海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応オンラインで稼ぐ -IncomeDiary.com創設のいきさつ-

オンラインで稼ぐ -IncomeDiary.com創設のいきさつ-

2014/07/04
このエントリーをはてなブックマークに追加


IncomeDiary.comの創設者マイケル・ダンロップは最近よく創設理由を尋ねられるそうです。

彼は以前からメジャーなウェブサイトをいくつか立ち上げていて、かなりの収入を得ていました。しかしそれに飽き足らず、更に稼ぎのいいサイトを作りたいという気持ちを抱いていました。

ある時、彼はある企業家の言葉に衝撃を受けます。

起業家精神とは、社会の問題を解決していくことであり、私欲のためのビジネスをはじめることではない

彼にとっての問題解決とは何かを考えた時、ブログの作り方やオンラインでお金を稼ぐ方法を伝授することを思いついたのです。

受け取るためには、まず与えること

多くのブロガーはブログの立ち上げに夢中になるけれども、はじめは報酬の少ない記事の作成、更新、関係構築といったことを、成し遂げていくことができません。最初の一カ月はたくさんの更新があるのですが、2か月3カ月と経つにつれ頻繁でなくなります。

マイケルによると、ブログは簡単にお金を稼げる方法、とは言えないようです。しかし、自分を犠牲にして、他の人たちがフォローしたくなるような価値のあるものを作りだせれば、次第に収入も増えていきます。

彼は何年か前に、Google Adsenseで1日10ドル稼いで興奮したそうですが、今では始めから、数日のうちに1000ドルあまりを稼げるようになったと言います。

オンライン収入を題材にした他の多くのブロガーは、John Chowに続けと同じ目標に向かってスタートしたはずです。でもほとんどのブログは収入が200ドルを超えず、サイトポイントに売られるか消滅してしまいました。

マイケルは違った角度から市場の間隙に居場所を見つけ、他のブログがしない方法で内容を提示しました。

とても簡単なことです。まず、彼のサイトにやってくる人たちが有益な情報を得られるように、メジャーなインターネット起業家すべてにインタビューしてアドバイスを仰いだのです。

次に、すべての読者が引き付けられるようなトップリストを作り、読者もやろうと思えばできる、という印象を与えたのです。

この二つの方法が功を奏した理由として、失読症であったからではないか、とマイケルは言います。スペルや文法の間違いが多く、たくさんの読者から指摘されるので、最低限でも書き続けなければならなかったのです。

成功への主要な要素は価値の提供、触発されること、ハードワーク(時々)、継続!

彼の記事に対して、多くのコメントが寄せられています。

【参考URL】http://www.incomediary.com/make-money-online-my-personal-story-how-i-created-incomediary-com

この記事に対する海外の反応

マイケルの話はとても心に響いたよ。まだ若いうちに達成したとは驚きだね。いいものを作ろうとする情熱と献身が成功を生んだのだと思う。

あなたが失読症とは信じられません。偉業によって障害を克服したのですね。

以前にマイケルのブログを読んだことがあるけど、今回また読めて良かった。目標への思いとハードワーク、価値あるものを提供することへの情熱から得られた結果すべてに感動し続けることでしょう。

見事な仕事ぶりだよ。ネット業界の仲間として君を誇りに思うし、影響を受け続けると思う。

人生を変えてくれるような記事をありがとう。いつか自分のサイトを成功させて、マイケルがインタビュ-に来てくれますように。

自分のブログを大改造する気持ちになれた素晴らしい話ですね。成功のための「主要な要素」が特に好きです。自身のブログで伝えようと努力しているのですが、マイケルほど効果が上がりません。

素晴らしいライターですね。たくさんの大切なことを学べました。良い情報を共有してくれてありがとうございます。

最近ブログを始め、あなたと同じくブログの作り方を教えて楽しんでいます。母のブログをセットアップしてあげた上に、成功するよう協力しています。

時間がかかるし、おっしゃる通り「ハードワーク」です。途中で止められません。止めたら元に戻ってもっと大変になります。あなたのサイトに再度お礼を言います。

ブログで稼ぐっていうのは相当なセンスがいるんじゃね?とりあえずそういうの無視で自分が楽しかったりすればいいんじゃね?ってジョニー的にはおもったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介