海外の反応
授業案内
  • TOP
  • 世界経済に対する海外の反応
  • マル秘体験大公開!成功者から学ぶ
  • 知って得する!節約術
  • お金の学校について
  1. >
  2. 海外の反応そのつぶやきは一発アウト!ツイッターで仕事がクビになっちゃった8人

そのつぶやきは一発アウト!ツイッターで仕事がクビになっちゃった8人

2016/03/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

17image005

ツイッターは世界中の見知らぬ人々や友人との間のやりとりをするのに、もっとも最高のツールのひとつです。しかし言うまでもなく、ツイッターは超危険な兵器でもあるのです。

日本でもうかつに愚かなツイートをしたことにより、世の中に騒動を招いたトラブルや事件は起きていますが、アメリカでもそれは同様です。

  1. ツイッター上で新ユニフォームをけなしてピザレストランを解雇された店員
  2. 就職の内定に興奮してそのことをすぐさまツイッターに投稿し、内定取り消しになった学生
  3. ハロウィーンのコスプレの際に、テロの犠牲者に扮した自身の画像をツイッターにアップし会社を解雇された女性

等々、文章や画像を投稿する前によく考えなくてはいけませんね・・・。今回はツイッター投稿により、仕事を失った・収入を失った人々をご紹介してみたいと思います。

その1:人気ドラマ「グリー」のネタをバラしちゃった!

image003
image005
アメリカンドラマファンの間では、「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」の名前を知らぬ者はいないでしょう。日本でもEテレで放送され、大人気を博しました。

ニコール・クラウザー(Nicole Crowther)という女優はシーズン2にちょこっと出演したエキストラでした。

「グリー」ファンたちが「シーズン2の最後はどうなるの?」と噂をしあっている最中、彼女は自身のツイッターで、大ヒットドラマ「グリー」のネタバレをしました。このことを耳にした番組PDは激怒し、ニコールのツイートにリツイート。

「君はエンターテイメント以外の場所で才能を発揮させた方がよさそうだ。才能豊かなプロたちが何か月もかけて仕上げた作品を、どうしてそう簡単にダメにしてみせるのか」

当然ニコールはすぐに降板。もう数話分には出演する予定があったそうですが、すべての契約が解除されました。

しかし「LA TIMES」の取材で彼女は「自分のしたことを悪かったとは思っていないわ」と発言。「Times」のインタビューでは、「恥じるべきことは何もしていないし、隠すべきものも何もないわ。」と胸を張って答えています。

真意は分かりかねますが、虚勢を張っているだけなのかもしれません。そして本当に悪気はなかった、ただグリーファンたちを喜ばせたかった、注目を浴びたかっただけだったのかもしれません。

hollywoodreporter.comによるとネットワークまたはケーブル系列の連続テレビドラマに出演する場合の、新人俳優のギャラは(各話ずつで)1万5000~2万ドル(約181万~242万円)です。

グリーの場合はいくらのギャラを実際に貰えるのか分かりませんが、世界中で放送された大ヒットドラマであっただけに、エキストラ女優でもそこそこの金額を受け取っていたのではないでしょうか。

深く考えないでツイートしてしまった代償はあまりにも大きかった、と言えるでしょう。

その2:自動車メーカー社員が街中のドライバーの悪口!

image006
Scott Bartosiewiczは自動車メーカーのクライスラーにてニューメディア戦略のアカウントスーパーバイザーとして働いていました。ある時、デトロイトの街のめちゃめちゃの交通状況にイラつき、

「デトロイトはモーターシティとして知られているけど、この街の人たちはちゃんとした運転(FU○KING DRIVE)ができていないよな」

とツイート。彼は個人のアカウントで投稿したつもりだったのですが、間違えてクライスラー社のオフィシャルアカウントでツイッターに投稿してしまいました。

後悔と反省をしたものの、すぐさまBartosiewiczは解雇されました。2011年のことです。

theladders.comによるとクライスラーグループのスーパーバイザーの推定平均年収は12万ドル(約1453万円)。恐らくこの金額に近い(もしくは上回る)金額をもらっていたであろうBartosiewiczは大きな収入を失ってしまいました。

