海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応北朝鮮で大ヒット!携帯型メディアプレーヤー「ノーテル」

北朝鮮で大ヒット!携帯型メディアプレーヤー「ノーテル」

2015/07/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_2404169172

2006年に核実験を行なって以来、国連を始め、アメリカ、欧州連合(EU)、そして日本など、多数の先進諸国からも独自の経済制裁を受けている北朝鮮。

しかし、この経済制裁にも関わらず、未だに核およびミサイル開発を一向に中止する気配はありません。それどころか今年の初めには、ソニー映画子会社へサイバー攻撃を行なった疑いもかけられており、国際社会から更に孤立した状態になっています。

そんな強気な北朝鮮に金正恩が第一書記として任命されてから3年。日々、金第一書記の残忍さを伝える報道を目にする事が多いのですが、珍しく明るいニュースも伝えられています。

首都のピョンヤンがミニ経済ブームだと言うのです。

最近、北朝鮮で取材活動をしたジャーナリストによると、市内には新しいレストラン、高層アパート、ディオールと言った高級化粧品や海外ブランドの洗濯機などが購入できる百貨店が立ち並び、

500ドル(約5万9000円)の最新の携帯をためらうことなく購入する市民を見かける事は稀ではないそうなのです。

またスケート場、ボーリング場、プール、そしてイルカの水族館などの新しいアトラクションも建設されていおり、健康状態の非常に良いポニーを使用しての子供向けの乗馬クラブでは、レッスン費用、一時間5ドル(約600円)で楽しめるとの事。

ただ、都市部での繁栄とは裏腹に、北朝鮮人口のほぼ半数に渡る市民が未だに極度の貧困状態にあり、大多数の労働者の月収は2~3ドル(約239~358円)と言うのを考えると、やはり高所得者層向けのサービスである事が伺えます。

そんなエリートが多く住むピョンヤン人口の約半数が持っていると言われている大ヒット商品があります。その名は「ノーテル」。

外国との唯一の接点「ノーテル」とは?

5340

ノーテル(NoTel)とは、ノートブック(Notebook)とテレビ(Television)を組み合わせた、北朝鮮人が付けたいわゆる造語です。

実はこのノーテルの正体は、携帯型メディアプレーヤー。

小型だけど、DVD及びUSBポートが付いているために、DVDには北朝鮮番組を入れておき、密輸したUSBで韓国のドラマや歌謡曲を楽しめます。

そして万が一北朝鮮当局からの調査が入ったとしても、USBは簡単に隠せる程小さい上に、北朝鮮で製作されて番組のDVDを見ている・・・と主張する事が出来るとあって、今では大人気の商品なのだとか。

しかし、このノーテルの流行を機に、北朝鮮政府が国民に外の情報を開放する事は全く考えておらず、逆に国内を不安定明かさせる要因として受け止めています。

そのため北朝鮮政府はノーテルを合法化し、政府所有の店でも購入できるようにしたのですが、政府機関からの購入者は国に身元を登録されてしまいます。

登録する事によって、どの市民が外部の情報を入手する可能性があるのかを把握しようとした北朝鮮政府の試みなのですが、言うまでもなく殆んどの市民はノーテルを闇市場で購入しています。

気になるお値段は約5700円!便利な充電可製品

このノーテルは中国製。北朝鮮で販売されている物は、密輸、或いは正式なルートを通じて輸入されています。

そして気になるこのノーテルのお値段は48ドル(約5700円)。経済ブームが発生している都市部で生活をしているエリート達にとっては、激安の商品なのです。

ある脱北者は、昨年に1万8000個のノーテルを直接中国の広州にある工場に注文し、密輸入したと証言しています。

また、中国で人気のオンラインショッピングサイト淘宝網(タオバオワン)によると、中国ではノーテルの需要は既に落ち込んでいるものの、北朝鮮での需要の高さを受けて、中国の工場では北朝鮮向けに今も製造を続けているのだそうです。

また、北朝鮮でここまでノーテルが流行している他の理由として、USBとSDカード、そしてテレビとラジオのチューナーもついていると同時に、車で充電できるソケット充電器もついているため、と分析されています。

一日に数時間ほどしか電力が供給されない北朝鮮市民にとっては、車で充電できる電化製品は非常に利便性の高い物なのです。

この記事の海外に対する反応

人間の精神を感じる!独裁政権下で、人間としての自由と尊厳を求める市民。これを機に一刻も早く北朝鮮に民主主義が訪れる事を祈ってるよ。

金正恩の髪型ってポップコーンみたいに破裂しそう!

