海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応今年の夏、一番の映画はこれ!「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

今年の夏、一番の映画はこれ!「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

2014/07/26
このエントリーをはてなブックマークに追加


日本の作家、桜坂洋のライトノベルを映画化した作品が、6月6日に世界各地で封切されました。日本では7月4日に公開予定ですが、興行収入が早くも約82億円を超え、話題になっています。

全世界の歴代興行収入第一位は、「アバター」で、およそ2780億円。この勢いでいけば、この額に達するかもしれません。

主人公は、日本でも大人気のトム・クルーズ。映画が、日本の作家のライトノベルを基にしているだけあって日本でも大ヒットすると予想されています。

また、6月6日にこの映画を封切した国の中でもアジアでの興行収入が多く、中国ではおよそ25億円、韓国では約17億円の興行収入を上げています。

アメリカでは、興行収入がおよそ30億円、フランスでは3億円だったことを考えると、中国や韓国での興行収入がいかに高かったのが分かります。

日本で公開された時の興行収入がいくらになるか気になるところですが、日本公開を前に、この映画の海外の反応を見てみましょう!

【参考URL】http://variety.com/2014/film/news/edge-of-tomorrow-tops-foreign-box-office-with-82-mil-1201215924/
http://www.reddit.com/r/movies/comments/27ouyh/edge_of_tomorrow_tops_foreign_box_office_with_82/

この記事に対する海外の反応

昨日この映画を見たけれど、本当に素晴らしかったよ。アクションが凄いんだ。非の打ちどころがないね。

主人公が、映画の中で成長していく姿に心を打たれたね。

僕が行った劇場では、笑いが絶えなかったよ。

そうだね。わざと笑わせようとはしていないんだよ。自然と笑いがこみ上げてくるんだ。

一時も画面から目が離せなかったね。

「ほんの少し訓練を受けただけだ。」というセリフにあったけれど、そんなのは嘘だ。相当のトレーニングを受けているよ。

僕は、この映画を絶対にお勧めするね。映画の予告を見たけれど、映画は、それ以上だよ。映画で気に入ったのは、セリフかな。

「あなたは、アメリカから来ましたか?」
「いいえ、ケンタッキー州から来ました。」
「あなたは、アメリカ人ですね。」
「いいえ、ケンタッキー州出身です。」

このやり取りは笑えたね。

実は、私は映画を見たけれど、最後がよく分からなかったよ。誰か説明してくれないかな。

確かに、いろいろな解釈の仕方があるからね。

編集がうまいと思うよ。同じことが繰り返されているんだけど、飽きないんだ。

主人公が、今までのトム・クルーズのイメージと違っていたのがいいね。

映画を見ていて、トム・クルーズが演じていることを忘れてしまうくらいだった。

そうだね。彼の演技は、素晴らしかったね。

僕が映画にお金を払うのは、映画の中のトム・クルーズを見に行くでのはなくて、トム・クルーズが彼の演技によっていかに映画をいいものにしているかを見に行っている。

この点、彼は裏切らないよ。次の彼の映画も見に行くね。

日本の小説が、うまく西欧の映画にうまく創り上げられていると思う。

この小説は、7年前に書かれているよ。私は、原作を知っているけれど、映画では、変更されている部分がたくさんある。

僕には、なんで変更したのか、その理由が分かるよ。

そうなんだ。知らなかったよ。

僕も、半年ほど前に、その本を手にしたよ。

本の近くには、「近日、映画公開!トム・クルーズ出演!」って書いてあった。

小説だけじゃなくて、漫画もあると聞いたけれど、本当かな?

本当だよ。漫画も、とても良かったね。

オバタという人がイラストを描いているけれど、このイラストがいいんだな。

普通は、アクション映画は好きでないけれど、この映画は別格だ。

本当にすごいんだ。映画の世界に引き込まれたよ。

私は、必死でこの映画が凄いって友人に勧めた。

まずは、トム・クルーズが別人の様だったこと。それに、とても斬新でペースも良かった。

本当にいい映画は、アメリカでは流行らない傾向があるのが、残念。是非、アメリカで、この映画が話題になって欲しいよ。

この映画は、夏にヒットするのは間違いないよ。こんな映画は、数年に一本くらいしか出てこないと思うよ。

この映画では、進化したトム・クルーズが見れるよ。

その表現、ぴったりだね。友達に、この映画を勧める時に、使わせてもらうよ。この映画の良さをどう表現していいか分からなくて、困っていたんだ。

このコメントにお礼を言うよ。僕は、この映画を見に行かないつもりでいたから。

トム・クルーズを見に、映画館に行く必要はないと思っていたからね。

この映画に出てきたエイリアンが良かった。僕と同じ意見の人はいないかな。

君の言いたいことが分かるよ。印象に残っているもの。

この映画は、この夏一番の映画だよ。たくさんの人に見てもらいたいね。

もしこの映画がヒットしなかったら、宣伝が悪いんだよ。本当にいい映画ほど、宣伝不足ということがよくあるからね。どうしたら、この映画を世界に広められるかな?

(アメリカ)アメリカでは、映画公開時の興行収入目標をおよそ30億円くらいとしていたけれど、もう達成しているみたいだね。

宣伝もうまくいっているんじゃないかな。

宣伝では、3Dを売りにしているけれど、これは良くないと思うよ。映画は、ただの3D映画ではないからね。

トム・クルーズのイメージが強すぎて、映画そのものの良さを世界に売り込むのは難しいと思うよ。

映画の「ゴジラ」の宣伝はうまかったね。ゴジラは、日本のキャラクターなんだけど、アメリカオリジナルの映画の様に思えたよ。

すごい傑作だから、絶対に見に行かなきゃという気持ちになったのを覚えているよ。

SF映画は、宣伝するのが難しくて、興行収入を上げるのが大変だけど不可能ではないよ。

実際、「アバター」が世界興行収入第一位を達成しているんだから。

この映画の宣伝は、よくやっていると思うよ。何が大変って、競争が厳しいことだ。他の映画も同じように、うまく宣伝してくるからね。

私の娘が、この映画のオープニングイベントに行ったよ。前から申込みをしたから、イベントに行けたんだ。

イベントでは、メディアもたくさん来てみたいだね。

とてもいい映画なのに、宣伝が下手だと思うよ。同じ映画の予告編ばかり流すんだ。

他に宣伝の方法はあるんじゃないかな。

映画の予告編を見たけれど、出来は良くないね。映画の良さを伝えていないよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

キャラクター紹介