海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応【海外の反応】金持ちならパスポートが合法で買える!?安く買える国ランキング

【海外の反応】金持ちならパスポートが合法で買える!?安く買える国ランキング

2014/06/12
このエントリーをはてなブックマークに追加


スーツケースに隠された複数のパスポートと現金の束。この言葉からイメージする職業といえば、スパイ。

007のジェームズ・ボンドのようなイメージが思い浮かびませんか?どんなにピンチになろうと、このスーツケース一つで他国へ素早く脱出。

しかし、ジェームス・ボンドのようにスーツケースに現金と複数のパスポートを詰め込み、世界を飛び回る“経済的市民:economic citizen”が急増しているのです。

外国人投資家移民プログラムを知っていますか?このプログラムは1980年代前半から始まり、今では世界的不況による経済回復の一手段として、各国がこのプログラムを設けています。

市民権の専門家によると、毎年何千人にもの投資家が総計約20億米ドル(約2兆円)もの資産を投じて、2つ目のパスポートあるいは市民権、人によっては3つ目のパスポートを買い求めているとのこと。

この投資プログラムに応募する国籍は主に、中国人、ロシア人、韓国人、また中東諸国出身者となっています。

国の保有する現金が少量で経済的に苦しい国々には、現金を簡単に得ることの出来る人気プログラムです。

ここ2年の内に、アンチグアバーブーダ、グレナダ、マルタと投資により市民権が即もらえるものから、アメリカ、オーストラリアなど市民権申請への道を開いてくれるものまで、富裕層をターゲットにしたプログラムを開設しています。

しかし、プログラムに対する透明性と信頼性についての懸念もあり今年一月には欧州委員会の副院長、ビビアン・リーディング氏のスピーチでは“市民権は売りに出されるべきではない”と述べられています。

現実にはお金に余裕のある国は数少なく、決められた投資額を支払うことにより、実際に現地に住むことなく、市民権が直接手渡されるようなプログラムまで設置されています。要は、市民権(パスポート)が売りなのです。

では、どこの国のプログラムが一番お得なのでしょうか?

ドミニカ国

最もお手ごろな国は、カリブ海の小アンティル諸島の島国、ドミニカ国。10万米ドル(約1千万円)プラス、それに伴う諸経費と同国でのインタビューだけで、市民権が即手に入ります。

しかし、インタビューを行う委員会は、月に一度しか委員会を開催しないため、実際にパスポートが手に入るのは5から14ヶ月はかかるとのこと。

ドミニカ国はかつてイギリス殖民国であったため、イギリス連邦の一国です。イギリス連邦とは、イギリス大帝国を前進とする穏やかな連邦組織で、2012年時点で54の加盟国から構成されています。

そのため、ドミニカ国のパスポートを所持すると、イギリスでは特別なステータスが受けられる上に、スイスなどの各国へビザなしで行き来できる得点があります。

セントクリストファー・ネイビス連邦

セントクリストファー・ネイビス連邦は、1984年より外国人投資家移民プログラムを行っており、このプログラムを最も長く実施している国です。

市民権を得るには2つの方法があります。

1つ目は25万米ドル(約2千6百万円) を国のチャリティー事業、セントクリストファー・ネイビス砂糖産業多角化基金(CIP)に募金する方法。

2つ目は、同国で最低40万米ドル(約4千万1百万円)の不動産投資をする事です。

アンチグアバーブーダ

アンチグアバーブーダーは2013年末に、上記のセントクリストファー・ネイビス連邦のCIPをモデルとして投資プログラムを開始。

同国では、20万米ドル(約2千万50万円)の募金、あるいは、最低40万米ドル(約4千万1百万円)の不動産投資が義務付けられています。

同国の総理大臣、ボールドウィン・スペンサー氏は移民プログラムを採用した理由に、景気後退と伝統的な資金源の事実上の消滅を上げています。

マルタ

とても小さな国、マルタは当初、65万ユーロ(約9千万円)の投資のみで、同国に移住することなくパスポートが授与されるという、EUの中で一番安い投資家プログラムの計画を発表しました。

