金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶ王永庆  台湾で一番の金持ち起業家であり慈善家

王永庆  台湾で一番の金持ち起業家であり慈善家

2014/07/13
このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾の人々によく知られた企業家、王永庆という人物がいます。台湾の松下幸之助と称されるほどです。一体どんな人物なのでしょうか? 

子供時代

1916年台湾台北生まれの彼は、本籍中国福建省。父は茶畑で生計を立てていましたが、生活は厳しいものでした。

しかし、非識字の辛さをよくわかっていた父親は、彼を学校に行かせます。毎日10キロの道のりの往復。朝出かける前には近くの井戸から水を汲み、家に十分な水があるようにしてから、学校に行くのです。

放課後はよく、25キロある飼料の袋を担いで、豚に餌をやりました。

彼が9歳の時父親が病気で倒れます。母の働きのみで一家の生活を支えていかなければならなくなりました。

そこで彼は小学3年生の頃から、学校に行きつつ、近所の人の牛の世話を手伝い始めます。服はいつも継ぎはぎだらけのもの、毎日裸足でほとんど靴を履いたことがありませんでした。

こんな子供時代を過ごした彼は、本を読むことに興味がなく、努力して勉強した記憶もありません。そのため成績はいつも下から10番以下でした。

米販売から始まって

15歳、中学卒業後、彼も茶畑で働き始めます。その後、米を売る店で、1年働き、2年目、父から借りた資金で自分の米穀店を開きます。

しかし当時、彼のいた嘉義という小さな町には既に30軒近い米穀店があり、一番遅れて街の端に開店した彼の店は、店舗面積も狭く、誰にも知られることがありませんでした。

有利な場所に店を構える老舗は、問屋として、また米以外の商品も扱い、着実な経営をしています。あえて辺鄙な場所にある彼の店までやってきて米を買おうとする人は、ほとんどいませんでした。

このままではいけないと、彼は重たい米袋を担いで一軒一軒売りに歩いたりもします。しかし状況はさほど変わりませんでした。

どうしたらいいだろうか?

`ほかの人がやっていないことをしなければ無理だ。差別化を図らなければ。質とサービスだ。‘と新たな事に取り組み始めます。

1930年代台湾。農村はまだまだ手作業で収穫、脱穀、加工を行っていました。そのため店で売られているコメや雑穀にはわらや小石が混ざっているのが当たり前。

人々はそれを買い、米を研ぐ段階で自分で不純物を取り除くーという面倒な作業を何とも思っていませんでした。彼はそこに目を付けます。二人の弟と共に、一つ一つ米に混ざっている小石やわらを取り除く作業をしたのです。

結果 彼の店で売られるコメの品質は格段に良くなり、多くの顧客を得るようになります。

さらに彼は、コメの宅配を始めます。今となっては当たり前のサービスも、当時は画期的でした。同業者が誰もやろうとしなかったことです。しかも彼は、ただ届けるだけではありません。その家の米びつに新しいコメを入れるところまで行ったのです。

コメがまだ残っていれば、一旦取り出し、米びつをきれいにし、新しいのを下にし、古いのはすぐに食べきれるように上にしたのです。

さらに、各家庭の家族構成を聞き出し、だいたいどれくらいで食べきるか計算し、次の配達日を予定します。いつ支払いが可能かも聞き出し、配達日とは別に、集金することにしたのです。

細やかなサ-ビスと心配りにお客は大満足。こうして町外れの小さな店から始まった彼のビジネスは着実に成長し、その得た資金で、街の中心部へ店を出すことができるまでになりました。

事業拡大

その後彼は取り扱い商品を増やし、木材、瓦、プラスチック原材料と事業範囲を広げていきます。

1950年代、当時台湾の工業局が`工業発展計画‘を推し進めます。その中にアメリカからの援助を利用して、石油工業原料ポリ塩化ビニール工場建設というのがありました。

誰も見向きもしない計画でしたが、当時38歳の彼は大胆にその計画に着手します。

79.8万ドルの借り入れをし、1954年、プラスチック製品の会社`台塑公司‘ を起業したのです。このプラスチック分野の事業が大成功。彼は続けて南アジアプラスチック工場、台湾化学繊維工業会社といった大型企業を設立していきます。

運営・管理姿勢=圧力と奨励

彼の毎週の仕事時間は100時間を超えていたと言われています。会社運営の詳細に至るまで、すべてを自分で把握していたのです。

彼はずっと`とことんまで調べ上げる。事実に基づいて真実を求める‘方針で運営してきました。

そして圧力のもとで、企業は発展するーと。台湾国内の市場が限られていること、原料の確保は会社にとっての圧力となりました。それらを乗り越え成長を続けてきたのです。

次に社員にとっての圧力。典型的な例は、`昼食時の報告‘ というものです。彼は毎日昼食後会議室で、それぞれの事業の部長から報告を聞きます。その後詳細な点まで、質問します。

