> > > プロミスの金利は低い?他社との比較など徹底解析!

プロミスの金利は低い?他社との比較など徹底解析!

キャッシングやカードローンには「金利」というものが設定されており、借金を返済するときにこの「金利」を加えてお金を返していく必要があり、返済のことも考えると、この「金利」というものは、低く設定されているほうが余計にお金を支払わなくてもいいのでお得です。

大手の消費者金融に「プロミス」というところがあり、この金融業者では「フリーキャッシング」という商品を扱っていますが、この商品の場合だと金利は4.5%~17.8%といった範囲に決められています。

このまま見るとこの数値が高いのか、または低いのかわからないと思いますので比較してこの数値がどの程度なのか検証していきたいと思います。

大手の消費者金融と比べると!プロミスの金利は平均的といえる

「プロミス」も大手の消費者金融ですが、ここ以外にも大手のところはいくつか存在しています。最近はテレビのCMで流れていることもあるので、大手のところなら名前を聞いたことがあるでしょう。

  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン

では、見ていきたいと思いますが、上の3つの金利の幅は次のようになっています。ちなみにプロミスの金利はすでに書いた通り4.5%~17.8%となっています。

消費者金融名 金利
アコム 3.0%~18%
アイフル 4.5%~18%
ノーローン 4.9%~18%

ほかの消費者金融と比べてみると、あまり変わりはありませんが、上記の3つのところよりはわずかながら低く設定されています。

消費者金融の特徴としては、ほかの銀行系などに比べると審査に通りやすいといわれていますが、その反面、金利が高く設定されていることが多いです。

また、審査が素早いので即日で融資ができる可能性が高い、ということも特徴として挙げられます。
(⇒貸金業者で借りるならここもチェック!

金利は低いところのほうがより経済的ですが、急いでいて今すぐにでもお金が必要、といったときに消費者金融は利用しやすいです。

ただここで注意点は審査に通りやすいといわれていても落ちることもありますし、審査に通りやすい=たやすくお金を借りられる!と勘違いしないようにしましょう。

消費者金融は一定期間のみ金利が無料に!高い金利をカバー

これも消費者金融の特徴として挙げられることなのですが、一定期間だけ金利が0になるキャンペーンをやっていることがあるのです。借入して、期間中に返済まで行えば金利0で借入することができるので、「金利が高い」というデメリットをカバーできます。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン

ではここでも紹介している4つのところでは金利が無料になる期間はあるのでしょうか?

消費者金融 無料期間
プロミス 30日間無料
アコム 30日間無料
アイフル 30日間無料
ノーローン 1週間

ノーローンはちょっと変わっていて1週間無料と書きましたが次のようになっています。

たとえばお金を借りて1週間で返済したとすると、完済した翌日以降の借り入れも1週間だけ利息が無料になる、といったものになっています。

1週間で返済することができれば、何度でも無料になるので他に比べるとお得な感じがします。まあ、1週間で返済できなければ、利息を支払う必要があるので、そこには注意が必要になってきますが。

また、金利を無料にするには、条件を満たすことが必要な場合もあるのです。

たとえば、「アドレスを登録する」「Web明細を利用する」といったようなことが金利を無料にするために条件になったりします。消費者金融は金利が高く設定されていることが多いですが、金利が無料になる期間もあるので、「短期間に借り入れを行う」といったときに活用してみるとよいでしょう。

この金利が無料になる期間はいつでもやっているというわけではなく、申し込みの時期によってはやっていないこともあります。さらに、その消費者金融と初めての契約時だけ金利が無料になるので、すでに過去契約したことがあるという人は金利が無料にならないこともあるので注意しましょう。

金利には幅があることがほとんどでプロミスの場合、金利は4.5%~17.8%という設定となっております。この設定が高いか低いかというと、大手の消費者金融の平均的な数値で同じ消費者金融で融資を受けるなら特に高金利ということにはなりません。

この設定でも高いと思う人もいるかもしれませんが、プロミスでは30日間だけ金利ゼロで借入することもできます。期間限定ですし、30日たった後は元通りの金利を支払うことになるので、借入する場合はきちんと利息を含めた返済額を計算して計画を立てておきましょう。

銀行で扱っているカードローンとプロミスを比べると!金利は高め

消費者金融だけでなく、銀行でもカードローンなどを扱っている場合があり、知名度も高い銀行が扱っているので聞いたことがあるものもあるでしょう。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

銀行で扱っているカードローンとプロミスの金利と比べると、プロミスの4.5%~17.8%という金利は高いのか?低いのか?というとプロミスの金利のほうが金利が高めの設定となっています。

金融名 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 3.5%~14%

「銀行」のカードローンはよく金利が安いとか言われていますが、比べてみるとその通りのようです。

まあ、金融業者によって金利はさまざまなので、プロミスのほうが安い場合もあるのかもしれませんが・・・。

金利が低いところを利用したいのであれば、上記のような銀行で扱っているカードローンで借り入れを行うとよいでしょう。銀行系の特徴としては、「審査が厳しい」とか「即日融資ができない」といったようなことがよく言われています。

