海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応犬の税金、その名も「犬税!」

犬の税金、その名も「犬税!」

2014/12/23
このエントリーをはてなブックマークに追加


とあるパーティーでそれは起きた。

私はいまドイツにいる留学生で、自宅で何人か友達をよんで日本料理を振る舞ったのだ。来る人たちは、同じ様に留学生でいろんな国からドイツに集まってきて、美味しい、美味しいと食べてくれた。

私が以前東京に住んでいた事もあって、会話の流れで東京での生活を説明すると、本音か建前かは分からないが、何処の国の人達も「私も東京に旅行してみたいんだよね、寿司を食べたい、浅草行きたい、アニメを見たい」とか言ってくれる。

アジア圏の人達なら、ジャニーズ、嵐、SMAP!と答えてくれる。自分の国の事を知って貰えている事を知ると、毎度ながら自分の事の様に嬉しくなってしまう。

「でも東京での一人暮らしは大変だったよー。ここよりも家賃高いし・・・」なんて話をすると、日本の物価は高いっていうイメージがあるのか、みな納得。すると1人の友達がこう質問してきた

「日本で犬を飼うのも当然高いでしょう。」

一瞬なんの話かな?と戸惑った。私はペットを飼った事が無いから、犬の値段の事かな?ペットフードの話かな?と思い、もう一度訪ねてみると

「日本では犬の税金も高いの?」

という質問だった。

ペットに税金なんて聞いた事無い!と思い、後日調べてみるとペットに税金がかかる国は意外と一杯ある事を知る。

聞く所によると、ペットにも納税義務があり、種類によって額も異なるというから驚きだ。

もちろん私が住んでいるドイツの当然の事ながらあって、後日学校の授業でその説明が偶然にも行われていて、生まれた国によっては当然の税金として納めている人も居るんだなと納得した

日本では馴染みの無いその、ドイツのペットにおける税金について、世界のコメントと共に紹介してみたいと思う。

犬も市民だ、納めよう犬税

ドイツに犬税があると述べたが、他にもいろんな国がこの税収を採用している。オランダやオーストリア、スイス、チェコ等。

偶然にもドイツ語圏もしくはドイツと国境を面している国が、犬税で有名のようだ。犬は贅沢品として見なされている為、納税義務がかせられているんだとか。

税金に掛かるのは犬だけで、猫などの他のペットには税金はかからないそう。しかし、猫にも虚勢手術をしなければいけないなどルールはあるようだ

ドイツが連邦共和制国家であることで、州や街毎によってペットにかかる税金のルールも異なる。例えば有名な街ミュンヘンでは約80ユーロ、フランクフルトだと90ユーロ、ベルリンだと約120ユーロの額になる。

2頭目からは値段が上がることになっており、地域によっては一頭目の値段の倍になる所もある。

当然税金が発生するのだから、ペットを飼うとなると、市役所に申し込みをしなければならず、市役所のwebサイトには申込書のPDFがあったりと、ペット大国ドイツと言える程、整備がきちっと整っているんだなと思わされてしまった。

せっかくなので犬税の高いランキングをちょっと紹介してみたいと思う

5位 ハノーファー・・・1頭120ユーロ(2頭目以降240ユーロ)

4位 ブレーメン・・・1頭122ユーロ(2頭目以降も同額)

3位 ニュルンベルグ・・・1頭132ユーロ(2頭目以降も同額)

2位 ドルトモンド・・・1頭144ユーロ(2頭目192ユーロ、3頭目以降216ユーロ)

とまあ2位まで発表したが、ドルトモンドの144ユーロだが、現在のレートで日本円で2万円。1年ごとに2万円の納税義務があると考えると、ペットを買った事の無い人からしたらひぇ~とぶったまげてしまう。

それでは気になる第1位は。

1位 ケルン・・・・1頭156ユーロ(2頭目192ユーロ、3頭目以降216ユーロ)

でっかいケルン大聖堂で有名なあのケルンだが、税の額もやっぱり高かった。

犬税の長短

犬税をはじめとした、ドイツのペットに対する行政のルールにより、動物殺処分数はゼロ。加えてそのような施設も無い。

日本では年間約30万頭の犬猫が殺処分されている。そう考えると命に対する責任を、社会的ルールできちんと定めるのは大切かも知れない。

しかしその反面、ペットに対して納税しているのだから、行政もサポートすべきということで、糞を片付けない飼い主も多いのだとか。ベルリンなんかは犬の糞が多いので有名で、その短所が現れている結果なのだろう。(私が旅行した時は気にならなかったが)

日本には全くないペットの仕組み。私もしってちょっと驚いた。実際海外の人達はどのように考えているのだろうか?

ちょうどこの犬税について議論している掲示板を見つけたので、そこからコメントを一部抜粋して紹介したいと思う。

【参考URL】http://www.stadt-koeln.de/politik-und-verwaltung/stadtfinanzen/hundesteuerhttp://zergportal.de/baseportal/tiere/News&Id==494
http://forum.deine-tierwelt.de/threads/807-Zahlt-ihr-Hundesteuer/page4

この記事に対する海外の反応

私は、犬税は贅沢品として納めなければいけないものだと思うな。

犬は贅沢ではないけれど、多くの役割を持っている。

人々の健康の為のパートナー、孤独な人の為のパートナー、子供の教育の為のパートナー。

だから私は払う。

私は払いたく無い。なぜなら私個人は犬を飼いたいとは思ってなかったからだ。

私はあなたの考えを理解出来るぞ。私は子供の教育の為に買っているのだ。

違反をしたく無いなら、払うな

私は税金払わなくていい。オーストラではチワワは小さな動物に当たるから。

私の街は税金高すぎ

私は飼うとき間違っていた。

1頭目100ユーロ、2頭目50ユーロ、だと思っていたら2頭目は150ユーロだった・・・。

私はリゾート地に住んでいる。高い税金を払い、私の未払いの罰金も払わなければいけない。

私は月額10ユーロ、年間120ユーロ

犬税。これはちいさなちいさな税収だが、国は犬達の為に何をしてくれるのだろう?

