海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応世界で超裕福層が激増!広がる貧富の差とお金持ちの買っているもの

世界で超裕福層が激増!広がる貧富の差とお金持ちの買っているもの

2015/10/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

15.shutterstock_152105888


日本は今年で戦後70年を迎えました。戦争という凄まじい経験をし、精神的・肉体的に傷を負いながらもがむしゃらに頑張ってきた日本。マイナスの状態から必死に立ち上がり、世界中からも「日本の奇跡」と呼ばれる程の勢いで発展を遂げます。

そして、この奇跡的な経済発展と共に世界的に称賛された事がもう一つあります。それは所得の平等性。

この世界でも類を見ない程の社会・経済的にほぼ「平等」な社会が作り上げられた背景には、何もないゼロ時点から国民全員が一丸となって国の復興を目指した為と言われています。

また、個人の才能よりもチームワークが重視され、多くの労働者がほぼ同じ給与を貰うというシステムが作り出されていた為だと考えられています。

しかし、こんな世界でも例外的だった日本も、バブルがはじけた90年代以降は経済のグローバル化も手伝って、終身雇用制などの日本独特の労働形態が崩れて行き、貧富の差が徐々に拡大していきます。

現在では、この所得の格差は日本独自の現象ではなく、世界的に蔓延している現象になってしまっています。

止まらぬ勢いで増加する超福裕層

資産総額が3000万ドル(約35億8000万円)以上の超富裕層は、今では世界中に17万2850人いるのだそうです。

彼らだけで全世界の資産中、22兆ドル(約2630兆7600億円)近くをコントロールしており、この総額はアメリカとドイツの国民生産額を上回る金額なのだとか。

また、昨年には新たに5300人が超富裕層に仲間入りしたおかげで、彼らの総資産額が更に70億ドル(約8370億6000万円)増加。そして超富裕層に仲間入りしそうである人口は更に増えると考えられており、10年後には23万人までに拡大すると予想されています。

この超リッチ人口の増加によって大儲けをしているのが、高所得者向けの不動産を販売しているイギリス大手の不動産会社。彼らによると、面白い事に国籍によって希望する不動産が大きく異なるのだそうです。

アジア出身の大富豪はワイン醸造所、中東の大金持ちは馬術専用施設、そして欧米のスーパーリッチはアルプスやロッキー山脈などで別荘の購入を好むのだとか。

超富裕層が多く住んでいる国は?

では、なんとも羨ましいスーパーリッチな人達は何処に住んでいるのでしょうか?同不動産会社の報告によると以下の通りです。

お金10075

そして、この中でも最近注目すべき国がベトナムとカザフスタン。1980年代に計画経済から市場経済に移行したベトナムは、現在では世界で最も速いペースで増加しています。

一方、汚職で名高いカザフスタンもスーパーリッチの発生率は114%とものすごい勢いで増加しているとか。

一体なにを買ってるの?お金持ちの買い物リスト

欲しいものがほぼ全て手に入る超リッチな人達。それだけに彼らがどんなものに興味を持ち、どんなものを購入しているのか気になりませんか?

ここ最近、彼らの間で人気の品物を見てみる事にしましょう。

豪華客船と自家用ジェット機

自家用ジェット機の使用率は世界中で順調に伸びていますが、これを上回る勢いで順調に売れ行きを伸ばしているのが豪華客船。ロシアや中東諸国の治安の悪化にも関わらず、昨年初めに比べて今年は既に売り上げが35%上昇しているそうです。

高級ブランドと高級酒

アメリカの大手総合情報サービス会社、ブルームバーグによると高級品の売り上げは順調で、中古の高級バックや時計、そして宝石を売る産業は190億ドル(約2兆2700億円)、革製品や衣類は40億ドル(約4780億円)程の市場規模なのだそうです。

