雑学
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 雑学記念硬貨の行方、その歴史と種類を調べてみる

記念硬貨の行方、その歴史と種類を調べてみる

2013/10/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

記念硬貨とは

マニアの間で人気のある記念硬貨とは、どんなものなのでしょう?

記念硬貨は、国民的な行事がある時や、記念日などに発行されている硬貨です。記念硬貨の発行は、政府の閣議の決定を経た上で発行されます。通常の硬貨とは違って、特別な意味のある硬貨として人気があります。

では、記念硬貨はいつ頃から発行されることになったのでしょう。その歴史と種類、価値について調べてみました。

記念硬貨の歴史

記念硬貨は世界中で発行されていますが、日本で初めて記念硬貨が発行されたのは、昭和39年の東京オリンピックの時だそうです。東京オリンピックは、初めての日本開催のオリンピックとして記憶されていますよね。

東京オリンピック記念硬貨の種類は、1000円銀貨と100円銀貨の2種類でした。ケースに入れられた神々しい姿を覚えている人も多いことでしょう。発行枚数は、1000円銀貨が1500万枚、100円銀貨が8000万枚です。

東京オリンピックの記念硬貨が発行された理由として、オリンピックの運営費を集める目的がありました。1000円銀貨には富士山と桜、100円銀貨には五輪と聖歌がデザインされています。記念硬貨の歴史はその時から始まったわけですが、世界から見るとまだまだ浅いと言えます。

記念硬貨の種類

初めて記念硬貨が発行された昭和39年以降、多くの記念硬貨が発行されてきました。その種類は様々ですが、素材別に分けると「純金貨幣」「純銀貨幣」「その他の貨幣」に分類されます。

純金貨幣には、昭和61年と昭和62年に発行された「天皇陛下御在位60年100,000円金貨」があります。表には鳩と水、裏は天皇家の象徴である菊花紋章がデザインされています。

平成2年には「天皇陛下御即位100,000円金貨」が発行されました。表は鳳凰と瑞雲、裏は菊花紋章と桐、唐草がデザインされています。どちらも100,000万円の金貨というのは驚きです。

純銀貨幣は、金貨と同じく「天皇陛下御在位60年10,000円銀貨幣」が純金貨幣とセットで発行されています。

純銀貨幣では、カラフルなデザインのものもあります。平成15年に発行された「奄美群島復帰50周年1000円銀貨幣」は表にルカウスという鳥と百合が描かれていますが、カラーで美しい姿になっています。また、平成18年に発行された「国際連合加盟50周年1000円銀貨幣」も、地球と桜が極彩色で描かれています。およそ硬貨とは思えないデザインの記念硬貨ですが、これらは「グラフィックコイン」とも言われています。

記念硬貨で一番新しいのは、平成24年に発行された「第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会記念1000円銀貨幣」です。ニュースでも取り上げられていた会議の時に、記念硬貨も発行されていました。大きさも40ミリあり、見た目は美しいメダルのようなデザインですが、れっきとした硬貨で、通常通りに使うこともできます。

記念硬貨発行の目的

今では世界中で多くの記念硬貨が発行されています。日本おいても、頻繁に発行されるようになりました。

おもしろいのは、日本で最初に発行された「東京オリンピック記念硬貨」がオリンピックの運営費の調達に成功したことを受け、それ以後のオリンピック開催地において記念硬貨を発行することが通念としてひろまったことです。

このように、国を上げての大きなイベントの資金調達の手段とした発行されたり、技術の向上と保存のために発行されるのが記念硬貨です。

記念硬貨の価値は、その発行枚数などによって大きく違ってきます。将来の価値を見越して資産として手に入れるのも良いですが、国の特別な記念日の象徴として記念硬貨を収集してみるのも楽しいでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介