海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応転職の進め。新規産業への挑戦!!

転職の進め。新規産業への挑戦!!

2015/02/14
このエントリーをはてなブックマークに追加


就職や転職活動を始めた時に、ふと目を疑ってしまうような募集に遭遇した事はありませんか?

世の中にはいろんなアイデアが飛び交い、沢山のサービスが生み出されている時代です。奇妙な仕事が存在していても不思議ではありません。しかし、少し変な仕事でも、試してみると以外と貴方の気質に合う仕事もあるかもしれません。

過去、実際に募集されていた面白い職種には、以下のようなものがあります。

1. ドッグフード毒見役

これは言葉の通りドックフードが販売される前に、試食をしてくれる方。

2. 悪臭検査官

これには沢山のサンプルがあります。マウスウッシュ製造の会社が口臭を、デオドランド製造会社は脇の匂いをかいでくれる方を募集したりします。

3. ヌード・ビーチでの監視員(ライフガード)

これはごく普通の浜辺でのライフガードの仕事ですが、遊泳客が真っ裸と言うだけの話。勿論、ライフガードの貴方は裸になる必要はありません。

いかがでしょうか。これらは一例に過ぎず、まだまだ考えた事もないような面白い仕事は沢山あります。

今回は、最近イギリスで出された面白い募集を紹介する事にしましょう。 

痛みに強い方大募集!

皆さんペイントボールと言うスポーツをご存知ですか?簡単に言えば銃を敵に向かって発砲し、打ち合いをする競技なのですが、勿論、実際の弾丸を使用するわけではありません。

プラスチックの弾丸には無毒性塗料が入っていて、相手にそれが当たるとペイントが衣類に付くため、誰が打たれたのかが即わかるようになっています。

このスポーツは、ここ最近イギリスでは大人気。大人から子供まで出来るスポーツとあって、ボールペイントの会場が毎年のように増加しています。

そんなボールペイントの会社から今年の年明けに求人が出されました。その内容によると、“弾丸を受けてくれる方”を募集中なのです。詳しく見てみると、プレイヤーの安全と衛生のために会社が試験的に行う実験に、体を張って試してくれる人を探しているとの事。

この募集要項には志願者に対しての警告も記載されています。それによると、“この任務には少しばかりの痛みと不快感、そしてあざができる可能性があります”。

しかし、その後には、“この役目は弊社にとって非常に重要なもので、プレイヤーがペイントボールを楽しんでいる間に、怪我をしないように最善の安全策をとるのに役立つものです。”といかに重要な役目かを強調しています。

ただ、こんな注意書きもあります。“幾つかのテストには、最悪の場合に備えて、特殊な衣類を着用してもらう事もあります。”最悪の場合・・・・。どんな弾丸を打ち込まれるのでしょうか?

応募者殺到

この職種の勤務体制は非常にフレクシブルだそうで、交通費も支給してくれるそうです。そして気になる月収はなんと4万ポンド(約719万円)。ただ単に弾を体で受けるだけの仕事。良い話ではありませんか?!

ただこの応募には既に世界中から1万人もの応募が殺到しているそうです。願書の応募理由には、

“自分はラグビー選手なので、痛みには慣れてるし、スイカを頭でわらることも出来るぐらい肉体には自信があります”

“自分は顔がペンキだらけになるのをいつも夢見てました。これは私には最適の仕事です。”

などなど、面白い志望理由が沢山あるそうです。

【参考URL】http://www.dailymail.co.uk/news/article-2894462/10-000-apply-paintball-job.html
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/paintball-company-seeks-human-bullet-tester-for-job-that-pays-40000-9880351.html

この記事に対する海外の反応

別れた妻にこの仕事を薦めるよ。

今のイギリス総理大臣にこの仕事は向いてるよ。何しても上手く出来ない奴だからさ。

この仕事で予期せずに怪我をして、この会社が逆に訴えられて、大儲けして退社する奴が出てくるかもよ。 

イギリス人にこの仕事をやってもらいたいね。

この会社は賢いよ。この広告のおかげで、無料で会社の宣伝が出来たんだからね。しかも全国規模で。

あー、宣伝効果を期待していたのね、この募集には。

警察官、看護婦、消防士よりも給料いいじゃない! この国は何か間違ってる。

民間企業だからね。すき放題にできるさ。

最近、首になったサッカー選手にピッタリの仕事だよ。

絶対に応募するよ。でも支払いは前払いでね。

昔、似たような仕事をしてた。週末に客と逃げまくって、弾が体に当たった時の衝撃を報告してた。その時は一日50ポンド(約9000円)だったよ。

なんで人間がこんな仕事を引き受けなければいけないの?次はどんな仕事が出てくる事やら・・・。

一般の人に、この仕事が最適な候補者を選んでもらいたいよね。コンテスト形式で面白いと思うけど。

ちょっとの痛みでこの給与?!どうやって応募すればいいの?楽に稼げる仕事だよ。

空気銃を公共の場で使用する事は、本当は禁じられてるはず!?

空気銃は公共の場のみで使用禁止で、私用地なら大丈夫。でもペイントガンは、プラスチックの弾の中にペイントを含んでるだけで、空気銃ではないよ。

うちの息子に話したら、絶対に応募すると思うわ。

うちの息子がこの仕事に受かってたとしても驚かない・・・。

誰がこの仕事を手に入れたか公表して欲しいね。

世界中から志願者が来てると言っても、どうやってこの広告を見つけたんだろうね。この会社のホームページ上にしか応募出してなかったんでしょ?!

まとめ

このお仕事募集を出したUKPaintball.co.ukの社長さんは、ここまで多くの応募が、しかも世界中から来るとは思わなかった。

今の所、弾丸や爆発などに実際に触れた事のある元兵士、世界中のペイントボール場でプレーしているペイントボールの熱狂的なファン、本当の弾丸が間違ってあたりそうになった元マジシャンなど、沢山の異なった経歴を持つ候補者から応募が来てるよ。

この応募者の中から最終的に10人に絞り込み、コンテスト形式で最も適した人を選ぼうと思っている、と話しています。

しかし、残念な事にこの仕事への応募は、既に締め切ったとの事。就職活動をしている方、あきらめないでください!!運よく、想像もしていなかった面白い仕事に巡り会う可能性はまだまだ十分にありますよ!

製品化に関してめっちゃ重要な手助けができるし、お給料高くていいなぁ!って思ったけど、実際めっちゃ強い弾をどこにどんな風に打ち込まれるのかとか”最悪の場合”を考えるとやっぱこわいわ(笑)実際合格して仕事をこなした人にその体験をくわしく語ってほしいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介