海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応【アメリカのいい話】保釈金を支払ったのは、顔も知らない赤の他人だった

【アメリカのいい話】保釈金を支払ったのは、顔も知らない赤の他人だった

2014/06/25
このエントリーをはてなブックマークに追加


拘留されている人に対して保釈金を払うのは、耳にする限りでは常に家族ですね。家族なのだから、どんな悪事をしたといえども保釈金を払って出してやりたいと思うことはあるのでしょうね。

ただ今回の一件、保釈金を払ったのは話したこともない赤の他人でした。一体何があったのでしょう。

【米・バルティモア】ジェニファー・バートリーは、赤の他人のために保釈金を支払いました。バートリーは4月にカルバン・ワイクス(25)他2名が逮捕されるところに偶然居合わせ、その瞬間を目撃しました。

「見たこともないようなひどい光景だったわ(バートリー)。」

4月19日、ワイクスら3人はライトストリートパビリオンにて、警備員によって呼ばれた警察により逮捕されました。警察によると、3人はパビリオンの中で迷惑行為をしていたうえ、立ち去ることを拒んでいたようです。

逮捕の瞬間はバートリーも含め周囲の注目を集めました。バートリーは警察の、容疑者の口から血が出るほどの逮捕手法に呆然としました。その後、この逮捕の仕方について、内部調査が行われました。

ワイクスら3人は、不法侵入と逮捕に抵抗したとして起訴され、裁判官により保釈は「現金のみ」とされました。この現金のみ可能の保釈金受け入れは、容疑者が資産や所有物などを保釈金として利用することを禁じるものです。

ワイクスの友人や仕事仲間らは彼のことを、若いホームレスたちの支援者で疲れ知らずの人間だといい表し、この聞いたこともないような保釈ルールが、彼の未来を潰してしまうのではないかと心配しました。

Nyasha Dixonはワイクスの同僚で、十代のホームレスたちを支援する仕事をしています。

「彼は頑張っていて、成功もしてきている。仕事を失ってしまうかもしれないから心配です(Nyasha)。」

先月、ワイクスはメリーランドのロースクールで、暴力と貧困のはびこる地域に住んでいる若者に立ちはだかる苦境についてのディスカッションを開催する予定でした。

ワイクスはホームレスの若者のためにボランティアもしており、大学で授業も受けながらマクドナルドで仕事もしています。

「度を超えているわ。彼を拘置所から出すために現金を出す人なんていないって思っていたらそれは大間違いね。私みたいな人は激怒するわ(バートリー)。」

ワイクスはもみ合いの際にテーザー銃で打たれ、病院で軽い治療を受けました。警察は、3人が警告に耳を傾けていたらこの事件は防がれていたとの声明を出しています。

ところで、バートリーさんはワイクスのために一体いくらの保釈金を払ったのでしょうか?それは…150万円!!(15,000米ドル)

150万円と聞いただけでは、あまり驚きはないかもしれません。しかし、知りも知らない赤の他人の若造のために、150万円を払える人がどれだけいることでしょう。今回のバートリーの行動は間違いなく賞賛に値するものです。

さて、この一件に関して、海外では以下のような反応が見られました。

【参考URL】
http://www.reddit.com/r/news/comments/24rs92/stranger_posts_15k_cash_bail_after_witnessing/

http://www.foxbaltimore.com/news/features/top-stories/stories/concerned-city-resident-pays-15k-bail-homeless-advocate-out-jail-27691.shtml?wap=0#.U2naJ2SSylN

この記事に対する海外の反応

高すぎる保釈金を要求してはならない。高すぎる罰金も要求してはならない。残酷で必要以上の罰も与えられてはならない。

もう一緒に住んでもいいレベル。

やっちゃったなこの女の人。市に150万もあげちゃったんだから。弁護士でも雇えば不起訴とかになったかもしれないのに。

なんでいっつもバルティモアなんだ!まじかよ?

