> > > どうしたら無職からキャッシング可能になる?理由と対応策を伝授!

どうしたら無職からキャッシング可能になる?理由と対応策を伝授!

世の中には様々な職業がありますが、その中でもイロイロな面で不利なのが「無職」の方々。

働いていない(働けない方もいますが)ので当然と言えば当然ではあるのですが、それでもお金が必要なのは変わりません。

とはいえ、無職の方はお金を借りることは出来ません!と断言しましょう。

どうして無職だとお金を借りることが出来ないのか、そして無職でもなぜかお金を借りることが出来る人がいる!?などなど、無職とカードローンの関係について今回はしっかりと解説していきたいと思います!

どうして無職だとお金を借りられない!?その理由を徹底解説

なぜ無職だとお金を借りることが出来ないのか。「そりゃ当たり前でしょ」と思う方が多いでしょうが、改めて具体的な理由を挙げていきたいと思います。

とはいえ、世間一般で言われる「無職」と、カードローン・キャッシングにおける「無職」の扱いもちょっと違う部分があるのも事実です。

カードローンなどでお金を借りられる人と、そうでない人の違いも含めてポイントとなるのはどの部分なのかをちょっとチェックしてみませんか?

そもそも無職とはどんな人を指すのか?

そもそも無職とはどのような人を指すのでしょうか。

用語そのものとしては「定まった職業に就いていない、あるいは会社などに所属せず仕事がない状態」を指します。

でもこれですと、正社員以外の、いわゆる「非正規雇用」の方々も無職に属してしまうような気もします。

現在、世間一般では「何かしらの収入を得ていない人」というイメージで、アルバイトをしている人であれば「フリーター」ですし、他にも契約社員や派遣社員など非正規でも様々な働き方があり、彼らのことを無職ということはありませんよね。

カードローンやキャッシングにおいてもこういった方々は「収入がある人」として貸付条件の中でも対象としており(商品によっては正社員のみというものもありますが)、無職ではないと判断されています。

よって、カードローンやキャッシング業界においては無職とそうでない方々は以下のように分類されると考えていいでしょう。

無職じゃない 無職である
正社員・自営業者・
派遣社員・契約社員・
パート・アルバイトなど
無職(ニート¥家事手伝いなど)・
専業主婦(夫)・年金生活者・
失業者・バイトをしていない学生など

年金生活者は年金という収入源があるから無職という扱いにはならないのでは?と思う方もいると思いますが、年金は労働の対価として得たものではないため収入とみなされないケースがあります。

もちろん、年金を受給しつつ働いているような方は無職ではありません(なので、年金受給者ではなく年金生活者と記載しています)。

理由1:「総量規制」により法律で定められているから

カードローン・キャッシングにおいての無職と判断される職業?がわかったところで、具体的にどうして無職の方々が借りることが出来ないのかを説明していきたいと思います。

まず1つ目の理由は「総量規制」により定められているから、です。

カードローン・キャッシングにおいては「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」の大きく2つに分かれると思いますが、前者の「消費者金融系カードローン」は正式には「貸金業者」といい、「貸金業法」という法律が適用されます。