国に登録しないとテレビが見れない…NHKの受信料みたいなもの!?

今の時代に、人間がここまで苦労して外からの情報を手に入れなくてはいけないなんて…。想像するだけでも恐ろしい事情だよね。

ノーテルって変な名前。

北朝鮮の市民には、心から同情するよ。

北朝鮮は世界一大きい強制収容所と言い換えても良いのでは?

記事で提供されてるノーテルの写真。SaMsungと書いてるかと思えばSaNsung…。確実に中国製だね(笑)

↑ ホントだ~一文字変えてる。さすが中国人!

朝鮮が統一される日もそう遠くないはず 。

↑ 統一まで少なくともあと10年はかかると思うよ・・・。

北朝鮮の一般市民の生活を考えると、本当に心が痛むよ。

自分はアメリカに住んでいるけど、自由に情報を入手していると思ったら大間違いだよ。各メディアは伝えたい事だけを流していて、本当の事は誰も知らないんだから。

誰がメディアに情報を流したか、によるよね。各メディアによって政治的な偏りがあるからね。

北朝鮮が一刻も早く韓国と統合される事を祈ってるよ。一般市民は十分に苦しみを味わったはず。

世界の国々に一々文句をつけるアメリカはどうなの?奴隷問題、原住民問題、CIAの拷問などなど・・・。自国の問題を先に片付けてから、他国の問題に干渉してほしいね。

『江南スタイル』を見た北朝鮮人の感想を聞いてみたい。

↑ 北朝鮮当局に隠れて、江南スタイルのダンスを練習している若者がいたりしてね。

ノーテルを全国民に手渡すべき。外部の情報を入手した国民がいつまでも黙っているわけがない!

北朝鮮市民を解放するために多国籍軍が北朝鮮に爆弾を落として、一般市民に多くの死傷者を出すよりもマシだよ。

北朝鮮の殆んどの軍人も、極度の貧困に喘ぐ市民。ノーテルが更に普及し、知識をつけた軍人たちが黙って現政権に従う事なんてありえないと思う。

恐らく革命が内部から起こるよ。そうあって欲しい。

革命の日は近い・・・?ノーテルは火種となるか

大多数の市民には元々インターネットへのアクセスが与えられていないものの、アクセスを認められている人でも、北朝鮮政府が運営しているサイトだけを見ることができるようになっています。

また250万人の市民が携帯電話を所有しているにも関わらず、国外への電話は一切許されていません。

その為ノーテルは北朝鮮人にとって、外部の情報を入手する事のできる唯一の手段と言えます。ノーテルが今以上に普及し市民が国外の状況を把握した結果として、内部から革命が起こる日も遠い話ではないかもしれません。

【参考URL】http://www.theguardian.com/world/2015/mar/28/north-korea-internet-notel
http://www.theguardian.com/world/2015/jan/15/-sp-pyongyang-north-korea-kim-jong-un
http://www.usnews.com/news/blogs/rick-newman/2013/04/12/heres-how-lousy-life-is-in-north-korea

思ってたより北朝鮮の市民って抑制されてんのね・・・。あんまりふれたくなくてちゃんと調べたことなかったけどさ~。女の人は自転車に乗ったらいけないって聞いたことあるけどマジなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    サムもパクるか
    さすが、中華だなw

  2. 日本の名無しさん より:

    あくまで都心部の出来事
    悲惨なのは地方の農村部だろうな
    共産主義ねぇ・・・

    理想と現実は違うよなぁ・・・

  3. 日本の名無しさん より:

    共産主義ってつくづくデタラメなんだな

  4. 日本の名無しさん より:

    正恩体制が北の最後となるよ。最近は内情も伝わりやすい上、核開発も進んでいる。
    北が六カ国はおろか日本との協議に時間を稼ごうものなら数年以内に追加の制裁と施設の迎撃が実行される。
    米国がテロ支援国家に指定しないのは指定したら攻撃対象になるからしていないだけ。

  5. 日本の名無しさん より:

    サンスンとは

  6. 日本の名無しさん より:

    知らん

  7. 日本の名無しさん より:

    パクリのパクリとは…

  8. 日本の名無しさん より:

    最初の字がよくわからんが、韓国三星と表示されてる?
    液晶パネルだけでも結構しそうなのに安いな
    あきばお~で似たようなの売ってるかなあ?

コメントを残す

キャラクター紹介