金持ちの成功者から学ぶ
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 金持ちの成功者から学ぶビル・ゲイツの右腕としてウィンドウズを成長させた男 -スティーブ・バルマー-

ビル・ゲイツの右腕としてウィンドウズを成長させた男 -スティーブ・バルマー-

2014/07/01
このエントリーをはてなブックマークに追加


スティーブ・バルマーという人物をご存知でしょうか。彼こそが、現在のマイクロソフトのCEOなのです。

マイクロソフトと言えば、ビルゲイツを思い浮かべる方が多いかもしれません。スティーブ・バルマー氏はフォーブズ誌の「アメリカで最もリッチな人物」の10位以内にランクインされており、資産も一生かかっても使い切れないほど保有している大金持ちなのです。

テクノロジーの一番の利点は、人々がやりたい事を可能にする事です。人々を、創造的にしてくれるのです。人々を、生産的にしてくれるのです。人々が、今まで学べると思わなかったことを学べるようにしてくれるのです。

そういった意味で、テクノロジーとは可能性なのです。 -スティーブ・バルマー

スティーブ・バルマーの生い立ち

スティーブ・アンソニー・バルマーは1956年、3月24日にミシガン州のデトロイトで生まれます。

彼の父親はスイスからの移民で、車のメーカーであるフォードのマネージャーとして働いていました。母親はユダヤ系アメリカ人で、学問に重きを置いて育てられ、1973年にデトロイト・カウンティ・デイ・スクールを卒業します。

高校生活において、彼はバスケット部に所属しスポーツに励む一方で、文武両道を志し、卒業時には卒業生総代として卒業するのです。

ビルゲイツとの出会いとマイクロソフト

アメリカの大学入試試験、SATでは数学で800点満点という快挙をなし、ハーバード大学に入学を許可されます。

そこで、後にマイクロソフトを創設したビルゲイツと友達になるのです。大学生の頃からバルマー氏はビジネスフィールドに興味があり、一方でゲイツ氏はコンピュータープログラミングと、興味は異なったものの、二人の相性は抜群でした。

大学在学中、バルマー氏はハーバード・クリムソン誌という大学新聞の広告欄を売るアルバイトをしながら、フットボールチームに所属。大学でも文武両道を貫いたバルマー氏は優等で数学の学位を持って卒業するのです。

卒業後、アシスタント・商品マネージャーとしてプロクター&ギャンブルで働きます。

彼の働きぶりは優秀で、仕事を楽しんでいるように見えたものの、わずか二年間働いた後、スタンフォード大学のビジネススクールに入学し、そこでMBA取得のために勉強を始めます。

スタンフォード大学での一年目にの夏休みに、シアトルでビル・ゲイツ氏が運営しているマイクロソフトで働くことになります。その時、マイクロソフトの従業員はまだ23人で、年商一千万円ほどでした。

夏が終わる頃、ゲイツ氏はバルマー氏を説得し、五百万円と7%のビジネス所有権で仕事をそのまま続けて欲しいと頼むのです。そしてバルマー氏はその後二度と、スタンフォードには戻りませんでした。

バルマー氏のキャリア

ビル・ゲイツ氏によって雇われた第一号目のマネージャーとして、バルマーは従業員の給料を少し抑え、従業員を二倍にします。

ビル・ゲイツ氏がコンピューターソフトウェア業界に革命を起こそうと日々働き、バルマー氏は会社の金融構造を構築するのに集中したのです。

その後長期間にわたり、スティーブ・バルマー氏がOS開発、セールス・サポート、運営など会社の色々な決定を行っていたのです。

彼の仕事に対する情熱と、しっかりとした管理体制を見て、1998年にゲイツ氏はバルマー氏をゲイツ氏と同じ代表取締役へと昇進するのです。

2年後、ゲイツ氏がその地位から辞任し、バルマー氏をCEOとします。技術分野に関しては辞任後もゲイツ氏が監督を務めているものの、会社の運営についてはバルマー氏がマイクロソフト社を管理するようになるのです。

