金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶe-コマースのパイオニア -ジェフ・ベゾス-

e-コマースのパイオニア -ジェフ・ベゾス-

2014/10/03
このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェフ・ベゾスという人物をご存知でしょうか。彼はアメリカのe- コマース事業で成功した起業家で、フォーブズ誌の「アメリカで最もリッチな人々」の20位以内にランクインされている億万長者でもあるのです。

彼が立ち上げたeコマース事業は日本でも多くの人が利用しています。そう、その名も「アマゾン」。実は、彼こそがあのオンラインリテイラーであるアマゾンの創設者なのです。

世界各国で利用されているアマゾンですが、あれだけのオンライン・巨大帝国を作り上げた人物とはどのような人か、気になりますよね。

そして、彼はどのようにしてオンライン帝国を作り上げ、成功することができたのでしょうか。彼の成功の秘訣をのぞいてみましょう。

ジェフ・ベゾス氏の生い立ち

起業家・e-コマースのパイオニアであるジェフ・ベゾスは、1964年1月12日にニューメキシコ州のアルバカーキ―で誕生します。

彼の母親と母親側の家族は、コツラというテキサス州の小さな町に二万五千エーカーもの農場を保有しており、彼の生みの父親は、アメリカ原子エネルギー協会の理事長を務めていました。

彼の両親はまだ若く10代の頃に結婚し、一年足らずで別れます。

子供のころから母親の所有する農場で遊んだり、父親のもとで働いたりするなど、離婚しているものの両親ともと良い関係を気付いていたのです。

彼が四歳の頃、彼の母親はキューバからの移民と再婚します。彼の第二の父親となるミグエル・ベゾスはジェフの母親と結婚後テキサスのヒューストンへ移住し、そこで有名石油会社、エクソンのエンジニアとなります。

彼は子供時代の多くを母の農場でパイプを埋めたり、牛の乳を搾ったり、風車を直したりとのびのびとした子供時代を過ごします。

彼は幼いころからコンピューターを愛し、彼の両親のガレージを自分の電機ラボとして家の周りの色々な機器を集めては遊んでいました。

最初のビジネス

彼がまだ高校生の頃に彼の家族がマイアミに引っ越し、そこでベゾス氏はコンピューターへの興味と才能をどんどんと伸ばしていくのです。そしてクラスきっての優等生となり、またマイアミで自分の最初のビジネスを立ち上げるのです。

そのビジネスは「ドリーム・インスティチュート」と呼ばれるもので、小学四年生から六年生までを対象とした、教育サマーキャンプを行ったものでした。

進学したプリンストン大学では、コンピューターサイエンスと電機エンジニアリングを専攻します。

最年少の副社長から経営始動

プリンストン大学を優等で卒業した後はウォルストリートで働き、1990年にはD.E.ショーという会社で最年少の副社長という地位にまで上り詰めるのです。

1994年にはその名誉ある仕事を辞め、シアトルに移り住み、オンラインブックストアを経営しながら、まだ開かれていない可能性を秘めた市場へと参入していくのです。

ジェフ・ベゾス氏のキャリア

ウォルストリートでの名誉ある仕事を簡単にやめてしまったベゾス氏。その後どのようにしてあのアマゾンという巨大オンライン帝国を築き上げていったのでしょうか。

オフィスはガレージから

シアトルに移住してから彼のガレージにオフィスを作り、従業員も数人で、ソフトウェア会社を始めます。

その会社は少しずつ成長していき、彼はオフィスをガレージから2ベッドルームの部屋へと拡大します。その部屋にサン・マイクロステーションという当時のパソコンを三台設置し、テスト環境を構築します。

そしてそのオフィスに300人の友人を招いて、「アマゾン・ドット・コム」という会社を立ち上げるのです。「アマゾン」は南アメリカの川の名前に由来しています。

Amazonの成功

アマゾン社の最初の成功は華々しいものでした。

プレスやメディアの宣伝なしに、アマゾンは30日間のあいだにアメリカ国内と国外45カ国で本を売り上げ、2カ月以内にはその売り上げが週に二万ドルにも上り、ベゾス氏と彼のチームが思っていたよりもかなり急速なペースで発展していったのです。

