海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応もう聞きたくない?元大統領クリントンが考える“アメリカの世帯収入が落ち込んでいる3つの理由”

もう聞きたくない?元大統領クリントンが考える“アメリカの世帯収入が落ち込んでいる3つの理由”

2014/10/23
このエントリーをはてなブックマークに追加


アベノミクス効果で日本の景気は上がっている、とされているけれど、実際のところその恩恵は我が家には来ていない模様。「消費税が8%に上がった」という事実だけ突きつけられ、更に厳しい買い物を強いられています。

「いやー、景気上がったわー!」って思う人なんて、本当にいるんでしょうか?そう疑問に思う程、私には全く実感できないのです。皆さんは、どう思います?

収入は“減った”と感じる人の方が多い

あるアンケートで、“1年前と比べて収入はどう変化した?”という問いに対して、「増えた」と答えた人は約10%、「減った」と答えた人は約40%に上りました。

そうなの!まさに我が家は「減った」の一家庭に属していて、今とても苦労しています。…とは言っても、ウチは主人が転職をしたのが原因なので、経済の影響、とは言えませんが。

しかし、「収入が変わらない」と答えるならまだしも、「減った」と答える人が約半数もいる、ということは問題です。

理由は様々でしょうが、その中には経済が影響していることは当然考えられます。経営不振によって「会社をリストラされた」とか「店を閉めた」という事例もあるでしょう。

仕事を辞め、新たに仕事を得られたところで、収入は以前と同じ水準を望むのは難しいことです。これは本当に大変なのですよ(泣)

アメリカの景気もずっと上がっていないみたい

日本も景気対策はいろいろ行われているわけですが、リーマンショック以降、アメリカも景気はなかなか回復していません。「収入が減った」と感じる人がアメリカにも多くいるのでしょうか?

元大統領が物申ーす!

この景気が上向きにならないことについて、アメリカの元大統領、ビル・クリントン氏がTV番組のインタビューに答えています。久しぶりに見たクリントンさん!何だか、現役の時と比べて痩せて、声がしゃがれていました。

近年では、「元アメリカ大統領」だけではなく、「ヒラリー・クリントンの夫」というイメージも付いている彼。奥様のスピーチは、クリアな発音で、分かりやすいところが好きでした。

では、そのインタビューの内容を追っていきましょう。日本に通じる点があるかもしれません。

“平均世帯収入”が下がっている

まず、出てきたのが「平均世帯収入」についてです。2013年のアメリカの年間平均世帯収入は51,900ドル(約520万円)で、2007年と比べ、8%も下がっているのだそう。

ちなみに、日本の同年の平均世帯収入は537万円ということなので、金額で言えば同じ位です。この数値で、いかに我が家がそれに満たしていないか思い知らされました。泣いていいでしょうか。

ただ、この平均世帯収入は、あくまでも「全世帯の平均」なのです。ごく一部の「超セレブ」の収入が、この数値を引き上げていると言われているので、「平均よりもウチは低い!!」と一概に言えるわけでもありません。

注目したいのは、クリントン氏が大統領だった1993〜2001年は、37,000ドル(約380万円)の平均世帯収入が49,000ドル(約500万円)にまでアップした時期。

当時の彼の策が、時代に合っていたということは、この不景気を抜けきれない今のアメリカのヒントになるに違いない。そう思ってインタビューに呼ばれたのかもしれません。

クリントン氏によると、アメリカの家計の平均世帯収入が上がらないのは、3つの理由があるといいます。それって何なんでしょうか?

1、 最低賃金を見直していない

まず、彼が述べた理由がこちら。今のアメリカは、上げるべきところまで、最低賃金が上げられていない、というのです。最低賃金は、正規雇用よりもアルバイトなどの“非正規”の労働者に大きな影響を与えるものですよね。

最低賃金は、1円でも10円でも高い方がいいに決まっています。同じ時間を働いて、少しでも賃金が上がれば、収入の面だけで言うと所得はアップします。

2、 兼業労働者への配慮

次に、副業を持つ兼業労働者に対する対策をあげています。平均世帯収入を上げ、貧困層の人々をどんどん雇用するには、兼業労働者に対して賃金を上げるなどの対策を取るべき、とのことでした。

働く時間が長ければ長い程、それに見合った収入が得られるように、またはプラスで賃金を上乗せすることも一つの方法として提案してしました。

3、 法人税をリフォームせよ!

最後にクリントン氏は、企業に課せられた税金、「法人税」をリフォームすべき!と主張。「世界中比べても、アメリカは法人税率が高い。法人税をリフォームすべきだ。」と訴えました。

【参考URL】http://finance.yahoo.com/news/bill-clinton-know-why-us-190000491.html
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1404444915/
http://www.garbagenews.net/archives/1954675.html

この記事に対する海外の反応

人々は、政府に対して非難しない。大企業も国を非難しない。なぜ彼ら(国)は非難されないの?

中間層は3%あまり以前より収入が増えたにしても、今や下がっていく一方。それに対して、エリート層は130%も収入が上がってるって。どういうこと?

元大統領、真実を言いますとね、この6〜7年は多くの人が、低賃金の職に変えざるを得なかったからですよ。

この69年間、私は希望を捨てずに生きてきた。でも最近の人々は希望を捨てているわ。

職を失い、定収入の職に仕方なく就き、ドラッグに手を染めている。政府に頼ることをせず、自分たちであくせく生活しているの。

「最低賃金を上げろ」?彼は、忘れてしまったのかしら?

