海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応お給料が少ないなんてことはない?

お給料が少ないなんてことはない?

2014/08/27
このエントリーをはてなブックマークに追加


日本では、お給料の金額は経験や勤務数などによって決まり、大抵は年功序列で長く働けば、働くほど多くもらえます。そうは言っても、お給料の額は会社によって異なりますが、もらっているお給料が妥当なものか考えたことはありますか?

ちなみに、国税庁によると日本人の民間企業で働くサラリーマンや役員、パート従業員の平成24年の平均年収は、408万円です。

平均収入も、自分のお給料が妥当かどうかを判断する目安になりますね。また、年代によって平均収入は大きく変わるので、年代別の年収も見てみましょう。

20代:289万円
30代:403万円
40代:468万円
50代:480万円

海外のお給料事情も気になるところ。今回は、アメリカについて見てみます。

アメリカの平均収入は、約500万円と言われています。また、アメリカと日本のお給料の大きな違いは、日本では長く働けば働くほどお給料が増える傾向があるのに対して、アメリカでは能力重視であるということです。

つまり、アメリカでは、若くても、能力があれば、お給料がたくさんもらえるんです。

能力重視のアメリカでは、日本以上に自分がもらっているお給料が妥当なのか気になるところ。アメリカ人を中心に、どうしたらお給料が妥当か判断できるかについてたくさんのコメントが寄せられました。

【参考URL】http://www.reddit.com/r/personalfinance/comments/26yf58/stupid_question_alert_how_do_you_research_the/
http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm
http://life-it.info/trivia-of-money/post-008-t/

この記事に対する海外の反応

(アメリカ)アメリカでは、給料の話をするのはタブーなんだ。

人に話せないから、ネットで調べてもネットで出てくる情報は、給料があまりにも高すぎるものばかりだ。この額は、よっぽど経験がある人がもらう額だと思う。

(アメリカ)インターネットでは、確かに給料のことを調べるのは、難しいね。

Metropolitan Area Occupational Employment and Wage Estimatesという資料が参考になると思うよ。地域別に給料のデータが載せられているんだ。

