海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応そんなに掛かるの?永久保存された政治家たちの驚愕の死体維持費

そんなに掛かるの?永久保存された政治家たちの驚愕の死体維持費

2016/09/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_205143544

今年11月に行われるアメリカ大統領選挙に向けて、候補者達の間で激しい論戦が繰り広げられているアメリカ。その候補者の中でも一番注目されているのが、共和党大統領候補者ドナルド・トランプ氏でしょう。

移民やイスラム教徒への差別的な発言などで何かと人騒がせな人ですが、歴史を振り返ってみるとトランプ氏のように歯に衣を着せぬ発言で、世界中を驚かせる政治家は意外と多いものです。

2013年3月に死去したベネズエラ元大統領ウゴ・チャベス氏もその代表的なひとり。チャベス氏はトランプ氏と同じように突如と現れ、政治家になった人です。

彼が大統領へと選出された後、当時の米ブッシュ政権に対して痛烈な批判を繰り返し、元ブッシュアメリカ大統領を「悪魔の象徴」と呼びつけてみたり、ブッシュ氏が以前演説した会場には「悪魔の悪臭が漂っている」など、過激な発言を繰り返していました。

ロシアからの応援部隊?かの国が行った異色の援助とは

そんな米批判を強烈に行うチャベス氏でしたが、世界中の国全てを敵に回した訳ではありませんでした。中国・ロシア・北朝鮮・イランなどの反米路線を行く錚々たる(?)国々とは、非常に友好的な関係を築いていたのです。

そしてチャベス氏の死後には、親密に築き上げた関係を示すかのようにロシアがある援助を申し出ていました。何だか分かりますか?

それは「遺体の永久保存」。チャベス氏の遺体は国葬の後、7日間にわたって市民へ一般公開されていたのですが、後継者となった前マドゥーロ副大統領が突如として、故チャベス氏の永久保存を発表します。

そしてこの発表に応じて抜擢されたのがロシアの遺体保存専門チームだったのです。

世界一の永久保存技術を持つロシア

ロシアと言えば1924年に死去した革命の指導者ウラジーミル・レーニンを永久保存し、モスクワの赤の広場にある「レーニン廟」で遺体を一般公開している事で有名です。

そして冷戦中から冷戦後にかけては、永久保存の高い技術を買われ、モスクワよりの各国の指導者の冷凍保存に協力してきました。ロシアが今まで遺体永久処理を行った代表的な要人は以下の通り。

1.ゲオルギ・ディミトロフ (ブルガリア共産党の指導者)
2.ヨシフ・スターリン (旧ソ連の独裁者)
3.クレメント・ゴットワルト (旧チェコスロバキアの大統領)
4.ホー・チ・ミン (ベトナムの指導者)
5.アゴスティーニョ・ネト (アンゴラの大統領)
6.フォーブス・バーナム (ガイアナの首相)
7.金日成(キム・イルソン)主席 (北朝鮮)
8.金正日(キム・ジョンイル)総書記 (北朝鮮)

現世にとどめておくために・・・遺体の維持費ってどれくらい?

レーニン没後92年となる今年、彼は未だに生前と変わらぬ姿で保存されています。これはロシアが100年にも及ぶ研究の結果、開発した特殊な保存処理(エンバーミング)技術のおかげです。

ちなみにレーニンの遺体保存に関しては、約200人の科学者が関わっていたと言われています。

定期メンテナンスも必須。とても手間のかかる、遺体の保存処理法とは

エンバーグ作業には、死後に3~7人の専門家チームが全ての内臓を取り除き、そして組織から血液を抜く作業を行います。その後遺体は白い布で巻かれ、防腐剤の溶液が入った容器の中に漬けるのだそうです。

遺体の細胞の水分を溶液に入れ替えるこの防腐処置は、約6カ月程掛かります。そして防腐処理が終了後も、バクテリアの繁殖を防ぐ為に週2回点検をし、1年半毎に再び防腐剤の溶液の中に約1カ月間つける作業が必要になるのだそうです。

非常に手間のかかるこの遺体保存。ロシア政府の発表では、レーニンの遺体を管理及び保存する為に組まれた2016年の予算は、なんと1300万ルーブル(約2000万円)。

この発表を受けて、共産主義を知らない若者を中心に、レーニンの遺体を埋葬する意見が多く出されているのだそうです。

この記事の海外に対する反応

レーニンは埋葬を望んでいたのだから、今すぐ保存を辞めるべき。

気持ち悪いよ。

死後もプロパガンダに利用されているだけじゃないか。

1300万ルーブル(約2100万円)の維持費用だけど、観光収入で倍以上稼いでんじゃないの?

