海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応反欧州連合運動家が言えない事…イギリス人も認めたくない真実

反欧州連合運動家が言えない事…イギリス人も認めたくない真実

2015/05/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_197199878

総選挙を5月7日に終えたイギリスですが、選挙までの各政党の選挙キャンペーンの勢いはすごいものでした。

イギリスでは伝統的に2つの主要政党、労働党と保守党が主に活躍する2大政党制でしたが、現政権は保守党と自由民主党が連立した連立政権となっています。

しかし、この3大政党に加え、ここ最近急速に支持を集めている政党があります。
その政党の名はイギリス独立党、通称ユーキップ。

ユーキップは欧州懐疑主義を掲げる右翼政党です。
EU諸国から流れ込んでくる多くの移民に嫌気をさした、特に労働者階級市民からの絶大な支持を受け、着実に支持率を伸ばし続けています。

そのため、ユーキップの絶える事無い支持率に危機感を感じた各政党が、今では政策内容にそれぞれ異なりはあるものの、ユーキップが掲げている反移民政策、特に「東ヨーロッパの貧困国から流入する移民に対する何らかの政策」を公約の一部にあげる始末。

しかし、最近この反移民政策に疑問を投げかける記事が発表されました。
今回はこの驚くべきレポートを紹介します。

EU圏内で3万人のイギリス人失業者

お金4995
イギリスでの反移民感情のもともとの原因は、福祉手当を受け取っている移民に対する反感。

しかし、今回の調査結果を見てみると、実は国によっては、その国で失業手当をもらっているイギリス人の数人は、イギリスで失業手当を受けているその国民の数をはるかに上回っている場合がある、というのです。

国別に例にあげてみると、ドイツの場合、イギリス国内でドイツ人が失業手当をもらっている数の、4倍のイギリス人がドイツから失業手当を受けている。

アイルランドでは、イギリスに住むアイルランド人の失業手当受給者の、約5倍のイギリス人がアイルランドから失業手当を受けているというのです。


これは、移民への福祉手当に何らかの制限をかけたいと主張するイギリスにとっては、非常に恥ずかしい話です。

この報告は27のEU諸国のうち、23のEU諸国からの回答を集計したもので、この報告によると3万人のイギリス人がEU諸国で既に失業手当を受給しています。

また、イギリス人にはあまり知られていませんが、EU加盟各国のイギリス人に対する失業手当の金額は、イギリスよりもより高額に設定されています。

例えば、フランスで失業手当をもらっているイギリス人は、イギリスでの支給額よりも3倍以上の手当てをもらっているのだそうです。

移民はイギリスに負担…?

このイギリス人の失業手当の受給者は、地理的に偏りが見られます。

例えば、

  • フィンランド
  • スウェーデン
  • デンマーク
  • ベルギー
  • ルクセンブルグ
  • ドイツ
  • オーストリア
  • フランス
  • アイルランド

 
での、イギリス人失業手当受給者数は23,011人。

しかし、最近EUに参加している経済的に貧しい東ヨーロッパ諸国で失業手当をもらっているイギリス人はほとんど居ません。

しかしここで注目すべきなのは、上記に述べた9カ国の国民がイギリスで失業手当を受けているのはたったの8,720人。

つまり、3倍近いイギリス人が、上記の国においては、その国の社会福祉に頼っている事になります。

「多くの移民がイギリスで社会福祉手当を受給しているために、イギリス経済に悪影響を及ぼしている」と信じられていますが、逆に、イギリス人が他国の経済に負担を掛けているケースも国によってはあるのです。

この記事の海外に対する反応

イギリス人もEU諸国で福祉手当を受け、市営住宅に住み、彼らの子供達は無料の公立学校に言ってるんだ…

政治家は決して言わないけど、94%の移民はしっかりと税金を払っていて、イギリス経済にかなりの貢献をしてる。

しかも、イギリスに流入してくる移民のほとんどは若くて健康な若者で、イギリスの医療機関にもそんなに負担は掛けていない。

結局のところ、イギリス政治が自国の利益しか考えない大衆主義に傾いているだけ。

政治家の言う事をそのまま受け取る国民が多すぎ。

イギリス政治家やメディアの移民に対する最近のバッシングは酷すぎる!