部長たちはこの`報告‘をスムーズに切り抜けるため、毎週70時間以上仕事し、自分の管轄の一部始終詳細な点に至るまで把握し、生じた問題に対しては徹底的な分析と研究を行うのです。

こうした過剰なストレスと仕事の緊張感のため、多くの部長、管理職は胃を患ってしまいました。医者達は、この症状を冗談半分で`台塑後遺症‘と名付けたほどです。

もう一つの特色、奨励制度。年末の賞与に加え、業務・業績の改善が見られた時に与えられる賞与があります。

その他、王永庆個人が幹部に支払う`その他‘の賞与が有り、1986年の記録では課長級に10-20万台湾元、所長級に20-30万台湾元、その上の幹部には100万台湾元。

また特殊技術分野の従業員には200万-400万台湾元。一般の従業員には、`利潤が上がればみんなで配分‘の方針に基づいて賞与が支払われています。努力次第でいくつもの賞与が与えられるこのシステムは、従業員のやる気を起こさせるのに大きく役だってきました。

倹約家

貧しい中、生活も仕事も苦労してきた王永庆は倹約家です。生活は簡素で、衣服はこだわりません。きちんと整っていればそれでいいのです。毎回の飛行機はエコノミークラス。

ある記者は言っています。

王永庆とコーヒーを飲むと、彼の倹約ぶり、決してものを無駄にしないことがわかると。コーヒーにミルクを入れる際、一滴も残さないように、スプーンで残りを集めるほどなのです。

娘の一人は振り返ってこう語っています。兄弟姉妹のうち何人かがアメリカで生活をしていた際、自分たちは決して豊かではなかったと。

学費生活費の仕送りはあるものの、まるで会社運営のように、毎回使い道を報告しなければならず、仕送り額はちょうどぴったり。歯磨きを一つ買うのも報告が必要だったと。

`楽しむ‘余裕はなかったのです。インターネットがなかった当時、通信手段は電話か手紙。彼らの連絡手段はいつも手紙でした。電話代は高いのです。‘

彼の意志の強さには驚かされます。中年以降も毎日1時間のジョギング。雨風が強くても、欠かしません。

始めた頃は、本人もジョギングは単調だし、消して楽なことではない、と感じていたようですが、健康のため続けるのが大切、と毎日走っているうちに日々の日課となり、欠かすことのできない生活の一部となったのです。

そして自分で考えだした`タオルを使った体操‘も毎日行います。出張先でも同じように。70歳を過ぎて、医師からアドバイスがあり、ジョギングではなくウォーキングに変えましたが、日々の日課は変わりませんでした。

企業活動以外に

1970年代、`台塑公司‘は目覚しい発展を遂げます。同時に王永庆にとって、得てきた利益を社会に還元する時でもありました。

当時台湾では多くの大型病院、が建設され開業し始めていました。しかし医療制度がまだ充分に整っていなかった台湾で、それら大型病院にかかることができるのは、お金がある人だけでした。

貧しい環境で育ち、自分の父親も十分な医療を受けられなかった彼は、もっと多くの人が自由にかかることのできる病院をーと考えます。

1976年、20億元の新台湾元を費やし、財団法人長庚記念医院を設立しました。現在この病院は、台湾でよく知られた、また一般の人々が一番に選ぶ病院です。最新の医療機器の導入、優秀な医師の招致、と常に高いレベルの医療を提供し続けています。

王永庆は時間があると、日記を書くかのように、日々の出来事、感じたこと等ノートに記します。そうしてたまった彼の生活の記録は、`王永庆談話集‘として 4冊の本にまとめられました。

第一版は1.2億元かけて10万セットが印刷され、無償で従業員に配られたのです。台湾人が、勤勉で真面目という素晴らしい特質を持っていることを忘れてほしくないと。台湾内外の作家や学者が 彼のために本を記すことを申し出ますが、彼は全て断ってきました。

彼にとって本の出版は自分の名を上げることではなく、あくまでも日々気づいたことのまとめであり、ほかの人の参考になってもらえればーとの願いなのです。

台湾の一大工業時代を築いた王永庆は、他の人が行っていないことに取り組む勇気と大胆さを持ち、かつ堅実で勤勉な人でした。

1993年 `台塑公司‘ 世界一のポリ塩化ビニール生産社
     同じくグループ企業 南アジアプラスチック工場 世界一のポリ塩化ビニール           
     加工業社
2004年  アメリカ・フォーブス雑誌にランクイン。台湾NO1富豪。
2008年10月 享年92歳 

【参考URL】http://www.360doc.com/content/09/0226/21/51604_2654459.shtml
http://finance.qq.com/zt/2008/wangyongqing/
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%B0%B8%E6%85%B6

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介