> > > 家族に内緒!主婦がこっそりカードローンを使う際に注意したい事3つ

家族に内緒!主婦がこっそりカードローンを使う際に注意したい事3つ

家計を預かる主婦だからこそ、お金のやりくりに頭を悩ませることもありますよね。でも、ご主人にそれを言うのも申し訳ない、家族に心配はかけたくないといった理由で、こっそり借金をしたいという方も多いのが現状です。

では、主婦が内緒で借金をすることは可能なのでしょうか?

結論から言えば、可能です。ですが、注意すべき点を知ってからお金を借りないと、意外な理由で借金がばれてしまうことがあります。

そこで今回は、主婦に向けた借金の話の一つとして、家族にばれたくない主婦がこっそり借金をする際に注意したい3つの点について、まとめてご紹介します。

勤務形態によって借入先を選ぶ必要あり!主婦の借金と法律の関係

主婦と一言で言っても、正社員で働いている人やパート・派遣社員として働いている人、そして専業主婦の人と勤務形態はさまざまです。

実は、この勤務形態によっては、借入先を慎重に選ばなければいけない場合があります。なぜなら、借入先によっては専業主婦は配偶者の同意を得なければ借入ができないこともあるからです。それには法律も関係しているので、きちんと理解しておくことが大切です。

では、主婦の勤務形態と借入先の選び方について詳しく確認しましょう。

専業主婦は貸金業者からは内緒で借りられない!

どのような職業の人がカードローンを利用できるのかというと、正社員はもちろん、派遣社員の人やパート・アルバイト、それから自身では仕事をしていない専業主婦など、多岐に渡ります。もちろん、家族に内緒で借りることもできないわけではありません。
(⇒キャッシングを利用できる職業とは?

ですが、誰でもどこからでも借りられるわけではなく、借入先が限られることもありますし、また内緒での利用が難しいこともあります。

そういった意味で、最も借入先が限定されるのが、専業主婦です。なぜかというと、専業主婦は選ぶ商品によっては借金をする際に旦那様の同意を得なければいけない場合もあるからです。これは、貸金業者が従う法律である、貸金業法に基づく決まりです。

貸金業法で定められている事の一つに、総量規制というものがあります。これは多重債務者を出さないことを目的として定められている内容で、貸金業者が融資できるのは借入をしたい人の年収の3分の1までにおさまる金額までと、融資額を制限するものです。

専業主婦は、仕事をしているかどうかという点で言うと無職になるため、自分自身に収入がありません。そうなると、借入をしたい人が専業主婦の場合、年収は0として計算されるので、3分の1以内におさまるように融資をするとなると、その金額は0になってしまうというわけです。

そうなると、専業主婦は借り入れができず困ることになるため、貸金業法では総量規制の例外という位置づけで、配偶者貸付という制度を導入しています。これは、その名の通り配偶者の年収と合算した年収の3分の1以内に二人分の借入総額がおさまるように借入をすればいいというものです。

ただし、この制度を利用するには以下の条件を満たしていなければいけません。

  • 配偶者の同意書を提出する
  • 配偶者と婚姻関係にあることを証明できる書類を提出する
  • 配偶者の年収が証明できる書類を提出する

配偶者貸付は、配偶者の同意書が必要であったり、配偶者の年収が証明できる書類が必要であったりという内容になっていることから、貸金業者からは専業主婦が内緒で借入をすることが難しくなっていることがよくわかりますね。

専業主婦は銀行系カードローンなど貸金業者以外を選ぼう

以上のことから、専業主婦は法律上貸金業者から配偶者に内緒でお金を借りることが不可能だと言えます。

さらに、このような決まりがあることから、貸金業者は専業主婦を融資の対象としないことも多く、専業主婦が貸金業者を利用すること自体がとても難しくなっているのが現状です。

ちなみに、貸金業者とは以下のような業者のことです。

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社

クレジットカード会社や信販会社の場合、それらの業者で作ったクレジットカードを使ってショッピングをする場合には貸金業法の影響を受けないのですが、それらの業者が発行するローン専用のカードを使ったりクレジットカードのキャッシング機能を使ったりしてお金を借りる場合は、貸金業法を守らなければいけません。

これらのこともあって、例えば大手消費者金融会社を例にしてみても、どの業者も専業主婦は融資の対象としていません。中小企業の消費者金融会社でも、多くは収入のある人を融資の対象としています。

それなら、貸金業者ではないところでお金を借りたらどうなの?と思われた専業主婦の方もいらっしゃるかもしれませんが、おっしゃる通りです。

専業主婦がお金を借りたいのであれば、貸金業者以外の例えば銀行系カードローンや信用金庫が発行するカードローンなど、総量規制対象外の商品を利用すればいいわけです。

総量規制対象外の商品でも専業主婦は融資の対象としないことも!

