海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応腰を痛め休職中の女がSNSで公開したもの

腰を痛め休職中の女がSNSで公開したもの

2014/08/10
このエントリーをはてなブックマークに追加


自分自身の幸福に酔いしれていた女が、ある方法で仕事をせずにお金を手に入れる方法を思いついた。しかもそれが何とも間抜けな場所からバレて・・・。

35000ドルの罰金を払う私の人生って最高!

8年前、僕の女友達は大学を卒業したばかりだった。

彼女はすごく給料のいい民間企業に就職できたといってみんなに自慢していたんだけど、いつもいつも会うたびに彼女がいかに高い給料をもらっているか、どれだけいい車に乗ってるかしつこいくらい聞かされた。

他の友人たちに、みんなももっと頑張らないと私みたいになれないわよ、何て言ってたんだ。彼女は完全に性悪女だった。

それから2年たって、彼女は公務員の仕事に転職した。(更に給料があがった)

そこで働きだして約1年がたった頃、彼女は腰を痛めて障害を負ったとして休職していた。いつ復帰するかもハッキリ言わなかった。

みんなだったら、普通腰を痛めた人がスキーやらバーでのパーティやら、アクティビティーはできないと思うよね?

ところが彼女は最高だよ、腰を痛めてデスクワークもできないって言っていたのに、フェイスブックにアクティビティーを楽しんでいる写真を載せて、ご丁寧にコメントまでつけていたんだよ。

何か月か彼女の投稿を記録した後、公務員の保険を取り扱っている保険会社を探したんだ。彼女がこの数ヶ月間どんなことをしていたか、匿名で申告したけど特に何も起こらないだろうなと思っていたんだ。

それから1年たった頃、彼女は政府から障害を装って保険金を受け取っていたことに対して、35000ドル以上(約350万円)の支払いを求めて訴えられていた。

彼女は裁判で戦おうとしたけど、保険会社が探偵を雇って彼女の行動を記録していたんだ。証拠として彼女のフェイスブックのスクリーンショットと、探偵が車内から隠し撮りした写真が提出された。

その写真が決め手になって、彼女が腰を痛めてないことが明らかになった。

彼女は敗訴し、35000ドルの支払いを命じられ、仕事も失い自己破産をして実家に戻ったよ。

彼女は今独身の36歳で、ど田舎で両親と暮らしているみたいだよ。

【参考URL】http://www.reddit.com/r/pettyrevenge/comments/20cbfu/bragging_about_how_awesome_your_life_is_might/?limit=500

この記事に対する海外の反応

私は企業向けの保険会社で働いているんだけど、もし誰かが匿名で情報をくれたら絶対にそれを無視することはないわ。

もし彼女がノーマークだったら、あなたの情報で即座に保険会社は動いたはずよ。

↑知り合いに障害保険を申請した人のチェックをする仕事をしていた人がいるよ。彼は探偵ではなくて、保険会社の社員だったよ。

彼の話によると、保険会社は申請した一人ひとりをかなり厳しくチェックしているみたいだよ。君が情報を提供したおかげでスピードを速めたんじゃないかな。

私にも似たような経験があるよ。

まだ16歳の頃なんだけど、その時私は免許を取ってまだ1ヶ月くらいで事故を起こしちゃったの。警官が来て散々責められたの。

事故相手の女性は過去3年間で5回も事故を起こしているのに、保険会社は私のことを信じてくれなかった。

で、同じように保険会社が個人探偵を雇って彼女について調べたところ、やっぱりスキーをしている写真を手に入れたの。腰が痛いって言ってたくせにね。危ないところだったよ!

保険会社は彼女を訴えて、私の潔白も証明されて両親の車も保険でカバーしてもらえたの。あなた、本当にいいことをしたわ!彼女に罪悪感を感じる必要なんてない。かっこいいことをしたのよ。

自分をちっさい男だと思っているの?政府に寄生する人間を排除したヒーローじゃないか。

僕の会社でも保険金詐欺をした奴が2人いたよ。

一人は仕事中に物を持ち上げたことで腰痛をうったえていたんだけど、自分の家の屋根を修理していたところを見つけたんだ。彼はクビになったよ。

二人目ははしごから落ちたことによる腰痛だった。保険会社が彼を調査したところ、トラックを洗っているところや、体の曲げ伸ばしをしている運動をしているところを見つけて撮影したんだ。

彼もクビになったんだけど、彼の言い分は‘俺にはトラックを洗う権利がある!’だったよ。

↑僕の友達もはしごから落ちて腰を痛めたんだけど、本当に腰痛に苦しんでいる人たちからすれば、腰痛で保険を申請するのはすごくやっかいみたいだよ。騙す人が多いからね。

いいことをしたね。保険会社は君に大きな借りを作ったよ。謝礼金とかもらえたのかな?

