海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応転換期到来か?タクシードライバー派遣アプリ「Uber」の登場に業界が騒然

転換期到来か?タクシードライバー派遣アプリ「Uber」の登場に業界が騒然

2015/09/30
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_2675598862


知らない国へ旅行に行くのは、楽しみであると同時に不安も抱くものです。特に英語が出来ない人にとっては、コミュニケーションが困難になるため辛いと考えてしまいがちですよね。

しかし海外に行ってみると、意外と何とかなってしまうという事を実感しました。日本語として定着した沢山の外来語が、英語としても伝わるので不思議なものです。

それで簡単な会話が出来た時には、「結局同じ人間なんだ!」というありきたりな言葉に、強い感動とこの言葉の持つ意味を深く感じます。

言葉は何とかなるとしても、その国や街の雰囲気にとけ込むのはなかなか大変です。特に数日間の滞在であれば、目的地まで移動するだけでも多くの困難が待ち受けています。その度に「ここは日本じゃないんだな・・・」と痛感するのです。

特にタクシー。国によっては粗暴なタクシードライバーに出くわしたり、お人好しな日本人というの知って高い値段を提示してくるわる~い人達がいます。

ただ単にタクシーを利用する為にも、値段交渉や、詐欺に遭わない様に気を付ける、などそこそこの苦労が必要でした。

そんな中、ここ最近アメリカで開発された“Uber”というタクシーアプリが登場しました。このアプリは多くの国で対応しており、言葉が通じなくてもボタン一つで“安全な”タクシーを呼ぶ事が出来るのです。

そんな素敵なソフトウェアの発達で、タクシー業界はより素晴らしいものになった・・・と思いきや、なんとそのアプリを巡って、ニューヨークで市長も出て来るほどの大反対運動が起きたというのです。一体何があったのでしょうか?

大人気!タクシーアプリ Uberってどんなもの?

このアプリはアメリカ・シリコンバレーで誕生したアプリです。主な特徴は、

  1. スマートフォンで近くにいるタクシーを探し、呼んで利用する。
  2. そのままアプリ内に登録されているクレジットカード決算で支払いも可能
  3. Uberと契約しているタクシードライバーの仕事っぷりを評価でき、その閲覧が出来る(レビュー機能)

 
という便利なものです。旅行先で簡単にタクシーを探せて、尚かつ安全に移動出来る事もあって非常に素晴らしいアプリです。現在では世界54カ国で展開されており、日本では東京で既にサービスが開始されています。

2009年に生まれたこのサービスですが、このサービスを行っている企業が恐ろしい程のスピードで成長していると有名になっています。現在Uber社は500億ドル(約5兆9500億円)の価値があると言われているのだとか。

ちなみにサンフランシスコでのUberの売り上げは5億ドル(約590億円)を記録したそうです。タクシー業界全体の年間売上げは約1.5億ドル(約170億円)ですので驚異的な数字です。

さらにサンフランシスコのみならず、ニューヨーク、ロンドンではその数倍以上の売り上げを記録しているそうです。

タクシー業界からの非難!どうなるUber

そうなると今まで存在していたタクシー会社は黙っていません。新規参入してきた会社に仕事を奪われている訳ですから不満がたまります。その結果、世界中でUberに対する抗議デモが行われました。

ニューヨークではUberに対し、年間1%しか新しい車を増やしてはいけないという条約が提示され、結ばれそうになりましたが、協議の結果それは通りませんでした。

もしこれが採用されていたら、大成長を遂げている企業にとってはフルブレーキをかけられたも同然というところ。

そしてニューヨーク市とUber社は

  1. このアプリによってどのくらい渋滞などの交通状況に影響を与えるかの調査を行う
  2. Uber社が所有するデータを市に渡す

 
という事で合意したそうです。

地元のタクシー業者の反発が大きいものの・・・

アメリカのみならずヨーロッパでもこのアプリの人気は高いです。故にそれぞれの国や地域にある老舗のタクシー業界にとっては死活問題。私がいま住んでいるドイツだと、ベルリンやフランクフルトにて、地元のタクシー業界による反対運動があったようです。

しかしタクシードライバーの中には、家族を養うためという事で、Uberに切り替える事を考えている人もいるとか。

またあくまでこの会社は運転手の派遣サービスなので、“独自の審査”を通じて契約した運転手が派遣されます。そのため、タクシー運転手としての免許を持っていない人間が存在する事を訴えられ、サービス停止になった国もあるそうです。

そういった事もあり、その国の法律に合わせて形態を変えていく必要があるようで、今その真っ最中なのでしょう。

私は長らく日本にいないので、残念ながらどんな風に日本でこのサービスが浸透しているのが分かりません。ですが、こんな便利なサービスがあったら、旅行で本当に困る事はそうそう無くなりますね。

このニュースをどのように海外の人が考えているのか非常に気になる所です。一部コメントを抜粋して紹介したいと思います。

この記事の海外に対する反応

信じられない!

シリコンバレーでは今一体どうなっているのだろう。

賄賂でそまったロビー活動(私的な政治活動)の成果だな。

ロビー活動は民主主義を殺しますね。

このサービスで何千人もの人が仕事を得たが、何千人もの人が仕事を失っただろう。

古いビジネスモデルに対する新しいソフトウェア。素晴らしいです。

時代の流れを感じる出来事だな。

ドイツでは、Uberの市場は規制されているようだ。

Uberはタクシー会社を必要としない、新しいプラットフォームだと思うんだが。

この会社には説得力がある!信頼できるよ!