詳細が不十分だね。逮捕に抵抗してたなら、必要以上の行動をとるのは普通だと思うけど。

彼女はばかだね。釈放金の金額を決めるのは警察じゃなくて裁判所なんだよ。

ボルティモアに住んでるけど、警察呼んだらは15分以内にはやってくるって感じの場所だよ。

アメリカの司法制度って最悪。まあ特に重い意味では言ってないけど。

なんていい人!私だったら絶対にできないよ!

警察はアメリカ人の最大の脅威。警察にとっての最大の脅威は監視カメラ。

彼は怪我を治療するために病院に運ばれたんだろ?じゃ少なくとも、病院からの請求書っていう楽しみなものがあるね。

↑逮捕後であれば治療費は政府が支払うべき。

150万円の「現金のみ可能」保釈金?!どんな犯罪歴持ってんだよ。やばいな。

↑オレの兄弟が2009年にマリファナを配給してて逮捕されたんだけど、保釈金は2000万円だったよ。その10%しか用意できなかったね。もちろん払わなかったし払えなかったけどね。

全然知らない人が全然知らない人の逮捕の瞬間を目撃して、かわいそうだから保釈金を払ってあげる。この可能性ってどんなもんだよ。

これだけのお金をだすことができるひとって、重大で法律が絡んでくることとかに強いんだよなー。

オレは警察官が、スケボーしてた14〜15歳の女の子に体当たりして背中に膝を押し付けて地面に固定するのを見たことあるよ。

このちょっと前に、別のスケーターとこの警察官が揉み合ってて、そいつが逃げたんだ。だから八つ当たりでその女の子に向かったんだよ。2〜3年前かな?

警察って、子供をいじめる時とか、あんまり悪いこともしてないような人に乱暴するときだけ、大きくなったようなふりするんだよ。でも実際に乱暴されてる人が悪いことしてる場合はそんなにないんだよね。

「警察は、3人が警告に耳を傾けていたらこの事件は防がれていたとの声明を出しています。」

かぁ。反感を買うかもしれないけど、これってまぁ正しいよね。

もしも、この3人が本当に違法なことしてて、そんでもって警察の指示に従ってなかったとしたら、面白いね。

この女性が何に対して怒ったのかよくわからないし、本当に怒ってるのかな。警告がきちんとされたってことを考えると、警察がやりすぎたっていう証拠がどこにもないんだけどな。

オレはカナダ人で、こういうのってずっとアメリカでしか起こらないと思ってたんだ。でもある日、バーの外の階段を歩いてたんだ。そしたら、警察が3人やってきて、階段の空いてる側があるのにも関わらず、そこにいた30人くらいを突き飛ばして走っていったよ。

オレは突き飛ばされてあざさえできた。最後には階段の下で警察にぶつかった人の顔を殴って、地面に押さえつけて、パトカーに投げ込んだんだ。それで20分たってやっと彼をパトカーから追い払うようにして出したのさ。

金持ちのおばさんが、ショッピングエリアで問題を起こして人を脅してるようなやつらがちょっと乱暴なやり方で逮捕されるのをみて、怖がってる。その間、警察ってのはこういうのと毎日戦ってるんだよ。

逮捕される前に彼らが何をしていて、近づいてきた警察に対してどんな行動をとったかがわかるビデオをぜひ見せて頂きたいね。

まとめ

どうやら、意外と批判も多いような。コメントとして拾い上げてはいませんが、ワイクスがアフリカ系アメリカ人だということもあり、人種の関係してくるコメントもみられました。

確かに、今回の一件はワイクスが逮捕前にどんなことをしていて、警察の制止に対してどんな反応をとったのかがわからないとなんともコメントできませんね。

ただ一つ言えるのは、バートリーさんにとってはワイクスがどんなことをしていたかなんて関係なくて、権力を乱用する警察に何か伝えたかったのではないでしょうか。

ダメリカはもういろんな権力とか人種問題とか抱えすぎ。とりあえず言えることはもっと人を人として客観的にみれるようになってほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介