また人気高級ブランドのバック等をいち早く手に入れるために、市場価格よりも更に高額な値段での購入も彼らの間ではごく当たり前の事だそうです。

高級酒に関しては、イギリスのスコットランド産のウイスキー、スコッチがアジア諸国で売れ行きが好調だそうです。

クラシックカー

人気車は、ランボルギーニカウンタックやフェラーリF40などの1970年から80年代に製造されたスーパーカー。今年の8月には1962年製の「フェラーリ250GTOベルリネッタ」が、史上最高額の約3800万ドル(約45億円)で落札されています。

宝石と美術品

最も需要が高いのが女性用腕時計。しかし、真珠やカラーダイヤモンドもスーパーリッチの間、特に中東諸国で大人気です。ピンク、黄色、そして青色のダイヤモンドの売り上げは2005年から167%伸びているとの事。

美術品は2014年から15%売り上げを伸ばしており、20世紀の彫刻家、アルベルト・ジャコメッティの作品は、昨年1億100万ドル(約120億円)で落札されています。

切手とコイン

切手はアジア諸国で人気が高く、2014年より3%の上昇。コインは同比で13%伸びており、1937年のエドワード8世が刻まれたコインは、51万6000ポンド(約9580万円)で落札されています。

この記事の海外に対する反応

なんてアホらしい世の中になった事か・・・。

自分達の知らない間に、どんどん世の中はアホらしくなっていく。

一部の人間と企業の欲深さには呆れるばかり。

お金持ちになる事は決して悪い事ではないけど、超お金持ちになると政治に手を出し始めるのが問題なんだよね。

超お金持ちが自己満足のために政治に関与しなければ問題ないんだけど、彼らの視線はすべて独自の欲をいかに満たすかだからね。

スーパーリッチが増えるのと当時に、超貧乏な人も増えてるんだよね。

不平等すぎる・・・。

1980年代から極貧生活を送っている人の数は減っているから、スーパーリッチが増えてる事に文句は言えないよ。

ただ、急激に増加している所に疑問を感じるよ。

所得の不平等は最近始まった事ではなく、常にある現象。どうしてここまで大騒ぎするわけ?

本当だよ。世界的に貧困数は減ってるわけだし、以前に比べて貧困から這い上がる為の手段も沢山ある訳だし。なぜここまで大きく騒ぎ立てるのか不思議だよ。

貧困数が減っているなんて信じられないね。

元々多くの資産を持って生まれる人もいるし、何も持たずに生まれる人もいる。人生は元々不公平なもの。どういう境遇であろうと自信をもって生きれば良いんだよ。

アフリカにスーパーリッチが1932人もいるんだ。これからはアフリカへの慈善活動は彼らがすべきだよ。

↑彼らが慈善活動をしてたら、今頃はどの国も豊かになってるよ。欲深い人間が、貧しい隣人に手を差し伸べると思う?

1932人の内、何人か政治家なんだろうね。

↑恐らく全員だよ(笑)

大金持ちにはそれなりの税金を払ってもらわないとね。金持ちを優遇する政策はすべて廃止にすべき。

超富裕層の人達は皆幸せな訳?

↑もちろんだよ。高額な健康保険と空気の綺麗な場所も手に入れることができる。おまけに年5回ほどの休暇付き。不幸な訳がない。

金持ちになることは決して悪い事ではないと思う。努力した証でもある訳だし。ただ、彼らがどうやってお金持ちになったかが問題。

自分より下の人間を利用し、彼らの努力を評価する事なく自分の利益ばかりを追求していく構造がおかしいだけ。

貧困で苦しむ人がいるのに・・・

国際支援団体のオックスファムは、毎晩お腹をすかせたまま床に就く人が未だに数多く存在するというのに、急速に超富裕層の人口が拡大しているのは道徳的に間違っている、と懸念を示しています。

しかし、超富裕層の中には、先祖の財産を受け継いだだけの人もかなりいるはずです。どのくらいの割合の人が自力で大成功したお金持ちなのでしょうか?気になりませんか?