専業主婦は貸金業者以外の金融機関が扱う総量規制対象外の商品を選んで借入をすればいいとはいえ、貸金業者以外ならどこでもいいというわけではありません。例えば、銀行系カードローンを例に確認してみると、以下のように専業主婦でも利用できる商品とそうでない商品があることがわかります。

○専業主婦でも利用可能な商品の例

  • みずほ銀行カードローン(ただし最大利用限度額は30万円まで)
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 東京スター銀行スターカードローン(カードローンタイプ)

○専業主婦は利用不可能な商品の例

  • オリックス銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行ミスターカードローン

このように、それぞれの商品が定める利用条件によっては、専業主婦を融資の対象とする場合もそうでない場合もあるということです。さらに、みずほ銀行カードローンのように専業主婦の場合は最大の利用限度額が制限される場合もあるということです。

それから、専業主婦への融資は可能でも、配偶者の同意書を求める銀行もありますので、必要書類をチェックしておきましょう。先ほど挙げた銀行は、すべて配偶者の同意なしで借入をすることが可能です。

これらの理由から、専業主婦の人は借入先を特に慎重に選ばなければいけないと言えるんですね。

何らかの形で収入を得ている人は利用条件を満たしていればOKです

お金を借りるには、安定した収入を得ていることが大切です。

正社員として働いている主婦の方は安定した収入を得ていることになりますし、またパートや派遣社員として働いているという主婦の人でも、給料をもらっていればご自分で収入を得ていることには変わりありません。

このように、何らかの形で収入を得ている人の場合、ご自分の収入を元にお金を借りることは難しいことではありません。なぜかというと、最近ではパート、アルバイトでも可としている商品がとても多くなっているからです。

つまり、利用条件を確認して、貴女の勤務形態でも利用可能な商品さえ探せば、ご主人の同意を得ることなく内緒で借入することも可能なわけですね。中には正社員専用の商品もありますが、そういった商品さえ選ばないようにすれば、借入できる可能性は高いということです。

もちろん、審査に通らなければ利用できないということは前提ですが、利用条件に合っているかどうかという意味で言えば、収入を得ている人はお金が借りやすいと言えます。

借入先選びに迷った時に参考にしたいポイント

何らかの形で収入を得ている人の場合、逆に選択肢が多すぎてどこから借入をすればいいんだろう、と迷ってしまいますよね。

そこで、消費者金融と銀行系カードローンの大まかな特徴を比較してみましょう。ただし、全ての業者がこの限りというわけではありませんので、商品選びの一つの参考としてご覧ください。

商品の種類 特徴
大手銀行のカードローン 金利は低めだが借入までに時間がかかることもあり、即日融資を受ける際に方法が限られる場合もある
地方銀行のカードローン 金利は低めだが借入までに時間がかかることもあり、その銀行の営業区域に住んでいることが利用条件となることもある
大手消費者金融のカードローン 金利は高めだが、申し込みから借り入れまで様々な方法が用意されサービスは充実している
中小消費者金融のカードローン 金利は大手消費者金融よりもさらに高め、地域密着主義を掲げていることが多い

実際に借入をする時には、借入先に選ぼうとしている業者の利用条件や商品概要などを事前に確認するようにしましょう。

家族に内緒で借りたい場合、収入が無い主婦は借入先を慎重に選ぼう!

ここまでの内容から、ご自身に何らかの形で収入がある主婦の人は利用条件に合う商品を探せば家族に内緒で借入できる可能性が高いですが、専業主婦の人は貸金業者以外で、なおかつ専業主婦を融資の対象とする商品を選ばなければいけないと言えます。

これには貸金業法という法律が関わっているため、専業主婦が貸金業者から借入をする場合は配偶者の年収と合算して計算することになり、配偶者の同意書が求められます。そのため内緒で借入はできませんので、より慎重に借入先を選ぶことが必要なのです。

