生活
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 生活パパの緊急時の埋蔵金!?ママの「へそくり」はここにある!

パパの緊急時の埋蔵金!?ママの「へそくり」はここにある!

2013/09/17
このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦の約半数が、「夫に内緒の資産(=へそくり)」を持っていることをご存知でしょうか?20代の主婦では「約150万円」、50代では「約400万円」ものへそくりを隠しているのです!

また、最もへそくりを持っているのが栃木県の主婦であり、「1000万円以上」を隠している家庭も多いのだとか。そんなへそくり、世の奥様方はどこに隠しているのでしょうか?

「パパの緊急時の埋蔵金」として、「ふふっ♪俺は知っている。妻がここに隠していることを…」を紹介していきましょう!

旦那が近づかない場所

主婦である以上、家事を担う方も多いでしょう。つまり旦那は家の仕事を一切しないのです。したがって、「ここは旦那が近づかない場所」が隠し場所として人気なんですね。

まずは「タンスの中」です。特に、「時期外れの衣服をしまっておく場所」は人気のようです。夏場、冬の衣装をしまう棚に近づく旦那さんは多くありません。家事を一切やらない旦那さんにとっては、「絶対に近づかない場所」なんですね。なので、へそくりの隠し場所としても人気が高いのです。

また「台所」も人気の隠し場所の1つです。料理はもちろん、後片付けもやらない旦那さんの場合、台所はまさに「主婦専用の場所」になります。当然、旦那が近づくリスクが低いため、食器棚などにこっそり隠していることが多いのです。

とくに、「普段は使わないお皿を収納している棚」は要チェックです。旦那さんが開けるリスクが「ほぼゼロ」であるため、そんな場所に「お金が入った封筒♪」があるかもしれませんね。

ちなみに、冷蔵庫の中は可能性低です。腹ペコの旦那さんがウッカリ開けてしまうリスクがあるため、賢い主婦は冷蔵庫の中には隠さないんですよ。

書籍の間

以前は人気の隠し場所でした。主婦が読む雑誌などは、旦那さんが手に取る可能性はありません。したがって、本棚の「主婦雑誌」の間にお金が挟まっていることもあります。

しかし、最近ではあまり見られない隠し場所のようですね。「たまには家事を手伝うか♪」という旦那さんが、「お~い!この本棚の本、ちり紙交換に出しておこうかぁ!?」なんて「余計なお世話」を働き始めたら大変です。「ダ、ダメッ!私がするからっ!」と、妙な焦り具合で旦那さんに感づかれる可能性もあるのです。

さらに雑誌って、何度も読み直すものではありませんよね?なので、隠していることを忘れる危険性もあるため、今ではあまり隠し場所として有効ではないようです。

車の中

地方に行くと、「主婦も自分の車を持っている」ということがあります。公共交通機関が発達していない地域においては、一家に複数台の車があることも珍しくありません。

主婦が自分の車を持つと、当然ですが車内は「自分専用の場所」になります。もちろん、旦那さんが勝手に入ってくるリスクも低いため、へそくりの隠し場所として「安心できる」というわけです。

そこで、奥さんが車以外の交通手段で出かけている間に、ちょっとだけ車の中を掃除してみましょう。その時に見つかれば御の字ですし、仮に見つからなかったとしても、「汚れていたから掃除しておいたよ♪」とカマをかけてみましょう。「えっ!あ、ありがとう…」と、妙に焦った態度が見られれば要チェックです。

さらに、その直後に奥さんが自分の車にダッシュするようであれば「可能性80%」ですな。車内にへそくりが隠されている可能性大ですよ♪

つーか、浮気相手との写真が見つかったりして…。

銀行口座

これが最近では一般的でしょう。やっぱり現金で保管するよりも、銀行に預けた方が安心できます。

しかし一般的な地銀で口座を開設する場合、「通帳」を作ることになります。それが自宅に保管されるので、それを嫌がる奥様方も多いようですね。

そこで人気を集めているのが「ネットバンキング」です。パソコンから簡単に口座を開設しますし、通帳を作る必要もありません。しかもスマホでお金の管理が出来るため、「安心して預けられる&ばれる心配がない」の点から利用されることも多いんですね。

その場合は、奥様が普段使っているパソコンを開けて、ぜひ「履歴」をチェックしてみましょうwww

パソコンが得意&用心深い奥様なら履歴も消去するでしょうが、たいていはそこまでしません。なので、履歴をチェックして利用しているネットバンクを調査、そこからジックリとパスワードを解読していきましょう。

メールアカウントと銀行口座のパスワードを一緒にしている方も多いので、まずはメアドのパスを調査した方が良いでしょう。とくにフリーメールの場合は「最初の一文字」を打ち込むだけでパスの全てが表示されることもあるため、それを頼りに銀行口座にログイン・トライです!

さらに専用のソフトを使うと…ふふっ♪
「パパの埋蔵金、ここにあり!」ですな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介