その3:ある人物の死に哀悼の意を表してしまった結果・・・

image007

レバノン出身のジャーナリストでありCNNの編集デスク、オクタビア・ナセル。彼女は20年もの間、同社の中東情勢専門分野で働く大ベテランでした。

2010年7月4日、反イスラエル主義だったムハンマド・フセイン・ファドラッラー(レバノン人のシーア派イスラム教の最高位権威法学者)が他界しました。ナセルはCNNのロゴが入っているツイートページに

「(大アヤトラ)サイード・ムハンマド・フセイン・ファドラッラー…逝去をしたと聞き悲しく思っています。彼は私が非常に尊敬の念を抱く、ヒズボラの偉人の一人でした」


と投稿しました。

ファドラッラーがいかなる人物だったか、一言で説明するのは難しいです。少なくともイスラエル側、アメリカ側にしては眉をひそめるような存在であった、と言えるのは間違いありません。

ナセルの、ファドラッラーに対するそれまでの評価を読んでも、決して彼寄りのものではありません。しかし同じレバノン出身で、中東情勢専門家のナセルとしては、ファドラッラーの死に、しみじみと思うことがあったのでしょう。

そこで「悲しい(SAD)」「尊敬する(RESPECT)」の言葉を用いたのではないでしょうか。

しかしこのツイートが原因となり、彼女はCNNを退職する羽目に追い込まれました。

その後、自分の真意を説明するツイートも投稿したのですが、全くもって聞き入れてもらえませんでした。この件については、さすがにアメリカ国内でも同情の声が多く寄せられました。

glassdoor.co.inによると、CNNの編集デスクの基本月給は推定2万3435ドル(約283万円)。ナセルは素晴らしい給料を失いました。が、同時にCNNは大きな人材を失ったともいえるかもしれません。

その4:明日は初出勤!なんだか憂鬱でイヤだわ・・・

image008

セーラはテキサス州に住む10代の女の子。2015年2月、彼女は地元のピザパーラーで働くことが決まっていました。ところが、

「EW!(※日本語では「うげぇーーーー!」の意味)明日からファッ○ングな仕事が始まるぅー!」

とツイート。さらにご丁寧にも、親指を下につき立てた絵文字までいくつも使用しました。

ピザパーラーのボスは彼女のツイートを確認。そして、

「いいや、君はファッ○ングな仕事をしなくてもいいよ。たった今解雇になったからね。お金もない仕事もない人生を楽しんでね!」

とリツイート。ちなみにテキサス州のピザハットのサーバー職の平均時給は4.78ドル(約579円)。(参照:www.glassdoor.com)

ネット上では「でも彼女はきっとすぐに別のピザチェーン店で働いているよね」というコメントが多く寄せられています。

その5:メジャーリーガーが人種差別発言・・・

image010

image011

メジャーリーグファンならば、テキサス州ダラス出身のマイク・バシックの名前に聞き覚えがあるのかもしれません。

左投げ左打ちの投手ですが、サウスポーで知られているというより、2007年にメジャー新記録となる756号ホームランをバリー・ボンズに打たれてしまったことで有名です。

そして2010年、とあるツイートでバシックの名前は更に広く知られることになってしまいました。

彼の故郷のダラスに本拠地を置く、全米プロバスケットチームのダラス・マーベリックスが、テキサス州サンアントニオのサンアントニオ・スパーズと対戦をしました。

バシックはむろん、マーベリックスのファンです。しかし勝利を上げたのはサンアントニオ・スパーズ。そこでバシックは以下のツイートを投稿しました。

「サンアントニオ市の薄汚いメキシコ人たち、おめでとう」
(※サンアントニオ市には多数のヒスパニック系の人々が住んでいる、ヒスパニックの街です)

その後のメディアのインタビューで、バシックはこの時のツイートにより球団を解雇された、と語っています。(ちなみに現在ではダラスのラジオ局でDJをしているという噂があります。)

baseball-reference.comによると、バシックは2003年には推定約30万2500ドル(約3660万円)の年俸を得ていたといいます。この収入を失ったのなら、随分と高くついた悪口となってしまったものです・・・。

