> > > 転職したばかりでキャッシングしたい!審査に通るポイントを押さえる

転職したばかりでキャッシングしたい!審査に通るポイントを押さえる

人生は突然お金が必要になる場面が多々あります。親切にお金を貸してくれる家族や知人が身近にいればいいのですが、この不景気では他人にお金を貸す余裕は誰にもありません。

また人によってはすでに周囲の人に借金をしている、複数のキャッシング会社から借入をしている人もいるでしょう。すでに借入がある場合には審査にすんなり通らないことがあります。

さらにもしも転職したばかりだとどうなるのでしょうか。最近は年齢を問わず転職をする人が増えています。キャッシング会社の申込資格の中には勤続年数が1年以上などというものもあり、転職したばかりでは借入できないのでは?と不安になります。

転職したばかりでも審査にスムーズに通る秘訣はあるのでしょうか。転職直後こそ、給料が少なくなったり、給料日がずれるなどお金が必要になることが多いのです。

ここでは転職したばかりでも審査に通るためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

そもそもキャッシング審査ではなにを審査する?

転職したばかりでは借入は無理と思い込んでいる人、そもそもキャッシングの審査ではどんなことをチェックするか把握していますか。申込をする前に審査内容についてしっかり理解しておくことはとても大事です。

審査内容というのは銀行カードローンでも消費者金融でもあまり違いがありません。違いがあるとすれば難易度でしょうか。一般的に消費者金融は審査が通りやすいと言われていますが、審査は属性によっても左右されますので一概にどの会社が難易度が低いというのは言い切れないのです。

審査ではおもに下記の3つのポイントをチェックします。

  • 年収
  • 信用情報
  • 他社からの借入

年収

キャッシングするためには安定した収入があることが大前提です。

無職の人は原則借入はできません。

安定した収入があるかどうかは収入証明書の提出や在籍確認によって確認されます。収入がなければ返済の当てがありません。返済の当てがない人にお金を貸すのはキャッシング会社がリスクを負うことになります。

信用情報

信用情報とは信用機関による個人の金融情報の記録です。過去に借金を踏み倒したことのある人、返済が遅れたことのある人は信用情報に傷がついている可能性大です。

信用情報は普段あまり意識しませんが、各種ローンを組んだり、可否を問わず申し込みをしたり、クレジットカードを作ったりするとその履歴は残り、金融機関の知るところとなります。

キャッシング審査では真っ先にこの信用情報をチェックします。過去にお金のトラブルがある人は要注意人物とみなされるのです。

他社からの借入件数

キャッシング審査では他にどれくらい借入があるかどうかということも重要です。他社から多額の借入があれば返済能力は低いと判断されます。

また消費者金融の場合は総量規制という法律の関係上、年収の1/3以上の借入はできません。繰り返し借入を続けると多重債務に陥ってしまいますので注意が必要です。

転職直後にキャッシングの申込をするならまず上記の3つのポイントをクリアしていることを確認しましょう。

転職直後のキャッシングって審査に通るかどうか不安ですよね。審査の基本となる3つの条件は収入、信用情報、他社からの借入です。

安定した収入があることが申込の大前提なんですね。

転職直後でも審査に通るためのポイント

転職直後はなぜ審査に通りにくいと言われているのでしょうか。最大の理由はおそらく再び離職する可能性が高いと判断されてしまうことだと思います。新しい勤務先が合わない、仕事内容や評価に納得がいかないなどの理由で辞めてしまう可能性がゼロではないからです。

貸付を行ってもすぐに仕事をやめて収入がなくなってしまうと返済の当てがありません。そのようなリスクを負わないためにキャッシング会社は転職直後の貸し付けに慎重になるとうわけです。

さて、前述のキャッシング審査の基本条件をクリアしていたら、転職直後に審査に通るためにさらに努力をしましょう。転職直後でも下記のポイントを注意することで審査に通る可能性をアップすることができるはずです。

ただ何も考えず申込をするのではなく、転職直後というハンデがあるならそのほかの項目でカバーするべきです。

借入希望額を低めにする

転職直後でお金に困っているときはできるだけ多く借入したいと思うかもしれませんがそこはじっと我慢してください。限度額が高いほど審査の難易度はアップします。

転職直後で不安定な状況であればできるだけ最低限の金額を希望することをおすすめします。

半年以上返済実績を積めば増額も可能となりますので、新規の借入ではできるだけ少ない金額に押さえておきましょう。
(⇒キャッシングの限度額についてもっと詳しく

ほかに借入があれば返済遅れのないようにする

もしも他社から借入があれば返済に遅れのないようにすることが大事です。他社ですでに返済に行き詰まっているのに新規借入をしても返せるはずがない、誰でもそう思いますよね。

他社での返済状況は信用情報をチェックすればすぐにわかってしまいます。クレジットカードの支払いなども同様なので返済日に遅れないようしましょう。

転職先の情報を伝える

転職というと仕事を転々としているようなイメージを与えますが必ずしもそうというわけではありません。中には転職によってキャリアアップする人も少なくありません。
(⇒キャッシングを利用できる職業とは?

