海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応ギリシャがユーロ脱退しちゃったらどうなるの?ドイツの反応

ギリシャがユーロ脱退しちゃったらどうなるの?ドイツの反応

2015/02/27
このエントリーをはてなブックマークに追加


よく歴史を扱った番組とかで、「ベルリンの壁が崩壊するなんて若い頃は想像もしなかった。時代が大きく変わる瞬間をいま見ているんだろうと思って、若い頃はそのニュースに釘付けになった」って大御所タレントがよく口にしているのを見かける。

正直に言うと、個人的には生まれた直後くらいの出来事で、ベルリンの壁が崩壊するニュースなんて見てないに等しいから、現実味に欠ける話のように聞こえる。

はじめて知るのは歴史の教科書の後半の方だから、それよりずっと昔の歴史上の出来事と同じ様に、テストの為に暗記しなければいけない物という印象が強い。

だから大人になってから、たかだか20年くらいしか経ってなくて、これは非常に大きな出来事だったんだなと知る様になる。

とは言いつつも、2010年代に入って、歴史的に重大な出来事は多く起きている。

歴史的に重大な出来事は数年に一度、大きく事象として現れて,我々を翻弄するものかも知れないけど、ひょっとするとそれは日々少しずつ変化していて、あるとき大きく形になって現れているとも言えるかも知れない。

常識的に当たり前な事も、一秒一秒の変化が積み重なってベルリンの壁崩壊といった大きな時代を象徴する形で私たちが知る所になるのだ。

そんななか、そういった形で問題が表面化しそうになっているトピックスは探せば世界中にいっぱいある。その中の一つが、ギリシャ問題

この国が引き起こした、ユーロ危機以降、ヨーロッパ全体が経済的に大損害。勿論中心にいるギリシャは未だ問題を抱えたままだ。

その問題故に、ギリシャはEUから離脱すべきか否かという議論が様々なメディアで話され、報道されている。

そんななかドイツ国家の中でも、ギリシャへの支援を辞めたり、やむを得ない場合を認めても良いんではないか?という声が現れている。

ヨーロッパの中でも経済的に対照的なドイツとギリシャ。どのような見解がそこにあるのだろうか?

今回は私が読んだ、ドイツのニュースサイトの記事を元にお伝えしたいと思う。

ギリシャ経済もう辛いっす

簡単におさらいすると、ギリシャは政権交代により、前政権が隠していた財政赤字を世の中に公表した所に始まる。それによりユーロの価値が大幅に下落、EU加盟国全てを巻き込んだ、2009年ユーロ危機が発生する。

その際ギリシャはほかのEU加盟国とIMF(国際通貨基金)からの援助のもと、最悪の事態を防ぐ事が出来たが、いまだ完全に復活はしていない。

それとは対照的に、いまドイツはヨーロッパで唯一の勝ち組。

ドイツ銀行が見るギリシャの未来予想図

Bundesverband deutscher Banken(以下ドイツ銀行連盟)は、もう既にギリシャの経済破綻、またはEU通貨からの脱退はもはや恐怖のシナリオとは捉えていないようだ。連盟はギリシャ国家からの借り入れに反発を覚える様になった。

235億ユーロ。これはギリシャの財政への連盟からの援助である。このドイツからギリシャへの援助が問題となっている。

大半の150億ユーロはドイツ復興金融公庫(Kreditanstalt für Wiederaufbau)からまかなわれており、この金額がギリシャの財政支援にあてがわれた。

さらにギリシャの申し立てによると、ドイツの有名銀行であるDeutsch bank(ドイツ銀行は)3億ユーロ、Commerz Bank(コマーツバンク)は約4億ユーロを尽力してくれた。

