雑学
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 雑学お金でお金を買う!?高額取引される紙幣とは?

お金でお金を買う!?高額取引される紙幣とは?

2013/09/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

古いお金には、その額面以上の価格が付いて取引されることがあります。しかし、私たちがよく見る「珍しい紙幣・貨幣」も、たいていは「100円→300円」のように、「とてつもなく価格が跳ね上がっている」というわけではありません。

しかし紙幣や貨幣の世界では、「とんでもなく価格が跳ね上がっているもの」も存在しています。

そこで、超高額で取引される紙幣や貨幣を見ていきましょう!

1000円札が10万円になる!?

かーっ!1000円札が「10万円」ですか!

しかし、どんな1000円札でも10万円になるわけではありません。ぜひ皆さんもお手元のお札を確認して、以下の条件に当てはまるかをチェックして下さい!

1. お札の製造番号が揃っている

各お札には製造番号が振られていますが(8ケタ)、前後をアルファベットで囲まれていますよね?その前後のアルファベットを除き、真ん中6つが「111111」などのゾロ目、あるいは「123456」などの通しになっているかを確認してください。

ゾロ目や通し番号だけでは10万円にはなりませんが、それだけでも価値はグッと上がるのです。

2. 「AA券」である

続いてチェックするポイントは、「両端のアルファベット」です。2つとも「A」になっていれば、それは「AA券」と呼ばれるお札なんですね。

このように、両端が「A」になっていること、そして真ん中の6つが「ゾロ目」や「通し番号」になっていれば、その1000円札には10万円の価値が与えられます。

さっそく換金しに行きましょう!

私のお札にはなかったけどね…つーか、そんなにお札持ってないし…。

古いお札のAA券

上記で紹介した「AA券」ですが、現在流通しているお札であれば10万円が精一杯の価値と言えます。

しか~し!それが「聖徳太子が肖像になっている5000円札や1万円札」などの古いものになれば、さらにお値段はグッと上がります。平気で20万円以上もしちゃうんですなぁ…。

さらに「未使用券」ともなれば…取引価格の相場は「30万円」ほどに跳ね上がるのだとか…。

よし!じーちゃん家の倉庫を片っ端から捜索だ!そして見つかったら、「じーちゃん、このお札もう古いよ。俺のピン札と交換してあげるね♪」な~んて言って、そのまま古銭商へゴー!(←罰あたりな…)

エラー札

製造番号の位置が間違っている。
カットミスで余分な紙が付いている。

本来なら人間の目で最終チェックをして、そのようなミスがあるお札は破棄されてしまいます。

でも人間ですもの♪見落とすことだってありますよ♪

そうして世の中にデビューしたお札を「エラー札」と呼んでおり、高値で取引されることがあります。

そうそう。1000円札でも1万円札でも、エラー札は高値で取引される傾向にあります。しかし最も高値で取引されるのは、じつは2000円札なんですね。流通量の少なさが価格を押し上げているんですって。10万円以上で取引されるみたいですよ。

でもね~、2千円札ね~。

沖縄にでも行って、探すしかありませんな。

交通費と宿泊代の方が高くついたりしてwww

軍票

軍票ってご存知ですか?戦時中の混乱期、「とりあえず、これをお金の代用にしよう」として発行された疑似紙幣のことです。

軍票の全てが高額取引されているわけではなく、「ろ号券」と呼ばれるものだけ不思議と枚数が少ないんですな。なので高額取引されます。10円札が「約15万円」で取引されるなど、当時の人たちも、平和が訪れた世界で自分たちの疑似紙幣がこんなに高額取引されるとは思ってもいなかったでしょう。

そうそう。西郷どんが発行していた軍票もあるのです。「西郷札」と呼ばれるものであり、西南戦争中に発行された紙幣です。僅かな期間しか発行されなかったので出回った枚数も少なく、その分だけ高額で取引されます。

50銭札が「5万円以上」もするんですって!額面にしてなんと1万倍なり!タイムマシンがあったら大儲けできますぞ!

明治時代のお金

当時の日本には、まだお札を刷る技術が整っていませんでした。そこで日本にやってきたイタリア人技師が、明治時代に「神功皇后」を肖像としてお札を作ったのです。

これが超高額で取引されているんですなぁ…。

なんと、5円札が50万円以上で取引されているのです。もちろん保存状態によって価値は大きく変わりますが、保存が良いものだと60万円近くの値を付けることがあるんだとか…。

さらにさらに、「旧国立銀行券」というお金は、5円札でも100万円以上で取引されることがあります。やはり古くて流通量が少ないと、高額になるんですねぇ…。

よし!じーちゃん家に行ってみよう!待っててね!じーちゃん!(←下心ありすぎ…)

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    ためになりました!エラー札とかはミスは起こりにくいので手に入る確率はスズメの涙ほどですがね・・・。家のお祖母ちゃんも聖徳太子の千円札を持っているのですがゾロ目ではないので値段は変わらないようで・・・・。

コメントを残す

みんなが見ている人気記事
海外の反応
海外の反応をもっと見る
成功者から学ぶ
成功者から学ぶをもっと見る
節約術
節約術をもっと見る
キャラクター紹介