貸金業法の中には「総量規制」という仕組みが定められており、

貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額の貸付をしてはならない

と、貸せる金額にきっちりと制限がついているんです。

年収が450万円であれば150万円を超える金額を貸すことは出来ないですし、年収が30万円であれば利用者は10万円までしか借りることが出来ないわけです。

…と、いうことは、無職で収入がない方ですと年収は0円。0には何をかけても0ですから…お金を借りることが出来ないわけですね。

じゃあこの法律が適用されない銀行系カードローンなら借りられるのか?…というと、残念ながらそういうわけでもありません。

理由2:収入がないため返済が出来ないから

それは2つ目の理由である「収入がないため返済が出来ないから」につながります。

カードローン・キャッシングは当たり前ですがお金を「借りる」だけであって、時間をかけてでも「返さ」なければなりません。

しかも金利がつくということは、1日でも借りた場合元々借りたお金(元金)よりも多い金額を返済しなければいけないことになります。

そもそもお金が足りないからお金を借りたのに、収入がない状態ですと返済が出来ませんよね。

それはお金を貸す側にしたらかなりのリスクで、最悪返ってこないことも容易に考えられるでしょう。

無職の方は収入がないためリスクが高く、いくら総量規制で縛られていない銀行系カードローンであっても審査に可決させることはない、と言えるでしょう。

理由3:返済できる保証が全くないから

「確かに無職で収入はないけど貯金はあるから返済は出来る!」…という、半ば屁理屈のような状態ですが、そういう意見があると仮定しましょう。それなら貯金を使えばいいじゃないか…とも思うのですが、そういったのも抜きです!(笑)

仮にそのカードローン・キャッシング商品が「保証人または担保あり」であればまだわかりません。仮に利用者の方が無職であっても保証人が弁済したり、担保を取り上げたらいいだけの話ですから。

しかし一般的なカードローン商品は「無担保・無保証人」の商品が9割以上を占めていますから、「信用貸し」という、その人が返済できるであろうことを信用してお金を貸す方法になっています。

あなたがお金を貸す側になったとして、働いてもいなくて働く気もなさそうな人が「絶対に返すからお金を貸してくれ!」と言ってきたときお金を貸すでしょうか?

流石に可哀想と思って1000円くらいは貸すかもしれませんが、10万円も20万円も貸すのはためらわれますよね。

お金を貸しても返してくれるだろうという信頼、それを裏付けるのが収入…といっても過言ではありません。

理由4:そもそも貸付条件を満たしていない

最後に身も蓋もないことを言ってしまいますが、全てといってもいいほどカードローン・キャッシング商品には「貸付条件」が定められています。

「この条件を満たした人であればお金を貸してもいい(絶対に貸すとは言っていない)」というものですが、そもそも貸付条件には必ずといっていいほど

安定収入がある方・定期的な収入がある方

といった、収入に関する条件が含まれています。無職で収入がない方はそもそも貸付条件を満たしていないため、いくら申し込んでもニートである以上は審査に通ることはありません。
(⇒ニートがキャッシングするための3つの方法

むしろ本申込の前の「あなたは借りられるかチェックしてみよう!」といった簡易審査で【借りられません】と結果が出るレベルです。

お金がない人にお金を貸しても返ってくるとは思えない、という考えは至極納得出来ることです。

少しでも収入があれば「時間がかかってもお金を返してくれるかもしれない」と思えますが、それがないのですから「もう返ってくることはないだろうな」と思われても仕方ありません。

お金をもらうのであれば別ですが「返済」しなければなりませんから、返済できる能力があることを証明できないとカードローン会社もさすがに審査に可決させることは出来ません。

むしろそもそも貸付条件を満たしていませんから、申し込みをしてもムダですね…悲しいことですが。

「無職」ではあっても、お金を借りられる無職もいる!?

…かなり前のトピックでは厳しいことを言いましたが、残念ながら事実です。

しかし無職というカテゴリには入っていても、カードローンやキャッシングで問題なくお金を借りられる方も中にはいます。

借りられない立場の無職の方からすれば「なんで!?」と思ってしまいそうですが、様々な職業の中でも有利・不利があるように、無職の中でも有利と不利がある…ということなんですかね。

専業主婦・専業主夫は比較的お金を借りやすい

無職カテゴリの中でも他の方とくらべて抜群にお金を借りやすいと言ってしまってもいいのが「専業主婦(専業主夫)」の方々です。

なぜ専業主婦(主夫)の方は無職なのにお金を借りやすいのかといいますと、明確に「配偶者」という存在があるからです。

働いていない専業ということは、配偶者の収入で安定した生活を送れていると判断することが出来ますよね。なので、専業主婦(夫)の方は本人に収入がなくても配偶者が安定収入がある、ということでカードローンを利用できるんです。