ですが、欧州当局者より猛反対を受け、現在は115万ユーロ(約1億6千万円)の投資と一年間の滞在で市民権が所得できるように変更しています。

キプロス

キプロスは、EU諸国の中で投資後に即パスポートが授与される国の一つです。投資額は昨年3月に1千万ユーロ(約14億円)から2百万ユーロ(約3億)へと大幅値下げされました。

この背景には、国の財政破綻を防ぐために受け入れざる終えなかった、EUからの救済措置によって多額の損失を受けた、主にロシア人投資家をなだめるための案だと考えられています。

ロシア人投資家は、キプロスに多額の預金があり、この救済措置により多くて60パーセントまでの預金を損失する結果になってしまいました。

【参考URL】
http://www.sknsidf.org/
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-22147643
http://www.migrationpolicy.org/article/issue-no-3-golden-visa-selling-citizenship-investors
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2225339/Hungary-offer-wealthy-foreigners-citizenship-return-investment.html
http://www.cnbc.com/id/101198433

この記事に対する海外の反応

一回きりの投資な上に、税金ゼロ。自国へ多額の税金を払わなくて良くなる最良の方法だよ。

カナダにはこの投資プログラムを通して膨大な移民が入り込んでるけど、テロリストや犯罪者のような人もいて、自国のセキュリティーを危険にさらしてまでする必要があるのか疑問。

多額のお金を払うよりも、アメリカに違法に入国して、ただで国籍もらった方がいいかもよ。

先進国出身者が、このような投資プログラムを通して他国に流れ込んでくる事はないよ。大抵、貧しい国の出身者がフリーで獲られる特権(教育、医療保険など)のために応募するプログラムだよ。

税金の負担を低くしたいなら、シンガポールに行くべきだね。

税金負担軽減のために他国へ移住するのか?セキュリティー、インフラ整備、自然環境など他に考えることは無いのか?

ギリシャは、ここ最近南ヨーロッパで一番安く市民権を売ってるらしいよ。

お金があれば何でも買えるわよね、ここ最近は。

年々、右よりの人が増えてるのは、増えすぎた移民のせいじゃないの?

クック諸島も魅力的だなー。

金目当ての悪徳商法もあるからねー、気をつけたほうがいいよ。

貧しい国は、自分の国を売って、国を切り盛りする時代になったんだね。

パキスタンから脱出したいんだけど、誰か助けてくれる?

アイルランドのように、投資プログラムに失敗して、プログラム自体が無くなった国も結構あるんだよねー。

日本では5年間住み続ければ、永住権が比較的簡単にもらえるらしいよ。

2010年に日本では1万3千人の永住権申請があって、申請者の99%に許可が下りたらしい。

シンガポールは二重国籍禁止だぜー。

ブラジル国籍をとる有利な点は、犯罪者を他国へ引き渡せないことかな。

ブラジルで投資プログラムに参加するのなら、良い法律事務所は絶対必要だね。

ハンガリーのプログラムでは、一定額を投資さえすれば同国を訪問する必要さえないんだって。

スペイン、ラトビア、ポルトガルでは、年一度の訪問が義務づけられてるらしいよ。

ハンガリーのプログラムって賢いよね。金持ちの中国人にお金だけ払わせて、彼らはイギリスに拠点を置くんだもんね。金は欲しくても、外国人は要らないって事だよね。

イギリスはEUから脱退すべきだよ。そうでもしないと、このプログラムで国籍を取った人たちが、結局はイギリスに流れ込んでくるんだからさ。

パナマにも同じようなプログラムあったよね。

国籍はお金で買う物ではないよ。既にお金持ちのロシア人、中国人に国をコントロールされてるよ。

終わりに

お金が有り余ってしょうがない方、大儲けをしたが税金対策で困っている方、いかがですか?2重国籍が認められない日本人。しかし、国籍所得をしなくとも、永住権だけを頂けばいいんです。

後進国に限らず、アメリカ、イギリス、オーストラリア、といった先進国も独自のプログラムを提供しています。

ですので、ジャパニーズドリームを既に手に入れた方、アメリカンドリームを手に入れるのも夢ではないですよ。

不法入国者より金持っているやつ入れたほうが圧倒的に治安もよくなるし、税もとれるからってことか。日本もガチセレブ(アラブ系みたいにお金ガンガン使う人たち)だったらどんどんカモーンな形にして少しでも景気よくしてほしいところ。セレブ難民なら歓迎だゼ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介