【参考URL】http://www.theguardian.com/business/2015/mar/05/number-ultra-rich-173000-uhnwis-property?CMP=share_btn_link

道徳的に間違ってるとか言われてもな~w 良心に語りかけて財の分配でも提案すんの?たとえ国のトップが進んでやってもみんな続かないよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    こういうのを見ると辛くなるなあ・・・ 日本は人手不足なんだから賃金上げればいいのに

  2. 名無しの より:

    バカでも上士は上士
    マカオのカジノで金を使いまくった男は、今でも贅沢暮らしじゃないの!
    K芸能人の子も、金ばら撒いて乱交してるんちゃう?!

  3. 日本の名無しさん より:

    ジョニーさん、格差の拡大はその国の安定度を脅かすのは歴史的経緯を見ても明らかやで
    道徳的というのは現実的な問題でもあるのや

  4. 日本の名無しさん より:

    一定以上の資産を持った人間は世界の果てまで追いかけて抹殺するルールでもできたらいい
    世の中の大半は貧乏人だからやろうと思えば実現可能な気がするんだけどな
    もちろん世界の発展のために能力ある人にある程度資産は集まったほうがいいという意見も同意するよ

  5. 日本の名無しさん より:

    言ってることは人間としては間違ってないんだろうけど
    例えば個人が資産運用してきたものを全く見知らぬ貧乏人に分け与えることの理由がないよね
    貧乏人が可哀相っていうのがあって世間では「おなかをすかせた子がいる」といえば無条件で同情的に見るけど、富裕層は富裕層で富裕層なりの問題を組織ぐるみもしくは国家ぐるみで抱えてるでしょ(世界何位というレベルの富裕者ね)
    私が金持ちなら貧乏人なんか勝手にしんどけよどうせまた増えるだろうしなと思うよ。冷徹だとか冷酷とかいわれそうだけど。
    その人が自分の持つ事業のどれかに将来的に大きく貢献する人材であるなら投資するだろうけどそうでないのに勝手に金をばら撒いても貧困が改善されるわけがない
    そういう意味でキリスト教でやるような施しは長い目をみれば全く意味を成していない
    世界の富裕層に総資産額に応じた金額を提出させて非営利の職業訓練・教育団体でも作ったらいいじゃない

  6. 日本の名無しさん より:

    ブラック企業の社員は月月火水木金金
    現代の奴隷制を取り締まってくれ頼む

  7. 日本の名無しさん より:

    新自由主義者ぶってカッコつけてるやつほど痛いのはいないなw
    資産100億持ってるならまあいいけど、そうじゃないだろうしなぁ…w

  8. 日本の名無しさん より:

    まぁ早晩この社会構造は崩れるよ

  9. 日本の名無しさん より:

    レーニンや毛沢東が見たら嘆くだろうな 所詮資本主義は不平等を生み出すシステム
    おまけに有色人種が白人を上回り、白人の貧乏人はネットで人種差別をして、ますます
    ヘイトクライムが横行しそう 本来ならどの人種でも実力で勝利する世界が正しいと
    思うんだが、やはり人間は歴史と言い、過去に拘るからな

    おそらく米中でアメリカが中国に負けたら、アフリカや南米は喜ぶだろうね
    「あの憎きアメリカが崩壊し、有色人種の中国が世界一の国になった。
    これからは中国が世界の警察になって、俺たちを支えてくれるだろう」

    白人よりましだと思っていた中国人は実は自民族主義だったと気づくのは
    数百年後になりそうだな そして反日はますます酷くなるだろうな…

  10. 日本の名無しさん より:

    まあ生きるのに必要でもないものをバカスカ買えてそこに生まれたというだけのことでなんでも望みが叶う人と子供なのに売られてすぐ死んじゃうみたいな環境で生きざるを得ない人とがずっとこれからもいる世界では、裕福な人が世界を是正したいと思わず富を独占し続けるなら、貧困層だってにんげんだもの、彼らに恨まれてテロられてもしょうがないよ

コメントを残す

みんなが見ている人気記事

まだデータがありません。

キャラクター紹介