海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応【画像あり】男がお人形さんになるために整形で1,700万円使った結果…?

【画像あり】男がお人形さんになるために整形で1,700万円使った結果…?

2014/07/04
このエントリーをはてなブックマークに追加


10年前に行った鼻の整形からすべてが始まった。ブラジル生まれのロドリゴ・アルベスさんは自分のコンプレックスから解放されるために相続した財産を全身整形手術につぎ込むことを決心した。

現在30歳で客室乗務員のロドリゴさんは今日まで、総額£100,000(約1700万円)をつぎ込み、あご、腹筋、腕、足など全身に12回に及ぶ整形手術を繰り返したが、完全な顔とボディーを手に入れるための彼の飽くなき追求は終わらないと話す。

ロドリゴさんはイギリスの情報番組「This Morning」に出演し、司会者の二人に次のように話した。

「僕はブラジルで育って、ずっと自分自身のルックスがすごく嫌だったんだ。笑うと鼻が顔の横幅いっぱいに広がるんだよ。だから、まず最初に鼻の手術をしたんだけど、僕が期待してたのと違って、あんまり納得いかなかったんだ。

だから、もう一度やったんだけど、まだ100%満足はしてないね」

ロドリゴさんは青いカラコンをつけ、茶色のスーツで番組に登場し、「別に誰かあの有名人みたいになりたいとかっていうわけじゃなくて、最高の僕になりたいんだ。その為に努力してるんだ。」と語る。

「これまで結果を出すために頑張ってきたよ。ブラジルで一番のジムに通って、パーソナルトレイナーをつけたんだ。だけど僕にはうまくいかなかったね。だから整形手術で理想の体を手に入れたんだ。」

面白いことに、彼は別に誰かのコピーをしたいわけではなく、「別に自分のことを立派だと思わないし、こんなことは他の人にはオススメしないよ」と話す。

だが、これ以上の整形手術は体にとって危険なのにも関わらず、誰も彼の整形を止めることはできない。

命の危機!?それでも美しくなりたい!

今年1月、ロドリゴさんは上腕二頭筋と三頭筋、そして肩幅をシリコンを注入して大きくする手術を行った。

術後から数日のうちにシリコンが体内に漏れ、合併症を引き起こし、腕が腫れ上がり、自分で食事もお風呂にも入れない、かなり危険な状態に陥った。

すぐに病院に戻り、体内に流れ出した何リットルもの液体を取り除いた。死はほんのそこまで来ていた。

医師たちは片腕は切断することになるかもしれないと話し、もし体内に漏れだした液体が心臓にまで達し、感染症を起こしていたら、間違いなく死んでいただろうと言った。

だが手術から3週間後、家族や友人達の看護のおかげでロドリゴさんは無事回復し、イギリスにやってきた。

これまでロドリゴさんが受けた手術は、

  • ボトックスの注入 £8,000(約136万円)
  • 3度にわたる鼻の整形 £30,000(約510万円)
  • あごの脂肪吸引 £3,000(約51万円)
  • 腹筋を6つに割れたように見せるためのインプラント £22,000(約374万円)
  • 足の脂肪吸引 £6,000(約102万円)
  • ふくらはぎの形をきれいにみせる手術 £3,000(約51万円)

など、総額1700万円をかけて全身整形を行ってきた。

また年に2回はボトックスを追加注入したり、コラーゲンや増毛のサプリなどを毎日大量に摂取している。ロドリゴさんは「バービー人形の彼氏のケンは理想の男だね。憧れるよ。」と話す。

ロドリゴさんは現在4度目の鼻の再手術を検討しているが、周囲の医師や看護師たちは彼の体のために止めるようにと説得している。

彼は現在、人口の1パーセントの割合で発症するという不安障害という精神障害の治療中です。

この病気は常に他の人と自分の容姿を比べてしまったり、鏡の前で長時間過ごしたり、自分の体のパーツに対し強いコンプレックスを抱いたり、また周囲に人がいると精神的に不安に陥るといった症状がある。

「この病気を治療することによって、これ以上僕が整形手術を繰り返さないようになればいいな」とロドリゴさんは話す。

これだけ整形を繰り返す彼に対し、人々の意見は?

【参考URL】http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2610289/My-100k-quest-perfect-body-killed-I-stop-Cosmetic-surgery-addict-wont-rule-procedures-quest-look-like-Ken-doll.html

この記事に対する海外の反応

彼が受けた手術は本当にひどいね、彼の人格も彼の容姿と一緒に遠くに行ってしまったね。なんで人々はこんなことするんだろう?(スコットランド)

彼の整形前と整形後の写真を見比べても、これだけの体へのリスク、手術に要した費用、すべてひっくるめて、全く価値がないね。(アメリカ)

整形前のほうが断然いいのに、なんでこんなことしちゃったのかわからないわ。(英国)

お金の無駄遣いだよ、前の方がステキだったのに。(英国)

残念だわ。別に批判するつもりはないけど、普通は整形手術を受けて前よりも良くなるのに、彼は本当にバービー人形みたい。手術に費やすお金を心理セラピーに使った方がいいわね。(英国)

確かに手術前は太り過ぎだけど、顔は以前の方がステキだよね。もっとジム行って、エクササイズでダイエットしてたら、もっと魅力的になれたと思うのにな。(英国)

彼はまったく精神障害なんかじゃないだろ。お金が有り余ってて、何に使えばわからないんだよ。だから全身につぎ込んだんだ。

まっこれは彼の選択で、僕には全く理解できないけど、これを精神障害と呼ぶのは本当に精神障害を患っている人に対して失礼だよ。

最近は彼のような人をいかにも精神障害とでっちあげて、高額な治療費を合法的に巻き上げる奴らがどこにでもいるんだよ。彼みたいに利用されないように気をつけなきゃな。(英国・男性)

鼻を整形してマイケル・ジャクソンみたいにした人を知ってるんだけど、彼が一体何になろうとしてるのか、不思議だわ。

ブラジル人なんだし、サッカーとか他のスポーツした方がよっぽど健康的なのにね。自分で努力して自然に痩せることができるなら、体に傷をつけるのは最後の手段でしょ。(英国)

彼みたいに整形手術を行うしか解決策を見つけられなかった人に対して、とても残念な気持ちになるよ。彼は一生自分のルックスに満足することはないんじゃないかって、心配だよ。

ロドリゴさん、誰が君の偽物の腹筋に触りたいと思うんだろう?どこかズレてるよ。(英国)

彼にこんなに大金をつぎ込ませて、こんな風にしてしまった整形外科医は本当に恥知らずだよ。整形業界を監視する機関とかはないのかしら?(英国)

私は自分の歯の矯正をずっとやりたいと思ってるけど、そんなお金ないわ。どうしてこんなお金の使い方ができるのかしら?

しかも、これだけの手術をする間、仕事も休みを取らなきゃいけないのに。(オーストラリア)

鼻の手術に510万円だって?正直、全然前と変わらないけどね。(英国)

なんで彼はこんなことするわけ?どうして顔をいじろうなんて思うのか私には理解できないわ。

表情のなくて、ただのプラスチック人形じゃない。こんな子供のおもちゃの人形みたいになりたいなんて、この世の中何か間違ってるわ。(英国)

この記事に対しては一言コメント「サンダーバードを目指したのか…」
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介