海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応学費のローンを3年で終える方法は、これ!

学費のローンを3年で終える方法は、これ!

2014/07/15
このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカでは、大学の学費は、学生が払うことが多いのを知っていましたか?このため、ローンを組んで、学費を払う学生がたくさんいます。私の知人には、40代くらいでやっと、学費のローンを払い終えた人がいるくらいです。

アメリカのYaoo!ファイナンスが、学費のローンをなんと3年で支払い終える方法を発表しました。

なんで3年でローンを終えなくてはいけないのか?

アメリカにある、「The Institute for College Access & Success」という機関によると、アメリカの学費のローンの平均は、約294万円です。

これは、簡単に返済できるものではありませんが、Yaoo!ファイナンスは、3年間で支払い終えるようにというんです。

長期間に渡って、この額の返済をすると相当の利子がかかってしまうからです。それに、学費のローンの返済が早く終われば、家の購入や老後のための貯蓄もできると言います。

3年間で294万円の学費のローンを返済するとすると、36回払いになり、、利子が約6.8%つくので、1月あたりの支払額は、約9万2400円になります。

ケースその1:ローンの返済を優先しよう。

車とか携帯とか、買いたい物は、いろいろあるでしょう。でも、何よりローンの返済が終わるまでは、ローンの返済を優先しましょう。

ハーバード大学のある卒業生は、なんと7ヶ月で約900万円の学費の返済を終えました。

彼は、借金がある時は、それがとてもストレスになっていて、前向きに物事を考えられなかったと言います。働き始めた後、可能な限り、稼いだお金をローンの支払いにあて、短期間で高額の学費のローンの返済を終えることができました。

ケースその2:ローンの返済のために、節約しよう。

ある夫婦は、学費のローンの返済を15年かけて払っていましたが、ある時、ローンの返済について、このままでいいのかと疑問に思うようになり、改めて見直してみました。

夫婦で話し合った結果、早く返済を追わせようということになり、ローンの返済のために、無駄遣いをなくすため、生活に必要な最小限のお金を封筒に入れるようにし、そのお金で生活するようにしました。

そしたら、10ヶ月で約500万のローンの返済を終えることができました。

結論

学費のローンの返済の2つの例を紹介しましたが、何より大切なのは、学費ローンを3年で支払い終えることを目標とすること。

そして、支払いを最優先させ、そのために、可能な限り、年収を増やし、支出を少なくすること。支出を少なくする方法として、家賃を払わないですむように、実家で暮らす、アパートに住むなら、ルームメイトを見つけるなどが挙げられています。

そして、収入を増やすために、副業や自分が持っている不要品をeBayなどで売ることなども勧めています。

また、学費のローンの支払いが終わるまでは、新車の購入を避けることも必要です。とにかく、出費を出来るだけ抑える必要があるのです。大切なことは、3年と言わなくても、学費のローンを出来るだけ短期間で払うこと。

アメリカ人にとっては、学費のローンは、当たり前。たくさんの声が寄せられました。

【参考URL】http://finance.yahoo.com/news/pay-off-30-000-student-131000600.html

この記事に対する海外の反応

学費のローンの支払いの一番の問題は、大学を卒業しても仕事がないことさ。仕事ができなければ、ローンの返済なんて、不可能だよ。

3年で支払うことができたら、それはとてもいい事だよ。でも、言うのは簡単だけど、現実は、不可能に近いよ。

自分のお給料は、少ないし、生活に必要な家賃とか光熱費、電話代などを払ったら、学費のローンにお金は残っていないよ。

この記事は、現実離れしているよ。とても、3年で学費のローンを支払うなんてできないよ。

新卒の学生の給料を考えたら、生活費でほとんど終わってしまうよ。

それに、仕事に就けない人もたくさんいる。大学を出ても、高卒でもできるウェイトレスとかの仕事をするしかないんだよ。

確かに、学費のローンの支払いを終えるのは大変なことだ。教育は大事だけど、学費のローンの奴隷になっているようなものだ。

これを書いた人は、学費のローンの返済のために、月に9万2400円の支払いをするように勧めているけれど、笑ってしまうよ。

新卒の誰が、こんな余裕があるんだ。実際、自分は、学資のローンの支払いのために、日々、節約をしているけれど、1ヶ月でこんなに払うなんて不可能だよ。

私の娘の例で言うと、大学卒業後、アルバイトをしながら、仕事を探しているけれど、月に9万円も払うなんてできないと思うね。

まずは、仕事を見つけることが何よりだ。それに、郊外に住まないと家賃が高すぎるから、車も買わなくちゃいけない。ローンの支払いを終えるには、時間がかかると思うよ。

・新卒の人達には、学資の支払いに、月に9万も払う余裕なんてないよ。払うことができるのは、貯めていたお金がある人達だけだよ。

副業をするように勧めているけれど、子育てが私の副業。誰か私の副業にお金を払ってくれるといいんだけど。

学費の支払いのために、実家に戻って、家賃を節約するだって。

3人子供がいるけれど、そんなの不可能だ。実家では、狭すぎるよ。両親は、孫の顔が見れて喜ぶかもしれないけれど。

学資の支払うことを優先するために、実家に戻る考えに賛成。実家に住めば、お金がだいぶ浮くと思う。

学費の支払いが終わっても、必要であれば、いい仕事に就くまでは、実家に住むのがいいと思う。

就職難だし、一人暮らしは、いろいろお金がかかるからね。

母と学資のローンの支払いについて相談したばかり。

母のところから仕事場に通い、お給料のほとんどを学費のローンの支払いにあてる予定。

予定では、この記事にあるように、2,3年で学費のローンの支払いを終えることができると思う。

学費の支払いのために、実家に住むなんて考えられないよ。3年も自由がないんだよ。

こんなになるなら、学生の間に、たくさんアルバイトをして、お金を稼いでおくべきだ。

月に9万2400円の返済をするなんて、平均的なアメリカ人にとっては考えられないよ。

学費のローンを終えるには、仕事に就くことが先決。

そのために、オバマ大統領が、移民の受け入れを止めるべきだと思う。彼らが、自分たちの仕事を奪っているんだ。

ちょw10ヶ月で500万返済とかどれだけのセレブ職業なんだよwまず年収が桁違い。そこがまず違う。ただ、290万円ほどってアメリカの学生はもっとローン組んでると思うんだけどな。日本だと奨学金もらっている人はそれぐらいか。まぁ返済きついよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介