内緒で主婦が借金をしたい場合、収入の状況によっては借入先を慎重に選ぶ必要が出てきます。収入がある人の場合借り入れ先は多くあるのですが、特に気をつけなければいけないのは、ご自身に収入のない専業主婦の場合です。

専業主婦の場合、貸金業者でお金を借りようとすると、配偶者の同意が必要なことが法律によって定められています。また、法律の決まりによって手続きが複雑になることから、そもそも専業主婦を融資の対象としない貸金業者も多いものです。そのような時には、総量規制の対象とならない商品を利用しましょう。

意外なことから家族にばれる?郵便物や電話の受け方を工夫しよう

お金を借りる際、意外なことが原因で家族にばれる可能性があります。そこで、どのようなことが家族に借金を知られるきっかけになるのか、詳しく確認していきましょう。

また、それを避ける方法も合わせてご紹介します。

申し込みの際には内容確認の電話がかかって来る!

カードローンの申し込みをすると、申し込み先の業者から内容確認の電話がかかってきます。

これはカードローン会社にとってもとても大切なことで、例えば他人を偽って申し込んできた人にお金を貸してしまうと大変なことになりますから、誰に融資をするのかをはっきりさせるのと共に申し込んだ内容についても確認する意味があります。

この申し込み内容確認の電話が自宅にかかって来た時に、たまたま旦那様が家にいらっしゃったなどの理由で、家族に借入がばれてしまうことも考えられます。

そのため、旦那様がお仕事の日など、家に誰もいない日を選んで申し込みをする方が安心です。とはいえ、他に同居している人がいるなど、家に誰もいないということが無い場合もありますよね。

そのような場合、業者によっては連絡先を希望することができますので、自宅に電話がかかって来ると困るという人は携帯電話を指定することで確認の電話から借入が知られるのを防ぎましょう。例えば大手消費者金融モビットでは、希望の連絡先を以下の3つの中から指定することができます。

  • 携帯電話への連絡
  • 自宅への連絡
  • 勤務先への連絡

このような業者の場合、連絡先を携帯電話にすれば不安に思うことなく利用できます。

それから、銀行系カードローンや信用金庫が発行するカードローンなど、融資以外にも業務をしている所から借入をすれば、口座の開設の確認などと理由づけをすることもできますよね。普段取引のある銀行の商品を利用すればより信憑性が高くなりますので、そのような方法も利用できます。

審査結果の連絡の際にも注意!

借金をした先から連絡があるのは、申し込みの時だけではありません。業者によっては、審査結果を電話で連絡するところもあります。その際に家族に借入について知られる可能性も否定できません。

その場合、結果連絡をメールでしてもらえる業者を選ぶ方法があります。

それから、結果の連絡方法が指定できる業者もありますので、その場合は申し込みの際にメールで結果連絡をしてもらうように指定しておけば安心ですね。例えば、大手消費者金融会社の一つプロミスでは、審査結果の連絡先として以下の中から希望の連絡先を選ぶことができます。

  • メール
  • 自宅への電話
  • 勤務先への電話

このように、商品の詳細を確認してから申し込みをすることで、電話連絡によって家族にばれずに借金ができる可能性が高まります。

連絡の問題に関しては無人契約機を利用することで解決できることも!

カードローンの申し込みは、無人契約機を利用して行うこともできます。無人契約機を利用すれば、その場でカードの受け取りまでカードが自宅に送られることが無く、便利です。

その場合、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のテレビ窓口で申し込んだ場合は、審査結果はその場で回答してもらうことができます。審査結果の連絡に関しても、心配が減るというわけですね。

仕事をしていて平日は申し込むのが難しいと言われる主婦の人でも、土日祝日でも対応してもらえるので利用しやすい点でも便利です。

ただし、この方法だと外出しての申し込みになるため、誰かに契約のために出向いた所を見られる可能性が0ではないことを考えると、お勧めできない場合もありますので、どちらがいいかを考えた上で利用するかどうかを決めたいものです。

カードや明細などの郵送物にも気を付けて!