消費者金融にはないこんな特徴が銀行のカードローンにはある

「審査が厳しい」「即日融資ができない」といった特徴をあげましたが、実際のところはどのようになっているのでしょうか。

「審査が厳しい」ということは、よく言われていますが細かい審査の基準なんかは知ることは基本的にはできません。審査が厳しいか?と言われると消費者金融なんかと比べると年収や勤務年数といった基準が高く設定されていて、審査が厳しいのでしょうね。

まあ、審査が厳しいとか言われていますが、「職についていて毎月収入がある」といった人なら問題なく借入することもできます。さすがに「職に就いていない」、「返済できていない借金がたくさんある」、といったような明らかに無理だという人だと職についていて毎月収入がある場合でも借入は厳しいですが。

プロミスなどの消費者金融よりも、金利は低いですが、その分審査が厳しいのが銀行で扱っているカードローンなので覚えておくとよいでしょう。

また銀行の場合ですと「即日融資ができない」といったようなこともよく言われています。ここで紹介している銀行で扱っているカードローンは、すべて即日融資ができるようになっている。ただ、あくまでも「最短で即日」なので、もちろん即日融資ができない場合もあるので注意する必要があります。

銀行で扱っているカードローンだけに言えることではないのですが、キャッシングやカードローンで即日融資を受けたいのであれば、早い時間帯に申し込みを行うようにしましょう。

プロミスの金利は消費者金融の平均的な設定となっていますが、銀行で扱っているカードローンに比べると上限は高めの設定といえます。消費者金融では18%前後が上限であることが多いですが、銀行では14%前後が金利上限に設定されていることが多いです。

銀行に比べると高金利と思う人もいるかもしれませんが、金利が低ければ今度は審査がより厳しく行われるといったリスクもあるのです。銀行に比べると高金利で審査にも必ず通るという保証はありませんが、より確実性を求めるのであればプロミスのような消費者金融を使うのもよいでしょう。

信販系いわゆるクレジットカードとプロミスを比べてみると!

クレジットカードを扱っている信販系ですが、キャッシング枠がついているのであれば、クレジットカードでもお金を借入することができます。信販系として挙げられるのは次のようなところです。

  • オリックス
  • セゾン
  • オリコ

気になる金利ですが、プロミスと比べてみるとどうなのでしょうか。

金融名 金利
オリックス 3.0%~16.8%
セゾン 12%~18%
オリコ 15%~18%

プロミスの金利、4.5%~17.8%と比べてみると、信販系は高いところもあれば低いところもありますね。

プロミスと比べてみるとあまり違いはありませんが、中には銀行よりも低い金利に設定されているカードも中にはあるようです。クレジットカードだと、キャッシングは利用できないと思うかもしれませんが、キャッシング枠がついているのであればお金の借り入れも可能です。

ただ、クレジットカードといっても会社によって複数の種類を扱っていますので、カードによってはかなり低金利のカードもあれば高金利のカードもあると覚えておきましょう。

クレジットカードの特徴!1枚で多機能が使えて便利

信販系の特徴としては金利が銀行よりも低いカードがあるということのほかにはどのようなものがあるのでしょうか。

審査面でいうと、銀行よりは審査に通りやすく、消費者金融よりは審査が厳しいといったことがよく言われています。銀行の低金利でお金を借りたいけど、審査が心配ということなら、低金利になっている信販系のカードを利用してみるのもよいでしょう。

また、カードによってですがお買い物に使えて、キャッシング機能も使えるといったものが存在しています。まあその場合だと、限度額が低くなっていることが多く、借り入れできる金額は限られてしまいますが。

消費者金融・銀行系・信販系にそれぞれ特徴があるので、申し込みを行うときはよく特徴を理解してから利用してみるのもよいでしょう。
ショッピングに使えるクレジットカードにもキャッシング機能を付けることができ、それに伴い当然ですが金利も設定されています。クレジットカードと比べると、プロミスの金利は高いのかというと、ほぼ変わりはありません。中にはクレジットカードでもかなり低金利となっていることもありますが、その場合は申し込みの条件が厳しいといったことが考えられます。

ショッピングに使えるという点ではクレジットカードは便利ですが、プロミスでもほぼ同じような金利で借入もできますので、たくさん買い物するとかこだわりがなければプロミスを選択してもよいでしょう。

プロミスの金利は消費者金融だと平均的!他と比べると高いことも

プロミスの金利、4.5%~17.8%という数値は、ほかの金融業者と比べて高いのか?それとも低くなっているのか?比べてきましたが、やはり金利が低いといわれている銀行より金利の上限は高くなっていて、信販系とはあまり違いがありませんでした。

ちなみに、消費者金融・銀行・信販系とキャッシングできるところは種類がありますが、一番金利が低く設定されているのは銀行。次に低く設定されているのは信販系。3つの中で一番高く設定されているのは消費者金融といった順番になっています。

まあ、金利の幅というものは業者によってさまざまな幅になっているので、上記の順番が当てはまらないということもありますが。基本的には金利の上限の低さは銀行・信販系・消費者金融といった順番になっているということを覚えておくとよいでしょう。

ほかに比べると金利が高くなっているプロミスなどの消費者金融ですが、こんな場合は便利に利用することができます。
(⇒キャッシング金利についてもっと詳しく!

