海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応【海外の節約術】コーヒーだけで年間57,000円!アメリカ人の驚きの習慣とそこから考える節約の仕方

【海外の節約術】コーヒーだけで年間57,000円!アメリカ人の驚きの習慣とそこから考える節約の仕方

2014/08/20
このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さんは普段お昼や飲み物にいくらお金を使っていますか?お弁当や水筒を持っていって節約に努めている方も多くいると思います。

アメリカのポートランドに引っ越したとある男の人は、町にある無数のコーヒーショップが毎朝コーヒーを求める客で混雑する様を見て驚かされたそうです。

平均$4(400円)のコーヒーを毎日飲めば、年間$570(57,000円)も使っていると気付いた彼。

「お金を節約するための簡単なライフスタイルの変え方」と題されたブログで、日々のちょっとした出費も年間単位で見るととても大きなものであると主張し、以下のように提案しています。

  • 朝コーヒーを買うことをやめて、自分でコーヒーを持参する
  • スーパーは一番忙しい日に行く。そうすれば無駄な買い物はしなくなる。
  • 商品はブランドではなく安いものを選ぶ。味は対して変わらない。
  • クレジットやデビットカードに依存するのをやめて、常に$20(約2000円)を現金で持ち歩く。どうしても足りない時は引き落とす。

この内容に対して、アメリカ人たちから様々なコメントが寄せられています。

【参考URL】http://finance.yahoo.com/news/simple-lifestyle-changes-save-money-130500733.html

この記事に対する海外の反応

そもそも無駄な出費が多すぎる。

毎日のコーヒーをがまんして、お昼も弁当で済まして、自動販売機でジュースを買わないだけでいいんだ。節約ってそういうことだろう。

3つのもっともバカらしい無駄遣いはこうだ

水のペットボトルを買うこと、どう考えても高すぎるコーヒーをスタバで買うこと、そして$20引き出すのに$3もの手数料を払う事だ。

考えてみろよ、手数料15%だぜ!

本当に水道水がまずいと思うならフィルター交換式の浄水器を設置して水筒に入れればいい。コーヒーは自分で淹れればいいし、手数料のかからないところで金を下ろせばいい。

この記事の著者がATMの手数料を払うのをやめる事にひらめきが必要だった事が驚きね。お金はいつ必要になるか分からないし、持ってないのは無責任よ。

そもそも自分の使ってる銀行以外で手数料を払って引き落とすのもおかしいわ。

1杯のコーヒーに$4も使ってるうちは賢いお金の使い方はできてないのよ。

俺は30年間昼食用の水とサンドイッチを自分で用意してきた。

多分最大でも一日$2程度しかかかってない。シカゴの金融街で同じものを買おうとすれば$8はかかる。てことは、おおざっぱに計算しても$6(差額)x250(勤務日数)x30(年数)=$45,000(約450万円)だ。

都市大学に2年は通えるくらいの額になるな。

コーヒーを淹れた水筒を仕事に持っていったら?

お弁当を持っていって、車も自分で洗って、芝生も自分で刈って。携帯も新しいのが出るたびに買い換えないことね。

だいたいの人間は物がいくらするかだけ考えていて、長い目で見てないんだよ。

例えばコーヒーだ。そもそもコーヒーは嗜好品だ。

スターバックスで一日二杯飲めばだいたい$9は使ってることになる。一週間なら$63だ。もしそれを一日一杯$1.75、一週間で$12.25の場所で済ませれば$50以上の差額になる。

一年続ければ$2600(約26万円)だ。一年で見たら差は歴然さ。

今使ってるコーヒーポットは$12.50で、これが一番高いものかな。前のは$8だったけど長い間使えたよ。毎日2度コーヒーを淹れるよ。

たまにもっと便利なのが欲しくなるけど、これで充分事足りるし、出先でコーヒーに大金を使うなんておかしいのさ。

俺がここ何十年もやってきたのは、あまってる金があったら即座に借金の繰上げ返済に充てることさ。手持ちが少なくなれば節約せざるを得ないだろう。

少なくとも、絶対必要でないものを買うことにはかなり慎重になるはずだ。

この記事に書かれてるアドバイスが有用かどうかはそれぞれのコーヒーを飲む習慣の違いによるんじゃないかな。

僕は毎日$2.50のコーヒーを買って通勤してるけど、味も目覚めも充分だよ。自分でコーヒーを作るならだいたい年$200でいけるだろうけど毎日$2.50だろ?

