海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応どこに行けば会える?億万長者たちのお気に入りの街とは?

どこに行けば会える?億万長者たちのお気に入りの街とは?

2015/01/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりニューヨーク!?

「Billionaire」。単純に和訳すると「億万長者」ですが、1ドル100円と円で考えるとなんと「兆」単位です。正確には「資産が兆を超える兆万長者」ということになりますが、まだまだ耳になじまない言葉なので「億万長者」とさせてください。

国民80%中流家庭の日本人にはちょっとイメージしにくい「億万長者」。億万長者ってどこにいるんでしょうか…どこか手の届かない別の世界に住んでいるのでしょうか…?

そんなことはありません。これは世界の億万長者リストです。億万長者の35%が20都市に集中しています。1位はニューヨーク。やっぱりアメリカってアメリカン・ドリームなんですね。

1. ニューヨーク(アメリカ)     103人
2. モスクワ(ロシア)         85人
3. 香港(中国)            82人
4. ロンドン(イギリス)        72人
5. 北京(中国)            37人
6. サンパウロ(ブラジル)       36人
7. イスタンブール(トルコ)      35人
8. ドバイ               34人
9. パリ(フランス)          33人
10. シンガポール           32人
11. ムンバイ(インド)        28人
12. 東京(日本)           26人
13. ロサンゼルス(アメリカ)     25人
14. 深セン(中国)          25人
15. ジュネーブ(スイス)       23人
16. メキシコシティ(メキシコ)    21人
17. 上海(中国)           21人
18. 台北(台湾)           21人
19. マドリッド(スペイン)      21人
20. リヤド(サウジアラビア)     20人

そして、リストの中で目立つのは中国。人数では堂々のトップです。中国人はお金儲けが上手なんですね。社会主義はどうなってるのか…という声も聞こえてきますが…石油の国が少ないのが意外でした。

2014年、前年度より7%アップし、世界の億万長者数は2,325人に増えました。うち286名は女性です。

億万長者の傾向とは?

典型的な億万長者は「31億所有」「63歳」「40代後半までは10億には達しない」だそうですが、これっていったい誰のイメージなんでしょう…。

  • 90%は結婚し、子どもは平均2人。
  • 自力で億万長者!
  • 高学歴は必要ない?

男性億万長者の60%が完全に自分の力で富を築き、27%が一部を自分の力で稼いだそうです。女性はちょっと違って、17%が自身、65%以上は遺産を相続したそうです。

全ての億万長者が高学歴というわけではありません。実際、35%の人が学士を持っていません。卒業大学のトップはペンシルベニア大学。

もちろんハーバードやイェール大学もランクインしています。ちょっと意外なのはムンバイ大学やモスクワ大学も僅差でランクイン。それでも20大学中、16大学はアメリカの大学というのはさすがです。

世界の反応

お金持ちサイドからのコメントは少ないようですが…運か?実力か?意見は分かれるようです。

【参考URL】http://money.cnn.com/2014/09/16/luxury/global-billionaire-report/index.html?iid=HP_River