バルマー氏は2003年に8.3%の株式を売りに出し、4%以上は会社の管理下に置きます。そして同年に、バルマー氏はマイクロソフトの従業員株保有制度を株保有認定制度へと変えるのです。

バルマー氏の素顔

仕事面だけを見ると、やり手の仕事人間のように見えるバルマー氏ですが、私生活では穏やかな一面を見せています。

NBAバスケットボールのチームで、デトロイト・ピストンズの熱狂的なファンであるバルマー氏。ピストンズの試合にはよく通っているようです。

そして、セレブやビジネスマンの間では離婚していくカップルも多い中、バルマー氏は1990年に結婚したコニー・スナイダーと今でも幸せな結婚生活が続いており、二人の子供をもうけた良い父親として、穏やかな休日を家族と過ごしています。

バスケットボールの他にもゴルフなどのスポーツを楽しんでおり、仕事だけでなく、趣味にも情熱を燃やしています。

そんなバルマー氏を、周りの人々は、バルマー氏を「面白く、集中力があり、情熱的で、誠実で、ダイナミックな男。マイクロソフトをエネルギーに溢れたリーダーシップで引っ張って行ってくれる」と表現しています。

スティーブ・バルマー氏の資産は14億円以上にもなると推定されていて、フォーブズ誌では「世界で最もリッチな人々23位」、「アメリカで最もリッチな人々」の10位以内にランクしています。

バルマー氏、マイクロソフトでの試み

タブレット端末事業、携帯電話事業にも積極的に展開をしており、マイクロソフト社の事業の幅をどんどん広げているバルマー氏。その後スカイプの買収などにも乗り出します。

また、過去12年間、毎年ラスベガスで開催されるテクノロジー・カンファレンスでは人々を驚かせるような新商品の展示を開催し、業界に常に新しい風を巻き起こしています。

その他にもWindows8の開発、検索エンジンのBing、X-Boxなどの事業にも注力しています。

このバルマー氏の努力を評価し、ハーバード大学の教授で、元マイクロソフト社の役員であるジェームズ・キャッシュは、「バルマー氏は私が今まで見てきた中で、マイクロソフトを最も成長させたリーダーだ。」と語っています。

それだけでなく、バルマー氏が最も力を入れている戦略はクラウドコンピューティングです。

シリコンバレーなどでは「無意味だ」と評価されたクラウド・コンピューティングですが、バルマー氏の情熱が注ぎ込まれたクラウド・サービスをウィンドウズ社は開発しました。

現在ではZuneはやスカイドライブ、X-box liveのクラウドサービスは年間四千万人の人が利用しています。そしてその後、IT業界はどんどんクラウドサービスを取り入れていくことになるのです。

クラウド・コンピューティングを始めようとした当初は批判を受けたバルマー氏。しかし、周囲の批判にも負けず、クラウド・コンピューティングのサービスを成功させます。まさに、リスクを取ったことで、業界の先駆者となり、成功した良い例ですね。

まとめ

仕事も私生活にも恵まれているスティーブ・バルマー氏。その秘訣は仕事にもプライベートにも類稀なる情熱を傾ける事にあるのかもしれません。

マイクロソフトは既に大企業で、マイクロソフトオフィスという優良商品があるため、これ以上の成長は必要ないという人々もいるでしょう。

しかし、「誰が何と言おうと、マイクロソフトはもっと、成長する必要がある。」と、近年のSurfaceなどのタブレット事業の展開など、彼の情熱は留まるところを知りません。

Appleに対抗したタブレット事業の展開や、携帯電話事業の展開など、マイクロソフトの強みを生かした商品を提供し、これからもIT業界をどんどん引っ張っていって欲しいですね!

【参考文献】http://www.bizography.org/biographies/steve-ballmer.html
http://www.businessweek.com/magazine/steve-ballmer-reboots-01122012.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介