金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶオーストラリア一のお金持ち!!「ジーナ・ラインハート」

オーストラリア一のお金持ち!!「ジーナ・ラインハート」

2014/12/02
このエントリーをはてなブックマークに追加


オーストラリア一のお金持ちは、ジーナ・ラインハートさんとう女性です。彼女は、巨額の財産を父親の鉄鉱石を扱う企業「ハンコック・プロスペクティング社」を引き継いだために得ることができたと言われています。

しかし、彼女が会社を引き継いだ時には、ハンコック・プロスペクティング社は、経営が思わしくありませんでした。彼女の力で、会社をオーストリアで一番のお金持ちになる程、成功に導いたのです。

さっそく、彼女の生い立ちと成功の秘訣を見てみましょう。

ジーナ・ラインハートさんの生い立ち

冒頭で紹介したように、ジーナ・ラインハートさんは、ハンコックプロスペクティング社の社長の娘。彼女は一人娘でした。彼女の父が亡くなった時に、一人娘であったために会社をすべて引き継ぐことになったのです。

彼女の生まれは、オーストリアのパース。生まれた年は1954年です。パースは、日本の観光客も訪れることがありますが、彼女の父親にとっては宝が眠っている場所でした。

彼がパースに向かう飛行機に乗っている時に、鉱山があることに気づき、それをビジネスにしたのです。ちなみに、彼女の父親の自己資産額はおよそ1兆2500万円だったと言われています。

ジーナ・ラインハートさんは、シドニー大学で経済学を学びましたが、大学生の頃から父親のもとで働き、鉱山業に関する知識を深めていきました。

また、彼女は19才でイギリス人男性と恋落ち結婚しています。この男性との間には、子供が二人いますが、結婚生活は続かず、27才の時に離婚しました。

そして、その2年後には再婚し、再婚相手との間に2人の子供をもうけます。再婚相との年齢差は、なんと28才でした。

19才の時に結婚するにしろ、年齢差28才の相手と結婚するにしろ、ジーナ・ラインハートさんの大胆さが伺えますね。

そして、ジーナ・ラインハートさんは、父が亡くなった1992年に、会社を引き継ぎます。彼女が38才の時のことでした。この若さにして、彼女はハンコック・プロスペクティング社のCEOになるのです。

彼女が会社を引き継いだ時には会社は順調とは言えませんでしたが、彼女のそれまでのハンコック・プロスペクティング社で働いた経験によって、会社の売り上げを少しずつ上げていきました。

また、彼女の父が目をつけた地域から、実際に多くの鉄鉱石が採れたことと、すごい勢いで経済成長している中国で、鉱石の需要が高まっていることも、会社の売り上げが上がったことに要因と言えます。

オーストラリア一のお金持ち

今では、ジーナ・ラインハートさんはオーストラリア一のお金持ち。フォーブス誌によると、彼女の自己資産額は、1兆8700億円。現時点で彼女は、世界で27番目にお金持ちです。

そしてジーナ・ラインハートさんは、世界で6番目にお金持ちの女性でもあります。2年前には、世界で1番のお金持ちの女性になったことも!

彼女はお金をけちることなく、思うままに使っていると言われています。オーストラリアのあちこちに、豪邸を持っているのです。彼女の実家であるパースには、25億かけて建てたマンションも持っています。

世界で影響力のある性

フォーブス誌は、毎年その年に世界で最も影響のある女性ベスト100を発表していますが、ジーナ・ラインハートさんは、今年27番目に世界で影響力のある女性として選ばれました。また、去年は13番目に選ばれています。

世界で影響力を与えるトップに選ばれるほどの、ジーナ・ラインハートさんの影響力が、彼女をオーストラリア一のお金持ちにさせたと言えます。

彼女が世界に影響を与えていることを3つ、ピックアップしてみました。

スキャンダルを起こしながらも、我が道をいく

ジーナ・ラインハートさんの影響力は、オーストラリアでは一番とも言えます。

2014年3月のオーストラリアの資源と投資についての雑誌によると、彼女は、Facebookで一番話題にのぼったオーストラリア人でした。

しかし、Facebookで話題にのぼったと言っても、いい事に関する話題ばかりではありません。もしろん彼女のハンコック・プロスペクティング社について話題になることもありますが、その多くは、彼女が実の子供と繰り広げている訴訟問題についてです。

