海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応1000万円の借金を4年で返済!その工夫からお金の使い方を学ぶ。

1000万円の借金を4年で返済!その工夫からお金の使い方を学ぶ。

2014/11/05
このエントリーをはてなブックマークに追加


我が家は、がっつり低所得家庭に入る方だと思います。去年、一家の大黒柱である主人が転職し、所得は一気にガタ落ち。30代半ばにして、新卒者の給料と同じになってしまいました。

彼が人生において、「仕事が楽しい」と感じて貰えるようにと、転職にも反対はしませんでしたが、やはり収入が落ちてしまったことは、とても堪え難いことです。

本当は、彼が以前の仕事を続け、今までの生活がずっと続いて欲しかったのが本音です。言いませんけど。

ところで、家計が苦しくなる以前から、一つだけ私たち家族が決めていることがあります。それは、「借金をしない」ということです。当然、ローンも組みません。

ローンと言えば、家や車を買うときに利用することが多いと思いますが、そんな理由もあり、住まいも賃貸です。以前車を持っていた頃は、一括で買いました。

その、「借金をしない」という点においては、やはり「自分たちの稼ぎの範囲で生活する」と決めているからでしょう。ある程度の貯金は守られています。

ただ、主人の転職があってからは、増やすことが出来ていないのが大きな課題です。ここは、母ちゃんが頑張るしかないですよね!と自分を鼓舞しているわけです。頑張ろう。

さて、借金についてですが、皆さんは大きな借金を負ったことはありますか?今回出てくるお話は、アメリカに住むブランドーさん一家のお話です。彼らの借金額は109,000ドル、日本円にして約1100万円です。結構な金額ですよ。

一体どうしてそんな借金を負ったの?

1000万円というのは、とても大きな金額です。でも、どうやってそんなに多額の借金が出てしまったのでしょうか?

普段の買い物では、クレジットカードを使っていたというブランドーさん。ある日、一家は夏休みを使って旅行をする計画を立てました。

ところが、いつも通りにクレジットカードで支払いをしようとすると、カードが使えなくなってしまったのです。

カードがストップしていた!

ブランドーさんの使っていたクレジットカードは全部で5枚ありましたが、その全てが限度額を超えていたんです。もちろん現金は持ち合わせていません。

旅行に行けなくなっただけでなく、ここにきて初めて、「自分たちが思っていた以上に使っていた」事実を知ることになります。

ブランドーさんの収入が低いわけではない

こうなると、ブランドーさんが我が家のように低所得家庭かと思いきや、そうでもないんです。彼はITマネージャーとして働いていて、年収は12万ドル(約1300万円超え)。むしろ平均よりも貰っている方でした。

ということは、その収入以上に「無駄に」使っていた部分が多々あったということで、ブランドーさんは、その生活スタイルを見直すことから始めるのです。

「私たちは、給料ギリギリの生活を送っていた。クレジットカードだったから気づかなかったんだが、給料以上の支出が何年も続いていたんだ。」とブランドーさん。耳の痛いお話です。

まずは、クレジットカードの精査

お金に関して、あまりにも無知だったと悟ったブランドーさんは、まず図書館でお金に関する本を読みます。また、借金の根源となったクレジットカード4枚を解約し、1枚のみを手元に残したのです。

その1枚も使い過ぎてはいけないと、使用限度額を月額1,000ドル(約10万円)に制約。これ以上、カードによって借金が増えないようにしました。

より安く済む方法を実践する

次に見直したのが生活スタイルです。生活に必要な費用は保ちながら、無駄に消費している部分を、工夫しながら削ったのです。

その一つがアイスクリームショップでした。一家は、全員アイスクリームが大好きで、よくアイスクリームショップに立ち寄っていたのだそう。当然店の前を通りかかれば、子どもが行こうとせがみます。

アイスクリームは、専門店ではなく、スーパーへ

そこで、ブランドーさんは子ども達に言うのです。「アイスクリームショップで全員アイスを食べたら、今日のこの1回で10ドル(約1000円)は掛かる。

ただ、スーパーに行ってアイスを買うと、同じ値段なのに一週間、毎日アイスが食べられる。お前達は、どっちを選ぶ?」と。

すると、子ども達は「スーパーに行く!」と言ったのです。ただ単に「お金がないから行かない!」と子ども達の夢を取り上げず、別の手段で叶えてあげる、その「キツ過ぎない」やり方は、とても参考になります。

「同じ金額を使っているじゃないか」と思われそうですが、通算すると、毎日アイスを食べるわけではないでしょうから、スーパーで済ませる方が結果的に安くなるはずです。

無駄な娯楽を省く

また、贅沢な娯楽も省きました。月々支払っている衛星ラジオの費用や、子どものゲームサービス費などを削り、更に減らすようにしたのです。外食の回数も減らし、家で食べるようにしました。

ラジオやゲームなどは、課金しなくても無料サービスで今はたくさん良い物がありますので、これは日本でも取り入れられる節約法ですね。

妻も働く!

