海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応メタルバンドの中学生グループがSONYと1億7千万円!?の契約を結ぶ!?

メタルバンドの中学生グループがSONYと1億7千万円!?の契約を結ぶ!?

2014/09/14
このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカの「アンロッキング・ザ・テュルース」(Unlocking the truth)というメタルバンドが、アメリカでちょっとした話題を呼んでいます。

メタルバンドとは言え、まだ幼さが垣間見られる彼ら。それもそのはず。彼らは、まだ中学生なのです。

SONYが中学生のメタルグループと契約を結ぶ

彼らはヒットすると見込んで、SONYがこの中学生のメタルグループと契約を結ぶことになっています。契約は条件付きですが、うまくいけば1億7千万円の契約になるとも言われています。

契約の内容を簡単に説明すると、こんなです。

1.アルバムを2枚、発売する。(うまくいけば、4枚以上)
2.最初のアルバムに、約600万円が前払いされる。
3.人気が出れば、2枚目のアルバムの時には、約3500万円が支払われる。
4.もし6枚目まで、アルバムを出せば、1億7千万円が支払われる。
5.もしアルバムが25万枚売れると、バンドメンバーが16~17%の印税をもらえるようになる。

彼らが、1億7千円の収入が確約されるのは、6枚目のアルバムが発売されることが決まった時のこと。そして、印税が16~17%もらえるのは、アルバムが25万枚売れた時。

つまり、今時点で約束されているのは、アルバムを2枚発売できることと、1枚目のアルバムに、600万円が支払われるということだけです。

彼らはタイムズスクエアをはじめ、アメリカの主要都市でツアーを始めていますが、すべては彼らの力量次第なのです。

彼らに対して、世界は、どう見ているのでしょうか?

【参考URL】http://consequenceofsound.net/2014/07/8th-grade-metal-band-lands-1-7-million-record-contract-with-sony/

この記事に対する海外の反応

正直、彼らがいいと思わないね。彼らにミュージシャンとしての未来はないよ。

彼らはすでにツアーを始めて、ファンがたくさんいるんだ。未来がないなんて言えないよ。

中学生は、勉強に集中するべきだよ。

このままいったら、彼らは大人たちにいいように使われて、必要なくなったら捨てられてしまうよ。始める前に、やめるべきだと思うね。

なんで、始める前から、そんなにネガティブ思考なんだ。

僕も、中学生のバンドが出てくることには、賛成できないね。彼らと同じ年代の子供が悪影響を受けるよ。

このバンドを見て、自分たちもミュージシャンになりたいと思わせてしまうんじゃないかな。子供たちが勉強しなくなってしまうと思う。

SONYとの契約は、ほとんどが、「もし彼らがヒットしたら、・・・」の条件つきだ。彼らの将来は約束されたものではないんだよ。

音楽業界の人たちのお金儲けに使われているようなものだよ。

このグループのマネージャーは、このメンバーが黒人の子供たちであることをアピールしているんだ。

人種を、グループの売りにするなんて間違っているよ。

黒人の子供たちがメタルを演奏するのは、そんなに珍しいことなのかな?