(アメリカ)僕もこの資料のことを知っているけれど、職業別にも平均給料が書かれているから、僕もお勧めだね。

(アメリカ)私もこの資料のことを知っているけれど、出ていない職業もたくさんあるよ。

(アメリカ)アメリカでは、給料の額は会社かプライベートなのか、そうでないのかによって変わってくるよ。

それと、その人のスキル(学位)と経験数が関わってくるね。

(アメリカ)確かに、自分の給料が妥当かどうか調べてみることは大事だね。

実際、調べてみたら、僕の給料は他と比べたらかなり少ないことが分かったよ。僕の会社で働く人の給料はみんな、安すぎるよ。

僕は経験数でみる給料の平均が知りたいね。誰か、いいサイトや資料を知らないかな。

経験数は、あまり参考にならないと思うよ。

僕のある友人の年収は、約400万だけど、彼と同じ学校を卒業して、同じ学位を持っている他の友人の年収は、約1000万だよ。

経験数よりも、能力が重要だと思うよ。

どうやったら、1000万の年収をもらえるか知りたいね。

1000万の友人は、能力も高いけれど給料の額の交渉をするのもうまいんだ。

(アメリカ)カリフォルニア州では、名門大学を卒業していれば、年収1000万くらいはもらえるよ。

他の州では、どんなかな。

能力重視と言うけれど、私の彼氏は能力があるのにいい仕事に就けないんです。いつも、学位が足りないと断れている。

私は社員のお給料の管轄の仕事をしているけれど、平均収入が書かれた資料を片手に給料の交渉にくる社員がいると、頭が痛いよ。

彼らに、自分達のエリアでの平均給料の額や彼らの経験や学位と照らし合わせて、彼らがもらっていいる給料は妥当だといくら説明しても、怪訝そうに聞いている。

どんなに説明しても、給料の額に納得してくれないんだよ。

給料について交渉する価値はあるよ。実際、僕は交渉して給料を上げてもらったことがある。

そうだね。私は、給料の額を決める立場だったけれど、担当した人達の給料は、一般的なものと比べて低かったから、彼らの給料を上げたことがあるよ。

(イギリス)イギリスでは、http://www.salarygraph.co.uk のサイトがとても便利だよ。年令、地域、職業別に平均給料が出てくるんだ。

私は、みんなとは逆の立場だ。個人で会社を経営しているけれど、自分の給料は、平均年収よりもはるかに高いことが分かったよ。

自分の給料が妥当かどうかは、同じ分野で働いている知り合いに聞いてみても分かるんじゃないかな。

アメリカ政府機関で働いている人は、、政府がアメリカ政府機関で働く人の、地域ごとの平均年収を毎年発表しているよ。これを参考にしたらいいよ。

私は、ウッブ製作の仕事をしているけれど、見る資料によって年収が違うんだ。

あるサイトでは、平均年収が約500万で他のサイトでは約800万円になっているよ。どの情報を信じたらいいか、途方にくれるよ。

500万と800万の平均を取ったらいいんじゃないかな?

僕は、平均収入をもらっていないけれど平均収入が載っている資料をプリントアウトして、上司に見せたら、給料を上げてくれるかな。

そんなことをしては、だめだよ。

まずは、上司に、お給料の額に納得していないことを伝えて、何でその額なのかの理由を聞かなくちゃいけないよ。

(アメリカ)このサイト:http://www.bls.gov/oes/current/oes151134.htmも役に立つよ。

(アメリカ)確かにそうだ。

僕は、実際にこのサイトの情報を使って、上司にお給料のことで交渉したよ。そしたら、お給料を23%アップしてもらえた。

(アメリカ)僕は、indeedというサイトがお勧めだ。職業と地域を選択できるんだ。

(アメリカ)僕も、このサイトを使ったね。そして、あまりにも自分の給料が少ないことが分かったらから、上司に掛け合ったよ。

僕は、お給料の50%アップをお願いしたんだ。結局は30%アップだったけれど、30%アップだって悪くないね。

お給料を30パーセントも上げてくれる上司なんて、なかなかいないよ。

サイトで、平均のお給料の額を調べても信用できないよ。

僕が見たものは、約770万から約1850万なんて書いてある。この差は何なんだ。

一度でいいからこんなにもいりません!っていうぐらい振り込まれていてほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    日本人の給料って、安いよねー…。

  2. 日本の名無しさん より:

    日本だと、修士博士行くと、給料下がる場合があるからなぁ。特に文系。就職すらできなくなる。

    日本も、もっと、努力と年収が比例するようになってほしいですわ。

    1.   より:

      資本主義の世界では「儲けが全て」
      儲けとは「結果が全て」、
      即ち企業は何をしても儲かれば良いとなる。

      努力しようが無かろうが、結果が全てとなる。
      長い目でみればその体質は不毛で不正や賄賂や汚職や政商の温床になるだけど、
      金しか価値が見つけられない人達にはそういう、健全な社会が素晴らしいという概念はそもそも無い。

  3.   より:

    外国人の労働者は「会社貢献度が低かったり」「生産性の向上」とか「サボる事ばかり考えてるから」(契約以外の事はしない)、終身雇用制度が流行らなかった訳だが。

    そもそもガイジンは転職が前提のライフスタイルだから、会社に残ってのコネ活用とか人脈活用とかも余り無い。
    今のアルバイトや派遣だらけの車内を見渡しても同じ、コネどこか社内のコミュニケーションすら可笑しいレベル。

    害資化なんていい事無いし、なんか外国に夢見てる馬鹿が多すぎ、特にIT企業はな。
    ITを知らないアホな、例えば物流なんかもおかしな事になってるし。
    (大量移民推奨=大量単純労働者確保=デフレ悪化=不幸な日本人労働者とワープアガイジンが増える

    ITも物流もガイジンが増えて労働環境も成果品もしょぼくなってる

コメントを残す

キャラクター紹介