海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応インドへの投資が熱い!中国に委託していた企業がインドへ乗り換えはじめてる?

インドへの投資が熱い!中国に委託していた企業がインドへ乗り換えはじめてる?

2015/11/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

24shutterstock_152885867


この先、メイド・イン○○の主流はどうなっていくのでしょうか。現在はいろんな物に、“メイド・イン・チャイナ”の印字がされており、身近なほとんどのものに中国の製品が使われています。有名なのは、ファストファッションとスマホですね。

かの有名なApple、Samsungが発売しているスマートフォンの多くの精密部品が、メイド・イン・チャイナです。中国の工場が無かったらスマートフォンが作れないと言って良い程(言いすぎかな?笑)、中国依存の傾向がある分野かもしれません。

ファストファッションの商品は中国の工場を始めとして、多くの東南アジアの地域で作られています。

上記2つは人件費がかからない事もありこのような地域で製造されていますが、(特にファストファッションの分野では)奴隷労働と呼ばれるような実態があったりします。

  1. わずかな賃金
  2. 粗末な宿舎での寝泊り
  3. 大量のノルマをこなさなければならない

 
等といった過酷な環境の所もあるそうです。人件費が安い事をメリットとし、発展途上国を中心にこういった工場が運営されているのが現状です。

しかし、ここ数年の世界情勢の変化によってこういった工場の中心地が変動する可能性があります。

特に中国では、経済成長していくと共にメリットであった人件費も上がっていると言われています。依頼主である大企業は当然、安いコストに抑えて製品を作っていきたい訳ですから、中国から少しずつ離れていく事が予想出来ます。

その大きな1歩とも言えるのが、今回のニュースです。先述のAppleや中国のスマホメーカーXiaomiの部品を製造する会社「Foxconn」が、インドに製造工場を建設する事が決まりました。これでまた世界の様子が大きく変わるかもしれません。

中国からインドへ…

この度Apple製品の本拠地である「Foxconn」では、インドにて5年後に建設予定の製造工場が50億ドル(約6010億円)で建設される契約が決まりました。

台湾の企業の報告では、この工場はインドの西部にあるマハラシュトラ州という地域に建設されるとのことで、インド政府の見積もりによると、5万人の雇用を生み出す事が出来るそうです。

Foxconn社ってどんな会社?

多くの人はこの会社の事はそんなに知らないでしょう(私も知りませんでした)。この会社は精密部品を製造する巨大企業で、この会社が持つ工場ではiphoneやIPadはもちろん、

  1. DellやHPのノートパソコン
  2. プレイステーション、Xbox、Wii等のゲーム機

 
といった製品も製造しています。

批判も多く、この会社でもまた、先述のファストファッション(商品の製造工場)の様な奴隷労働を強いられているのだとか。

人権団体からも粗悪な労働条件等の点で非難されており、そういった労働環境下で自殺者を多く出した事から、産業界での評判は下がっているようです。

とにかく好調!インドの景気

しかしなぜインドなのでしょうか?それは、インドはいま好景気に加えて、産業や企業が望んでいる通り、人件費が安いのが決め手となっています。

そしてインドの人口は11億人。これは中国の人口に匹敵する数ですが、中国と大きく違うのは世界でも最も若者の人口比率が多い事。そのため、この労働量のポテンシャルは資本家から魅力的に映っているようです。

そしてもう1つインドが活発な理由をあげるとしたら、モディ政権以降のインド経済の変化でしょう。

昨年インド首相となったモディ氏ですが、この政権が押し進める“Make in India”でインドでの高度経済成長を起こすのを目標にしており、外資系の製造業を国内に呼び込む政策をとっています。

この事からアメリカだけでなく各国からの投資が多くなると言われています。特に我が国・日本の企業も、5年間でインドでの企業数を増やしていく目標を“日印投資促進パートナーシップ”で明らかにしました。

50年後も、世界の中でも経済が好調である国だろうと言われているインド。もしかしたらこれからの数年がその一歩になるのかもしれませんね。それにしても若者の数が世界で1番多いというのは知らなかったです。とても魅力ある国です。

それではこのニュースを読んだ海外の人はどのような反応をしたのでしょうか?一部コメントを抜粋して紹介したいと思います。

この記事の海外に対する反応

まるでそれは、あたかも奴隷労働のベルトコンベアのようなんだ・・・。

この企業は世界最大のサブライヤー(商品製造業者)だね。

中国はいまや高価な奴隷労働の国だ。Apple社がもたらす利益によって彼ら(労働者)は危険にさらされているんだ。

インドにはとても好感と興味があるよ!

賃金や労働条件が安全なインド市場には競争力があるよ。

この会社の取引先はみんな有名だね。

Appleへのコメントはだいたい批判だ。

Foxconnはチェコでも製造しているよ。労働条件も悪く、多くの労働者はブルガリアやベトナムから来ているよ。

↑そして彼らはチェコ語が話せないんだよ。

インドの平均所得水準は現在中国より低いよ。

中国の空気は(産業によって)最悪と言っていい程崩壊しているけれど、インドの産業は空気を汚す可能性はあるのかな?

非常に革新的なニュースだね。

資本主義は安い労働力を見つけて、勤勉の目を光らせているのが仕事。

資本主義は常に革新する精神の事だよ。

安い製造業者が存在しない西欧社会を想像出来る?

最も貧しく無能である最大の民主主義国家だから、この会社が融資を選んだんだろう。

Appleが無ければ数億人は貧しいままだったかも。

封建社会は、海外の資本家によって利用されるな。

ベトナム、ミャンマー、フィリピン、アルメニア、モルドバ、ブルガリア・・・これらの国には奴隷労働がはびこっているよ。

良いのか悪いのかどっちなんだ!