Amazon.comは1997年に株式公開され、その当時は多くの市場アナリスト達が、当時の大企業が同じようなサービスを始めたら、アマゾンはついていけないだろうと予想していました。

結果、二年後には彼らはその競合会社達に「ついていった」だけでなく、競合会社を完全に打ち負かし、eコマースのリーダーとなったのです。

ベゾスはアマゾンで販売する種類の多さにこだわり続けました。CDやビデオ、洋服、電気機器、おもちゃなど様々な業界の会社とパートナーシップを組み、幅広いラインナップを展開し続けました。

90年代に誕生した多くのドットコム企業がどんどんと倒産していくのを横目に、アマゾンの利益は年々増え続け、1995年から2011年の間に50万ドルだった利益は170億円にまで増えたのです。

常に新しい挑戦

2007年に、アマゾンはキンドルという電子書籍をリリースし、ユーザーがデジタルで本をダウンロードし、読むことができるようになりました。それは今までにない画期的なものでしたが、ベゾス氏はもっともっと先を見据えていました。

彼は顧客に宇宙旅行のオファーできるようにするために、ブルー・オリジンというシアトルを拠点都市宇宙旅行を開発しようと試みている会社への投資を発表したのです。

そしてベゾスはアマゾンをタブレット市場へとも持ち込み、2011年にはキンドル・ファイアをリリースします。次の年の九月に、はアップルとコラボレートしたキンドル・ファイア・HDをリリースし、市場で話題を呼びます。

2013年の12月には、ベゾス氏は「アマゾン・プライム・エア」を発表し、リモート操作が可能な機械をして、顧客に配達サービスを迅速に提供することのできる画期的なサービスを発表します。

そして現在も、アマゾンはそのオンラインリテイラーのリーダーとしての地位を確固たるもの指定します。

こうして、常に画期的なサービスを初め、市場を驚かせ、顧客を満足させてアマゾン帝国を気付いてきたベゾス氏。

彼のビジネスキャリアはアマゾンだけにとどまらず、あの有名な新聞社であるワシントン・ポストの買収にも乗り出し、現在のワシントン・ポストのオーナーとしても有名新聞社の指揮を執っています。

まとめ

彼を知る人は、彼を自由主義だと呼びます。同性愛結婚に賛同したり、アメリカの二台政党である民主党・共和党どちらかに偏らず、両方に寄付を行っています。

小さいころからパソコンに興味を持ち、その延長線上でeコマースビジネスに乗り出し、成功したベゾス氏。

ウォルストリートでの名誉ある副社長の仕事を投げ捨てて、シアトルでゼロから会社をスタートさせたベゾス氏の生き方は、彼の成功や富にはこだわらず、とことん自分の好きなことを追及していく生き方が現れていますね。

ベゾス氏を初めとするフォーブズ誌にランクインされるようなトップクラスのお金持ちは、お金や社会的地位を追いかけ、成功しているのでしょうか。それとも、、、

常に画期的なサービスでアマゾンをどんどん成長させ、現在ではアマゾンは私たちの生活には欠かせないものになっています。忙しい時にボタン一つで簡単に何でも手に入るアマゾンは現代人の味方ですよね。

そんな、常に挑戦的な姿勢を保ってきたのも、ベゾス氏がここまでも成功できた秘訣なのではないでしょうか。

電子書籍という画期的なサービスを初め、現在は宇宙旅行も考えているというベゾス氏。

今後もどんどん新しいサービスを提供して世界を変えていってほしいですね。そんな、ベゾス氏の生き方から私たちも学ぶことが多くあるのではないでしょうか。

【参考URL】http://www.biography.com/people/jeff-bezos-9542209
http://en.wikipedia.org/wiki/Jeff_Bezos

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介