海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応インド人教師の初任給の使い道

インド人教師の初任給の使い道

2014/07/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段私たちが気軽に通っているファーストフード店は、インドの大多数の人たちにとってはとても高級なものだそうです。

例えば世界のビッグマックの値段のランキングによると日本は42位で2.97アメリカドル。

インドは56位で1.54アメリカドルですが、インドの平均月収は約43000円ほどで、収入の差や、貧富の差が激しいことを考えると日本でファーストフードを食べるのと、インドで食べるのとでは大きな違いがあるようですね。

そんな特別なマクドナルドでおこったとても心温まる話が海外で話題になっています。

初任給で恵まれない子供たちにマクドナルドをご馳走した先生、Salute!

【参考URL】http://www.reddit.com/r/pics/comments/1vtyof/crosspost_rindia_this_guy_took_some/
http://www.777money.com/torivia/torivia4_4.htm
http://ecodb.net/ranking/bigmac_index.html

この記事に対する海外の反応

きっとほとんどのアメリカ人には、この先生がとった行動が恵まれない子供たちをどれほど喜ばせたかなんて想像もできないだろうね。

僕はインドの貧乏な家庭で育ったんだ。ホームレスになるほどではなかったけど、とても余裕があったとは言えないような家庭だよ。

インドではマクドナルドはとても高級なんだ。

僕の国では2千万から3千万人の客が利用しているって言うけど、それでも10億人以上もの人々が住んでいるインドでは、80%近くの人たちは一度も利用したことがないんだ。

インドのマクドナルドはとても清潔で、全部英語で書かれているから教育を受けていないインド人にとってはとても入りにくい雰囲気なんだ。

アメリカだったらお金がない人でもマクドナルドを利用しているけど、インドではエリートしか入らないんだ。

僕が子供の頃はよく外から眺めたりしてたけど、僕も母親も中へは怖くて入れなかったよ。

初めて僕がマクドナルドに行ったのは初めての就職が決まった直後で自分にすごく自信があって、綺麗な服も着て入ったんだ。

友達と一緒に行ったんだけど、周りを見渡してみると、他のお客さんたちも自分たちと大して変わらないってことに気付いたんだ。

今は金銭的にもマクドナルドに通って、McTikkaバーガーみたいな普通なバーガーも注文できるんだ。

このマクドナルドに通えるってなっただけで、僕にとってはとても大きな壁を越えたようなものなんだ。これからきっともっとこんな機会がインドの人や中国の人たちに起こると思うよ。

僕も今アメリカに住んでいてうまくいっているから、教師になって初任給を恵まれない子達の為に使った彼の気持ちはすごくよくわかるよ。

↑私はオランダのマクドナルドで働いているんだけど、インド人のビジネスマンの人たちがよく夕食を食べにくるよ。

いつもきっちりとした格好で来るから、何かインドの人にとって重要な場所なのかなって思ってたの。

↑僕もインドのマクドナルドに行ったことがあるよ。けっこう現実的な経験だった。インドの中では貴重な清潔で、整理整頓されている場所だったよ。

実際、アメリカにある店よりもきれいに掃除されていたよ。メニューもすごく豊富だった。アメリカにもこんなメニューがあればいいのにって思ったよ。

でもインドの旅からちょっと休憩するつもりでマクドナルドに入ったのに、半分だけ食べたあたりで停電したよ。さすがインドだ。

インドのマクドナルドって何の肉を使ってるんだろう?

↑ほとんどチキンかな。

彼はとても良いことをしたね。彼の行動はきっと世界の恵まれない子供達のことをもう一度考え直すきっかけになったはずだよ。

マクドナルドをおごってもらえたのは良かったと思うけど、不健康だよね。カロリーも高いしさ。肉もすごく悪質なものを使ってるんだよ。

↑食べ物の質の問題じゃないんだよ。彼が子供たちに今までできなかった経験をさせてあげたってことが大事なんだ。

見ず知らずの人が、子供たちのことを考えてくれたってことが子供たちはどんなにうれしかったか。

以前モントリオールに行ったとき、サンドイッチを買ってホームレスの人と一緒に食べたことがあるんだ。彼はとても喜んで、今までに過ごした中で一番嬉しかった時間だって言ったんだよ。

僕が帰るときには泣きながら何度も何度もお礼を言ってくれた。僕があげたのはたった10ドルのサンドイッチと時間だけだったのに、まるで100万ドルあげたように感謝をされた。

僕たちはよっぽどバカなことをしないと世間から見下されたりはしないけど、彼らはいつでも苦しい環境にいるんだよね。

昔お世話になった数学の先生を思い出すなぁ。

何て美しくて、優しい話だろう。とても人間らしい行動だね。世界にはもっとこんな人が必要なんだよね。

この瞬間だけは辛い生活を忘れられることができたんだろうね。少しの優しさがどれだけ人を助けられるんだろう。自分たちが持っているかすかな優しさを忘れないようにしよう。

私は彼がしたことは残酷なことだと思う。確かに今までに食べたことのないような美味しい物を食べられて、この瞬間はきっと幸せだったと思う。

でもこの先ほとんどの子達がもう二度とハンバーガーを食べられないかもしれないのに、美味しい味を覚えたらきっと辛い思いをするはずだよ。

↑でもきっとこの経験は子供たちのこれからの15年を支えてくれるんじゃないかな。

僕はインド料理の方が好きだけど、子供たちにとってはマクドナルドは別世界の食べ物で、高級で、めったにないご馳走だったんだろうね。

僕はインド人だけど、マクドナルドとかファストフードを食べるとよくお腹を壊すんだ。屋台で食べても一度も壊したことがないのにね。

彼にメダルを贈りたいよ!

ハンバーガーなんて急に食べて子供たちがお腹を壊さないか心配だよ。

彼は素晴らしいね。何て優しくて慈悲深い行動だろう。

感動的だね!こんな話は地球の将来に希望を持たせてくれるよ。

まとめ

子どもたちの顔がとてもうれしそうですね。先進国に住んでいる自分にとっては何てことないファーストフードでも、海の向こう側では全く別の物に見えているんですね。

これから先食べられないかもしれないのに残酷だと言っている方もいますが、他のコメントにあるようにこの教師の様な行動をする人が増えればきっと何かが変わるのではないかと思います。

一食一食に感謝いていただきたいです。これからはファーストフードが違った味に感じるかもしれません。

インドは今だにトイレが無い家が多かったり、身分制度が残っていたり…色々辛いことが多い中、こういう素晴らしい教師がいることで少しはましになるよね。

この写真の子どもたちをみてくれよ、本気で切ない雰囲気でまくり。日本人の子どもならもっと元気だったり笑顔いっぱいなのにな。。。涙がでてくるぜ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介