海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応歯の治療費に43万円!? - イタリアの高額な歯科治療費

歯の治療費に43万円!? - イタリアの高額な歯科治療費

2014/08/26
このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラノの個人歯科医にて、ある男性が歯2本分の歯冠を作って被せてもらう一連の治療の予算を見積もってもらったところ、なんと3120ユーロ(約43万円)かかると言われました*。

開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。歯の治療に何か月分の給料を費やせばいいのか、この男性はびっくり仰天してしまったそうです。

*1ユーロを139円として計算。2014年6月18日現在の為替相場より

そう、イタリアの個人歯科医はみな高いのです!その理由は健康保険がきかないから。つまり全額払わないといけないのです。

歯並びの美しさや歯の白さを大変重視するイタリア人ですが、ここ数年続いている不況で、経済的理由から歯医者に行くのを諦めたり先延ばしした人が年間なんと5百万世帯以上に上ったとのことです。

今年初めには、虫歯が原因で18歳の女の子が亡くなりました。家はお金にあまり余裕が無かったので虫歯の治療を先送りにしてしまい虫歯が悪化。その結果、化膿が肺にまで広がり致命傷となったのです。

保険の利く公共病院の歯科は…

一応、保険が利く歯科医もいることはいます。それは街ごとにある市立総合病院の中なのですが、地域によって診察に関する様々な制限が設けられています。例えば、

  • 年収が低い人のみ無料または低額で治療してくれる。ただし面倒なことに資産証明書を作成して提出しなければならない
  • 複雑でない程度の幾つかの治療のみ可能である

などです。

最近はサービスの一様化と向上に向けて改善の努力をし始めている州もありますが、大抵の地域では(お金を払ったとしても)市民なら誰でも一様にサービスを受けられるとは限りません。

それから、予約日が大変先になってしまうことが多いという大きなデメリットがあります。急を要することが多い歯の治療に1ヶ月も2ヶ月も待たなくてはならないのでは困ってしまいます。

そんな理由から個人医を選ばざるを得ない人は少なくありません。

一方の個人歯科医は…

しかしながら個人医では歯科治療費が高額なため、ここ1年間でイタリア人の2人に1人しか歯科検診を受けませんでした。いったいイタリアでは普通いくらくらいかかるのでしょう。

初回の検診のみは無料のところも多いのですが、もちろんその時に医者は色々と治療箇所を指摘してきて治療に持ちこもうとします。例えばいくつかの治療の費用は次のようになります。

  • クリーニング:50~150ユーロ
  • 臼歯フィリング:70~270ユーロ
  • 神経抜粋:150~650ユーロ
  • 歯冠(良質合金またはセラミック):400~1200ユーロ

一環の治療をする上で、これらの項目の料金が加算されていくと合計はかなりのものになる可能性が。そのうえ全額支払いですから、歯は大切だとはいえ歯科医から足が遠のく理由にも頷けるものがあります。

このような現状に対して多数のコメントが寄せられています。

【参考URL】http://forum.alfemminile.com/forum/f209/__f483_f209-Caro-dentista.html
http://forum.alfemminile.com/forum/f209/__f943_f209-Perche-il-dentista-costa-cosi-tanto.html
http://www.hwupgrade.it/forum/archive/index.php/t-1909407.html
http://www.ilgiornale.it/news/cronache/caro-dentista-quanto-mi-costi-905433.html
http://www1.adnkronos.com/IGN/News/Cronaca/Crisi-e-caro-cure-cinque-milioni-di-famiglie-rinunciano-al-dentista_32971977817.html

この記事に対する海外の反応

イタリアでは神経抜粋やフィリング、クリーニングにお金を払うの?ここドイツでは無料だよ。

イタリアの年金生活者は月500ユーロしか貰わない人も大勢いるけど、そういう人たちは歯医者に行けないわけ?

イタリアの恥ずかしい医療システムの一例だね。だから歯医者は豪邸やフェラーリなんか持ってたりする。

スロベニアではイタリアの3分の1くらいの費用しかかからない。休暇がてら行ってみれば?こっちよりいい医者がいるんじゃない?