とはいえ、消費者金融系カードローンは先程の総量規制のこともあり、専業主婦では基本的にキャッシングローンを申し込むことは出来ません。

ただし貸金業法では「配偶者貸付」という制度を取り入れています。

配偶者貸付とは、自身と配偶者の年収を合算し、その3分の1の額を上限としてお金を借りられるという仕組みです。これを利用すれば自身に収入がない専業主婦の方でもお金を借りることが可能ですが、配偶者が借りられる額も減少します。

例えば年収が450万円の配偶者と専業主婦の自身で配偶者貸付を利用する場合、夫婦で150万円を超えない範囲でお金を借りることが可能になります。

妻が50万円借りた場合、夫婦で借入が可能なのは100万円以内ということです。

また、この制度は夫婦両方に収入があっても利用できます。が、「プロミス」などの大手消費者金融ではこういった配偶者貸付での融資を行っていませんので注意しましょう。

しかし貸金業法が関係ない銀行系カードローンであれば専業主婦(夫)でもカードローンの申し込み及び利用が可能です。ただし多くの場合、借入額に制限がかかっています。

借入上限額 専業主婦の上限額
みずほ銀行カードローン 1,000万円 30万円
楽天銀行スーパーローン 800万円 50万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円 50万円

年金収入だけでも利用できるカードローンもある

先程は年金収入だけで生活しているような「年金生活者」はカードローンを利用できない!…と説明したところではありますが、年金収入だけでも利用できるカードローンもあります。

とはいえ、こちらも消費者金融でお金を借りるのは厳しく、ターゲットとするのであれば銀行や信用金庫になります。

大手のカードローンであれば三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」であれば、収入が年金だけであっても申し込みをすることが可能です(もちろん審査に可決するかはまた別です)。

他にも年金収入のみで利用できる商品もあるかと思います。大手の場合は一度問い合わせてみるといいでしょう。

また、信用金庫ではなんと年金受給者を対象としたカードローン「シルバーきゃっする」という商品もあります。

こちらの商品は

  • 厚生年金(船員年金を含む)
  • 国民年金
  • 共済年金

のいずれかを受け取っている年齢が満60歳以上69歳以下の方であれば利用できるカードローンで、最高で50万円までの借入が可能です。

金利も14.0%~14.5%程度と、銀行系カードローン程度の低金利!

利用できる信用金庫は限られてはいますが、お近くの信用金庫が対応していれば利用を考えてみてもいいかもしれませんね。

不労所得があるなら利用できるケースもある

無職とは言えど、中には収入を得ている無職の方もいます。

例えば株の配当で生活していたり、アパートやマンションを経営していてその家賃収入で生活している…というケースです。

そういった方々は労働の対価としてお給料をもらっていないため、職業としては無職ですが収入はありますから、カードローンを利用できる可能性があります。

ただ、どこでもOKというわけではなく、事前に電話などで自身について説明をし、申し込みが可能か問い合わせてみる必要があるでしょう。

申し込みが出来た場合でも、自身の年収や収入を証明する書類(納税通知書など)の提出を求められる可能性が大きいです。

学生はクレジットカードでの借入も

学生でも、アルバイトをしていればカードローンを利用することが可能です。

しかしなかなか忙しくてアルバイトが出来ない、だけどちょっとお金を借りたい…という方も中にはいるかもしれません。

そんな方は学生だけの特権、といってもいいかもしれません「クレジットカード」のキャッシングであれば利用できる可能性があります。

学生のみが使える「学生カード」を各カード会社が発行しているのですが、その中には「キャッシング枠」が設定出来るものもあります。

キャッシング枠とはなんぞや?という方のために簡単に説明しますと、そもそもクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの枠があるんです。

