海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応世界のクレジット事情〜あなたは何枚クレジットカードを持っていますか?〜

世界のクレジット事情〜あなたは何枚クレジットカードを持っていますか?〜

2014/08/21
このエントリーをはてなブックマークに追加


クレジットカードが一般的になり、日本でも多くの人がクレジットカードを持つ時代になりました。

皆さんは、何枚のクレジットカードをもっていますか?

カードで買い物をすると、ポイントがたまったり、割引が合ったりとメリットもあることから、何枚ものカードを持っている人もいます。

先日、海外の掲示板にクレジットカードに関する、こんな質問が載っていました。

①あなたはクレジットカードを何枚もっていますか?
②それぞれのカードの最高限度額と、FICOスコアはどのくらいですか?
③支払いは、一括払いですか、それとも、翌月以降に持ち越しますか?
④セキュアド・カードですか、それとも無担保のカードですか?
⑤最後に、信用を構築/再構築/維持したい人のために、何かアドバイスはありますか?

この質問に寄せられた多くのコメントをもとに、世界のカード事情の一端をご紹介します。

始めに、「FICOスコア」と「セキュアドカード」という、日本では耳にしない言葉が出てきたので、それらの意味をご説明します。

FICOスコア

*FICOスコアとは、フェアアイザック社が開発したクレジットスコア(信用偏差値)です。クレジットカードやローンの利用や返済に関する履歴をもとに算出され、新たにカードやローンなどを利用する際の審査の基準になります。

FICOスコアは300点から850点の範囲で評価されますが、平均点が680〜700点で750点以上は優良と見なされます。

日本ではまだなじみがありませんが、アメリカではクレジットスコアは、カードやローンの利用のときだけでなく、就職やアパートなどをかりる際にも信用の物差しとして利用されています。

(参考:クレジットスコアを知っていますか?【クレジットカード】All About:http://allabout.co.jp/gm/gc/9453/)

セキュアドカード

*セキュアドカードとは、その名の通り「安全な」カードという意味です。

このカードは最初に口座に決まった金額以上のデポジットを担保として入れておき、カードの支払いが滞った時に、デポジットから不足分が回収されますので支払い不能になることがありません。

アメリカでは一定以上のFICOスコアがないと通常のクレジットカードを持つことができないため、初めてクレジットカードを持つ場合などは、このセキュアカードを利用してカードの使用実績を作っていきます。

(アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング-セキュアド・クレジット・カード-クレジット・ヒストリをつくるためのカード:http://smartandresponsible.com/blog/secured-credit-car/)

【参考URL】http://boards.4chan.org/biz/

この記事に対する海外の反応

①カードは2枚
②限度額は7500と8000(ドル)。FICOスコアは、この間チェックしたときは790くらいだったかな。
③いつも一括払いだよ。
⑤利用率を低く抑えることと、支払いを決して忘れないこと。

①カードは2枚
②限度額は両方とも5000($)。FICOスコアは780。
③いつも一括払いさ。月末まで待たずに支払うことだってあるよ。
⑤キャッシュバックで少額のお金を節約するために、1ドルだって使っちゃだめだよ。

私の最新のクレジットスコアは720点です。限度額が5000(ドル)のカードを1枚持っているだけですが、もうひとつカードを作ったら、より効果的に信用を構築することができるでしょうか?

私は、個人で仕事を請け負っているので、カードは仕事のときしか使いません。そのため、高額のお金が流れるので、時には、1ヶ月に4回も清算することもあります。

①カードは2枚
②限度額は3500と3000(ドル)
③いつでも一括払い
⑤自分が持っている以上の金額を使わないこと。クレジットカードを使ったら、1週間以内に清算すること。

↑>1週間以内に清算すること

そんな必要はないよ。明細が来た時に清算すればいいんだ。

↑もし、あなたの利用限度額が低いならば、限度額に対する利用率を10〜7%以下に抑えるために、もっと頻繁に清算した方がいい。

↑利用率は30%以下に抑えるのが理想的なんじゃないかな。

クレジットカードは、ただ負債を生み出すシステムにしか思えません。私は、これまでクレジットカードが必要ではなかったので、ローンが無利息だとは知りませんでした。

↑いうまでもなく、責任を持った使い方をすれば、クレジットカードは信用を構築します。

そして、その信用は、アメリカの貧困層や中流クラスの人にとっては、本当に必要なものです。お金持ちでさえ、高いクレジットスコアから利益を得ているのです。

↑無利子なのは、1ヶ月以内に支払った場合です。クレジットカードで月々の支払いにした場合は、1−5%の利息がかかります(一般的には、いくつものプランがあります)。

もし、1週間あたりおよそ50〜100ドルしか収入のないようなニートの場合、毎回ビールを買うときのような小さな購入のために、クレジットカードを持つことは意味がありますか?

↑もちろん

↑文字通り、信用のために現金を使う理由はありません。カードを使えば1〜3%のキャッシュバックを得ることができるし、おつりを気にすることもありません。

そして、もちろん、信用も構築できます。

①カードは1枚
②クレジットカードの限度額は500ドルで、キャッシュカードの限度額が200ドル。クレジットスコアはよくわからない。
③いつも一括払い

いつ頃クレジットカードの増額を申請したらいいだろうか。普通どのくらいまで増額する?

