海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応郵便の値段が上がるけど…お怒りのフランス国民の声!

郵便の値段が上がるけど…お怒りのフランス国民の声!

2015/03/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

お金4629

2014年に、フランスの郵便料金が2015年~2018年の間に値上がりすることが発表されました。

フランスの郵便局は誰の管轄なの?

フランスの郵便局はもともとは郵政省の管轄でしたが、1991年に公社化されました。
つまり、100%国の管轄ではありません。

今では、フランスの郵便局では銀行や携帯電話サービスなども提供しています。

郵便料金の値上がりの背景は?

郵便料金を値上げするのは、インフレに合わせるためと言われていますが、
フランスの郵便局の財政の立て直しが必要だから、という理由もあると言えます。

ちなみに、郵便料金の値上げは2015年~2018年の間に行われる予定で、
年に3.5%上がる予定だと発表されています。

例えば、フランスの速達の切手代は66セント(約100円)ですが、
2015年1月1日には76セント(約115円)になります。

フランス人はどう受け止めているの?

郵便料金の値上がりは、2018念以降も毎年少しづつ上がる様です。

こんな状況をフランス人はどう受け止めているのでしょうか?
さっそく反応を見てみましょう。

この記事の海外に対する反応

私はベルギーの国境近くに住んでいるけれど、国際郵便などを送る時にはベルギーの郵便局を使っているよ。ベルギーの郵便局の方がサービスがいいからね。

郵便局は郵政省を離れて国民のためのサービスを行うよりも、自分たちのお金儲けを重視するようになっていると思う。郵便局は国の管轄であった方がいいと思う。

郵便局は公社化されても公共サービスであることに変わりない。今のこの不況に郵便料金を値上げするべきではないと思う。

郵便局は国の管轄ではなくなったけれど、国民誰もが利用しているサービスだ。それなのに彼らのやりたい放題になっていると思う。

公共サービスはあくまでも国民のためのものだ。彼らはやりたい様にはできないはずだ。

フランス以外のヨーロッパの国に行った時、フランスの郵便料金がかなり安いと気づいたよ。郵便料金の値上がりはしょうがないんじゃないかな。

フランスは欧州連合の1国だし、周囲の国に合わせる必要もあると思う。

↑ ヨーロッパの郵便料金についての記事を読んだけれど、フランスの郵便料金はヨーロッパ諸国では平均並みみたいだ。それに、他の国の郵便料金はもっとすごいよ。

例えば、イタリアでは去年郵便料金が17%も値上がりしたんだ。

↑ 郵便については各国独自で行っているものだから、他のヨーロッパ諸国に足並みを揃える必要はないと思う。

郵便料金が上がるのであれば、なおさら郵便サービスを向上させて欲しい。今のサービスは必ずしもいいとは言えないからね。

今はメールや携帯のメッセージを使えば、手紙を出す必要はなくなっている。郵便料金が上がるのは、郵便の利用が減っているからじゃないかな。

↑ 確かにそうだ。それに今ではパソコンのカメラを使ったら、相手の顔を見てコミュニケーションをとることもできるからね。手紙を書くよりもこちらの方がいいと思う。

↑ 僕も手紙を出す人が減っているから料金が値上がりするんだと思う。

僕は手紙を出すよりも小包を送ることが多いけれど、手紙の切手代に比べると小包の料金がとても高いと思う。手紙を出す人が少なくなっているシワ寄せだと思う。

私が知っている限りでは、郵便局は結構儲かっているようだ。儲かっているのに、なんで料金を値上げするかが分からないね。

郵便局では銀行のサービスを行っているけれど、サービスは本当にひどいよ。銀行のプロでない人達がサービスに携わっているから、めちゃくちゃなんだ。

銀行のサービスがうまくいっていないから、郵便料金を上げて埋め合わせをしようとしているんじゃないかな。

↑ 僕も郵便局の銀行のサービスはひどいと思う。相談したいことがあっても予約は取れないし、銀行の業務だけに徹した銀行の方がはるかにサービスがいいよ。

僕は郵便局では郵便のサービスしか使っていないよ。

↑ 郵便局の銀行のサービスは良くないようだけれど、結果は出しているようだ。問題は、郵便局には管理職の人が多いことだと思う。

彼らに払うお金が増しているから、郵便料金を上げなくちゃいけないんだ。

今の郵便局はサービスを広げすぎて良くないと思う。今は郵便のサービスよりも、銀行のサービスに力を入れていると思うよ。

僕が行く郵便局では窓口が4つあるけれど、そのうち3つは銀行の窓口なんだ。お蔭で郵便の窓口にはいつも長い列ができている。

↑ 郵便局は、郵便の利用者が少なくなっているからサービスを広げなければいけないんじゃないかな。そうでなければ、経営が成り立たなくて閉鎖する郵便局も出てくると思う。

郵便局のサービスは公共だと言うけれど、公平なサービスは行っていないと思う。

私が住む町の郵便局には、誰かが休みに入ると代わりの人がいないからと、配達の回数が減ってしまう。大事な手紙を待っている時とかは不便でしょうがないよ。

郵便局は料金を上げる前に、サービスを向上するべきだと思う。特に手紙はなくさないで欲しい。

↑ 手紙がなくなるなんて考えられないよ。フランスでは、税金や社会補助などは手紙で通知される。大事な手紙が紛失されたらどうしたらいいんだ。これは重大な問題だと思う。

↑ 来るはずの手紙が届かなかったことがあるよ。こんな状態だから、フランス国民は郵便サービスを信頼していないんだと思う。郵便離れがあるから料金が上がるのかな。

僕が住む町では郵便局がどんどん閉鎖されている。それに配達人が定年になったり、病気になったりするとしばらく代わりの人が現れなくて、サービスが滞るんだ。

郵便は公共サービスなんだから、こんな状況があってはいけないと思う。

あまり良くないフランスの郵便局事情

多くのフランス人は、郵便料金の値上げの前に、郵便局のサービスに不満がある様です。

値上げがどうこうと言う前に、とにかくサービスの向上を!という声が多いですね。

それにしても、郵便物が紛失する、郵便配達人が休暇に入ったら配達の数が減ってしまうなど、日本では考えれない話がフランスではあるんですね。

【参考URL】http://www.forumfr.com/sujet616036-post20-la-poste-autorisee-a-augmenter-les-tarifs-du-courrier.html
http://www.boursier.com/actualites/economie/la-poste-autorisee-a-augmenter-les-tarifs-du-courrier-24800.html?google_editors_picks=true

日本で郵便物が紛失したらすんげー問題になるもんなぁ。配りきれなくて配達人が内緒で処分してた、みたいな事件あったよね?事件になるようなことだよ、ほんと。大事な書類もあるんだったら余計でしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    イギリスやドイツは割りとしっかり届けてくれるほうだから、これは国民性なのかもしれないね。
    フランスは同じく郵便サービスの悪いイタリアと並んで、大雑把で仕事をきっちりやらないというか…。うむ…。

コメントを残す

キャラクター紹介