ショッピング枠はクレジットカードで買い物をしたり、レストランにいって代金を支払ったり…といった何かしらのサービスなどの対価を支払う際に利用される枠で、この枠がついていないクレジットカードはありません。

一方キャッシング枠はカードローンのように限度枠の範囲内であれば現金を引き出す(借りる)ことが出来る枠で、クレジットカードによっては設定できないものがあったり、同じカードでも人によって限度枠が違います。

また、海外で現地通貨を引出sことが出来るのはクレジットカードのキャッシング枠(海外キャッシング)のみなので、海外旅行に行くことが多い方は絶対キャッシング枠があるクレジットカードを数枚持っていますね。

利用できる額は5万円~10万円と少なくはありますが、バイトをしていなくても使えるのはこのキャッシングくらいのものです。

ただし注意点として、引き落としが行われるのは親の口座からの可能性が高いこと!つまり、親にキャッシングを利用したことがバレてしまうわけです。

内緒でお金を借りたいのであれば、バイトをして一般的なカードローンや学生ローンを利用する方がいいと思います。

実質?無職であっても収入があったり、配偶者や親に収入があればキャッシング・ローンを利用することも可能なんですね。

特に学生さんの場合はクレジットカード面で非常に優遇されています。キャッシングの限度額こそ少ないですが、1枚持っていて損はないかもしれませんよ。

ちなみに専業主婦の方も「家族カード」を利用すればキャッシング枠をつけることが可能なこともあります。

その際も学生カードと同じように親カード(旦那さんのカードですね)と同一口座から引き落としになりますので、利用明細をチェックされるとキャッシングしたことがバレますので注意ですよ。

現在無職!そんな人が借りられるようになるには?

「無職」の方がカードローン・キャッシングを利用するためにはどうすればいいのか。…答えはおのずと出ている気もしますが、敢えてそこは突っ込んでいきたいと思います。

今のままでは借りられないのは明白ですから、カードローンを利用できる…ではなく、申し込めるようになるにはどうすればいいか、といったほうが正確かもしれませんね。

前置きが長くなりましたが、現在無職で先程の例外とも言えないケースでは、どうしたらお金を借りられるのか!具体的な対策方法を見ていきましょう!

何はともあれまずは職につくことが一番!

何はともあれ、まずは収入を得るために何かしらの職業に就くことがマスト!「条件が悪いから…」「正社員じゃないから…」なんて言ってられません!

もちろん将来的に正社員として働きたいという気持ちがあるのはとてもいいことですが、現状それで仕事に就くことが出来ず無職の状態が長くなるのであれば、損をするのは自分です。

とりあえずアルバイトでもいいから、何かしら収入の手段を手に入れることが大事なんです!

…とはいえ「カードローンを利用する」という点においては、注意しなければならない部分もあります。それは「日雇いバイト」や「短期バイト」では、安定した収入とみなされない可能性があること!

なぜなら、その日1日だけお金を稼ぐ形の日雇いバイトや、夏休みや冬休みの1週間~2週間だけの短期バイトはその期間が終了すれば収入を得る手段がなくなるため、「安定していない」と判断されるからです。

日雇いバイトの場合、それを1ヶ月中20日程度の仕事を継続して(お給料は日払いでも一般的な仕事と同じくらいの日数働いている)いるのであれば「安定して収入がある・働いている」とみなされることもあります。

その時だけ働いていればいい、というわけではありませんので注意しましょう。

アルバイトやパートでもいいので「継続して働くような形式」であることがまず大事です!