次に、郵送物が原因で家族に借金が知られる可能性について考えていきましょう。カードローンを利用した際に送られてくる郵送物としては、以下のようなものが考えられます。

  • 契約書などの必要書類
  • ローンカード
  • 利用明細

契約だけならWEB上でできる業者も多いのですが、その後に契約書やカードを送ることは必須となっているところも多い者です。

このうち、カードや必要書類などは、本人限定郵便で送ってくれるところも多いので、そのような業者を選べば問題なく自分で受け取ることができます。また、例えば大手消費者金融アイフルのように、配達時間を指定して希望の時間帯に配送してくれるという、宅配便を利用したサービスもあります。

それから、利用明細に関しても、Web明細サービスが利用できる業者がありますので、それらを選べば自宅に送られてくることはありません。

つまり、郵送物をきっかけに借金を知られたくない人は、契約の際に本人限定で必要書類やカードを送ってくれ、さらにWeb明細が利用できる借入先を探せばいいということになります。

カードがあること自体が心配!そんな時にはこんな方法がお勧め!

ローン専用のカードが手元にあると、カードを見られたことが原因で借金が知られる可能性もあります。そんな時に利用できるのが、以下のような商品です。

  • 銀行のキャッシュカード兼用型のカードローン商品
  • カードレスで取引できるカードローン
借入先に銀行を選ぶ場合、実はとても便利な商品があります。それが、キャッシュカード兼用型のカードローン商品を選ぶことです。キャッシュカード兼用型のカードローンとは、新たなローンカードは発行されず、今持っている預金口座のキャッシュカードにカードローンの機能が付加される形で使える商品です。

つまり、キャッシュカードがローンカードの役割も果たしてくれるというわけですね。そのため、あらたにローン専用のカードを持つ必要が無いのです。これら場合でも、契約内容確認のための書類が自宅に送られたり確認の電話が来たりすることがあるのですが、カードが原因で借入を知られる可能性は無くなります。

それから、もう一つの方法がカードレスで取引できるカードローンを選ぶことです。カードローンなのにカードレス、と言われると何となく不思議な感じもしますが、例えばプロミスがWeb完結という名前で、Webを通してカードレスで取引ができるサービスを行っています。

プロミスの場合、この方法で申し込めば郵送物が一切ない点でもメリットがある方法です。ただし、この方法を利用するにはWebを通して申し込むことと、返済方法に口座振替を選択することという条件があります。

また、モビットでもWEB完結申込みという方法があり、プロミスと同様にカードが発行されることなく、また郵送物もなしで利用が可能です。電話連絡も、審査上必要とされない限りは基本的にありません。

ただし、モビットでは利用条件が少し厳しく、例えば三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行に契約者名義の銀行口座があることや社会保険もしくは組合保険の健康保険証を持っていることなどの条件があります。さらに、本人確認書類や収入証明書類、勤務先確認用の書類などの提出も義務付けられます。

カードが手元にあることで借入がばれることが心配な人は、これらの方法があることも知っておくといいですね。

お金を借りる時には、意外な理由で家族に利用が知られてしまう可能性があります。それが、電話による連絡や郵送物です。家に一人でいる時間が多いと言われる主婦の方なら電話を受けたり郵便受けをチェックしたりすることもできそうなので問題はありませんが、そうでない場合は注意が必要です。

そこで、問題がありそうだと思う場合、電話連絡は携帯にしてもらう、契約書やカードの郵送は本人限定で送ってくれる業者を選ぶ、Web明細に対応している業者を選ぶなどの工夫をするといいですね。

滞納はダメ!家族に知られる理由にもなり今後の借金もできなくなる!

ここまで、主婦が家族に内緒でお金を借りる方法について見てきましたが、滞納をしてしまうとどんなに工夫をして借入をしても家族に知られる可能性が一気に高まってしまいます。

では、そう言える理由を詳しく見ていきましょう。

滞納すると督促が行われる!

お金を借りたら、決められた金額を決められた支払日までに返済する義務が生じます。その期日までに返済できないと滞納という扱いになりますが、滞納すると借入先から督促が行われます。

その方法は電話であったり書面であったりするのですが、督促があると、当然のことながら手紙や電話によって家族に借金が知られる可能性が高くなります。

正規の業者からキャッシングした場合は、何度も訪問したり他人に借金の存在を知らせたりするような違法な取り立てはしませんが、合法的な取り立ては当然行います。

無理な借入をし過ぎて返済が難しくなったという場合はかなり問題です。さらに、うっかり忘れて返済しなかっただけ、ということもあるかもしれませんが、それも借入先からすれば返済をしてくれていないという事実に変わりはありません。どんな理由であれ、返済できないというのは困ることなのです。

そこで、借金をするのであれば、返済ができなくなったり返済を忘れたりしないように、以下のことを必ず確認してから借入をするようにしましょう。

  • 返済期日
  • 約定返済金額
  • 返済方法

生活費がかさんだ、子どものことで思わぬ出費があったなど、次に予定されている返済日にはどうしても返済ができそうにないという場合は、放置せずに事前に自分の方からその旨を借入先に相談しましょう。そうすることで督促されないで済むというメリットがあります。

それだけではなく、事前に相談することによって返済の意思はきちんとあったということが借入先に伝わります。もちろん、何度も使える手段ではないのですが、今回だけは、ということがあれば相談に乗ってもらった方が、督促をされないという点でも信用を失わなくて済むという点でもいいのです。

金融事故を起こすと今後の借入が不可に!

