海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応社会保障制度を良くするために高齢者に増税するの!?

社会保障制度を良くするために高齢者に増税するの!?

2014/12/30
このエントリーをはてなブックマークに追加


イギリスの経済学者のKate Bakerさんによると、イギリスでは高齢化に伴い特に高齢者にかかる社会保障費の額が増えると予想されています。彼女は、さらに増える社会保障費は恩恵を受ける高齢者が支払うべきだと訴えています。

いったいどれくらい社会保障費が増えるの?

彼女によると、どうしても医療ケアが必要な人たちにかかる費用を無料で提供するには、年間でおよそ5569億円かかかります。また、もし医療ケアをどうしても必要な人たち以外にも無料で提供すると、この額は2兆6千億円になると予想されています。

医療ケアを無料にするには高齢者が負担すべきなの!?

医療ケアを無料にすると、それだけ政府の負担額が増えますが、経済学者のKate Bakerさんは、その分は恩恵を受けることの多い高齢者が負担すべきだと訴えています。

この意見を世界の人たちはどう受け止めているのでしょうか?

【参考URL】http://www.telegraph.co.uk/finance/personalfinance/insurance/longtermcare/11075305/A-better-care-system-Then-tax-todays-pensioners-more.html
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/234.htm

この記事に対する海外の反応

高齢者たちは増税されるなんて思っていないから、そのための蓄えがないと思う。もし高齢者に増税するにしても、かなり早くから告知しないといけないと思う。

私たちは十分に税金を払っている。政府はたくさんお金を持っているはずだ。問題は、移民にお金を使いすぎている事だと思う。

増税しないで、納めている税金でうまくやりくりして欲しい。(イギリス)

年金生活で収入がない人達に増税する気がしれない。医療がたとえ無料になっても、その恩恵を受けるのは重度の病気の人達だけだ。

高齢者に増税をしたら、彼らの生活が益々厳しくなるのは目に見えているよ。

高齢者に増税をするくらいなら、発展途上国への援助を止めるべきだと思う。発展途上国への援助額は莫大な額だ。高齢者の医療費用を十分に賄えるよ。

医療ケアを無料にするなら、高齢者が受けているテレビの視聴料や暖房費の無料サービスを辞めるべきだと思う。

高齢者に何もかもサービスしていたら、いくら予算があっても足りないよ。

イギリスの年金額は、先進国ではかなり低いと聞いたことがある。こんな状況でさらに高齢者に負担を与えるは酷だと思う。

イギリスでは高齢者にテレビの視聴料を無料にしたりしているけれど、こうしたサービスをすべて辞めて、年金額を上げるべきだと思う。

それぞれにニーズが異なるから、年金額が上がった方が高齢者にとっては有難いと思う。

ケアが必要な高齢者がなぜ増税されなければいけないんだ。彼らは現役で働いている時に十分税金を払ったんだ。今度は現役で働いている人たちに支えてもらわなければいけないよ。