「契約社員として登録すればOK」はウソ!それでは受からない可能性大

「契約社員」といっても様々ですが、いわゆる会社に「登録」し、自分の気に入った日雇いの仕事などをするようなタイプの契約社員がありますよね。

登録するだけで「派遣社員」と名乗れることを利用して、「登録すれば派遣社員扱いになるので、無職でもお金を借りることが出来る!」という内容で無職でも借りられる…と紹介しているところもありますが、それは間違いです。

まず、登録しただけで実際に働いていないということは「年収」がわかりません。なので見込み年収を書くことになりますが、その根拠がわかりません。

さらに、適当な年収を記載したとしても根拠がないため、借入金額が少なくても「収入証明書類」の提出を求められる可能性が高いです。

収入証明書類とは年収や収入を証明するための書類で、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書のコピーなどが該当します。

登録だけして申し込んだ場合、収入証明書類を提出することはもちろん出来ませんし、提出を拒否することで審査に可決しない可能性は十分にあります。

バイトを始めたからすぐ借りられる、というわけでもない

お金を借りるためにバイトを始めたから、これでお金を借りられる!…となるかもしれません。むしろバイトを始めればお金を借りる必要がなくなるケースも十分にあるかと思います…が、そのあたりは考慮せずに進めていきましょう。

バイトを始めたことで、肩書が無職からアルバイトに変わります。が、そこですぐカードローンでお金を借りられるか?と言われるとそうとも言えません。

その理由は

  • 年収が不透明なこと
  • 勤続年数が短いこと

の2点です。

すべては2つ目の「勤続年数」に集約されるのですが、1つの職場に勤務している年数のことを「勤続年数」といいます。これがカードローンの審査に大きく影響するんです。

なぜ大きく影響するのか。それは勤続年数が長いことで「収入が安定している」「年収も安定している(大きく変化がない)」とみなされるからです。

逆に勤続年数が短い、具体的には1年未満ですと年収が確定しない、今後も安定してその職場に勤めるかわからない(転職を繰り返すような人はカードローンの審査においてはとても不利です)などマイナス要因が多少増えてしまいます。

最低ラインで3ヶ月、次に半年、1年以上勤務すれば問題ないと言われています。時々1ヶ月以上であればOKという商品もありますが、結局審査に可決しなければ意味がないので、出来れば3ヶ月~半年は勤務してから申し込む方がいいですね。

まとめますと、「現在無職でも借りられるようになるには、アルバイトやパートなどなんでもいいので、継続して最低3ヶ月以上は同じ職場で勤務してから!」と言えるでしょう。

貸付条件を満たすためにも、何かしら職を得ることは必須ですね(専業主婦などはまた別ですが)。

とはいえ、職についたからといってすぐお金を借りられるわけではないのがまた厳しいところ。

仕方ない部分はありますが、保証人や担保が不要な分「信用」が必要になりますので、どうしてもお金を貸すに値する人物かどうかのチェックの目は厳しいというわけですね。

実際に借りられるまで時間はかかってしまいますが、おとなしく何かしらの職についたら半年くらいはきちんと働き、そこからスタートと考えるのがスムーズな借入に繋がると言えそうです。

「無職でも借入OK」そんな甘い文句には気をつけて!

たまにですが、「無職でも借入OK!」のような謳い文句のキャッシングがあります。

無職でもお金を借りられるなんて願ったり叶ったりですが、その全て…といっていいほどそれは「罠」です!

一番最初のトピックで「無職がお金を借りられない理由」について説明しましたが、無職という収入がない人に対してお金を貸すのはリスクしかなく、リターンはほとんどないのは明白ですよね。

なのにお金を貸すなんて甘い話があるわけない!それでは、どのような目的でそんな謳い文句を出している会社があるのでしょうか?

一番可能性が高いのは「ヤミ金」!