EU諸国でイギリス人の失業手当受給者が多い、といっても、イギリスで失業手当を貰うポーランド人は多すぎるよ。

EU諸国の中でこんなに福祉手当の違いがあるなんて知らなかった。

ルクセンブルグの失業手当は、失業前の給与の80パーセントを4年間までもらえることになってる。イギリスの失業手当ではまともな生活は出来ないよ。

移民問題で対策を採るべき対象は、EU諸国外からの移民。

イギリスでは2%のポーランド人が失業手当を受けている。イギリス人の失業手当受給率の6%に比べたら、遥かに低い割合だと思うけど。

80万人のイギリス人がスペインで暮らしていて、その内の20%が年金受給者。そして残りのほとんどが50歳以上の高齢者。

そのため失業手当は受けていなくても、スペインの医療機関に物凄い負担を掛けている。

しかも2012年以前よりスペインに滞在していたイギリス人は、スペインで税金を一切払っていなくても医療費がタダなの知ってる?

ユーキップとその支持者はこの記事を見るべき!!

この記事は嘘だらけ。絶対に信じない!

イギリス人といっても、いろんなバックグラウンドのイギリス人がいるよ。そこら辺をもっと詳しく説明して欲しいね。

移民を毛嫌いする皆さん。14,000人のポーランド人がイギリスで失業手当をもらっている反面、10,000人のイギリス人がより高額な失業手当をドイツでもらってます。

それでもイギリスにいる移民がイギリス一般市民に経済的負担を掛けてるといえますか?

イギリス人は本当に気分屋だよ。都合の良い時だけヨーロッパ人として振舞うんだよね。身勝手すぎ。

イギリスの福祉システム自体に問題があるんだよ。失業手当の手続きがここまで簡単なのはイギリスぐらい。

ユーキップはなぜかルーマニア人を標的にするけど、自分の知っているルーマニア人で失業手当を貰ってる奴なんていない。

彼らはイギリス人が嫌がる、きつくて汚い仕事をこなしてるよ。彼らが居ないと誰がこの仕事をするわけ?

ユーキップが単なる外国人嫌いなだけなのが良くわかるね。

ユーキップのリーダーの奥さんはドイツ人って知ってた?自分は外国人と結婚して奥さんを秘書として雇ってる。あまりにも彼の主張は矛盾してる。

奥さんと離婚して、イギリス人秘書を雇ってから文句を言ってほしいね。

イギリスはEUから脱会すべき。福祉手当を受け取っているイギリス人が多すぎて、EUの運営に悪影響を及ぼしてるからね。

移民問題はどうなってるの?

イギリス以外のEU諸国に滞在しているイギリス人の内、2.5%、少なくとも30,000人が失業手当を受けています。

しかし、EU各国の福祉手当支給金額の違いを考慮すると、EUからの移民65,000人に支払っているイギリス政府の負担とほぼ同じ金額を、イギリス人も他国へかけている事になると言う報告もあります。

また移民の問題は、福祉手当受給者数だけを目安に、自国経済に負担がかかっているかを判断するには非常にあいまいすぎる、と言う主張もあります。

例えば、イギリスで失業手当を受給しているスペイン人は、スペインで失業手当を受けているイギリス人より人数では上回りますが、スペインに滞在しているイギリス人の数はイギリスに滞在するスペイン人の3倍。

このイギリス人の大量移民は、スペインの公的サービス、特に診療費が無料の医療機関に大きな負担を掛けています。

イギリス国民には、政治家やメディアに踊らされる事なく、真実をしっかりと見極める賢さを備えてほしいものです。

【参考URL】http://www.theguardian.com/uk-news/2015/jan/19/-sp-thousands-britons-claim-benefits-eu
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/nov/17/ukip-support-british-politics-voters-labour-party

受給者数だけで比べたらそりゃおかしいことになるわな。でもイギリス人も他国に迷惑かけてるじゃん!って言われて顔真っ赤~なイギリス(ユーキップ)を想像するのはおもしろい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    結局、英国病は克服されず他国に感染しただけだったのか

    1. Lucky より:

      I’m no longer positive the place you are getting your innaimotrof, however good topic. I needs to spend a while learning more or figuring out more. Thank you for excellent info I used to be looking for this info for my mission.