95%以上の人がSONYとの契約は夢の様な話だと思うだろうけれど、現実はもっと厳しいと思うね。

現実は、そんなに甘くないよ。彼らが6枚もアルバムを出すと思えないよ。

1億7千万円は、あり得ない話だと思う。

本当に音楽家として成功したいなら、18才(成人)になるまで待つべきだ。

そしたら、彼らのことを本当にサポートしてくれる会社と契約を結ぶことができるからね。

1枚目のアルバムに600万円というけれど、交通費とか、会計士、マネージャーとかの費用を考えたら、手元に残るお金はないと思うね。

彼らは、まだ若すぎるよ。

後、2、3年したら、ミュージシャン以外の夢を見つけるんじゃないかな。まだはっきりしない夢に、飛び込むべきではないよ。人生を棒に振るようなものだ。

みんな、この契約に反対しているけれど、もっと素直になってもいいんじゃないかな。

僕は、彼らの成功を願っているよ。

彼らの音楽を聴いたけれど、メタルというよりもパンクの感じだ。

彼らの話しが出ると、SONYと1億7千万円の契約を結んだように報道されている気がするけれど、これは、「もし、6枚目のアルバムを出したら」の話なんだ。

メディアは観衆の気を引くために、こんな報道の仕方をしているんだ。良くないと思うね。

アルバム2枚を発売し、うまくいけば4枚なんていう条件は良くないと思うよ。

彼らが辞めたいと思っても、お金になりそうだったらSONYに使われてしまうんだから。

僕も、反対だ。望ましいのは、1枚だけアルバムを出す契約だと思う。

1枚目のアルバムで、約4000万円くらいはもらえるんじゃないかな。

彼らの音楽を聴いたけれど、どこにでもいるようなグループだと思う。

それに、メタルがどんなものかを分かっていないと思う。

彼らは素晴らしいミュージシャンだと思うけれど、成功するためにはこれまでのメタルミュージシャンを超えなきゃいけないと思う。

そんなの難しいのは、目に見えているよ。彼らは儲けるどころか、借金に終わるんじゃないかな。

この契約の裏にあるのは、大人の汚い世界だと思う。彼らの成功のことじゃなくて、金儲けのことしか考えていないんだよ。

SONYは彼らを売るために、宣伝とかよくやっていると思うよ。

これまでに、こんなに若い黒人のグループが成功した例があるかな?聞いたことないよ。

もっと音楽を聴いたらいいよ。黒人の若いグループはいるんだから。

確かに、若い子達のグループは、白人が多いね。だからこそ、SONYは、彼らに目をつけたんだと思うよ。

若い子たちのメタルグループは長続きしていないよ。

自分の車で、中学生バンドの音楽を聴きたいとは思わないね。

彼らくらい若いグループで、もっといいバンドがあると思う。

彼らは、SONYに利用されているんだよ。

彼らの音楽を聴いたけれど、心を奪われたね。素晴らしいと思うよ。

僕は、そう思わないね。なんで彼らがいいのか分からないよ。

まとめ

SONYとの契約に批判の声が殺到

中学生にして、メタルバンドとしてデビューできるなんて、すごいと思ってしまいがちですが、世界の反応は、この契約を批判する声が圧倒的に多いことが分かります。

SONYと契約をするだけで、成功への第一歩を踏み出したかの様。でも、世界の人々は、現実は、そんなに甘くないことを知っているのです。

この中学生のバンドは、SONYと契約を結ぶ際には、まだ12~13才なので、マンハッタンの最高裁判所からの許可も必要です。彼らのこれからを温かく見守っていきたいなと思います。

ちょい古いネタだけどお金が関わる面白そうなものはなるべく拾っていく。借金地獄とか世界の借金王とかそういうネタも作っていけたらいいな。ただ、単位計算が苦手だからミスっていたら教えてくだたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    ソニーミュージック?だとしたらあまり良い印象がないなぁ
    こういう若いバンドが注目されるのは良い事だけどね

  2. 日本の名無しさん より:

    黒人メタル?
    イメージないわー

  3. 日本の名無しさん より:

    ブルースもジャズも黒人のリズムと音楽が元じゃないか
    メタルだってそうだ
    メタルの元祖と言われているブラック・サバスだって黒人のジミヘンの影響をもろに受けている

  4. 日本の名無しさん より:

    ホント謎契約

    ソニーの狙いを詳しく聞きたい

  5. 日本の名無しさん より:

    黒人メタルと売りだして黒人差別ニガーと訴えられソニーに賠償請求

  6. 日本の名無しさん より:

    日本にもベイビーメタルって言うロリコンメタルがあるんだから
    だれがメタルやろうが構わないだろ。

  7. 日本の名無しさん より:

    この記事って半年以上前(去年だったかも)に見たんだけど、まだ契約してなかったの?

  8. 日本の名無しさん より:

    ただ、愛した道を突き進めばいい

コメントを残す

キャラクター紹介