すすめ!インド経済

筆者はインドの社会や経済等を勉強中で、このニュースを読んでもっと詳しくなりたいと思いました。

コメントにもありましたが、インドは中国に比べて労働が優れているとか、インドは中国のように産業で大気汚染が発生する可能性はあるのか?等の点は非常に興味深かったです。

それに両国の関係はそんなに良くない上に、人口の多さ、新興国として扱われている等の共通点もあることから、これからインドと中国を比較するニュースは増えていきそうですね。まるで日本と韓国のように。

個人的にも面白いニュースだったのでインド社会の現状等をこれからどんどん掘り下げて、また紹介したいと思います。

それにしても、この世界の工場と呼ばれる工場群が、安い労働力を持つ国に移転を繰り返した結果、この産業は一体どのように落ち着くのか気になる所です。

【参考URL】http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/foxconn-will-fabriken-in-indien-bauen-a-1047343.html

“メイド・イン・インド”か~。ユニクロのタグとかもかわるのかなぁ。ジョニーは製品の質が変わらなきゃなんでもいいや。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    TPP域外じゃな~~

    まずは域内のベトナムあたりだろ

  2. 日本の名無しさん より:

    hahaha 中国の独壇場がインドにレイプされていってるwwww

    ワロローン

  3. 日本の名無しさん より:

    インドは汚染とカーストがある限り飛躍はない
    ベトナム、カンボジア辺りがこの先飛躍し
    インドはその後なんじゃないかな

  4. 日本の名無しさん より:

    インドも問題がいろいろあって容易ではない
    まあ、ゆっくり進んだ方がいいものだから、焦らずにね

    しかし、中国経済の崩壊は、インドや東南アジアに大きな影響を与えるだろう、米の利上げもね
    日本も大変だけど、世界はもっと厳しい時代だな

  5. 名無しの より:

    タイとかベトナムって、日本に輸出してるのを自国で作るのと、中国から買ったのを袋詰だけして輸出するって、どっちが安くすむんだろ・・・
    気温的に東南アジアで作れそうにない食品は、一番怖い

    1. 日本の名無しさん より:

      山もあるから、日本人好みの農産物を委託生産することは可能だね。

  6. 日本の名無しさん より:

    でもインドで作ったのものは中国の物より品質が悪くなるらしいな
    インド品質なんて言われてるらしいぞ

    1. 日本の名無しさん より:

      なんだかんだ言って中国人労働者の質は途上国ではマシな方だからな
      一応技術の蓄積も有るから最低限の物は作れるようになってる
      先進国と比べるとモラルもなにも無いけど途上国ではどこも一緒だからな

      1. 日本の名無しさん より:

        アホな日本企業やOBが散々教育してきたからな>品質
        未だに善意のOBが技術指導に行ってるだろ 氏ね!

  7. 日本の名無しさん より:

    ドイツは中国と心中することになりそうだけど今どんな気持ち?

  8. 日本の名無しさん より:

    TPPの狙いからいうと域内の東南アジアに先に移転しそうだけどね
    ただ労働者の質はぶっちゃけ中国のほうがまだましかも
    あと立地的に日本からは中国より遠くなるから輸送コストのデメリットもある
    ただ、共産主義で領土拡張してる中国がこれ以上パワー持つとやばいから
    この点で撤退したほうがいい
    中国はここから内需や技術力でやっていけるかどうかの闘い

  9. 日本の名無しさん より:

    商売するなら技術情報開示しろとか言う国は遠路するだろ普通…

  10. 日本の名無しさん より:

    中国の製造業の敵はTPP加盟の低賃金途上国だろ

  11. ドイツ人留学生 より:

    >中国はいまや高価な奴隷労働の国だ。

    日本人は頑なに否定しますけど、奴隷労働が当たり前ですよね。
    医療メーカーに勤務していますけど、そこにいた看護師の日本人
    男性が「ドイツも真面目な国なので尊敬しています。やっぱりね、
    働くもの食うべからずですよ。忙しくない人間を日本では駄目だと
    思われるし、社会貢献が出来てこそ、大人だと思います」と言ったので
    「では日本では寝たきりの老人や働けない可哀そうな引きこもりの
    人達には駄目だとレッテルを貼るのですか」と聞いたら、黙ってしまった

    何も考えずに労働を日本の文化だと思い込んでいる日本人が多く、
    正直アメリカの洗脳が日本の大人に浸透してて、怖いなと思った

  12. 日本の名無しさん より:

    中国で製造業委託や直貿をしていた者だけど
    なぜ製造業が中国からインドに急激にシフト出来ないか?だけど
    一番の問題点は原料、素材、パーツがインド国内で調達出来ないからにつきます
    日本から全ての原料を持ち込んで作るだけなら、工場さえあればインドでもベトナムでも大丈夫だけどコストが下がらない
    大抵は現地調達、現地製造、現地検品が基本だから、インドで製造するのに中国からわざわざ資材を輸入していたら関税も掛かるし、時間のロスも生まれる
    また中国から輸出されるものは、受け取ってみないとオーダーした物と合っているのか分からない不安がある、実際多々あったしね
    問題はインド国内ではまだ全ての工程を自国だけで賄えないから
    コンプラの問題もあるよ、委託すると労働条件に満たない子供達が働いていたりして、監視が行き届か部分もあったりするからね
    m(_ _)m

  13. 日本の名無しさん より:

    インドに行った人の多くがインドは凄いって言っているね
    カルチャーショックなんてものではないと
    そして匂いが凄くて汚染も凄いと

  14. 日本の名無しさん より:

    インドの前に東南アジアだろうがインドも伸びるでしょう。

    中国は労働年齢人口がピークを過ぎたので経済成長が鈍化してきた。
    よくて停滞期。下手すると内紛期になるかもしれない。

コメントを残す

キャラクター紹介