  2. 日本の名無しさん より:

    国家が経済だけで作られているわけではない見本
    経済だけで見るから歪な社会を作ることになるんだ
    アメリカじゃ有るまいし、歴史伝統文化を育んできた土地を経済重視の価値観で汚染すれば、反感が有るのは当然。人々の思い出を破壊するようなもの

    移民はその国の人間がやりたくない仕事をやってくれていると主張する者がいるが、やりたくない仕事ではなく賃金が不当に低く割り当てられていると考えるべきだ
    移民は資本家による奴隷制
    郷に入っては郷に従えぬ者は他国へ訪れるべきではない

  3. 日本の名無しさん より:

    安価な移民労働者が雇用を奪った結果
    失業者が増えて結果として受給者数が増えたという考え方も出来るのではないか?

  4. 日本の名無しさん より:

    結局移民は廃止して国内だけでやってくのが正解なんだろなぁ。

  5. 日本の名無しさん より:

    移民する前になんで自分の国を良くしようと考えないもんかね。
    そんな人間が移民として移住しても上手くやっていけるとは思えんね。

  6. 日本の名無しさん より:

    もっと多角的な条件で分析しないと何とも言えんね
    統計データの条件をいじって、特定の主義・主張を通すことが最近流行ってるし
    いわゆるビックデータの罠だなw

  7. 日本の名無しさん より:

    移民の割合の問題じゃないのかな?
    イギリスで抱えることの出来る移民の量を超えて来て
    国民に負担が増え始めてきた。

    日本でも負担が激しくなってきていて、
    金銭的な部分がきびしくなり子どもを作る余裕すらなくなってきている。

    けれど移民に対しての負担は軽くなるからバランスが取れなくなってるんだと思う。

  8. 日本の名無しさん より:

    なんちゅー意味のない統計なんだ・・・

  9. 日本の名無しさん より:

    移民の多くが共存共栄の思想で公共物や法律を守れば、排斥される事はないが、
    移民の多くは弱肉強食の思想を優先するから、多くの国民は移民を排斥する。

    競争に勝てば願いが叶うと教えられて育つと共同作業が苦手に成り、地域社会に入ろうとせず孤立する。競争社会は人嫌いを量産する。犯罪者も人嫌いです。

  10. 日本の名無しさん より:

    移民問題は雇用とか経済みたいな目先の問題よりも
    地球規模の人類史で見たとき民族の多様性が蔑ろになる点なんだよ
    お金の話しかしないブログで指摘するのもアレだがね

    1. 日本の名無しさん より:

      分かるけど全ては理解できないかも。
      地球規模で考えるとそうなるけど、移民で来た人たちもお金を持つと人が変る人も多い。
      移民の立場を利用し利益のみを追求する人がいるので問題になるのだと。

  11. 日本の名無しさん より:

    移民を大事にするあまり国民に負担が増えすぎていたのも間違いではなさそう。
    資産を持っている移民は国民並みに負担がかかるように出来るのであれば、多少は変化が出るかもしれない。

    日本でも良くあるが、金のないやつらが不満ばかり言っているとか言う人たちがいるが、その人たちはお金がない人たちの立場に立つことが出来ないからわからないのだと。
    どれくらい厳しいか分からないままでいるから少子化が進む。

  12. 日本の名無しさん より:

    日本でも似たようなもんだけど
    日本は日本人だけのものじゃないとか言い出すのまでいて
    もっと深刻だと思う
    移民にキツく言える英国が羨ましい

  13. 日本の名無しさん より:

    エゲレスのお貴族階級は労働階級のジョンブルが何色でもいいんじゃねぇの
    全世界で植民地支配して奴隷としてカラードを殺しまくっていたんだし
    いまさらお貴族様にゃなんの問題もないだろ

  14. より:

    移民を否定的な人たちって底辺がおおいよな。 言ってることも自分勝手だし、差別的

    1. 日本の名無しさん より:

      差別的なのは底辺や自己中と言ってるあなたも同じだと思いますよ。
      近くにいる人で借金あるわけではなくてひたすら働いていてもまったく余裕がない人はいるよ。
      あなたの場合それだけ余裕があるからこそ見えなくなっていたりする場合があるじゃないかな?