支出を減らすだけでは、多額の借金を返すには時間が掛かってしまいます。そこで、もともと専業主婦だったブランドーさんの妻が働くことになったのです。

これにより、世帯収入が以前よりもアップし、その分貯金することが出来るようになりました。

1000万円を4年で完済

結果、ブランドーさん一家は1000万円以上あった借金を、4年で完済することが出来たのです。現在、ブランドーさんの目標は「老後の資金」と「子どもの大学までの学費」を集めることだそう。

【参考URL】http://finance.yahoo.com/news/family-got-109-000-credit-170000291.html

この記事に対する海外の反応

去年、年収900万円貰ってた仕事を辞めて、今450万円位しか稼いでないけど、残業はしてないしストレスもなくなったの。

家も古い家を手頃に買えて、ハッピーよ。

高収入でも低収入でも、それに合わせた支出になってくるもの。たくさん稼いでも結局はたくさん使っていることの方が多い。

お金の使い方が大事。

成長期の子どもが居れば、服もたくさん要るけど、それをフリーマーケットやクーポンを使って買うとかね。

クレジットカードは持たない方がいい。支払いを現金でするようにすれば、そんな大きなミスにはつながらないわ。

学校で家庭科を習う時には、「家計」と「予算」についても学習した方がいいと思う。

俺、同じくらいの借金を3年ちょっとで返したぞ。

時給12ドル(約1300円)でだ。週40時間働いていたところを50時間に増やしたんだ。

私も若い頃そんなに必要でなくても買い物してたし、友達がそうだからと子どもに買い与えたりしてたわ。

アホな記事。年収12万ドル(約1300万円)も稼いでいたら、俺だって4年で完済出来るわ。

いくら高収入だって、クレジットカードには危険な落とし穴がいっぱいよ!

借金が生まれる主な原因は、クレジットカード。

この家族は、高校生にもこのことを教えてあげるといい。

40歳で貯蓄出来ていない人は、65歳になっても変わらない。

こういう節約術って、大抵の人が「デーブ・ラムジープログラム」を参考にしているよな。

私、先日インターネットで節約法を調べようとしてたのね。気づいたら、代わりにAmazon見てたわ。

クレジットカードについて、どれだけ学習してないか、じゃないよ。

学校で教えて貰っても、それは「(教えて貰う)必要がない時」。その大切さに気づくのは、借金を負ってから。

最近、どのくらい金を使っているか洗い直したんだ。で、出費を抑えることにした。

ここ3ヶ月くらいで、今まで使っていた額の半分くらいに抑えてる。

見るからに、裕福な生活してたんだな。アレ欲しい、買っちゃおう!みたいな。

デーブ・ラムジーの本はいいよ、おすすめ。

記事のタイトル見て、頭が痛いわ。

似た状態の問題が私にもあるの。しかも、収入は低い。本当に大変。積んでるわ。

この家族は、お金に無責任な状態から変わったのね。

このニュースが凄いって言うんだったら、億万長者が借金を返すことも、ニュースに取り上げられなくちゃならないだろ。

まとめ

私のような低所得家庭であれば、「こんなに貰っているなら、何故借金をするんだよ」と突っ込みたくなりますが、やはり「収入に応じた支出」+プラスα使っていた、ということなのでしょう。

高収入だから沢山貯金できるかと思うと、そうでもなくて、彼らには「それに見合った支出」が出てくることがあります。

当然、収入に見合う、高い家賃の所に住むでしょうし、子どもの習い事の数も増えるでしょう。

大事なのは、「収入に見合った支出に抑えられているか」ということです。マイナスにならないように、月々のお金の流れを把握しておくことは、マスト!ですね。

まず図書館に行ってお金の勉強をするブランドーさんかわいいね(笑)たくさん稼いでいたのに、いくら使っていたかも知らなかったっていうのはさすがにバカだな~と思うけど。節約したり奥さんも働いたり、少しの努力でかわるものなんだから、やっぱり”知らない”っていうことは怖いよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    年収それだけあれば2年で返せる。

  2. 日本の名無しさん より:

    2年で1000万貯めた俺からしたらだからなに状態

  3. 日本の名無しさん より:

    最近は借金を最初からしないように「Tiny House」というのが流行っている。
    固定資産税も無い。
    物凄く良く出来た家と、物凄く条件の良い土地なら、[水・電気代]も不要になる。
    太陽光パネルと浸透膜浄水でね。
    それで家賃も要らないとなると同じ給与でも可処分所得が月10万は増えるそうだよ。
    凄いよね。

  4. 日本の名無しさん より:

    こういうのって結局は「収入があるから返せる」ってだけなんだよな
    この前コンビニで「手取り18万で1000万貯める方法~」って本があったけど
    事務職の他にアフィリエイトとかで月10万副収入があって~ってのでアホかって思った
    手取り18万と28万じゃ全然違うだろと

  5. 日本の名無しさん より:

    この記事はなんかおかしい。まるで偽物を薦めてるようだ。
    アイスクリームなど嗜好品は食べない方がいいんだよ。
    やらなきゃいけないことは子供を説得して回数を減らすことだよ。

    ゲームの無料サービスって、、、ねえ。。。

  6. 日本の名無しさん より:

    借金まみれの貧乏人が創意工夫で1000万円返済と思いきや
    年収1300万円だったでござる
    なんだこれ

  7. 日本の名無しさん より:

    4年で1000万てことは、1年で250万。
    年収1300万で返済しながらでも毎年1100万余るって、今までの生活水準と変わらないだろ。
    そんなもん誰でもちょっと節約すれば返せるわw
    なんの参考にもならん。

  8. 日本の名無しさん より:

    もっと現実的な記事を載せてや
    アホらしくて全く参考にならん

  9. 日本の名無しさん より:

    妻も働くなら妻の収入を生活に全てあてて
    旦那さんのほうの収入は全て返済にすれば
    1年くらいで返済じゃん?
    年収は12万ドル(約1300万円超え)で
    1000万円の借金なんでしょ。
    子供がいるいないで変わるだろうが無駄に使わず
    旦那さんの収入は全て返済にすれば
    年収1300万なら1000万を
    1年で返済できないの?

コメントを残す

キャラクター紹介