この記事に対する海外の反応

わあ、彼らはラッキーだね。一生使っても使い切れないぐらいお金があるんだから。

彼らのほとんどが一生懸命働いて、財産を築いたんだね。

↑ラッキー?人は自分で運を切り開くんだよ。座って、待っているだけじゃ、何も起こらない。

これらの人から学んで、批判せずに賢くならなきゃね。一生懸命働いて、リスクも恐れないようにしなきゃ。

↑ラッキーとは全然関係ないと思うけど…。

↑運もかなり関係あるよ。彼らは必死に働いたかもしれないけど、やっぱりそれだけじゃ億万長者にはなれないよ。百万長者にはなれるかもしれないけどね。

彼らはそうなるべき時期にそうなるべきポジションにいたんだ。有利な立場にあって、山ほどコネがあるんだ。

↑運も絶対関係ある。2人を例にあげてみよう。

1人は黒人で、貧乏なうちに生まれた。そう、例えばデトロイトのような…もう1人は白人で南カリフォルニアの中流家庭に生まれたとする。

同じぐらい頑張ったとしても、白人の子どもはいい学校に行き、いい家族に恵まれ、そこからコネも生まれいい仕事につけるんだ。

黒人の子どもは公立の学校に通い家族を助けるためにバイトし、学校もそこそこにギャングか何かの手下になるんだ。

これは彼のせいじゃないよ。どうしようもないってこともあるんだ。

中国って社会主義についてはどうなってるんだい?彼らの理論だと少なくともみんな百万長者ぐらいにはなってないと…。

↑そうは決してならないのさ。

↑その通り。みんなが富と財産を分配できれば幸せだけど、世の中は理想じゃないんだ。現実でもないけどね。

法律は金持ちのために金持ちによって作られているんだ。彼らは一般の人より少なく払い、より守られている。

お金持ちがビジネスで何か問題があれば破産宣告をして、逃げる。貧乏人が同じことをすれば、全て失う。夢も希望もないよ。

お金は幸せになる道じゃないよ。ちょっと働いて、家族や社会に価値をみい出せばいいんだよ。

億万長者になった後政府をコントロールする力を持って、さらに彼らの富を増やせるように政治に影響力を持つようになるんだよ。欲求にはきりがないんだ。

1年で7%アップなんて、おかしいよ。

もう不公平な富の分配はやめてほしい。お金儲けのシステムはお金持ちだけのためでしかない。

この人たちがいくら持っていようと、いくら持つことになろうと誰が気にするっていうんだい?自分のことを考えようよ。今持っているもので満足しているのかい?って。

大体人はお金を持っていなかったら、幸せじゃないけれど、たくさん持ってたって、幸せとは限らないんだから…。

残念だけど、アメリカは国全体が会社みたいに政治が動いてるね。会社では重役たちが全ての利益を独り占めするんだ。労働者たちは残りかすさ。

資本主義はお金を稼ぐにはいいシステムだ。でも、政治的にはよくないけどね。

お金持ちは税金をたくさん払うべきだよね。アメリカのインフラをより多く使っているんだから。

労働者たちとインフラが彼らのお金を生み出しているんだよ。だから彼らを助けなきゃ。税金が増えて、お金が新しいビジネスを発展させるように使われれば、彼らもまた豊かになるんだから。

規制のない資本主義は社会主義のようなもんだ。一部の人間が全ての富と力を独占しているんだから。

アメリカは金持ちが金で国のシステムを腐敗されているんだ。金持ちは環境を守る法律を規制して、全部自分たちのいいように国を動かしているんだから。

ほとんどの人は親から財産を受け継いで、億万長者になっているんじゃないの?

なにかものすごい革命があって、貧困とか飢え、戦争、環境破壊そういったものが全部なくなればいいのに…。

億万長者が世界に何人いるかなんて別に興味もないし、彼らが一生懸命働いたか、遺産相続したかってのもどうでもいい。

僕が気になるのは現在、最低賃金では暮らしていけないってこと。だから僕は高価な物も買わないし、贅沢もしない。稼いだ分で満足するようにしているんだ。

お金持ちになるチャンスはどこにでも転がっているよ。ただ、それに気付いて、何かしなきゃいけないんだ。

どうすれば億万長者になれる?

億万長者がどこに住んでいるかは分かったけれども、どうすれば億万長者になれるのかまでは教えてもらえませんでした。こうなったらペンシルベニア大学に潜り込んで未来の億万長者とお知り合いになるのが一番の近道かも…?

実力も運もある人ががんばって億万長者になるんだろうな~。まぁどれだけがんばっても億万長者になれない人がたくさんいるんだろうけどね…。できれば楽してババーンと大金を手にしたいものだね?そんなこと思ってるだけのジョニーだから余計に億万長者なんて無理なんだけど!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    >女性はちょっと違って、17%が自身、65%以上は遺産を相続したそうです

    一兆円の高級アワビか・・・。

コメントを残す

キャラクター紹介