      ただ、それが比較にならないくらいに苦しい人も世界には沢山いるのでしょうけど。

  15. 日本の名無しさん より:

    全羅道と済州島の人間は差別される

    朝鮮戦争等で日本に逃げ出したキョッポも裏切り者として差別される

  16. 日本の名無しさん より:

    移民は是々非々で考えないといけないよね。
    一方的に悪いって決めないで、都合が悪くなると何でも移民のせいにしてもいけないしね。

  17. 日本の名無しさん より:

    >例えば、イギリスで失業手当を受給しているスペイン人は、スペインで失業手当を受けているイギリス人より人数では上回りますが、スペインに滞在しているイギリス人の数はイギリスに滞在するスペイン人の3倍。
    このイギリス人の大量移民は、スペインの公的サービス、特に診療費が無料の医療機関に大きな負担を掛けています。

    これはイギリス人はスペイン人より失業手当てもらわず、働いてるんだから負担はかけてないんじゃ。

  18. 日本の名無しさん より:

    「イギリス人も移民先でナマポもらってるじゃないか!」って反論してる奴いるけど
    「移民が移民先の国家で働かずナマポもらって左団扇」を証明してるだけなんだなあ

  19. 日本の名無しさん より:

    移民してる奴らは国を捨てたor捨てられた奴らだからな
    まさか移民先を愛していて忠誠を誓いたい奴なんていないっしょwwww

    1. 日本の名無しさん より:

      日本語がおかしくて色々と突っ込みどころ満載なんだけど、
      国を捨てたか国に捨てられた人間だからこそ、移住先に忠誠を違うんじゃないのかい?

      1. 日本の名無しさん より:

        20が正しいとは言わんが、
        なんかそれも違う気がするわ

    2. 日本の名無しさん より:

      ところがどっこい、移民先の国に忠誠を誓った珍しい民族がいるんだよなあ。
      しかも移民した国は、彼らの祖国と戦争をはじめる。敵性民族と差別され強制収容所に入れられたのに、多くの人が軍隊に志願して違う戦線へ。
      その部隊は軍事解釈的には「全滅」になるほどの戦死者を出しながら戦い、受賞した勲章の数は70年たった今でもその国歴代1位。彼らの合言葉は「GO for Broke(当たって砕けろ)」。

  20. 日本の名無しさん より:

    いつの時代でも英国人は英国人ってだけ
    何処に行っても時代が変わってもメンタルは変わらない

  21. 日本の名無しさん より:

    生ポ遠征イギリス人w
    何にしても終わってるわEU

  22. 日本の名無しさん より:

    移民を受け入れてるのはその国の政府だし
    その政府は大企業とその株主の要求だけを呑む
    問題はその株主連中と
    金融虚構経済

  23. 日本の名無しさん より:

    オレがホームステイしてた家の隣が失業で手当を貰っていた。
    それもかなり長い感じだった。
    うちの家の旦那さんがが文句言ってたなあ

    1. 日本の名無しさん より:

      俺も20年ほど前にイギリスのド田舎に留学してたが、隣の家がナマポ。夫婦と子供二人、ポニー飼ってプールまである。しかも年に2回は地中海へバカンス。それでいて、ヒッピー崩れでマリファナ栽培してて、政府やら教育制度批判してるんだぜw
      まじで腐ってると思ったわ。

  24. 日本の名無しさん より:

    EU全体で見ると、この移民への社会保障費の凸も多いけどその実凹も多かったという、イギリス&イギリス人移民が丁度中間みたいな感じってことですね。

  25. 日本の名無しさん より:

    失業手当受給額がどの国も同じ金額だと思っている人が多いね。イギリスは他の国々に比べて失業者に対して(もちろん移民に対しても)手厚いケアをしているんですけどね。

    1. 日本の名無しさん より:

      全くその通り。
      医療費にしても北欧並みに保障が厚い。外国人留学生ですら診察などは無料に近い。
      失業手当だけでなく、教育や福祉全般にかかる費用を見ないで、「イギリス人だって外国で~」っていうのは短絡的すぎる。
      こんな頭悪い数比べやってるから、また反対派に正論で叩かれて、支持者が「そうだそうだ」って意見が強化される。民主党のクイズ議員と一緒。問題解決の対案じゃなく、足を引っ張ることしか思いつかない稚拙さ。

  26. 日本の名無しさん より:

    多分世界全体で見ても
    機械や通貨に差がある国の出稼ぎ移民によって
    もう雇用の口の総数って減り続けてるんだろうね
    もっと根本的に考えないといけないと思うけれど

  27. 日本の名無しさん より:

    ダメだ。世界は阿呆ばかり。

コメントを残す

キャラクター紹介