雑学
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 雑学今注目のフランチャイズ契約とは?そのメリットとは?

今注目のフランチャイズ契約とは?そのメリットとは?

2013/10/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスイメージ,握手

今注目の事業スタイルは、フランチャイズ。そのメリットとデメリットを解剖します。

最近、フランチャイズと言う言葉をよく耳にします。フランチャイズとは、ある2つの事業者が契約をし、一方の事業者が持つ商標、商品、あるいは経営のノウハウなどを他方の事業者が使いながら事業を行うスタイル。要は、契約をして、ある意味独占的にその事業を行う権利を有することです。

フランチャイズと言えば、最近では、コンビニ、ファミレスなどが一般的なイメージですが、この言葉が世に浸透するずっと以前から、クリーニング店などではこのスタイルを利用して事業が展開されていたので、全く新しい事業スタイルという訳ではなさそうです。

ただ、フランチャイズに興味があっても、イマイチピンときていない人も多いと思いますので、今回はフランチャイズのメリットとデメリットを見てみることにしましょう。

フランチャイズのメリットとは?

フランチャイジー(提供を受ける側)から見たフランチャイズの最大のメリットは、既に事業展開をして実績のあるブランドで事業を開始することが出来るという点です。現在多くみられる企業は、どこも既に実績があるネームバリューと商品価値を持っていますので、新規で事業を開拓する必要はありません。

独自のノウハウや、商品開発力、宣伝力がありますので、それらに時間と労力を費やす必要はなくなり、経営のノウハウさえしっかり押さえれば、成功する確率が高くなります。

しかしながら、個々の契約ですので、単独の事業者として成立し、売上が良ければ利益が出る確率が高くなります。単独の事業では、有名人を使っての宣伝や、全国規模のキャンペーンなどを興しての利益は難しいのですが、他のフランチャイズチェーン店と共に行うことで可能になります。仕入れも本部からまとめて行いますので手間が省けます。

対してフランチャイザー(商品やノウハウを提供する側)から見たメリットは、独自に店舗を構えることなく、自社の商品やブランドを展開し、販売することが出来ます。要の商品開発や販売戦略、宣伝といった側に労力を費やすことが出来ますので、販売面の人件費もかかりません。要は、効率良く、効果的な販売を行うことが出来るということです。

フランチャイズのデメリットとは?

フランチャイジーから見たデメリットは、細かく決められた規定、マニュアルがありますので、それに従った経営をする必要があります。一言でいうと、オリジナリティは出しにくいのです。

ユニフォームや商品の種類、営業時間や休日とその項目は細部に及んでいます。それらを違反した場合には契約違反となり、最悪の場合契約解除や違反金の支払い義務が発生するようなケースもありますので、注意が必要です。フランチャイズになったものの、近所の取引先で仕入れを、という訳にはいかないのです。

フランチャイザーから見たデメリットは、常に商品開発をして、所謂「売れる商品」を開発していかなくてはフランチャイジーが減り、引いては経営の危機に繋がります。また、範囲が広ければ広いほど、統一する為にフランチャイズ店の指導が必要となり、その為の人材やシステムの確立が必要になります。

フランチャイズに向いている人とは?

どんなものにもメリットとデメリットがありますので一概には言えませんが、フランチャイズに向いている人は、経営に特化して事業を行いたい、商品開発や独自ルートといった手間は省きたいという考えの人だといえます。

あとは、他の同業のフランチャイズチェーン店よりも売り上げを出したい、という競争意識も大切な経営の要素と言えます。

いかがでしょうか。もしこれを読んでいる方の中で、フランチャイズに興味がある方がいれば、このお話が自分に向いているかどうか、あるいはどんな業種が向いているのか、などの一考になれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介