節約術
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 節約術「格安結婚式」の裏側を徹底検証!安いには理由があった!?

「格安結婚式」の裏側を徹底検証!安いには理由があった!?

2013/10/02
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fotolia_56086107_Subscription_XXL

人生で1回だけにしておきたい結婚式。そう何回も挙げたくないですよね。普通、結婚式と言えば「多額のお金が必要」と思ってしまいますが、最近では「格安の結婚式」も人気を集めています。いわゆる「スマ婚」ですな。

しかも、「安かろう、悪かろう」ではなく、それなりの結婚式を格安の料金で挙げることができるのです。なぜでしょうか?それなりに豪華な結婚式なのに…?

そんな格安結婚式の裏側に迫ってみましょう!

もともとが高すぎた!

もともと結婚式は、「人生で1回の大仕事」を想定して挙げるものです。なので新郎新婦やその両親も、「晴れ舞台だからお金を出す!」という気持ちになっているのです。

「そんな心理を利用した…」と言えば聞こえは悪いですが、まさにその通りです。「高くても売れる」なら誰だって高く売りますからね。「シャネルのバッグはなぜ高い」と同じ理屈です。

しかし今では、そのような風習は「古い話」でしかありません。今の人たちは、「見た目の豪華さよりも、気持ちを大切にしたい!」と思っており、また「わざわざ結婚式に大きなお金を出す必要はない」と考える人も多いんですね。

なので、これまでは「ほぼ暴利」と言えた結婚式の様々なサービスも、それぞれ適正価格に向けて「値引き合戦」が始まっているのです。

具体的に何が安くなった?

では、具体的にどの部分が安くなっているのでしょうか?まずは「ウェディングドレス」ですね。

これまでは、式場とドレスの会社が独占的に提携しており、式場が複数の衣装会社と交渉することはありませんでした。そんな必要もありませんでしたからね。

なので新婚カップルにしても、衣装会社の「言い値」でドレスをレンタルしていたんですよ。しかし最近では、複数の衣装会社と交渉して「最も安く貸してくれるところ」を選んでくれるため、衣装代が大幅に圧縮できるようになりました。

続いて「会場費用」です。昔のブライダル業者は、自社の会場を保有していることが多かったのです。しかし自社で式場やパーティーの会場を運営するとなると、運営費や維持費などでけっこうなコストがかかります。そのコストが結婚費用に上乗せされていたため、会場をキープするだけでも大きなお金が必要でした。

しかし今では、会場を格安でレンタルできるサービスが広がっており、ブライダル業者も「安い会場を借りて式を挙げる」をメインにしています。それにより自社会場のコストを削減、会場費を圧縮することが可能となりました。

さらにホテルで結婚式を挙げる場合でも、以前はホテル側が「専用の会場」をホテル内に設けていました。つまり「結婚式専用の広間」ですね。しかしこれでは、他の目的でその広間を使用することができず、結局、会場費を高く見積もることで採算を取るしかなかったのです。

しかし今では、「空いている広間を結婚式会場にアレンジする」という方法が主であり、これも費用を抑える大きな要因の1つと言えるでしょう。

自分たちだけでやる人も増えている

上記とは別に、ブライダル業者に依頼することなく、自分たちでアレンジして結婚式を挙げる人も増えています。まぁ、そっちの方が気楽かもしれませんね。

会場だって「広いオープンテラスのあるカフェ」で十分ですし、神社仏閣や教会も自分たちだけで予約することが可能です。ドレスも格安の衣装会社がありますし、「結婚式=費用が高額」という図式がかなり崩れていると言えますな。

ちなみに、以前の一般的な結婚式費用は「約300万円」と言われていましたが、ブライダル業者を通して格安で行うと「100万円」ほど節約できるんだとか。

さらに自分たちだけでアレンジした式であれば、「50万円程度」で挙げられることもあるんですね。

そんなこんなで安く結婚式を挙げる人が増えているのですが、時として、「結婚式が悪夢」になることもあります。そこで最後に、「最悪の結婚式」をいくつか紹介してみましょう。

新郎が放火したワケ

結婚式当日、新郎が結婚式会場に「謎の放火」をしました。すぐに御用となり、警察の取り調べを受ける新郎。

じつは、新郎にはすでに妻子がいたのです。いわば「重婚」というやつです。重婚はけっこうな重罪であり、それがバレたくなかったために会場に放火したのです。

アレを通り越して、アフォも通り越して、もはやネ申です。ご愁傷さま。

ロシアンルーレット

リボルバー式の拳銃に銃弾を1発だけ詰め、一人ずつ、こめかみに拳銃を向けて引き金を引く「出川哲郎ですらNGのリアクション芸」を、実際の結婚式で敢行。1人死にました。

可哀そうという言葉では表現できない悲劇です。(←本当にロシアであった事件です)

バーちゃん危機一髪!

屋外での披露宴パーティー。総勢90人近くの出席者で盛り上がっていました。会場近くを流れる川には橋がかかっており、その上で記念撮影をしようということになりました。

そして新郎新婦と出席者たちが橋の中央に集まると…橋、崩落。出席者の1人、88歳のバーちゃん(車いす)も華麗にダイブ。

しかし、幸い1人が軽傷を負っただけで済んだそうです。バーちゃんも無事でした。

神のご加護がありましたな。

とまぁ、色んなことがある結婚式ですが、皆さんも賢く安く、そして思い出に残る結婚式を挙げて下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介