海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応面接での給料の交渉はタブー?世界の皆の反応はいかに!

面接での給料の交渉はタブー?世界の皆の反応はいかに!

2014/06/20
このエントリーをはてなブックマークに追加


会社勤めをされている方であれば、就職の際に面接のご経験をされていますよね?

私自身、面接中は緊張で思っていることが上手く言えず、四苦八苦したのを覚えています。ちょっとでも想定外の質問をされると頭が真っ白になって的外れな返答をしてしまったのは苦い思い出です。

そんな緊迫した状況の中、給料に関することはなかなか聞き辛いものですよね?大事なことなんですが、どうも聞きにくい。特に経験の浅い若者にとっては尚更です。

人生で初めて正社員になるべく、面接を明日に控えた方から海外掲示板に

「面接での給料の交渉はタブー?」

と言う質問が投稿されました。

彼は少しでも良い給料、条件で仕事をスタートさせたいのですが、面接で給料や待遇の交渉をしても良いのかどうか不安なようです。

人生の先輩から多くのコメントが寄せられましたのでご紹介します。

【参考URL】http://www.reddit.com/r/personalfinance/comments/1qje93/what_are_some_financially_minded_questions_to_ask/

この記事に対する海外の反応

会社が君の事を雇いたいと思う前に給料の交渉なんてできないよ。まずは興味をもって貰う事から始めよう。

これが最初の仕事という事は、君が会社に期待できる額は限られているんじゃないかな。まずはしっかり自分を売り込んで、採用してもらわないとね。話はそれからだ。

面接では、まず自分が就く仕事に関することを沢山質問して、やる気のアピールをする事に徹するのが良いと思うよ。給料については正式に内定を貰ってからでいいんじゃないかな。

僕の会社にくる就活生の半分は、面接の時に給料やボーナスについてどんどん聞いてくるよ。重要な事だからね。

もし向こうから聞いてこなければ、こちらから説明をしてあげているよ。交渉をしてくる子はあまりいないけどね。

面接官は履歴書を見て君が全くの新人だって分かっているから、気になることがあれば新人らしくどんどん聞けばいいと思うよ。僕は最初の面接でそうしたんだけど、本当に親切に色々と答えてくれたよ。不採用だったけどね。

職歴がないのに交渉しようとしてるの?頭下げてでも雇って貰わないといけない立場なんだから、よく考え直した方がいいよ。

僕は仕事でよく面接官をしているんだけど、もし就活生がいきなり給料や福利厚生について交渉し始めたら、その子の履歴書は即ごみ箱行きさ。

もし君の希望よりも少ない給料を提示されたとして、何を交渉材料にするんだい?会社には額を上げるメリットがないじゃないか。

内定を貰うまで給料についてはあまりしつこく聞かないことだね。面接で一番大事なのは内定を貰うって事だから。

次に大事なのは、その仕事があなたにとって本当にやりたいものかどうか。内定さえ貰えれば、じっくりと交渉する機会もあるからね。

こないだジムで出会った女性の話だと、彼女は会社を経営してるらしいんだけど、就活生が最初の面接で給料や福利厚生について質問したら採用しないんだって。

その他にも病欠、有給取得率についての質問も同様だってさ。僕は厳しすぎると思うけど。

アメリカの田舎で小さいソフトウェアの会社を経営しているけど、最初の面接では就活生の適性や資質を知りたいから、正直お金の事を話し合う気はあまりないね。

もし僕がその就活生に興味を持ったら存分に話したいけど。

経験上、最初の面接で給料についてあれこれ聞くのはあまり良くないね。まずは、お金の事よりも仕事に対する興味を見せた方が賢明だね。

給料については2回目以降の面接で聞けばいいと思うし、面接官も君のスキルや人間性が分からないと答えようがないよね。

僕も他のコメントと同じ様に、内定を取るまでは給料の交渉はしない方が良いと思うな。

内定を貰うまでは我慢しろ。

私が初めて就職した時の話。最初の面接ではまったく給料の事を交渉するつもりはなかったんだけど、いきなり面接官が聞いてきたの。いくら欲しいかって。

突然過ぎて頭が真っ白になったわ。思わず面接官に、もう額は決まっているんですよね?って言っちゃったわ。

内定をゲットしろ。そして本当にその会社で働きたいなら交渉しろ。

初めての就職だから色々と考えてしまうよね。給料の交渉はくれぐれも慎重にね。初任給は今後のあなたのキャリアについてまわるとても重要な事だから。

もし君が経験豊富で、どの会社にも魅力的な人材であれば交渉しても問題ないと思うけど、残念ながら実際そうじゃないからね。

エンジニアだけど、もし僕が面接官なら仕事に対する情熱を聞きたいな。お金に対する情熱じゃなくてね。

給料の事ばかり聞かれたら、会社はあなたにとって単なるATMにしか過ぎないんだって思っちゃうよ。

自分の状況を考えた方がいいね。雇ってもらうんだからあまりでしゃばった真似はしない方が良いよ。必要最低限の事は聞いても構わないと思うけどさ。

面接は会社と就活生、お互いが相手を見極める機会だから給料も含めて話し合うのが良いと思うんだけど。

給料の事も大事だけど、他にもっと気にするべき事があるんじゃないかな?必ずしもあなたがやりたい仕事だとは限らないし、君の今のスキルで務まるかどうかもまだ分からないよね?

しっかりと経験が積める職場なのかどうかも大切だし、もっと仕事そのものについて考えた方が良いよ。後悔しないようにね。

僕はいつも面接の前には交渉術の本を読んでいくよ。全く実践できていないけどね。

会社は君のスキルや資質を考慮した上で、それに見合う一般的な給料の額にするから、君に何か特別な才能があれば交渉してもいいとは思うけどね。

最初の面接での質問は、君の会社に対する興味、業界の知識が反映されたものでないといけない。給料の交渉なんてナンセンスだよ。

例えば、君が営業マンで製品を売り込むときにいきなり値段の交渉はしないだろ?まずはその製品がいかに良いか知ってもらおうとするだろ?そういう事だ。

まとめ

面接で給料の交渉をするのは止めておいた方が良いという意見が多いようです。

雇ってもらえなければ元も子もないですもんね。面接では少しでも自分をアピールして、良い印象を持ってもらえるように努める事が良い交渉を始める第一歩という事でしょうか。

面接では軽く触れる程度にして、内定を貰ってから初めて交渉に臨むのが賢明なのかもしれませんね。

日本の面接で給料交渉はなかなか厳しいだろ。あ、転職ならいけるか。とりあえずいくら欲しいってよりもどんなところに貢献できて、どんなことをしていきたいっていう熱いメッセージのほうが日本はイイネ!

特に就職活動で具体的なことを言えると受かると思うんだ。親のすねかじってる俺にはわからない世界だけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介