生活
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 生活日本のモノづくりを見直そう!すごいぞ!日本のモノ!!

日本のモノづくりを見直そう!すごいぞ!日本のモノ!!

2013/12/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

29-Fotolia_58283031_Subscription_XXL

今治タオル

愛媛県今治で造られるタオルの歴史は100年以上あります。そのタオル製品の良さをもっと普及するべく、2003年に今治市内のタオルメーカーが集結して立ち上げたのが、「今治タオルブティック」です。

それ以来、日本だけにとどまらず、世界中に向けてひたすら使い心地と品質にこだわったタオルを世に送り出しているのですが、その上質の裏には、いくつかのこだわりがあります。

まず、使い心地を重視しています。このタオルは選ばれた綿を使用し、時間をかけて丁寧に作られています。早く大量生産が主流の世の流れに反し、上質な製品づくりに妥協していないのです

また、通常新品のタオルは吸水性が悪いのが一般的ですが、この今治タオルはおろしたてでも水分をしっかり吸収するのが特徴。四国八十八ケ所巡りのお遍路さんへの優しさが、そのままタオルに表れています。

野田琺瑯

創業以来70年以上、職人の手仕事にこだわってきた野田琺瑯(ほうろう)です。現在、本社は東京にありますが、栃木に工場があり、そこで丁寧に作り続けられています。

琺瑯製品の良さは、耐久性が高く、食品の匂いが付きにくいところ。また、継ぎ目がなく、お手入れも簡単です。他にも、ガス、IHなど、どんな調理器具にも対応できるので長く愛用できる、壊れにくい、光沢のあるフォルムなどが挙げられます。

野田琺瑯の製品には、昭和のモノづくりを支えた温かみが感じられ、調理器具、保存容器などを中心に絶大な人気があります。ガスレンジにも似合いますが、現代のIH調理器具ともしっくりと馴染む、野田琺瑯の実力です。

倉敷帆布

倉敷帆布は、明治時代から100年以上作り続けられてきた帆布(はんぷ)です。国産の帆布は今では珍しいのですが、その昔は学生鞄や酒蔵の前掛け、牛乳配達の袋など、丈夫な帆布は、日本の生活の至る所で見ることができました。牛乳配達に手提げ袋なんて、イマドキの平成の子供達には想像もつかないことでしょう。

この100年の中で培ってきたこだわりは、原料の中にも、帆布を織る過程にも、そして製品を作る過程にも見ることができます。帆布の生地は適度な厚みと丈夫さが特徴。その特徴と現代のデザインセンスを融合させた倉敷帆布を愛する人は全国に多くいます。

いかがでしょうか。昨今、海外から安価なものが大量に運ばれてきて、安かろう悪かろうが蔓延しているところがありますが、このような日本の職人さんの想いを大切にし、良いものを長く愛用するということを、これを機にもう一度見直してみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. Martha より:

    “You really do not want every idiot in this country voting. Trust me#8t&221;.o be fair Murph, with some of the folk that have been elected in the US I am not sure that all the idiots don’t vote anyway.

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介