタコベルのブリトー

image009

信じられないかもしれませんが、メジャーなファストフードチェーン店「タコベル」が初めて日本に上陸したのはつい最近、2015年のことです。(※国内米軍基地内のタコベル店は例外とみなします)

タコベルジャパンは、アメリカでは決して食べられないブリトーを発売しています。それはエビとアボカドを挟んだブリトー「Shrimp and Avocado Burrito」です。しかも、わさびマヨネーズがかけられています!

ちなみに一番驚くべきなのは、渋谷に第1号店がオープンした時、徹夜して並んだお客さんたちがいたことです!

価格は、タコス1個320円。そのほかのメニューは単品で500円以上です。

アメリカでも食べたいその9:カナダのウェンディ―ズのプーティン

image010

プーティン」とは、フライドポテトにグレイビーソース(肉汁ソース)と粒状のチーズがかかった、ケベック州で生まれたファストフード。カナダとフランスでは非常にポピュラーな食べ物です。日本でも販売している店があります。

カナダのウェンディーズではこのプーティンを味わえます。高カロリーなので、手ごろな値段でお腹を満たしたいときはいいかもしれません。お値段は3.99ドル(約400円)です。

ちなみにカナダでは、マクドナルドでもプーティンを食べられます。値段は4.59ドル(約460円)。

アメリカでも食べたいその10:ドイツのマクドナルドのビール

image011

ビール自体、アメリカでは何も珍しくありません。ごく当たり前のアルコール飲料です。しかしアメリカのファストフード店でビールをグビグビ、というのは滅多にないことです。

ところがドイツのファストフード店では事情が異なります。ドイツのマクドナルドのメニューには、実際にビールがあります。値段は2.19ユーロ(約248円)です。

余談ですがドイツでは、親同伴であるならば、14歳でもビールやワインを飲んで構いません。16歳になっていれば、保護者がいなくてもこれらのアルコールを飲むことができます。18歳以上ならば、度数の強いアルコール購入も可能です。

マクドナルドでビールが注文できる・・・アメリカでは夢のような話です!

ファストフード大国だからこそ!

「アメリカといえば高カロリー食文化、ファストフード大国」というイメージを国内外で持たれています。このことについて、アメリカ人は何も言い訳をする必要はないと思います。なぜなら事実なのですから!

いっそ開き直って、「世界中の皆さん!アメリカではあらゆる種類のファストフードが食べられますよ!」という観光アピールを展開していくべきです!

そのためには、もっともっと魅力的で斬新でクールなファストフードメニューを増やすべきです!

まずは今回ご紹介した各国のファストフードメニューをアメリカにも取り入れてみるべきです!(日本のファストフードでも販売してもらいたいメニューはいろいろありますよね!)

ネットに寄せられた、海外の人々(主にアメリカ人)のコメントの一部をご紹介してみましょう。

この記事の海外に対する反応

(韓国ダッキンドーナッツのキムチコロッケ)

面白いと思うよ。

(韓国ダッキンドーナッツのキムチコロッケ)

アジアの国々では独自の食文化を持っているから、それをアメリカからはいってくるファストフードの食べ物と融合させるのは、素晴らしいいいことだと思う。

(韓国ダッキンドーナッツのキムチコロッケ)

ぶっちゃっけ、これって美味しくないわよ。だけどダッキンドーナツではなくて、韓国のローカルのパン屋で売られているキムチコロッケパンは美味しいものが多いと思うわ。

クールでイケている食べ物って、全部アジアの国々ばかりだよな。

(韓国ダッキンドーナッツのキムチコロッケ)

朝食に食べたいねえ。

(韓国ダッキンドーナッツのキムチコロッケ)

キムチ好きじゃないけど、これは食べてみたいと思うわ。

(日本のキットカットサンド)

おいしそうに思えるわね。

(日本のキットカットサンド)

普通のキットカットを買って、家でサンドウィッチにすればいいだけよね。

(フィリピンのチキンホットドッグ)

食いたい食いたい食いたい!今オレはものすごく空きっ腹なんだ!

(フィリピンのチキンホットドッグ)

ダイエット中なんだけど、これだけは無性に食べたい。

(フィリピンのチキンホットドッグ)

うまそうには見えないが、BBQソースとチーズと肉の調和が素晴らしいらしいね!

(韓国の肉による肉のバーガー)

満腹感、満足感、幸福感を与えてくれる、という意味では最高のヘルシーメニューだと思うわ。

(韓国の肉による肉のバーガー)

これを食べて心臓発作を起こしても、後悔しないと思う・・・。

(フィリピンのマクドナルドのスパゲティ)

アジアって本当にクレイジーだよなあ。最高だ!

(フィリピンのマクドナルドのスパゲティ)

フィリピン人って甘い味のスパゲティが好きよねえ。

(日本のタコベルのブリトー)

おいしそうに見えるな。

(日本のタコベルのブリトー)

アメリカのタコベルのメニューにあったら、絶対注文するぜ。

(日本のタコベルのブリトー)

KFCやピザハットはアジアでも成功しているのに、タコベルはなんだかパッとしないよねえ。

(ドイツのマクドナルドのビール)

ふむむ。ビールとマックの融合!ピッタリだ!

(ドイツのマクドナルドのビール)

ビールがマクドナルドにマッチするわけがない。一応ファミリー、さわやかで売っているブランドなんだぞ!

【参考URL】http://www.therichest.com/expensive-lifestyle/food/15-international-menu-items-we-wish-were-in-the-u-s-2/
http://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=1990
http://www.first-kitchen.co.jp/news/?ym=201503
http://www.seriouseats.com/2009/10/kimchi-donuts-from-dunkin-donuts-in-south-korea.html
https://www.youtube.com/watch?v=yV2vG_gf6XI
https://www.youtube.com/watch?v=xv5GlV1r_Wg
https://www.youtube.com/watch?v=Zw0K3GLAmbw
https://www.youtube.com/watch?v=GtkwKlSKdIo
https://www.youtube.com/watch?v=Sqy_BRgx_9w
https://www.youtube.com/watch?v=FpIyeEUK0wQ

ジョニー的にはフィリピンのチキンホットドッグが気になるなあ。クチビルテカテカにしながらむしゃぶりつきたいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    日本にカレーぱんがあるのだから、韓国にはそれをまねて劣化させたキムチぱんがあるんじゃないかとず~っと思っていたら、案の定w

  2. 日本の名無しさん より:

    タコベルって初めて聞いた@@;
    もう少し店舗数増えてても良さそうなメニュー展開なのになぁ??

キャラクター紹介