↑同感だ。

高齢者に自分で自分の面倒を見るように言っているのと同じだ。彼らの子供たちが、自分の親の面倒を見る負担が減って楽になるのがいいとは思わない。

高齢者にもっと敬意を払わないといけないと思う。

イギリスの政治家は税金を使い、足りなければ増税をしてくる。本来なら、お金が足りなければ、いかにお金を有効に使えるか知恵をしぼるべきなんだ。

十分にお金を持っているはずだから、うまくお金のやりくりをして欲しい。

イギリスは軍事にお金をかけすぎていると思う。余計なことにお金を使わないで、税金はイギリス国民に還元するべきだ。

イギリスの年金額は文明世界の中では、メキシコの次に悪いんだ。なのに、イギリスのお金持ち(国民の10%)は今までにないほどの富を得ているという。

一部の人が富を独占していると思う。

イギリスにある外国の企業は税金を払わなくていいけれど、これは間違っていると思う。高齢者に増税するくらいなら、彼らにも税金を課すべきだ。

アフガニスタンやシリアでの戦争にかかる軍事費を見直すべきだ。最近では、イギリス政府がロシアと戦争する計画を立てていると聞いたりもした。

戦争に使うお金はあって、医療費にかけるお金がないなんておかしいよ。

↑軍事費は絶対に必要だ。戦争をしなくても、軍を持っていなければ、他の国にやられてしまうかもしれない。

私たちの国の高齢者のうち、200万人は貧しい生活を送っているというデータを最近見た。高齢者に食事を普及するサービスをよく見かけるのもこのためだと思う。

生活に困ったことがない経済学者だからこそ、彼らの本当の状況が分からないんだと思う。(イギリス)

高齢者のための予算を増やしていくべきだと思う。でも、この予算を高齢者に要求するのはおかしいよ。今の若者だっていずれは年と取って、この恩恵を受けるんだから。

↑僕もそう思う。

ただ予算は、急に必要な額を確保できないかもしれない。少しずつ他の予算を減らして、高齢者のために必要な予算を増やしていくしかないよ。

高齢者はこれまでに十分税金を払っていることを忘れたのかな。彼らが払った税金は、彼らが若かった時の高齢者に還元されているんだ。

彼らは今の若者に支えてもらう番なんだ。

僕たちは高い税金を払っているから、イギリス政府はお金を持っているよ。問題は、彼らがそのお金を戦争と移民たちにたくさん使っていることだ。

移民は、仕事に就いていない人もいて税金を払っていないことも多い。これはおかしいよ。(イギリス)

ベビーブームの人達が高齢になってきているから、特に大変なんだと思う。それとイギリスには、失業をしていて手当をもらっている人が結構いる。もちろん彼らは税金を払っていなんだ。これも問題だと思う。

僕たちの政府は、移民に対してのケアが過剰だと思う。政府は、意味が年金生活者を支えるんだと言っていたのを覚えているけれど、その兆しも見れないよ。(イギリス)

高齢者のケアは今の状態でも問題ないんじゃないかな。イギリスにはたくさん慈善団体があって、例えばホームケアのサポートを無料でしている。

このサービスのお蔭で、死を家で迎えたい人たちは最期まで医療ケアを無料で受けれるんだ。

これまでたくさん税金を払ってきた。定年した今、今度は恩恵を受ける番だ。収入が年金しかない私たちに増税するなんて考えられないよ。(イギリス)

まとめ

政治家の中には、医療ケアを良くするためには高齢者に増税するという経済学者の意見に賛成している人もいます。でも一般の人たちは大反対です。特に、イギリス政府は戦争と移民に多くお金を使っているという意見がありました。

また、イギリスでは物によって消費税がかかったりそうでなかったりしますが、消費税率はなんと20%。所得税もある程度収入があると40%を超えることが多く、イギリス国民は十分すぎる程、税金を払っていると感じているのです。

軍事費も移民対策の費用も、高齢者の社会保障も、みんな大切なことだからうまいこと税金振り分けてつかってほしいんだけどな~…。賢い人が集まっていろいろ試行錯誤してくれてるんだから、ボクみたいなのがこんなこと言ってもねって思うんだけどね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1.   より:

    >高齢者たちは増税されるなんて思っていないから、そのための蓄えがないと思う。
    日本人は貯めこんでると思ってる。

  2. 日本の名無しさん より:

    日本の場合高齢者は勝ち組負け組はっきり分かれるからな。
    金持ちの高齢者と生活保護レベルの底辺の高齢者の2パターン。
    社会保障費だけで20兆以上超えて財政負担がきついから社会保障の削減か税金で補充するしかない。
    独裁国家なら老人皆殺しにすりゃっていう暴挙はできるだろうが日本じゃそんなの無理だから結局増税しかないのよね。

  3. 日本の名無しさん より:

    高度医療の発展のマイナス面だよね

  4. より:

    移民に食われてるからなあ

コメントを残す

キャラクター紹介