↑貸し手によっても違いますが、6ヵ月が安全です。

アメックスは61日後に最高で信用限度を3倍に増加してくれるということは知っていました。

私は23歳でクレジットカードはいっさい持っていません。でも、銀行に〜7000ドルの貯金があり、負債はありません。

私は、私の銀行(信用金庫)を通じて、限度額500ドルのクレジットカードを申請しましたが、クレジットカードを持っていないという理由で却下されました。

私は、アマゾンで商品をたくさん購入するので、それを通じてカードを作るというのは良い考えでしょうか?私は毎月のように100ドルかそこらの買い物をし、支払いは済ませています。

↑偽物の担保付きではなくて本物のカードであるなら、アマゾンクレジットカードが良さそうですね。

↑>偽物の担保付きではなくて本物のカード

本物と偽物の違いを説明できますか?また、クレジット(信用)がなくても本物のカードを受け付けてもらえると思いますか?

↑信用履歴がなければ、ほぼ確実に拒否されるでしょう。最初のクレジットカード(担保付き)を作ってから、6〜8ヶ月後に申請してみて下さい。

↑セキュアド・クレジットカードもクレジットカードです。「偽物」ではありません。

唯一の違いはセキュアドカードの場合は、デポジットを支払う必要があると言うことだけです。Discoverはセキュアドカードですが通常のカードと同様に使えます。

クレジットカードの目的を理解できません・・・。

↑消費者保護と利便性。私は、デビットカードや銀行カードを使う人たちが理解できません。

↑文字通り、消費者にとって最良の支払い方法だと思います。詐欺防止、利便性、報酬、そして、将来のローンためのクレジットスコアも構築できます。

私は23歳です。カードの利用可能額の総額は100,000ドルです。

私はそのほとんどいずれか(1ヶ月あたり〜5000ドルで、そのほとんどは、仕事のためのホテルで出費します)を使用します。支払いはいつも一括払いです。

私自身のカードは7枚あります。一番大きいものはMarriott Plat Vizaカードで、限度額は23,500ドルです。2010年後半に限度額が500ドルのDiscoverから始めました。

↑ヒュー、なにをしているの?

私にはエンジニアというすばらしい仕事があるけれど、勤務時間内に旅行したりホテルに滞在するようなことはありません。私には、それはいつもとても魅力的に感じられます。

まとめ

海外のクレジットカード事情はいかがだったでしょうか。

限度額や支払いに付いて一番気になる点は、どこも同じようですね。また、日本ではなじみがありませんが、クレジットスコアを維持することも、多くの人が気にしているようです。

カード社会になったといっても、カードに対して否定的な人も結構いるのが驚きでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    俺は0枚だな。
    クレジットはお金使ってる感覚ないから今まで現金一筋だね。
    これからもクレジットは使うことはないと思う。

  2. 日本の名無しさん より:

    カードは1枚。支払いは必ず一括払い。
    ポイントためて毎年2万位の商品券もらってる。

  3. 日本の名無しさん より:

    カードは3枚
    80万1枚と30万2枚
    未払い無し
    一括のみ
    FICOスコアというのはいいね日本も導入すればいいと思う

  4. 日本の名無しさん より:

    3枚、限度額80万100万150万で年会費は最後のだけ15000円
    現金は極力使わない生活で十数年
    会社の諸々立替払いもしてるから溜まるポイントがバカになんない
    毎年10万ポイント(=10万マイル,価値は20万円~)は余裕で溜まる
    クレカがない生活は考えられないね、常々20万30万と持ち歩くのは嫌だ

  5. 日本の名無しさん より:

    ゴールドカード200万と一般クレジットカード50万
    あと海外でキャッシングするためのデビットカード
    これだけあれば今のところ困ってはいないかな

  6. 日本の名無しさん より:

    カードを使う人の気持ちが理解できない。一応、クレジット機能付きの銀行カードを所有しているが(欲しくて付けたわけではない)、また以前は他にも持っていたが、
    今まで一度も(50年間)使ったことがない。海外旅行の時も使用しない。スキミングなど危なくて使う気になれない。パソコンで、調べればカード番号暗証番号簡単に分かっちゃうからね。被害の無かった人は、たまたまターゲットにならなかっただけの話。
    現金が一番。ちなみに海外旅行の時、現在は無いトラベラーズチェックも利用しなかった。

  7. 日本の名無しさん より:

    4枚。2枚はそれぞれ店が出してるポイント用だから、普段はあまり使わない。
    フランスだとクレカで電車に乗れるから便利だよ。

  8. 日本の名無しさん より:

    カードは確かに不正使用のリスクがあるけど、まともなカード会社のカードで会社が保険つけてるやつなら不正使用や盗難、紛失は支払いが免除される。紛失とかすると処理がめんどくさいけどね。

    現金だと、当然無くしてしまえば、それまで。少額ならそれでも良いんだけど。
    俺は大金を現金で持ち運ぶ人の気持ちがわからん。

  9. 日本の名無しさん より:

    一応2枚か
    普段から使ってるのは1枚
    1枚あれば十分じゃん
    アメリカ人って財布に一杯カードが入ったりするよなw

  10. 日本の名無しさん より:

    VISAを2枚
    海外出張の時に役に立つ

  11. 日本の名無しさん より:

    カード無しで生活できる人は、それはそれで良いんじゃない
    自分は仕事上10万円単位で支払う場面が結構あるからカードは重宝してる
    今時のマトモなカードは半月やら一ヶ月やら遡って不正利用が免責になるけど
    その辺りが昔の常識で止まってる人はカード利用に抵抗があるんだろう、うちの親がそう
    自分にしてみれば、多額の現金とカードのどちらを持ち歩くか、でカードが良いというだけ

  12. 全力で名無しさん より:

    アメリカ人は基本的にリボ払いを使うって説がまんまると間違いだったと示されたなww

コメントを残す

キャラクター紹介