一日30セント・・・。

私は支払う。文句無く支払うよ

私は猫と共に育った。もし猫も課税されていたら、私もあなた方と同じ気持ちになるよ。

私はシェパードを買っているが、全然支払うよ。

でもなんだかアンフェアな事もあるよ。

私は犬を飼いたいと思っているが、そのファッキンな納税についていろいろ調べなければいけない。

72ユーロは決して高く無い金額だな。

私たちは年間45ユーロ払っている。そして来年からは54ユーロになる。

歩道を歩かせようが、庭だけで犬をかわせようが関係ないよ、検査員はいつでもその家に犬がいるかどうかチェック出来るのだから。

私は金額が年々高くなっているから、犬税には反対だな。

私は税金払っているから、公共の汚染を正当化しない。美しい路上の為に税金を払うのだ。

ペットの価値を考えよう

いろんな意見が飛び交っているが、それぞれ思う所はあるよう。

しかし健康の為の、コミュニケーションの為の、子供の教育の為のパートナーにペットはなってくれるんだという意見にはっとした。飼った事無いから、あんまりメリットを考えた事無かったけど、こういう理由で飼うひともいるんだなと思った。

このシステムがある事で、もっと国民全体が命に対して責任を強く終えるのであれば、日本も是非導入すべきだなと思った。

なるほど、たしかにいい税金かもしれないな。実際に愛着をもって犬を飼っている人と、全然飼う気もないしペットうっとおしい~って思ってる人じゃ意見は違うだろうけどね。贅沢品っていわれてるけど、本当にどうしても飼わなきゃならないんだ…って人は飼うわけだし、それなら税金払えば?って感じちゃうよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 名無し より:

    日本はパチンコ税を取れば大分借金が減るのにな

    店・台製作会社・客に税金を!!!!!!!!!!!!!

  2. より:

    捨て犬をシェルターから引き取ったら無税とか、そういう風にすれば殺処分みたいな事を少しでも減らせそうですね。

  3. 日本の名無しさん より:

    >犬税をはじめとした、ドイツのペットに対する行政のルールにより、動物殺処分数はゼロ。加えてそのような施設も無い。

    この部分は間違っています。
    ドイツでは飼い主に対し殺処分をするように命令できるので行政機関による飼い犬や飼い猫の殺処分が行われていないのです。
    また、ドイツでは狂犬病ウィルスが野生動物の間に残っているため、狂犬病感染の可能性があると判断された野良犬や野良猫は行政機関から依頼された獣医師が殺処分していますし、実際に年間数百頭の野良犬や野良猫が野生生物として獣医師によって殺処分されているのですが、野生生物としてカウントしているので飼い犬や飼い猫の殺処分数としては表に出てきません。
    このようなシステムのため日本やアメリカのように行政機関の殺処分施設が存在しないのですよ。
    それと犬税として集められた税金は公共の場の犬猫の糞尿の処理費用だけではなく、飼い主が犬猫等のペットの殺処分を獣医師に依頼した場合の費用の助成金にも使われています。
    飼い犬の殺処分の一例としてはドイツではピットブルやピットブルの血統が混じった犬等の他国で闘犬や闘牛に使われている犬犬種とその雑種の持込と飼育と繁殖が禁止されているため、誤ってそれらの犬種やその雑種をドイツ国内に持ち込んだ場合、飼い主は獣医師に殺処分を依頼するかドイツ国外に持ち出して新たな飼い主を見つけて譲渡するのか選択するように行政命令が出されます。

    1. 日本の名無しさん より:

      勉強になった
      ありがとう

  4. 日本の名無しさん より:

    犬税なら日本にもつい最近まであったよ
    地方自治体の税だったけど
    犬1匹1年300円くらい

  5. 日本の名無しさん より:

    嗜好品に税はかかるのだから、ペット税は導入してもいいんじゃないの?
    ペットは家族とかいうなら、住民税も納めろや。

  6. 日本の名無しさん より:

    冗談じゃない
    逆に犬や猫の面倒を見てくれてる人には
    何らかの減税優遇をしてあげるべきだ
    猫や犬に対する責任は全人類にあるんだから

  7. 日本の名無しさん より:

    犬猫は器物なのか、ペットなのかによる。
    前者なら税はいらないし、後者なら間違いなく払うべき。猫は知らんが、犬は人間以上に堂々と公園等の公共施設を利用し、おまけに糞まで垂れるのだから当たり前。甘えるな。

  8. 日本の名無しさん より:

    ペットショップで販売する犬や猫の不妊手術を義務付けて欲しい。本音を言うとペットショップを営業停止にして欲しい。

  9. 日本の名無しさん より:

    平成25年の行政書士試験で犬税を取る自治体はあるか?という問題が出たぞ。
    問題の解説~1950年代には多くの市区町村で犬税が導入されていたが、犬税を課す市区町村の数は次第に減少し、現在では、犬税を課している市区町村は一つもない。

  10. 日本の名無しさん より:

    ペットは登録制にするべきだわ
    勝手に捨てるやつ多い

コメントを残す

キャラクター紹介