  • たとえば即日で利用したい、という場合です。

消費者金融は審査が素早いとか言われているので、即日で融資できる可能性も高いです。カードの発行まで即日で行うことができるので、カードを使って即日で現金を手に入れることもできてしまいます。

インターネットからの申し込みもできるようになっているので、申し込みもしやすくなっています。ただ、即日で利用する場合には申し込みを行う時間帯に注意しないと、即日で借入できないということも考えられます。

消費者金融で即日融資を受けたいのであれば、できるだけ早い時間帯に申し込みを行うようにしましょう。

それだけでなく、消費者金融では「金利が無料になる」といった期間が設けられている場合があるのです。

この期間に借入して返済まで済ませてしまえば、金利が高いというデメリットを補うこともできてしまいます。まあ、期間が限られているので、期間が過ぎてしまうともちろん金利を支払う必要はありますし、初めて契約するときだけ対象となります。

この期間は30日間だったり、1週間だったりとさまざまな期間に設定されていますが、金利が無料になる消費者金融は短期間での借入を行う時に便利です。短期間で借り入れから返済まで行えるという場合に利用してみるのもよいでしょう。

こんな手段が!金利を安く済ませる方法には方法がある

金利が高いプロミスなどの消費者金融ですが、金利は安く済ませる方法があるのです。まあ、上記でも紹介した「金利が無料になる期間」に返済してしまえば利息をかける必要がないのですが。

金利が無料になる期間が終わってしまったら次のような方法をとるのもよいでしょう。

金利は、お金を借入したらすぐに返済することで安く済ませることができてしまうのです。お金を借りている時点で、「金欠で翌日には返せない」といった人も多いかと思いますが、できるだけ日数が経たないうちに返済したほうが安く済ますことができます。

できるだけ早く返済してしまえば、消費者金融の高い金利を安く済ませることができるので、返済がすぐにできるときは、できるだけ日数が経たないうちに返済をしてしまいましょう。

プロミスの金利はカードによりますが、消費者金融やクレジットカードと比べると大差はなく、銀行に比べると高めに設定されていますが、工夫すると一時的に金利を軽減できる方法もあります。

例えば消費者金融には金利ゼロ期間があり、この期間だけ利息ゼロ円で借入できたり、借入してから返済までの日数を短くしたりすればそれだけ金利を抑えることができます。より計画をよく立てなくてはいけませんが、通常利用していてお金に余裕があるときには試してみると利息の軽減につながります。

よく計画して使ってみよう!プロミスを効率よく使うには

金利が銀行のカードローンよりも割高なプロミスで借入するならば少し工夫してみると、金利も抑えることができます。例えばすでに紹介している通り金利が無料になる期間に借入から完済まで行ってしまうというのも工夫ですね。

さらに金利は返済回数を増やせばそれだけ利息も掛かってくるもので、逆に考えれば返済回数を減らすことができれば利息も抑えることができるということになります。プロミスだけではありませんが、キャッシングやカードローンでは繰り上げて返済することが可能となっています。

繰り上げて返済というのは、毎月の返済額にプラスして多く返済に回すという方法となります。毎月これをしていると、生活が苦しくなってしまったり、いざという時にお金に困ったりすることも考えられるので計画性が大切ですが利息は抑えることが可能です。

返済の遅延には気を付けよう!取引履歴は記録されている

カードローンやキャッシングの取引状況は記録として残されることとなっています。返済の遅延などがなく正常に行われていると問題ないですが、遅延などがあると後々困ることもあるのです。

ブラックリストとして登録されてしまうと、長期間のお金の借入ができなくなってしまうし、遅延情報があると審査に通りにくくなってしまうということも考えられます。プロミスだけではありませんが、お金の借入を行う場合はよく計画を立てて返済の目途がある範囲で借入を行う必要があります。

借金を行う場合後のこともよく考えて、その借金が本当に必要なのかよく考えてから利用することを考えましょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングの魅力とは?メリットデメリットは何?

消費者金融には悪いイメージがある人はいまだにいるかもしれませんが、プロミスでは使い道を間違えなければ問題なくお金の借入を行えます。便利になっていますので、借金という感覚が抜けてしまう人も利用者の中にはいるようなので、利用する場合は借金ということを忘れてはいけません。

よく計画を立てずに利用すると返済遅延といった問題も起きてしまい、最悪借入ができなくなるといったこともあるので、プロミスだけでなく消費者金融を利用する場合は収支の計画をよく立ててから利用するようにしましょう。

新着記事
カテゴリー