その6:エイズ、アフリカ、人種・・・この投稿はマズイ

image013

米インターネット企業「IAC(InterActive Corp)」のPRエグゼクティブだった彼女は、南ア行きの飛行機に乗る直前に、こんなつぶやきを投稿しました。

「アフリカに行くの。エイズにならないかしら。おっと、ただのジョークよ。あたしは白人だしね」

2013年12月に投稿されたこのツイートはジャスティン・サッコを一躍有名にしました。サッコーは深い意味のないジョークのつもりだったのですが、この投稿に彼女の上司は何のユーモアも感じませんでした。当然のごとく、サッコーは解雇されました。

クビになった彼女は「最初の24時間、体重が落ちてしまうほど泣き続けた。すごいトラウマに苦しみ眠ることもできなかった。真夜中にふと起き上がると、自分が一体どこにいるのか分からなくなった」と話しています。

IAC在籍の時のサッコーの肩書はsenior director of corporate communications(シニアディレクターコーポレートコミュニケーション)でした。

glassdoor.comによると推定年収は16万6895~19万7432ドル(約2020万円~2390万円)。現金によるボーナスは3万1441ドル(約380万円)。

深く考えずツイートしたことにより、自分の評判は傷つき、様々な非難、中傷を海外からも浴びせられ、おまけに大きな収入を得ていた仕事も失くしてしまった・・・涙が止まらないことでしょう・・・。

その7:日本が悲しみに暮れている時期に津波ジョークは・・・

image015

image017

2011年、日本は大地震と津波の災害に襲われました。このことは決してジョークにしてはならないことです。

コメディアンで、保険会社アフラックのアヒルの声優を担当していたギルバート・ゴットフリードは、KYもいいところの、以下のような内容の超最悪なツイートを投稿。

「日本はすごいよな。わざわざビーチに泳ぎに行かなくても、ビーチ(※津波を示唆)からこっちに来てくれるのだから」

「たった今カノジョと別れたんだ。でもさ、日本人が言うように『今すぐにも別の津波がやってくる』。」

この件で、彼はアフラックのアヒルの声優担当から外されました。とはいえ、celebritynetworth.comによるとゴットフリードの総資産は600万ドル(約7億2600万円)。

このアヒルの声の仕事を失っても、すでに十分な資産があるようです。津波を茶化したツイートで世の中を怒らせ呆れさせた後に、ぽんっと大金を日本に寄付でもしてくれたらまだ救いがあったかもしれませんが、いろいろ残念です・・・。

その8:文章だけじゃない!絵文字まで使って中傷

image018
チャド・シャンクスは、テキサス州ヒューストンのプロバスケットボールチーム、ヒューストン・ロケッツのコミュニケーションマネージャーを務めていました。

2015年4月、ヒューストン・ロケッツはダラス・マーベリックス相手に苦戦を強いられているときでした。シャンクスはチーム公式ツイッターページにて、馬の頭に銃をつきつける絵文字をツイート。しかも

「シィー!ただ目を閉じなさい。すぐに全てが片付くから」


と投稿。その後シャンクスは個人のツイッターページで謝罪しましたが、すぐに首になりました。

salary.comのサイトによると、コミュニケーションマネージャーの年収は8万2002~11万41ドル(約993万円~1333万円)。浅はかな絵文字使用によって、本当に職も収入も全てあっという間に片付いてしまっちゃいました・・・。

NO-NO!それをしちゃあおしまいだよ!

この記事のまとめとして思いつくのはこの英語フレーズのみです。


(That’s )a no-no.
それをしてはだめだよ、それをしちゃあおしまいだよ!

私もこの翻訳記事の仕事の愚痴をツイートしてクビにならないように気を付けよう・・・(苦笑)

ネット上ではツイートにより解雇されてしまう人々の問題について、「言論の自由」という点に一番関心が集まっています。

確かにCNNで20年も勤務していたベテラン編集デスクの件など読むと、何かがおかしい、なぜ仕事を失うはめになるのか、そのくらい意見を言ってもいいんじゃないか、と思わざるを得ません。

そしてこの問題についての、ネット上での多くのコメントを見ていて気が付くのは決して「匿名でツイートしていこう」という意見があまり出てきていないことです。

何を言おうが、正々堂々と実名で投稿すべき。このスタンスはさすがアメリカだなあ、と感じます。

この記事の海外に対する反応

CNNのオクタビア・ナセルの場合だけど、「彼が死んでハッピーだわ!」とツイートしていたなら、解雇されなかったってこと?おかしくない?