そんな人は以前より良い条件で転職したことを説明するのが良いと思います。大手企業に勤務することになった、給料が上がった、役職が上がったなどの情報があると審査に通りやすくなることは間違いありません。

在籍確認がスムーズにできるようにする

転職によって今より収入が上がったことなどをアピールするのがおすすめですが、もちろん勤務先を確認するためも在籍確認が行われます。キャッシング審査では必ず在籍確認が行われ、在籍確認ができないと審査はストップしてしまいます。

スムーズに在籍確認ができるように勤務先の電話番号をもう一度確認しましょう。とくに転職直後は本当に新しい仕事をしているのかどうか在籍確認は厳しく行われるはずです。

審査に不備がないようにする

審査に不備がないようにするということは必要書類が全て揃っているか、入力内容に誤りがないかなどを確認することです。申告情報に誤りがあると不審に思われますし、信用できない人物だと思われてしまいます。

どんな審査においても良い印象を与えることはとても大事です。

不要なクレジットカードは解約する

クレジットカードは私たちの生活の一部となりないと大変不便です。最近はネットショッピングが盛んで、クレジットカード以外は受け付けないという購入先もあります。海外でも役立ちますし、身分証明書の代わりにもなります。

しかし、不必要なクレジットカードをいくつも所持しているのはいいことではありません。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、実際に利用していなくても与信は借入しているのと同じことになってしまいます。

もし使っていないクレジットカードがあればキャッシングの申込前に解約するのがいいと思います。

持ち家や収入のある配偶者がいることをアピール

最後にもう一度他にアピールできるポイントがないかどうか考えましょう。持ち家がある、固定電話を契約している、安定した収入がある家族がいるなどアピールできることはなんでもアピールしましょう。

なんなら転職ばかりしているわけではないことをアピールするために前職に在籍期間などを伝えてみるのもいいかもしれません。

転職直後でも審査に通るためには審査対策が必要です。希望額を低めにする、他の返済を遅れないようにする、在籍確認がスムーズにできるようにするなど、審査のためにできることがいろいろあります。

アピールできることはなんでもアピールすることが大事ですね。

転職したばかりでも中堅消費者金融なら審査に通りやすい!

転職直後に借入するならできるだけ審査に通りやすいと評判の借入先がいいですよね。審査が通りやすい借入先とはいったいどこでしょうか。

しかし、残念ながらここなら絶対に借入できると言い切れるキャッシング会社はありません。審査は一人一人異なるため、あの人が通ったなら自分も!と思ってもそうはいかないのです。

それに転職直後といっても転職した背景はそれぞれ異なります。転職でキャリアアップ、収入アップした人もいれば、不本意な転職を余儀なくされた方もいるでしょう。

こちらでおすすめするとすれば消費者金融、それも大手ではなく中堅の会社です。

口コミなどを見ると、大手より中堅の方が審査が通りやすいと感じます。必ず審査に通るという保証はできませんが、試してみて損はないと思います。

もしも借入している最中に転職することになったら!?

転職直後に借入する際には審査対策が大事ですが、契約中に転職になった場合はどうなるのでしょうか。借入先に報告する義務はあるのでしょうか。

契約書を熟読するとわかることですが、登録内容や過去の申告内容に変更があった場合には申告する義務があります。万が一、申告しなくてもキャッシング会社の中には定期的に利用者の登録情報や信用情報を確認することがあります。

もしも変更があったのに申告していないと突然減額されたり、利用停止になることも珍しくありません。一度信用を失うと再び信用を取り戻すのは難しいのです。

転職したことを申告してもすぐに契約が打ち切られることはありません。しかし、著しく収入が下がったり、正社員だったのがアルバイトになれば限度額に影響がでる可能性は否定できません。

しかし、収入に見合った借入額でないと最終的に返済に行き詰まって債務整理や自己破産などのトラブルになるのは自分自身なのです。

転職したばかりなら、審査が通りやすいと言われている中堅の消費者金融がおすすめです。もしも契約中に転職する場合はすぐに借入先に申告した方がいいですね。

申告せずにいると信用を失うことになってしまいますよ。

転職直後でも可能性はゼロでない!審査対策がポイント

転職というとネガティブなイメージが多いのはなぜでしょうか。解雇された?会社が倒産?などと考えてしまいますが、転職にもいろいろなケースがあり、転職した背景によってもキャッシングの審査に通るかどうか変わってきます。

転職したからといって絶対お金が借りれないということはありませんので安心してください。ただし、勤続年数1年以上など申込条件が定められている場合にはあきらめるしかありません。

どうしても審査に通らない場合でも焦らず申込時期をもう少し待ってみましょう。転職直後は無理でも転職後6カ月ほど経てば、審査に通る可能性が上がることもあります。

また審査が比較的通りやすい言われている借入先を探すのも一つの方法です。口コミや体験談などをチェックすると審査の難易度をある程度知ることができます。申込ブラックという状況に陥らないためにも申込は厳選した方が良さそうですね。

転職後でも審査に通るためには借入先を絞る、審査対策を行うなど慎重に申込をする必要がありそうです。

【参考ページはこちら】
キャッシングの審査基準を教えて!

転職直後は絶対借入できないというわけではありません。ただ、またすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうのです。

転職直後でも審査に通るためには審査対策を行い、きちんとお金を返すことができますよとアピールすることが大事です。

新着記事
カテゴリー