節約してもその分がきっちり貯金できるわけでもないしね。

人を食べようぜ!食費が浮くよ。

マジかよ、これが金をためるのに一番いいアドバイスだって言うなら俺はもう終わりだよ…

バカらしい記事にふさわしいバカらしい内容だったな。

家のローンを除いたらやっぱり子どもに使うお金が一番大きいよね。私だったら周りでやってる無料イベントをしっかり探しておくことをこれから親になる人にオススメするかな。

図書館に地域のイベント、博物館や動物園だって近所の住民向けに無料開放してるときがあるのよ。楽しむために必ずしもお金は必要ないのよ。

俺が思うに、問題は実際どのようにお金を使っているかに注意を払っていないことだ。昔からよく言うだろ、「計画のない奴は失敗する計画を立てている」ってね。

疲れて時間もない時に買い物に行くのって本当に良いアイデアかな?

人が一番判断を間違うのがまさにそういう時じゃない?お腹がすいてる時は衝動的に色々買いたくなるし。一週間分の献立を用意してから買い物に行く、という方がいいアドバイスに思えるわ。

そもそも「高いコーヒー代を削ろう」って考え方がおかしいんだよ。本当に貯金したいなら大きいものを削らないといけない。

家やアパートをワンランク下げたり、安い車を何年も乗ったりだな。

提案されてる方法はどれもこれも基本的すぎる。

老後の生活備える最善の方法は無駄な出費を全てやめること、借金を早く完済して専門家がすすめる以上の比率の額を貯金していく事さ。

子どもを一人18歳まで育てるには平均して$250,000(約2500万円)かかるって知ってる?

時には子どもの数を制限する事も必要なの。生んだなら食べさせないといけないし、育てないといけない。

俺は昼休みが運がよければ25分っていう職場にいた。水筒と弁当は必ず持参したよ。

ある時いつも外食する同僚がどうやって一般的な年収でそんなに旅行やクルーズにいけるんだって聞いてきたんだ。

俺と同じようにすれば毎年奥さんをヨーロッパに一週間旅行に連れて行けるんだぞって教えてやったよ。ショック受けてたな。

まとめ

コーヒーを通じて人生の考え方まで垣間見えたやりとりとなっていたようです。
皆様もここに書いてあることが参考になるかはともかく、日々の出費を見直してみるとやりたいことができるようになるかもしれませんよ!

本当にそうだね。ちゃんと自分で作ったほうが安い。そして何よりも作ることもそんな手間にならない。

やっぱり自分でいれたほうが好みの豆も選べるし、一番いいと思うんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    コーヒー好きで豆も挽いてたけど、今は金が無いからインスタントだぜw
    月600円×12=7200円か

  2. 日本の名無しさん より:

    底辺ほどコンビニで買い物するのが好きだよなw

    金持ちは、普段はスーパーで食材買って自炊。
    たまに手抜きしたい時に外食やデパ地下で惣菜買ってもおつりが来る。

  3. 日本の名無しさん より:

    あの国って日本が飯にこだわるくらいに飲み物に異常なくらい執着するよな

  4. 日本の名無しさん より:

    さらにいうと、水出しコーヒーを作ることをお勧めする。
    前の晩にコーヒーの粉を水に漬け、一晩おく。朝にこして、水出しコヒーの出来上がり。
    お湯でこしたのに比べ、おいしさが長持ちする。
    毎晩2杯分作ればコーヒー代が豆の値段のみ。多分一杯20円か30円ぐらい

  5. 日本の名無しさん より:

    200g豆がだいたい3週間で無くなる
    17袋×700円としたら11900円
    甘い物もつけるけど、こちらは豆代の何倍もするね
    それでも毎日の楽しみのひと時だと考えれば安いと思う

  6. 日本の名無しさん より:

    増税前に3ダース程買ったインスタントコーヒーがもう2ダースを切ってしまった
    相当安い時のまとめ買いだから、次に買うときの値段が恐ろしい 家族で飲むと早いのよ! 

  7. 日本の名無しさん より:

    毎月2キロで3000円位の豆買うけど、それでも足らないから年間だと
    家のドリップ用の豆だけで4万円位かな?

  8. 日本の名無しさん より:

    どんなに豆が高くても、毎日何度もカフェに行くよりはましだろうね。
    でも、行ってしまうよ喫茶店w

コメントを残す

キャラクター紹介