訴訟問題は彼女の財産分与についてなのですが、実の子供と裁判で争うなんて悲しいですね。でも、彼女はこの事実にめげることがないのです。自分の子供を相手にしながらも、裁判で彼女が信じるところを貫いているのです。

また、父親の再婚相手である義理の母親からも父親の財産分与に関して、裁判で訴えられています。

こんな逆境にありながらも、めげることなく毅然とした態度を取る彼女。

彼女は、彼女の財産をだいぶ裁判に取られていると言われていますが、彼女の力強さがなければ、とっくに裁判で負けて財産のほとんどを失っていてもおかしくありません。

彼女の逆境にも立ち向かう姿勢こそが、世界から注目を集め、良きにしろ悪きにしろ、世界に影響を与えているのです。

政治にも影響を与える

そうです。ジーナ・ラインハートさんは、政治に対しても立ち向かっています。

政治について彼女が思うことを、たとえ政府に反対することであっても、公けの場で発言しているのです。オーストラリア一のお金持ちだからこそ、彼女が言うことには重みがあります。

例えば、2012年にはオーストラリア人はアフリカでの賃金(1日あたり、およそ2ドル)だとしても、喜んで働くべきだと発言し、オーストラリア人から大反感をかったこともあります。

また、彼女は長年、オーストラリア政府にハンコック・プロスペクティング社があるオーストラリア北部を、経済特別地域にして、税金を下げるべきだということも訴えています。

ジーナ・ラインハートさんは、オーストラリア一のお金持ちでありますが、さらに儲けようと、オーストラリア政府に働きかけているのです。

とても貪欲にも思えますが、オーストラリア北部は天然資源が豊富な地域。鉄鉱石をはじめ、天然資源のビジネスに関わる人達には、もしこの地域の税金が下がればそれは嬉しいですね。また、この地域の鉱山業の更なる発展にもつながります。

彼女の政府への訴えによって、オーストラリア北部の鉱山業がさらに発展し、鉱山業に関わる人たちが恩恵を受けることができるのです。

桁外れの行動家

最後に、ジーナ・ラインハートさんの桁外れの行動が、世界に影響を与えていると言えます。彼女の桁外れの行動に、世界はあっと驚かされています。

最近の桁外れの行動と言えば、オーストラリア鉱山業がメディアから叩かれることがあった2012年に、最も鉱山業の発展に貢献した人に、ジーナ・ラインハートさんが、500万円を御礼に渡すことを決めたことです。

これは、鉱山業に貢献したということで、彼女が一番貢献したと思う人に贈るちょっとしたお礼なのですが、その額が500万円ということでその額の多さに驚かされます。

彼女の桁外れの行動が、世界に影響を与えているのです。そして、この桁外れの行動こそが、彼女をオーストラリア一のお金持ちにした要因の1つと言えます。

まとめ

ハンコック・プロスペクティング社の社長の娘、ジーナ・ラインハートさん。父から会社を引き継ぎ会社を成功させ、オーストラリア1のお金持ちになりました。

オーストラリア1のお金持ちになれたのは、父の会社を引き継いだからだけではありません。彼女は、フォーブス誌が選んだ、世界で最も影響力を与える女性トップ100で、27番目に選ばれたほど影響力のある女性。

世界に影響力を与えるほどの女性だからこそ、オーストラリア一のお金持ちになることができたと言えるのです。

60才の彼女。まだ勢いは止まることがありません。専門家の中には、彼女が持つ鉱山からこのまま鉄鉱石を発掘し続けていくことが出来れば、ビル・ゲイツくらいと同じくらいお金持ちになれる可能性があると予想している人がいる程なんです。

これからも、彼女の動きから目が離せません。ジーナ・ラインハートさんが、次に、世界にどんな影響を与えるのか、その動向が楽しみです。

【参考URL】http://www.forbes.com/profile/gina-rinehart/
http://www.celebritynetworth.com/articles/entertainment-articles/gina-rinehart-built-18-9-billion-fortune-became-australias-richest-person/
http://www.smh.com.au/business/mining-and-resources/gina-rinehart-awarded-50000-prize-to-billionaire-20140623-3amw8.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Gina_Rinehart

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャラクター紹介