返済がきちんとできないことで家族に借金が知られる可能性が高くなるのには、督促が行われる以外の理由もあります。それは、滞納を含め以下のような金融事故を起こすと、それ以降お金を借りることができなくなるからです。金融事故とは、返済上何らかの問題を起こした事実があることを指す言葉です。

  • 長期滞納(2~3か月以上)
  • 債務整理
  • 自己破産

金融事故を起こしたという事実は、個人信用情報機関と呼ばれる機関に登録されます。そして、他のキャッシング商品を利用しようとしたら、新たな申し込み先はその情報を参照するので、これまでに返済が上手く出来なかったことがあると知られるため、新たな借金はまずできません。

もちろん、金融事故を起こした借入先も自社で情報を管理していますし、個人信用情報機関に登録されている情報を参照することもできますので、今契約している借入先からの借入も難しいのです。

そうなると、もう自分で借入をすることはできず、ご主人名義で借金をするしかなくなりますよね。ですが、借金をする場合は借入をしたい人本人が申し込みをしなければいけませんから、夫名義の借金を妻である貴女が申し込むことはできません。つまり、内緒での借入は不可能になるわけです。

返済計画を立て、支払いができる金額だけ借入しよう

最初にお金を借りる際に返済ができるだけ借入をすることは、とても大切です。さらに、カードローン形式の商品を利用する場合、追加の借入もできる点でさらに注意が必要です。カードローン商品の場合、利用限度額の範囲内なら何度でも借入ができますが、その分返済額が増えることも確かです。

そのため、もともとの借入の返済をきちんと管理するのはもちろん、追加の借入をする場合も借入残高がいくらあるのかをきちんとチェックし、月々の返済額が自分の返済能力を上回らないように気をつけましょう。

滞納などの返済上の問題を一度起こしてしまうと、督促が来て家族に借金の存在が知られる危険性がある点でも問題ですが、困るのはそれだけではありません。

金融事故を起こすと、その情報は個人信用情報機関というところに登録され、新たに借入をしようとした際に新たな申し込み先がその情報を確認した結果、借入ができなくなってしまうのです。もちろん、金融事故を起こした業者で借りることも難しいと言えます。

そうなると、自分の名義で借入ができなくなり、旦那様を頼らざるをえなくなります。つまり、内緒での借金はもうできないわけですね。返済計画をきちんと立て、忘れずに返済することはとても大切なことなのです。

主婦が家族に内緒で借金するには借入先の選択と返済計画が大切!

以上のことから、主婦が家族に内緒で借金をすることはもちろん可能ですが、その際には以下の点に注意が必要だと言えます。

  • 勤務形態に合わせて利用できる借入先を選ぶ
  • 電話連絡や郵送物に注意する
  • 金融事故を起こさない

どんなに貯金しようと思っても生活を優先するとなかなか貯まらない、一月に出費が集中するなどの主婦ならではの理由でお金が借りたいこともあるものです。その時に、家族に心配をかけずに上手に借金できるよう、内緒で借入をするためのポイントを押さえておきたいものですね!

【参考ページはこちら】
誰にもバレないキャッシング方法

正社員であってもパートや派遣社員という働き方であっても、自身に収入がある主婦の方が借金したい場合、利用条件に合う業者を見つけることはそう難しいことではありません。ただし、専業主婦の場合は貸金業法の関係もあるので、貸金業者以外から探すことをお勧めします。

どのような主婦でも借入先さえきちんと選べば家族に内緒で借金をすることは可能ですが、申し込み内容確認や審査結果のための電話連絡、それから郵送物を通して家族に借金が知られる可能性も考えられます。また、滞納するとその可能性が一気に上がりますので、返済計画は事前にきちんと立てて借入をするようにしましょう。

新着記事
カテゴリー