↑非通知の番号から掛けたから特にお金はもらわなかったよ。もらったものと言ったら自己満足くらいかな。

実は僕は警官なんだけど、まず犯罪者を止めてくれてありがとう。それから、彼女との関係はバッサリ切ったほうがいいね。

彼女についても話さない方がいいし、このことも絶対に言っちゃダメだよ。自分がしたことを自慢して言いふらさないようにね。人はどんな反応をするかわからないし、何をしでかすかもわからないからね。

彼女は刑務所に入れられなかっただけラッキーだったね。

こんな話を聞くとスカットするね!

●本当に不快な話だね。こうなった結果は彼女にふさわしいとは思うけど。

真面目に働いて税金を収めている人たちの為にもこんな奴らは絶対に許しちゃいけないよ。

逆にこんなに軽く済んだんだって思っちゃったよ。もっと高額な罰金とか投獄されるとかあるのかと思ってた。

彼女に手紙でも書いた?頑張って僕みたいな幸せにならなきゃダメだよって言ってやれば?

お前人の人生の邪魔をして最低なやつだな。自分の心配だけしてろよ。

うわぁ、それはちょっとやりすぎちゃったんじゃないの?

↑(投稿者)申告したことでどうなるかは全くわからなかったけど、保険金の受給が止まるくらいかなとは思ってた。

結果は自分が思っていた以上のことになったけど、後悔してるかって?するわけないだろう、彼女は痛い目にあったほうがよかったんだ。

あなたは決して間違ってないよ。

やっぱり日頃の行いが悪いとこうやってボロがでるのね。

まとめ

休職中にFacebookに写真をアップしていたなんて驚きです。よっぽど自分は好かれているから誰も陥れるようなことはしないなんて自信を持っていたんでしょうね。

コメントにもありましたが、35000ドルで済んだのが意外でした。アメリカだったらもっと跳ね上がるイメージですが、いずれにせよ職も失って田舎に戻ってしまったのだから、彼女にとってはダメージが大きいでしょうね。

保険は本当にピンチの時に助けてくれるもの。正直に上手く付き合っていきたいです。

悪いことしているやつは本当にちゃんとどこかで制裁を受けるものだよ。こういうことがあるから本当に障害を負ってしまった人が困るんだよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    どこぞの元横綱を思い出すな

  2. 日本の名無しさん より:

    近所の在日も、2年に1回くらい怪我で数ヶ月休んではふらふら飲み歩いてたわ・・・
    遊べる程度の怪我をして診断書を取るノウハウでもあるのかね?

    そういうモラルに欠けることを平気でするのが、いかにも在日

  3. 日本の名無しさん より:

    鬱病で1年休職してた人が、TV番組で婚活事情のドキュメンタリーで報酬もらって、その後会社辞めてたわ。
    休職してアルバイトしてる人もいるよね。二重にお金貰って人生楽勝だろね

  4. 日本の名無しさん より:

    不正を見つけたら、チクろう!

  5. 名無し より:

    アメリカでの自己破産がどういう条件なのかは知らないけど、結局35000ドルの支払いからは逃げたって事なのかな

  6. 日本の名無しさん より:

    アメリカは法令違反を犯すと公務員も首にできるのか……
    羨ましい

  7. 日本の名無しさん より:

    保険金を損害賠償で済んでるのか…
    これ、日本だと詐欺罪で訴えられる可能性が高いのだが…

    ※6
    日本だって、通常懲戒免職だろ、少なくともできる。
    それと詐欺での立件可能。

  8. 日本の名無しさん より:

    自慢しまくるような高給なら、350万程度の罰金屁でもないだろ。
    それとも馬鹿だから一切貯金してなかったのか。

  9. 日本の名無しさん より:

    別に「田舎で」は良いんじゃないの?
    都会に住んでるからどうってのは古いって言うか、差別的に思えるよ。

コメントを残す

キャラクター紹介