これらのサービスを行っている会社は社会に強く浸透してくだろう。

反社会的な雇用を持つ全ての企業に対しては、レッドカードをつきつけるべきだ。

このドライバー達は個人で生計を立てる事は出来るのですか?

この会社は違反しているのを知っていて意図的に営業していると思うよ。

税金詐欺で儲けるビジネスモデルだな。

基本的に、こういったサービス競争は消費者にとって素晴らしい事ですよ。

これは利用者に対しての保証はどのくらいあるものなんだろうか。

安い事がすべて成功に繋がるのだろうか?

複雑な問題だなぁ。

Uberがスタンダードになるか?

Uberは、非常に便利でこれから浸透していく様に思えますが、みなさんはどう思いますか?

ソフトウェアの進化で産業が整理されていく事により、今までのタクシードライバーさんは辛くなる事もあるかもしれませんが、私個人としては時代の転換期なのかなぁと思ってしまいます。

数年後どうなっているのか楽しみです。

【参考URL】http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/taxikrieg-de-blasio-knickt-vor-uber-ein-a-1044924.html

ねー聞いて!この前めっちゃ横暴なタクシードライバーに当たっちゃってさ!?すんごい嫌な気分だったよ。タクシー会社は降りるときに5段階評価とかできるようにしてほしい。それが本社へ通知されるやつ。そしたら酷いドライバーも減るんじゃないの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    タクシー業界が大急ぎで政治家に渡す金を用意している音が聞こえる

  2. 日本の名無しさん より:

    時代の転換期???
    違法行為の白タクをデジタル配車してるだけでしょ
    闇医者紹介アプリがあったら闇医者の方が良い、闇薬局の方が良いってなる?
    何で資格、免許制の業界なのか考えた方が良い。事故が起きた時はどうするの?ドライバーが特別な訓練を受けて十分な技能を持ってると誰が証明するの?
    誰が運送車両の適切な整備が行われてると証明するの?
    法に則った認可を受けて営業すれば良いのにそれをしないのはただの違法行為、運転手、客、周りの車や歩行者を危険にさらす行為だよ

    1. 日本の名無しさん より:

      それ、ただたんに日本の法律に乗っ取った会社設立して
      雇うドライバーの免許確認すれば良いだけじゃね?
      Uberのミソはドライバーを評価するシステムにこそあるだろ
      なのでその例えは不適切で的外れだよ

      1. 日本の名無しさん より:

        お前、働いていないだろう?
        1日の運行距離と営業免許区域は誰が判断するんだ?

        1. 日本の名無しさん より:

          あんたは運行距離を知ってどうしたいの?
          安全性→アメリカの例に関してはUberのが上ってのは結論出てる
          免許→あるので闇医者違う
          どうせマイナンバー賛成してるタイプの、他人から税金を取り損ねてると言って余計に腹を減らしてるタイプの嫌儲ちゃんだろ

          1. 2 より:

            ※3は俺じゃ無いからな
            ドライバーの評価がしたいならそういったアプリを作れば良い
            Uberの日本においての問題は法律に則って運用してないからでしょ
            事実、国土交通省から白タクの疑いがあると言われてる
            乗務記録するのは法律で決まってるんだろ、どうしたいって安全の為に乗務記録をキチンと取って保管するのは法で決まってるから守れって事
            マイナンバーとか関係ない事を持ち出してくる詭弁は議論の余地も無い
            反論出来ないからって相手の人格を非難しても意味が無いよ、マイナンバーの賛否が人格の非難になってるかも分からないけどw

          2. 2 より:

            Uberの日本においての問題はみんなのUberとかいう素人を配車する事ね
            ハイヤーですって言い張ってる分は今の所は違法では無いんでしょ

  3. 日本の名無しさん より:

    「安全」というサービスを売る職業は色んな場所にあるし
    いいことだと思うけどね。外国はぼったくり多すぎだよ、行きたくない。

  4. 日本の名無しさん より:

    過渡期の産業だろう。そのうち廃れるよ。
    将来は、i-Roadのような小型が町中で自動運転してくれると思う。

  5. 日本の名無しさん より:

    運転に人は要らないと思うので、過渡期ではあるな。

    峠越えの馬子が消えるとき、彼らはどういう食い扶持を見つけたのだろう。

  6. 日本の名無しさん より:

    日本の大手タクシー会社はすでにタクシーアプリ作ってたような
    海外は個人がメインなのかね

  7. 日本の名無しさん より:

    よくわからなくなるんだけど
    ここの「わたし」さんって=ジョニーなんだよね??

    ジョニーってよくしゃべるよなあ。よく知らないのに…?

  8. 日本の名無しさん より:

    日本じゃ法律違反です
    フランスでもCEOが捕まってる
    調べてから発言しようねw

  9. 日本の名無しさん より:

    そもそも公共交通機関でないタクシーを国がなぜ統制化に置かなきゃならんのか、その理屈がわからんわ

    1. 日本の名無しさん より:

      タクシーは公共の交通機関ですよ。

コメントを残す

みんなが見ている人気記事

まだデータがありません。

キャラクター紹介