半数以上のロシア人がレーニンの埋葬を希望してるんだから、今すぐ埋葬すべき。

レーニン没後100年になるまで、埋葬を延期するんじゃない?

レーニンなんか放っておいて、ロシアには解決すべき深刻な問題が他にもあるでしょうに。

レーニンは英雄だから、出来る限り保存すべきだよ。

誰が保管費を払うわけ?

ロシア国民には、これ以上レーニンに払うお金はないと思うけど・・・。

レーニンの遺体を見るまでは、埋葬しないで~。

レーニンの隣には、プーチンの遺体が保管されるのでは!?

プーチンは既にプラスチックみたいな肌だよ。既に保存処理の作業を始めてるのでは!?

火葬しちゃえ。

遺体を永遠に保管されて、人目にさらされるなんて死んでも死にきれないね。

遺体を永久保存された奴らは、あの世でどう思ってんだろうね。

ハロウィーンに彼らの遺体を借りる事は出来ないの?

ロシアが財政破綻したら、レーニンは即埋葬されるよ。

レーニンの遺体も、かなりひどい状態になってきていると言う噂だけどね。

ロナルド・トランプは、絶対に自分の遺体の永久保存を望んでるよね。

プロパガンダのために・・・遺体保存にお金をかける国々

チャベス氏の意向かどうかは分かりませんが、彼の遺体を永久保存する事を望んでいたベネズエラ政府。

しかし永久保存処理をするには死後時間が経ち過ぎていた事や、チャベス氏の遺体を7カ月程かけてロシアで保存処理を行わなければならない事を理由に、永久保存を断念しています。

しかし公言はしていませんが、永久保存の処理及び維持費用を過小評価していたのかもしれません。

ロシアメディアの公表では、金日成(キム・イルソン)主席の保存処理には7人のロシア人チームが組まれ、掛かった費用は約100万ドル(約1億円)。

そして未だに毎年ロシアからチームが派遣され、彼らが行うメインテナンス費用は約80万ドル(約8100万円)だと言われています。

モスコフスキ・コムソモレツ紙によると、ロシアが手掛けた遺体処理の内、今でも保存状態が良好に保たれているのは、レーニン、ホー・チ・ミン、そして金日成主席だけなのだそうです。

多額のお金を投資しても完璧に保存するのが難しい遺体保存。政治的プロパガンダとして利用するために、ここまで資金を投げ込む必要があるのでしょうか?

【参考URL】http://www.bbc.co.uk/news/blogs-news-from-elsewhere-36035076
http://www.dailynk.com/english/read.php?cataId=nk00100&num=3524

げええ!体を溶液まみれにされてまでこの世にとどまりたいとは思わないね。キモチワルイ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    ピラミッドの頃から進化していないこの思想、現代のミイラw

    1. Cassie より:

      Fafdesmaths > Parce que je suis un peu tordu et que j’avais envie de voir si quelqu’un ferait le calcul, s&onruo;isterrqgerait sur le pourquoi de 8,1% et pas 8% et me le demanderait dans les commentaires puis que quelqu’un viendrait le corriger en lui signalant que le montant initial était d’un peu plus de 10%.Et donc, merci à vous PiR> Je me suis permis de rebondir sur votre commentaire dans la note.

  2. 日本の名無しさん より:

    客寄せパンダならぬ客寄せミイラだもんなー

  3. 日本の名無しさん より:

    放っておけば朽ちていくのが自然の摂理だからな。それに逆らい続けるわけだから金はかかる。文字通り永久保存ってなら、遺体が古くなればなるほどもっと金がかかるだろう。

  4. 日本の名無しさん より:

    本物の遺体じゃなくて蝋人形でいいじゃん…。
    個人的には死後に土に還ることも許されず、
    政治のために遺体を利用され続けるなんて悲しいことに思える。

  5. 日本の名無しさん より:

    碌な奴が保存されてないなぁ

  6. 日本の名無しさん より:

    年間2000万円って意外と安い

コメントを残す

キャラクター紹介