これにより、ギリシャのユーロ離脱は回避出来たかの様に見えた。

しかし、ギリシャの離脱問題は再び加熱している。これによる一番の懸念は、他の国へ飛び火する事である。経済不安の波もそうだし、ユーロから初の離脱者が出る危険もだ。

ギリシャの国内選挙において、ユーロ脱退の問題が浮上した。

ギリシャの政党、Syrizaはギリシャ再建の批判を先導させた。この政党の勝利が再びユーロ危機に火が付けると言われている。例えば国際的な投資の協定の変更や、ユーロ危機国の倹約を緩めたいと予告している。

ドイツ政府は、やむを得ない場合、ギリシャがEUから去るのを認める見解を示した。なぜなら、ギリシャ経済の損害は数年前よりだいぶ良くなったと見受けられるからである。

と、ここまでがニュース記事の引用。

ドイツのメルケル首相がニュースで「ドイツ政府はギリシャ離脱を認める発言をしていない」などとコメントした事もあるが、いったい両国はどうなっているのか。

となるとネットユーザーの意見というのが気になる所。いったいこれらの問題をどうとらえているだろうか?ニュース記事に寄せられていたコメントを元に、幾つか紹介してみたいと思う。

【参考URL】http://www.spiegel.de/wirtschaft/soziales/deutsche-banken-haben-kaum-noch-geld-in-griechenland-a-1011315.html

この記事に対する海外の反応

ギリシャは税金を上げるべきだよ

うん・・・まあまあ悪い印象だ。国家はリスクばっかり取り上げている

避ける事が出来るギリシャへの援助は、場合によってはギリシャの荒廃を招く

ギリシャへの救済は、ドイツと欧州の銀行によるものがほとんど

ユーロの契約は凄まじく壊された

ドイツの納税者にとっては非常にナイーブな問題だ

このクリーンな政治がドイツ市民に被害を与えている

これは国家だけの問題ではない、納税者にとっても問題だ

ユーロは平和の為の通貨である。これに代わりの手段は存在しない。

これはメルケル首相が語ったスピーチの一節だよ

欧州の連帯を強調する政治家。

人はEU加盟国の没落をさせることは出来ないのだよ

ユーロ離脱したら、ギリシャは速攻でノックアウトの気がするな

ギリシャがユーロを離脱するしないはどちらでも良い。私たちの援助は返されるものなのかどうかが知りたい

EUとはおとぎ話で、それは必要の無いことだったのかな

この大騒ぎはなんだ

銀行のお陰で私の配当金は安全さ

人はパンだけで生きて行けない。脂肪だって必要さ。だから政治には嘘も必要

ギリシャは経済的没落で、EUを離れる良い理由を持ったな

最大のリスクは、ドイツ国家にやって来る・・・もうすぐ側までやってきていますよ!

ギリシャバッシングは、もはやいつもの気晴らしみたいになってるな

複雑な話

ギリシャ問題はどうやら複雑なようで、当然の如く弱者を助けるべきで、ドイツが率先して援助しているが、それによって足下がすくわれそうになっている現実。難しい話である。

EUにとってもギリシャ脱退は避けたい所。これからもずっと続いて行くものだと思われていたEUに、大きな変化が訪れた。2015年ではこの問題はどうなるのだろうか?

個人的には離脱する事無く、解決するのが一番だが、それが難しいから先が見えなくなっているのだ。これからの動向が気になるトピックである。

ギリシャ~!ドイツの頑張りもあるし、なんとか踏みとどまってほしいけどなぁ。しかしこれだけドイツが支援してもギリシャは復活できないんだよなぁ…。なんでもそうだけど、手助けしても良い傾向になる兆しが見えないとやる気なくなっちゃうよね~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    ギリシャはロシアと中国が狙ってるから
    EUもギリシャを切れないだろ

  2. 日本の名無しさん より:

    ギリシャはユーロ離脱してデフォルトの上で自国通貨が暴落させるのがいいかもね
    人道的支援の名の下に食糧だけは確保できるでしょ
    観光業で外貨は稼げるからなんとかなりそう

    問題はデフォルトおこしたときの資本がパーになるドイツだけどババをひいたな
    観光資源を担保にしとくべきだった

  3. 日本の名無しさん より:

    ギリシャはいずれまた破綻する。

    1. 日本の名無しさん より:

      そうでしょうね、しかし他人ごとで済ませれないのが我が日本です。
      返すあてのない借金をこれからもノ-天気に継続するでしょうね。
      そして突如デホルトが何かをきっかけに発生するです。
      ossann

  4. 日本の名無しさん より:

    もっともっと他国のこういう反応が見たい!日本関連の話題ではなくてその国の経済事情とか外交、国際問題をどのように受け止めているのかとか井の中の蛙にならないためにも。
    外から見るのと中から見るのとでは見え方が違うことがたくさんあるから
    管理人さんありがとう

  5. 日本の名無しさん より:

    ガス代も払えないウクライナをEUに入れちゃってもいいの?

  6. 日本の名無しさん より:

    ただ翻訳しましたーだけじゃない、管理人の顔が見える良いブログですね。海外反応ブログが乱立する中、これからは管理人さんおのようなブログがより人気になり、ゴシップ誌並みの質の悪いブログは淘汰されるか、あるいは訪問者の質による住み分けが進むと思います。頑張って下さい。

  7. ばななんななしさん より:

    残念ながらギリシャを切るとロシアと繋がる。
    その場合、挟まれる事になる国は非常にまずい立場に立つ事になるだろう。

    もし、ギリシャを切る場合は壊滅レベルまでロシアを潰してからになるだろう。
    最低でもロシアのパイプラインの利権をEUが握らない限り危険だ。

  8. 日本の名無しさん より:

    ドイツの本気が見たいな。

  9. 日本の名無しさん より:

    切る以外の選択肢が思い付かない
    それとも永久に無駄な援助を続けるの?
    援助すればするほど働かなくなるに決まってるだろうに

  10. 日本の名無しさん より:

    ギリシャのせい(おかげ?)でユーロ安になり、輸出が絶好調のドイツ
    安倍政権で円安になって、再び日本の産業が競争相手になると
    メディアでこぞって日本叩きを始めたドイツという国

  11. 日本の名無しさん より:

    EUがあるからドイツはギリシアに投資も輸出も為替リスクなしでやってこられた。
    アジアで言えば、日本がアセアンと通貨統合して、問題ありまくりの国に投資するようなもの。

    今まで散々ギリシアを使って儲けてきたんだし、自業自得だ。

  12. 日本の名無しさん より:

    戦犯国は未来永劫謝罪と賠償を続けないと

    1. 日本の名無しさん より:

      後ろばかり見てないで前を見て歩かないと一生自立できないよ。

  13. より:

    ECBがギリシアの負債を全額買い取って十分な金額の支援をしてギリシアが経済を成長できるようにしたうえで、余裕の範囲で少しずつ返済してもらえばいい。
    当たり前で簡単なことなのに、まるで個人の借金みたいに支出を抑えてたら経済が縮小して返済する余裕も能力もなくなる。

  14.   より:

    中国はアテネの空港や港を買っているという
    地中海の入り口、バルカン半島を抑えつつあるということだ
    離脱させれば一気に進むだろう
    タイミングを間違えばEUはさらに厄介な問題を抱え込むことになりかねない
    まあそれを人質にしてるギリシャを潰したいのは山々だろうけれど
    ことはそこまで簡単ではない

  15. 日本の名無しさん より:

    もうEU加盟国の国民が共同体という意思もなくEUの理念は破綻してる
    とっととギリシャを切り離してデフォルトさせて
    自国通貨で建て直しを図るしかない。
    散々許容範囲以上の借金をギリシャにさせといて儲けたドイツの金融屋が
    今なおギリシャを緊縮で苦しめて国同士の対立を煽ってるのをみると
    なんか腑に落ちないわ。ドイツの金融屋も叩かれてしかるべきなのに

  16. 日本の名無しさん より:

    ギリシャって東側陣営に行くんじゃねーの もともと、米のこともあまり好きじゃないみたいだし

コメントを残す

キャラクター紹介