かつて最低賃金が10%上がった時に、物価が12%上昇、ガソリン代は10%〜15%に引き上がったわ。オバマもそうだけど、みんな値段を上げればいいと思ってる。

このバカは、最低賃金を上げろと言うけど、賃金が上がったところで、雇い主は、その分労働の時間を減らしたりするだけだ。

賃金が上がれば、物価も上がるさ…。それがインフラだ。もう学生の頃に、そのシステムは勉強したけど?

今やビルと言ったら、クリントンじゃなくて、ビル・ゲイツだね。アメリカ一の億万長者に話を聞いたら?

ビルは2008年に俺たちの国の経済を落とした張本人。彼は中国に俺らを金で売ったんだ。オバマもビルの足跡を見ながら、同じように国を動かしていくさ。

確かに、彼が大統領の時に景気は上向きになったけれど、それは元々経済が回復しかけていただけの話。

一般的なアメリカ人なら、「なぜアメリカの経済が停滞しているか」なんて、さほど気にしてはいない。

俺らはもっとシンプルで、とにかく「この大不況をどう乗り切っていくか」日々考えながら生きているだけだ。

俺たちが求めているリーダーは、ブッシュでもビルでもない。髪を常に綺麗にまとめていて、TVに出ることばかり考えているような人物じゃない。

なんで職がないのか。

一つは、人々が消費を控えているからだ。よって企業も製品を作ることが出来なくなる。で、給料もあまり貰えない。

クリントンの何が経済を知っているっていうんだ?

ビルは2008年にアメリカが不景気になるきっかけを作った。ブッシュが警告をしていたにも関わらず、無視した。だから大統領を退いたんだろうが。

法人税ってのは、企業が作った製品やサービスに対するものよ。

物価が高すぎれば、消費者は物を買ってくれない。だから、消費者は、その製品が値下がりしたタイミングで買おうとするの。こんな中で企業は頑張っているの。

最低賃金が上がると、残念だが仕事の数も減ってしまうだろうね。

ちょっと待て!民主党はアメリカの経済や、雇用、収入について回復の見込みがあるって言ってなかったか?

かつて中国との自由貿易で、俺たちの雇用は増える、と言った時みたいだな。

最低賃金を上げるということは中小企業にダメージを与えることになるし、仮に賃金が上がっても、必ず物価が上がる。

なあ…低賃金で雇われている外国人就労者を働かせなければ、普通に賃金アップは望めると思わんか?

当然賃金を上げると物価も上がるわけだけど、これによって、それに見合う質の良いサービスや製品が受け取れるようになるはず。

賃金は、サービスの需要と供給のバランスによって必然的に上がる。

経済は確かに良くはないけど、企業のヘッドハンター達は、より優秀な人材を求め続けている。そんな人物には、どんどん賃金を上げればいいよ。

もうこれ以上、アナタの話なんて聞きたくないんだクリントン。奥さんと一緒にどっか行ってくれ。

まとめ

予想以上に、「去った者」に対しての風当たりが強いことを感じました。元大統領が出てきて、「何を今更!?」という国民の意思が思いっきり見えた反応でした。

確かに賃金を上げれば、物価も上がるのかもしれません。でも、給料を十分に貰えなければ、買い物をすることすら出来ません。で、生活することも出来なくなります。

さしあたって、国民としたら「給料上げてくれ!」というところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    日本人は黙って働きます、黙々と。

    日本を働き過ぎって揶揄してるんだし、もっと時間を謳歌して遊んだらイイじゃないですか~アメリカ人は?

    日本のことわざ「辛い時は身体を動かせ!」あったっけ?まーいいや、誰かが言ってた。
    私自身、身内の不幸からドン底になったとき、考えられない頭でとにかく身体を動かし働きました、止まると立ち直る時必要な金も残りませんよ。
    日本人は日が出て働く民族です!

  2. 日本の名無しさん より:

    アメリカの株価はずっと上がりっぱなしですけど景気悪いのか

  3. 笑わせるなユダヤ! より:

    ケネディは貴様等に殺されたんじゃねえか!!!貴様等ユダヤが地球上から消えればマトモなアメリカが復活するんだよ!アメリカ人の皆さん!敵はCFRですよ!世界の英雄になるのは今です!!

  4. 日本の名無しさん より:

    その株の操作が上手いのがスレのコメントにあるエリート層。
    中身は無くても儲けるんです、GMのようにそのうち痛い目に合うでしょう、国を含めたエリート以下はね。

  5. 日本の名無しさん より:

    低賃金労働に付くしかないと言うが
    いつの時代もある一定の大多数は低賃金労働にならざるおえない
    じゃあその職の賃金はどこに行ったのかと言うと
    共産党主義の中国でずっと留まってる
    雀の涙の賄賂で汚染フリーで介入フリーの土地があるんだから
    全うな競争なんか行われるはずも無い
    今の資本主義自体中国の共産党主義のゴミ捨て場があって成立してる

  6. 日本の名無しさん より:

    アメリカは格差社会上等の新自由主義だからな

  7.   より:

    もうね、本気で書いてるとは思えないくらい
    馬鹿馬鹿しい管理人の所感。

       マジに何か別の意図でもあってこんなサイトを開いてるの?

    って疑りたくなる。

  8.   より:

    モナコじゃないんか

コメントを残す

キャラクター紹介