海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応娘が歩けるように多額の寄付を集めた母、医師から手術は無理と宣告され絶望…

娘が歩けるように多額の寄付を集めた母、医師から手術は無理と宣告され絶望…

2014/08/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

脳性まひ患者ソフィー・トムリンソンちゃん(2歳)は、歩けるようになる手術費用£50,000 (約850万円)をNHS(イギリスの国営医療サービス)からの支援を断られ、資金を集めるために寄付を呼びかけた。

その資金がやっと集まったにも関わらず、リーズ病院はソフィーちゃんの現在の状態はこの手術に耐え難いとし、手術を行わないとする病院からの知らせに家族は絶望した。

この病院は昨年、雑誌モデルが自分の胸が小さいことが自分の人生を台無しにしているとNHSの支援(納税者からの税金)で胸の豊胸手術を行っている。

トムリンソンさん一家は、ソフィーちゃんを海外にある背部の神経根切断手術(動きやすさを助けるために下部脊椎に手術を行う)に優れた病院に連れていくため、£75,000 (約1275万円)もの費用を支払わなければならない。

先日ソフィーちゃんの母アリソンさん(40歳)はこの決断に

「ひどくがっかりしました。手術の前に手術が可能がどうか判断してもらわなければならないことはわかってました。ただ、これまでソフィーには手術を受けるのに十分な特性がそろっていると言われていました。だから寄付をつのったのです。

そして皆さんの寄付のおかけで、手術費用を集めることが出来ました。書類にはソフィーは手術を受けるのにふさわしいと書かれています。だけど、医師はソフィーを見た瞬間、彼女に手術は出来ないって言ったんです。」

と話した。

『ソフィーちゃんは歩けるようにはならないよ。どれだけ彼女に厳しくするおつもりですか?』

そう医師は言いました。私はショックと怒りで何も話せませんでした。話したら泣いてしまうと思ったから。豊胸手術を受けた女性のことを考えると腹が立って仕方ありませんでした。」

ソフィーちゃんの病気

英国マンチェスターの近くにあるダキンフィールドに住むソフィーちゃんは痙性両麻痺と言われる脳性まひを持って未熟児で生まれてきました。彼女の足は痙攣で痛み、サポートなしには立つことが出来ません。

ソフィーちゃんは膝を引きずって歩き回るため、あざだらけで、友達とも遊ぶことが出来ません。母のアリソンさんは

「公園に出かけると、ソフィーが走りまわって遊ぶ他の子供たちを見てるの見ると心が痛むわ。彼女も一緒に遊びたいのに、ソフィーはただ座って、その子たちに手をふるしか出来ないんだもの。」

と話す。

医師たちは今手術を行うことはソフィーちゃんのためにプラスにならないとし、彼女の様子を見て、もし状況が悪化するようであれば一年後に戻ってくるようアドバイスした。

病院の広報担当は「私たちはいくつかのテスト結果から手術を実施することで患者さんにプラスになると判断した場合に手術を行うよう薦めます。」としている。

しかし母アリソンさんと夫のクレイグさん(44歳)はまた来年も手術を延期されるのではないかと危惧しており、現在アメリカの脳性まひの手術で有名な医師に一度ソフィーさんを診断してもらう予定だ。

家族はもしこの医師が手術を行うことを了承した場合、ソフィーちゃんが3歳になった時にアメリカ ミゾーリ州にある小児病院へ行くことを望んでいる。そして理学療法で5歳には歩けるようになるかもしれない。

しかし、アメリカで手術を受けることは同時に更に £22,000(約374万円)の費用を要する。

ソフィーちゃん一家はこちらのリンクから寄付金を募っています。

www.justgiving.com/sophies-tiny-steps

歩けるようになって欲しいという母の願いに対し人々の声は?

【参考RL】http://www.dailymail.co.uk/news/article-2637537/Mothers-despair-raises-50-000-disabled-daughter-surgery-help-walk-told-doesnt-qualify-operation.html

この記事に対する海外の反応

言葉が出ないわ。歩けるようになってほしいと願う母と歩けるようになりたい娘。本当に幸せになって欲しいわ。(英国)

一家は£75,000 (約1275万円)かけてアメリカで手術を希望してるけど、もし手術がうまくいかなくても、ここの医師たちを非難するのだけは止めてほしいね。(イギリス)

豊胸手術や性転換とかの手術は行うのに、この子には手術できないなんて最低ね!(イギリス)

このタイプの手術はかなり油断がならなくて、良いタイミングで行うことが重要だよ。

両親が自力でこれだけのお金を集めなければならないのは大変なことだし、こういった子供たちを放置せず生活の質を向上させてあげなくてはいけないね。(イギリス)

この母親は募金活動を行う前に事前に医師の判断を待つべきじゃないの?(イギリス)

馬鹿馬鹿しいわ。豊胸手術は税金から支払われて、こんな可愛そうな2歳の女の子には支援が差し伸べられないなんてね。(イギリス)

ちょっと困惑してるんだけど、医師に相談する前にどうして寄付を募ったりするんだ?(アメリカ)

この母親はもっと他の医師の意見を聞いてみるべきじゃないかな。いくら母親でも子供に良い影響を与えないのなら手術を行うべきではないでしょう?(オーストラリア)

NHSで胸の手術を受けていいのは癌の人だけだよ。(イギリス)

この母親は医師の意見も聞き入れず馬鹿なんじゃないの。

医師はソフィーちゃんがもう少し大きくなってからって言ってるのに。医師たちを無視して、海外で手術をして自分が正しかったって正当化してヒロインになりたいんでしょ。(スペイン)

NHSは本当に何考えてるんだ!(カナダ)

べネゼーラかキューバに行けば、少しの費用で高度な手術を受けることが可能よ。(イギリス)

豊胸手術や移民が子供たちより優先順位が高いのか?