アメリカって表現の自由がある大国じゃなかったけ?

言論の自由=何でも発言すればいいっていうことじゃない。境界線を越えてしまってはだめなんだ。

馬鹿げたツイートや暴力的発言のツイートも許されるべきだと思う。保守的になりすぎても良くない。

インターネットは何でも自由な発言を許される場所だと思う。むしろそういう場所になるべきだ。

他には何でも好き勝手なくだらないこと、醜悪なことを発言するのを許される場所がない。インターネットだけは無秩序なカオスな場所でいいんだ。

解雇されるかもしれないなら、何もツイートできなくなっちゃうわ・・・。

反響や波紋を招くようなことも言ってもいいと思う。インターネットはそうであるべきだ。

言論の自由もゆっくりと確実に奪われていっているな。

会社にとって不利益を招くことを従業員がツイートしたからといって、そいつを解雇する正当な権利はあるのだろうか。

従業員が会社を陥れようとして投稿したのではなく、ただ純粋に愚痴りたいがために投稿しただけなのかもしれない。それは見逃してもいいんではないだろうか。

言論の自由についての討議はうんざり!言論の自由は何でも言えばいいっていうものじゃないの、相手を傷つけてはいけないものなのっ!

こういうことを言うと、また誰かがあたしのことをツイート上でつるし上げるんでしょうね・・・。

こういう問題が増えていくと、匿名でFBやツイッターをする人が増えてしまうでしょうね。

教会の指令で南アに行ったことがある。そこで恐ろしいエイズにまつわる話をたくさん耳にした。

きっとジャスティン・サッコもそういうことが頭にあって、ツイートしてしまったのだと思う。しかし大きな誤解を招いてしまった。

何かを発言するのには、その言葉の裏にある、多くの思いや知識、歴史がある。しかしそれを説明できないまま、1行、2行だけつぶやく。これはとても厄介なことだ。

言論の自由とは、人種差別や虐待的なことを言ってもいいということではない。そういった前提を踏まえないで何でも口に出すのは間違っている。

エイズ患者の大半はアフリカの黒人だ。これは事実だ。そのアフリカ大陸に行くのに、ちょっとエイズが心配になってしまった・・・非難されるべきことではないと思う。

この記事の人たちは単なるジョークだっただけでしょ。それで解雇されてしまっただなんて気の毒ね。ま、私には関係ないし、どれもくだらない事件よね。

ツイッターとは本来「自己表現」(self-expression)するものであってネガティブ(negative)なツールになるものではないのよ。残念ね・・・。

インターネットとは「公共の場」なんだ、タイムズスクエアの大画面で喋っているのと同じなんだ、ということを再度人々は認識すべきだ。

だからといってツイートでいい子ぶってばかりいるのも気味悪い。中にはクレイジーな投稿があってもいいと思う。

ツイッターによって人種差別主義者が見つかるのはいいことだと思う。そしてそういう差別主義者が仕事をクビになるのは正しいことだ。

ピザ屋初日勤務前に、記事の少女が解雇されたのは良かった。もしかして腐ったピザを提供したかもしれないからね。

↑でも実際にピザ屋勤務なんて気が滅入る。少女は他に選択がなくこの仕事になったのだろう。やだなあ、と思っていた気持ちはよく理解できる。

SNSはやらないのに限る。それが最善の基本的解決策だ。

【参考URL】http://jalopnik.com/5780841/this-guy-was-unnecessarily-fired-for-f-ing-up-chryslers-twitter-account
http://www.mediaite.com/tv/breaking-cnns-octavia-nasr-leaving-network-after-controversial-tweet/
http://www.therichest.com/rich-list/poorest-list/10-people-whose-dumb-tweets-got-them-fired/?view=all
http://www.oddee.com/item_98873.aspx
http://firsttoknow.com/14-hilariously-dumb-tweets-got-people-fired/
http://www.pcmag.com/slideshow/story/310333/6-people-who-got-fired-over-a-tweet
http://www.complex.com/pop-culture/2015/06/people-fired-from-jobs-over-stupid-tweets/
http://www.thejournal.ie/single-tweet-lost-people-jobs-2095650-May2015/