↑安いのには訳があるんだよ。

この前ハンガリーで歯の治療してきた人がいたけど、治療から帰ってきて数日後食事をしていたら、入れたばかりのセラミックとか全部取れてひどいことになったらしい。

↑そういう国に行って歯の治療をしてもらうのはちょっと不安。それに飛行機代やホテル代、食費なんかかかって、全然節約にならない。

「領収書要りますか?」って聞いてくる医者が多い。

公式の総額を払えば領収書を出してくれて確定申告で差し引いてもらえるけど割高。割引料金を払うと領収書は出してくれず、医者にとっては無申告の不正収入となる…

最近は「ローコスト歯医者」っていうのが出てきている。腕前は知らないが。

だから私の両親は私にいつも医者になれと言っていた…

ミラノには病院から回ってくる患者を受け入れてくれる個人歯科医があると聞いた。腕もいいしそんなに高くないらしい。

歯医者だって、人件費や税金、材料費などいろいろ高くつくんだよ。だから患者に割引してあげる場合、割高である税金や材料費のところを削るしかない。

それで不正収入扱いにしたり、材料費の質を落とすことになってしまう。

↑そうかな?他に経営の中で費用削減できるところがあるんじゃない?

新米なら、競争相手より少しでも安くするとかすればいい。

僕は平均的な値段の個人医に行ってきた。事前に他の人から評判もちゃんと確認して納得してから行った。

ネットの安い歯医者の見積もりよりは高かったけど、いい仕事をしてくれたから満足しているよ。

ロンドンとかもっと物価の高い街だって、歯医者の値段はこれほど高くないし腕もいい。健康保険だってきくし。

ストックホルムでは歯科医療が安いし市民は無料だとか。

私は評判や口コミを注意してから歯医者を決めるようにしています。

歯医者も少し不景気を感じているみたい。私の行っている歯医者では、時折大幅な割引をするときがあり、それを狙って行っています。

歯医者になるには大変な努力が必要なんだから、それくらいの報酬を受けてもおかしくないんじゃない?

↑何言ってんの?歯医者だけが大卒ってわけじゃないんだよ。

うちのいとこは麻酔科医だけど、大学の勉強にお金をかけていろいろ努力していた。それに比べたら歯医者はまだ楽なほう。

一例を見ただけで一般論は語れない。

歯医者が”泥棒”扱いされるなら、弁護士や会計士とかも同じことじゃない?

そうじゃなくてどの業界にも不正をする人がいることが問題だと思う。

問題なのは料金を各医者が好きに設定できることだと思う。政府がなんとかすればいい。

今日歯医者に行ったら、小さい虫歯とクリーニングだけなのにすごい高額を言い渡された。しかも分割払いでいいと言った。これじゃ家のローンに匹敵する額だよ。

ちなみにその歯医者は超金持ち。彼の生活の一部に貢献しなくちゃいけないかわいそうな私。

中には正直で、フェラーリを持っていない歯医者もいますよ。

まとめ

もし病院で保険のきく歯科サービスが向上して低価格を実現できれば、個人医も競争のため価格を下げるのではと思われます。

しかし病院の体質を変えるのは実際なかなか難しい問題のようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    イタリアには住みたくないなぁ。

  2. 日本の名無しさん より:

    ザッケローニさん日本で虫歯治療出来て良かったね

  3. 生粋の日本人 より:

    クロアチアまで行って治療したほうが、交通費出しても安い。と以前テレビでやってた。

    そういうメディカルツアーもあるみたい。

  4. 日本の名無しさん より:

    被せ物に銀のを使ってたけど毎年剥がれるから(硬すぎて歯が削れるって)
    セラミック製を薦められたけど保険利かずに3万円かかった。
    セラミック+プラスチック製だと6万円だとか。

  5. 日本の名無しさん より:

    日本も自費でセラミックやったら1本5万とかだな

コメントを残す

キャラクター紹介