イギリスの優先順位はおかしいよ。どうして、こんな苦しんでいる子供たちにNoなんて言えるんだ?(イギリス)

どうして今手術を行うことにこだわるのかわからないわ。ソフィーちゃんの状況を見て、一番適したタイミングまでどうして待てないのかしら。(イギリス)

NHSは移民や旅行者に金を出して、英国民には出さないなんてな。(イギリス)

医師が警告するのは正しい判断だと思う。だけど、もしこの手術がこの子にとって適切なら、NHSが支援しないことは非常に残念だね。(不明)

私はこの母親が必要以上に手術を行うことを望んでるように思うわ。

私なら絶対にセカンドオピニオンを聞きに行くわ。必要ない手術をする必要はないでしょう。(イギリス)

手術が必要なときが来るまで寄付金は安全な場所に置いといては?(イギリス)

この母親の気持ちはわかるけど、彼女は明らかに医師たちの意見も聞かず、自分の聞きたい言葉だけを期待しているわね。(イギリス)

聞く限り、かなり高度な手術のようだし、医師は患者にとって確実に良いものになることを確信して手術を行うべきだと思う。

費用は二の次で、家族は高額な費用を払ってでも海外の病院で、医学的に正しい決断を家族に与えてくれるを願っているけど、それがただの高額な請求書と失敗に終わらないことを家族は確信しなくてはならない。

医師は家族が期待するほど、魔法の技術を持ってるわけではないからね。(イギリス)

難しい問題。そして羨ましいのが税金で豊胸手術ができちゃった人ね。税金で何でもできるなら相当嬉しいだろーなーいいなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 生粋の日本人 より:

    豊胸に金出す意味わからん。乳ガンで失った部分を元に近いように直す為なら、わかるが。

    それに、俺は女性の胸はAかBカップくらいのほうが好き。

  2. 日本の名無しさん より:

    この記事を見た限りでは、NHSと医師の判断が一致してるんだよな
    元から無理な事を行おうとしていたように見える

    むしろ「手術を受けるのに十分な特性がそろっている」とか言ったのは誰なんだ?

    1. Lakiesha より:

      saya lepasan dip. tek. multimedia cgpa sy 2.87 spm x lah bgs sgt p.iofam,sains,gesgrali-5c p.seni-6c b.i-9g math.,pdgan.,sej.,dan lg 1 subjek -7d adakah layak saya memohon masuk ipta?tapi saya masih ada keinginan untuk belajar tolong lah saya

  3. 日本の名無しさん より:

    豊胸手術はこの子が手術できるかできないかと関係ないんじゃ
    これ以上厳しくするつもりか、なんて医者が言うなんてよほどのことだと思う

  4. 日本の名無しさん より:

    きちんと診断してもらってから寄付を募ればよかったのに…
    そしてまだ了承するかしないかわからない手術のための寄付を募るの?
    なんかよくわからん

  5. 日本の名無しさん より:

    38で出産かぁ二子めは難しいんだろうけど
    医師のどれだけ彼女を苦しめるんですか?が本音な気がする
    事前に医師に確認せず寄付募るとかありえないね、民間療法で散々子供苦しめた結果だと思う、もしかしたら虐待の末に歩けなくなったとかそういうものかもしれないと勘ぐりたくなるね
    どちらにせよまともに子供のために動いた結果ではないと思うよ

    1. Vinnie より:

      While hom1woner&#82e7;s policies come with many coverage options, standard policies provide coverage to your monthly mortgage payments. While homeowner’s policies come with many coverage options, standard policies provide coverage to your lender when a residential insurance company. Therefore, standard underwriting criteria requires that the policyholder causes. While this might be in order as it is the responsibility of the home.

  6. 日本の名無しさん より:

    自分でも言ってるが、医者に手術可能かどうかをまず聞いて募金集めるべきじゃん、適正だが時期が悪いって医者は言ってるんでしょ?何故見切り発車するかなぁ
    これが早くしないと命に関わる重大な事ならいざ知らず、なぜ良いタイミングを待てないのか…歩けないのは可哀想ではあるが、手術の成功確率をあげる努力しろよ、失敗して一生歩けなくなったらそれこそ可哀想だよ

  7. 日本の名無しさん より:

    しかしアメリカの医療制度は嫌だなあ。
    盲腸だけで、数百万取られると聞いたこともある。行きたくないよね。

    1. Lola より:

      Cám Æ¡n bạn msNguyen ghé qua và ghi lại 1 chút ká»· niệm. Mình ở trải trÆ°á»›c vài năm. Dù vui hay buồn, cÅ©ng là 1 ká»· niệm và 1 chặng Ä‘°Æ»áng để nhá»› lại.

  8. 日本の名無しさん より:

    素人判断は危険 医師の判断を尊重すべき
    世の中諦めなきゃいけない事もあるって、この母親は学ぶべき
    子供の為に諦めきれないのは判るけど医者が言うんだから手術によるリスクしか
    今のところ無いのだと思うよ。

  9. 日本の名無しさん より:

    母親は病気に生んでしまった
    罪悪感で正常な思考ができないのでは
    彼女を励まして落ち着かせる
    人がいるといいけど
    父親はいないのかな

コメントを残す

キャラクター紹介