一番可能性が高いとかんがえられるのはやはり「ヤミ金」でしょう。

正規の貸金業者であれば保証人を立てていない限り、家族などに取り立てをすることは禁じられていますが、ヤミ金は法外、つまりそういった法律なんて関係ない!という人たち。

一度お金を借りてしまったら、家族に対しての取り立ても平気で行うでしょう。むしろ、無職にお金を貸すのですからそれが前提といっても過言ではありません。

さらに、ヤミ金なので金利も非常に高いです。法律上(借入金額にもよりますが)20%が上限ですが、平気で30%くらいの金利でお金を貸すところも多いです。

家族や友人などに迷惑がかかりますので、いくら魅力的な文言であっても「無職でも借入OK」は信じないようにしましょう。

無職でもOKな会社は「詐欺」をしてくるところも多い

最近では「詐欺」のケースも増えてきています。

どのような詐欺かといいますと、「あなたの返済能力が知りたいので、まず1万円貸しますから1週間以内に3万円返済してください。返済できたら残りの希望額を融資します」というもの。

そもそも1万円しか借りないのに3万円を返済しなければならないところからおかしいのですが、「これをクリアすれば借りられるんだ!」と思い込んでしまい、ついつい3万円返済してしまう人も多いそうです。

もちろん3万円を振り込んでも希望額が融資されることはありません。連絡は一切とれなくなり、返済した3万円と借りた1万円の差額である2万円を騙し取られて泣き寝入り…なんてことになってしまいます。

こちらのケースも上のヤミ金のケースも、「誰でも即日融資OK」という謳い文句で宣伝を出していることもありますので、無職の方以外も注意しましょう。

そして、正規の業者であれば返済能力を見るためにお金を貸してその3倍を返済してくれ、なんて言うことはもちろんありません。

クレジットカードの現金化も絶対にやめよう!

今でこそかなりなりを潜めていますが、一時期多かったのが「クレジットカードの現金化」。

これはクレジットカードを売るのではなく、クレジットカードのショッピング枠で指定された商品を購入し、指定した宛先に送ることで代価として現金をもらう、というシステムです。

もちろんこのような使い方はクレジットカードの規約違反ですので、やっていることがバレたらクレジットカードの利用は停止されます。

今は無職でも学生時代のクレジットカードがあるからそれを…と考える方もいるかもしれませんが、やめましょう。

そもそもカードローンよりもかなり暴利なので全くもってお得感がありません(実際返済する必要はないのですが、購入した商品の代金の75%ほどの現金しかもらえないこともザラです)。

お金を借りるなら正規の方法が一番ですので、決してこういった怪しいところからお金を借りようとは考えないでくださいね。

どの方法もいうなれば「カードローン弱者」につけこんだ悪徳な業者と言えるでしょう。

もちろん利用してはいけませんが、万が一知らずに利用してしまった場合はすぐに警察などに相談しましょう。

ヤミ金から借りたお金を返す必要はありませんし、弁護士などに頼めばきちんと対処してくれます。しまった!と思ったままずるずる返済をしてしまうのがいちばんダメな行為ですよ。

無職だとすぐに借りられる方法はほぼナシ!収入を得よう

何はともあれ、無職でも配偶者や自身に収入があるような方でないとカードローン・キャッシングを利用することは出来ません。

無職の状態を解消したとしても、残念ながらすぐにお金を借りることは難しいのも確かです。

やはりカードローン・キャッシングというものが利用者の収入から返済されることを予定しているものですから、収入がない方はどうしても借りられない、貸付条件を満たせていないというのは仕方がないことなんでしょう。

甘い話があれば飛びつきたくなるのが人情というものですが、そこはぐっとこらえて。

職を得ることでカードローンが不要になるかもしれませんから、一石二鳥の意味でもまずはアルバイトから始めてみましょう!

【参考ページはこちら】
生活保護者でも借入はできるの?

インターネットには「無職でもお金を借りる方法」などがたくさん掲載されていますが、なかなか実践できないものだったり、本当にそれでお金を借りられるの?などギモンが残る方法も多いです。

やっぱりきちんとお金を借りるには正攻法である、「自身が収入を得て、その範囲内でお金を借りる」ことが一番の方法と言えます。

すぐにお金を借りられないのは苦しいところだとは思いますが、働くことでカードローンが必要なくなればそれはそれでいいことですから、まずは職を探しましょう!

新着記事
カテゴリー