言っちゃダメなことほど他人に言いふらしたくなるって事あるよね。まさにツイッターはそれを叶えてくれる。クレイジーでエッジが効いてるつぶやきが多くて見ている分には楽しいけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に対するコメント
  1. 日本の名無しさん より:

    これが日本人なら他国からクビはやり過ぎだの、集団いじめだの批判されるけど、普通に海外でもあることじゃないか

  2. 日本の名無しさん より:

    今までは大目に見られてたアメリカもジョークに対する空気が変わったのは事実
    俺の感じだとヘイターやクレイマーがネットを通じて意見しやすくなったせいだろう

  3. 日本の名無しさん より:

    個人的な考えだけど、勤務先を陥れるような嘘や噂話はダメだと思います
    それと有名人とかは自身の影響力とか考えたら良く考えて発言発信しないとね
    あんまり厳しく取り締まったり処罰したりは陰湿化しそうで、緩いぐらいにしといた方が良いと思う

  4. 日本の名無しさん より:

    >エイズ患者の大半はアフリカの黒人だ。これは事実だ。そのアフリカ大陸に行くのに、ちょっとエイズが心配になってしまった・・・非難されるべきことではないと思う。

    こんな考え方がそもそも差別だってわかんないのかねえ。
    エイズは元はアフリカの風土病だからアフリカに患者が多いのは当然だけど
    人種で罹患するしないの病気じゃなかろうに。
    「アフリカ発祥の病気だから心配」ならまだわかる。
    そして最後の自分は白人だらか大丈夫!みたいな馬鹿発言はフォローしようもない。

  5. 日本の名無しさん より:

    登場した時からバカ発見器かつクズ量産器なのにいまさら何言ってんの

  6. 日本の名無しさん より:

    デトロイトのはセーフだと思うんだがなぁw大阪人は運転がクズってトヨタ社員が公式ツイートしちゃったらクビになるのかなw

  7. 日本の名無しさん より:

    I love PS.

  8. 日本の名無しさん より:

    フセインの死のツイートに関してクビはやりすぎじゃねーの?

  9. 日本の名無しさん より:

    当時の膨大な瓦礫と波が迫る数メートル手前に、このゴットフリードとかいう奴をポンと置いて、「ねぇ今どんな気持ち?」と聞いてやりたいわ。

  10. 日本の名無しさん より:

    >8
    日本ならR.I.Pアサハラみたいなもんだろ、解雇されて当然。

    社会での立場が明らかになってないアカウントで差別発言しようがなにしようが勝手、パンピーの戯れ言で終わる。
    でも個人情報がオープンになっていながらそういったアホな発言をするやつは無智すぎる。自らの言葉が人や在籍している会社にどういった影響を与えるのか理解できてないやつは害悪。

    SNSは自由な場だから……とか言ってる人間が信じられない

  11. 日本の名無しさん より:

    自由=やりたい放題していい
    じゃないぞ
    自由ってのは自分で責任を取るってこと

    1. 日本の名無しさん より:

      ねー。
      無秩序と自由をはき違えてる人が多過ぎるわ。

  12. 日本の名無しさん より:

    ななし(便所の落書き)でいいのに
    なぜコテハンとか特定情報晒すかな~
    自己顕示欲?

  13. 日本の名無しさん より:

    言論の自由も解雇の自由もあると言う事です

  14. 日本の名無しさん より:

    ピザの解雇はちょいとやり過ぎな気もする
    どこの国のバイトも安い時給なんだからボヤキもするわ

  15. 日本の名無しさん より:

    ダラス・マーベリックスは鬼門ですな

  16. 日本の名無しさん より:

    目の前が炎上中なのに
    炎上してる家をバックに自撮りしてた消防士とかはこの記事に入ってないな

  17. 日本の名無しさん より:

    言論は自由だよ
    ただ受け取った側がそれを判断し処理するかも自由なんだ!(翻訳風)

コメントを残す

キャラクター紹介